ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「吐き気」の検索結果

「吐き気」に関連するレストラン・飲食店 27件中 1〜10件目

「吐き気」に関連するレストラン・飲食店

くいもの屋 わん 新宿東口店

アルコールは主に小腸で吸収され、肝臓に運ばれる。肝臓でアセトアルデヒドという成分になり、さらに分解され体外に排出される。しかし、肝臓で分解できる以上のアルコールを摂取してしまうとアルコールやアセトアルデヒドが肝臓に残り頭痛や胃痛、吐き気など悪酔いにつながる。今回は悪酔いしない方法を学ぶべく女子会チームと芸人チームの飲み会の様子を紹介。空腹時にお酒を飲むのはだめ、ビールは一杯目に適しているなどのことがわかった。


「吐き気」に関連するレストラン・飲食店

肉バル&魚バル Mr.Happy 神保町店

アルコールは主に小腸で吸収され、肝臓に運ばれる。肝臓でアセトアルデヒドという成分になり、さらに分解され体外に排出される。しかし、肝臓で分解できる以上のアルコールを摂取してしまうとアルコールやアセトアルデヒドが肝臓に残り頭痛や胃痛、吐き気など悪酔いにつながる。今回は悪酔いしない方法を学ぶべく女子会チームと芸人チームの飲み会の様子を紹介。空腹時にお酒を飲むのはだめ、ビールは一杯目に適しているなどのことがわかった。


「吐き気」に関連するレストラン・飲食店

加藤シゲアキが専門学生3人とともに猿田彦珈琲調布焙煎ホールに潜入、猿田彦珈琲代表取締役で一流バリスタ大塚朝之さんを取材。大塚さんは2011年恵比寿で8坪の1号店をオープン。6年で年商6億円にした。さらにジョージアヨーロピアンのコーヒーを監修するなど新進気鋭のコーヒー界のカリスマ。学生たちは大塚さんに憧れて会ってみたいと話していた。

加藤シゲアキが専門学生3人とともに猿田彦珈琲調布焙煎ホールに潜入、猿田彦珈琲代表取締役で一流バリスタ大塚朝之さんを取材。大塚さんは創業6年で9店舗展開、年商6億円にした。斎藤満星さんは大塚さんに「コーヒーのどんなところに魅了されたか?」を質問。大塚さんはイルガチェフェを飲んで、味が違うことに興味が出たと話した。お店を持つことで苦労したことについて、大塚さんはコーヒーに魅力されて始めたわけではなく、どこの面接も落ちたとし役者を志していたと話した。25歳の時に引退し、友人が店長のコーヒー店に誘われたとした。大塚さんはヨーロッパで小さいコーヒー屋さんがかわいい紙コップで品評会1位の豆を使って手軽に販売していたことで衝撃を受け、独学で猛勉強して3年後に恵比寿で8坪の店をオープン。1日売上は2万円程度、従業員が辞めていった。残ったのは友人だけだった。都築尚徳さんは開店直後は辛かったとし、アルバイトしながら手伝ったとした。大塚さんは同世代のコーヒー店に陰口を言われたと話した。イベント会社から大口の注文があったが、イベント用の豆が届かず探しまくった売り上げはなかった。大塚さんはストレスで吐き気と味覚障害が発症、閉店を覚悟した時に従業員が「自分達が煎れるので大丈夫」と声をかけた。ある日、熱心にコーヒーのことを聞く男性から「こんな美味しいコーヒー初めて飲みました」と言われた。数か月後、BRUTUSに取り上げられた。きっかけとなったのは現在の焙煎士・村澤智之さんで、別のカフェで働いていた村澤さんは取材記者にどこを周るか聞き、猿田彦珈琲に行かないとまずいでしょと提案してくれたことだった。村澤さんは当時についてすごく最先端で新しいことをしていたので注目していたと話した。大塚さんは当時、辞めた人も全員戻ってきたと話した。

 (コーヒー専門店、カフェ)

「吐き気」に関連するレストラン・飲食店

加藤シゲアキが専門学生3人とともに猿田彦珈琲調布焙煎ホールに潜入取材。ここは猿田彦珈琲の最大店舗だが満席だった。コーヒールンバ平岡佐智男が猿田彦珈琲で人気ナンバーワンの猿田彦フレンチを紹介した。平岡は自らもカフェを経営、猿田彦珈琲の魅力を解説する。

加藤シゲアキが専門学生3人とともに猿田彦珈琲調布焙煎ホールに潜入、猿田彦珈琲代表取締役で一流バリスタ大塚朝之さんを取材。大塚さんは2011年恵比寿で8坪の1号店をオープン。6年で年商6億円にした。さらにジョージアヨーロピアンのコーヒーを監修するなど新進気鋭のコーヒー界のカリスマ。学生たちは大塚さんに憧れて会ってみたいと話していた。

加藤シゲアキが専門学生3人とともに猿田彦珈琲調布焙煎ホールに潜入、猿田彦珈琲代表取締役の大塚朝之さんが焙煎室を案内した。大塚さんは1番大きな焙煎機は3000万円以上すると話した。さらに5台の焙煎機があり、1億円がかかっている。猿田彦珈琲専属焙煎士である村澤智之さんはすべての豆の焙煎を手がける。村澤さんは「カップオブエクセレンス」を受賞した豆は焼いている途中に感動したと話した。

加藤シゲアキが専門学生3人とともに猿田彦珈琲調布焙煎ホールに潜入、猿田彦珈琲代表取締役で一流バリスタ大塚朝之さんを取材。大塚さんは創業6年で9店舗展開、年商6億円にした。斎藤満星さんは大塚さんに「コーヒーのどんなところに魅了されたか?」を質問。大塚さんはイルガチェフェを飲んで、味が違うことに興味が出たと話した。お店を持つことで苦労したことについて、大塚さんはコーヒーに魅力されて始めたわけではなく、どこの面接も落ちたとし役者を志していたと話した。25歳の時に引退し、友人が店長のコーヒー店に誘われたとした。大塚さんはヨーロッパで小さいコーヒー屋さんがかわいい紙コップで品評会1位の豆を使って手軽に販売していたことで衝撃を受け、独学で猛勉強して3年後に恵比寿で8坪の店をオープン。1日売上は2万円程度、従業員が辞めていった。残ったのは友人だけだった。都築尚徳さんは開店直後は辛かったとし、アルバイトしながら手伝ったとした。大塚さんは同世代のコーヒー店に陰口を言われたと話した。イベント会社から大口の注文があったが、イベント用の豆が届かず探しまくった売り上げはなかった。大塚さんはストレスで吐き気と味覚障害が発症、閉店を覚悟した時に従業員が「自分達が煎れるので大丈夫」と声をかけた。ある日、熱心にコーヒーのことを聞く男性から「こんな美味しいコーヒー初めて飲みました」と言われた。数か月後、BRUTUSに取り上げられた。きっかけとなったのは現在の焙煎士・村澤智之さんで、別のカフェで働いていた村澤さんは取材記者にどこを周るか聞き、猿田彦珈琲に行かないとまずいでしょと提案してくれたことだった。村澤さんは当時についてすごく最先端で新しいことをしていたので注目していたと話した。大塚さんは当時、辞めた人も全員戻ってきたと話した。

 (コーヒー専門店、カフェ、アイスクリーム)

「吐き気」に関連するレストラン・飲食店

大戸屋

Tips町田の20歳アパレル店員が挑戦。アジを選び頭を切って火にかける。味噌は「大さじ一杯」と言いながらおたま一杯。どろどろに煮詰めて完成。友達が将来が不安、と正しい魚を教えた。20歳大学生が挑戦。イワシを選んで腹を開き内蔵を取り出すと味噌をボール一杯分お湯に投入。とろみが足りない、と片栗粉。試食した本人も友達も吐き気を催した。23歳小学校の先生が挑戦。サバの切り身を選び味噌を直接塗りアルミホイルで包んで焼いた。半生の状態だった。今回正しくできたのは10人中1人。


「吐き気」に関連するレストラン・飲食店

安楽亭あざみ野店

きょう午前1時半ごろ、横浜市にある「安楽亭あざみ野店」で食事をした80代男性と10代前半の女性客からO-157が検出された。先月30日、2人は別々のグループで食事を行い、その後、腹痛や吐き気などを訴え入院したという。2人の客が共通して食べたのはサラダ、カルビ、杏仁豆腐だという事で保健所が感染源の特定を急いでいる。きのう午後9時までは通常営業をやっていた焼肉店は衛生管理もしっかりして心当たりがないという。客2人は退院し快方に向かっている。横浜市はこの店を「営業禁止処分」にし食材などの検査を進めている。埼玉県と群馬県で惣菜店のポテトサラダを食べた人からO-157が検出された問題に関して、きのう高崎市が会見を行ったが謎はさらに深まった。


「吐き気」に関連するレストラン・飲食店

野菜と思って摘むと有毒植物だったケースが各地で報告されている。食中毒で死亡したケースもある。家庭料理に使われるニラと間違え食中毒を起こす事例が各地で発生。おととい長野市の豊野高等専修学校で調理実習中にその植物をニラと間違えて食べた生徒ら14人が吐き気などで病院に運ばれた。ニラと間違えやすい植物がスイセン。ニラとそっくりな葉や茎には毒があり誤って口にすると食後30分以内で吐き気などの中毒症状が現れることがある。今月青森県では自生しているスイセンをニラと間違え男女5人が食中毒になった。

 (中華料理、ラーメン、餃子)

「吐き気」に関連するレストラン・飲食店

タリーズコーヒー キッズコミュ グランツリー武蔵小杉店

先月3日、垂井町の山の上で35歳の男性の遺体が発見され、死因は急性カフェイン中毒だった。警察は眠気覚ましのためのカフェインの錠剤を大量に飲んだ可能性があるとみて調べている。このニュースが伝わるとツイッター上ではツイート数が急上昇し、一部のツイートを紹介。カフェイン中毒について専門家は中毒症状になると吐き気や頭痛・動悸が出て、亡くなるようなときになると心臓が止まってしまうと話す。カフェインの致死量は様々な説があるが、専門家によると短時間で摂取した場合の目安は3グラムほどでコーヒー25杯分にあたる。また市販されている眠気覚まし用の錠剤にはコーヒー数杯分のカフェインが含まれていることがあり、錠剤とコーヒーなどのカフェインを一度に摂取するのは危険とされている。おととし12月には九州地方の20代男性がエナジードリンクなどを飲みすぎ、カフェイン中毒で死亡するケースもあり、男性は24時間営業の店に勤務していて、眠気覚ましのために日常的にエナジードリンクを飲み、亡くなった日は嘔吐したあと意識を失ったという。遺体からはカフェインの錠剤とみられるものも見つかっている。国内では2件の死亡が確認されたカフェイン中毒について町の人の声を紹介。こうした中、注目されているのはデカフェを謳った商品でカフェインレスコーヒー豆の輸入量がここ数年で倍以上に増えている。デカフェとは本来、カフェインが含まれるものからカフェインを抜いたもので通常のコーヒーも日中飲むけれど、寝る前だけカフェインレスにしたいとの声もあるという。日本ではカフェインの摂取量の目安を示しておらず、カナダでは悪影響のない摂取量は0.4グラムとしている。薬にはカフェインが含まれているものもあり、服用回数などを守って他のカフェインと併用しないことが大切。野村氏は忙しいからこそ時間を確保して、睡眠をするということを大切にしていくのが大事だと思うとコメント。


「吐き気」に関連するレストラン・飲食店

すし道楽

今月17日夜、大和市南林間の寿司店「すし道楽」で食事をした10代から50代の男性10人が下痢や吐き気などの症状を訴えた。神奈川県が検査したところ、うち4人の便からノロウイルスが検出された。1人の胃から寄生虫「アニサキス」が検出されたという。10人はいずれも快方に向かっているという。県はノロウイルスなどによる集団食中毒と断定し、「すし道楽」に2当面の営業禁止を命令した。


「吐き気」に関連するレストラン・飲食店

すき家 今治北日吉店

コンビニのおでんを指でツンツンし逮捕された男に続き、別の男が牛丼店で紅ショウガ用のトングを使い自分の丼を混ぜる動画をアップした。牛丼の器をかぶりながらポーズをとり、すき家でキング牛丼を食べる様子をネットで生配信したところ「不衛生な行為に吐き気を覚えた」など批判が殺到した。すき家は警察署に通報・相談。番組は牛丼混ぜ男を直撃した。男はトングで混ぜていない、丼はかぶるふりをしただけと主張。ネット上の企画でキング牛丼を30分以内に食べる約束をしたため慌てていたと説明した。「これだけの騒動にになったことは本当に申し訳なかった」などと話した。しかし取材直後に男は再び生配信を行い、騒ぎを大きくしたのは動画を見ている側だと主張、再び批判の声が上がった。