ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「君津駅」の検索結果

「君津駅」に関連する情報 166件中 1〜10件目

君津駅

釣り好きの鈴木はプライベートでよく訪れるという亀山湖。その周辺に位置する、亀山温泉ホテルを紹介した。チョコレート色の美肌温泉で知られる。泉質はナトリウム塩化物など。

亀山温泉ホテルを後にして、次は大竹いちご園。2000円で7種類のいちごが食べ放題。白いいちごで有名な淡雪も味わえる。ヘタの近くほどビタミンCが豊富ということだった。


君津駅

亀岩の洞窟など君津の絶景スポットをみつける。


佐貫町駅

事故があったのは千葉・富津市。千葉方面から館山方面に走っていた列車に乗用車が衝突をした。場所は大貫駅から300mほど離れた踏切。土曜日午前7時 30分ごろ、内房線の下り普通列車と乗用車が衝突。約160m引きずられ停止。乗用車を運転していた80歳の男性が頭を強く打ち死亡。列車は脱線しておらず乗客ら70人にけがはなかった。君津駅から佐貫町駅の上下線で約5時間の運転見合わせとなり、約1900人に影響が出た。警察によると列車のドライブレコーダーには遮断機が下りた踏切に乗用車が進入する様子が映っていた。踏切の警報器や遮断機は正常に作動していた。列車の運転士によると踏切に差し掛かる直前で右手から踏切に入ってきた乗用車に気づきブレーキをかけたが間に合わなかったという。


君津駅

事故があったのは千葉・富津市。千葉方面から館山方面に走っていた列車に乗用車が衝突をした。場所は大貫駅から300mほど離れた踏切。土曜日午前7時 30分ごろ、内房線の下り普通列車と乗用車が衝突。約160m引きずられ停止。乗用車を運転していた80歳の男性が頭を強く打ち死亡。列車は脱線しておらず乗客ら70人にけがはなかった。君津駅から佐貫町駅の上下線で約5時間の運転見合わせとなり、約1900人に影響が出た。警察によると列車のドライブレコーダーには遮断機が下りた踏切に乗用車が進入する様子が映っていた。踏切の警報器や遮断機は正常に作動していた。列車の運転士によると踏切に差し掛かる直前で右手から踏切に入ってきた乗用車に気づきブレーキをかけたが間に合わなかったという。


内房線

事故があったのは千葉・富津市。千葉方面から館山方面に走っていた列車に乗用車が衝突をした。場所は大貫駅から300mほど離れた踏切。土曜日午前7時 30分ごろ、内房線の下り普通列車と乗用車が衝突。約160m引きずられ停止。乗用車を運転していた80歳の男性が頭を強く打ち死亡。列車は脱線しておらず乗客ら70人にけがはなかった。君津駅から佐貫町駅の上下線で約5時間の運転見合わせとなり、約1900人に影響が出た。警察によると列車のドライブレコーダーには遮断機が下りた踏切に乗用車が進入する様子が映っていた。踏切の警報器や遮断機は正常に作動していた。列車の運転士によると踏切に差し掛かる直前で右手から踏切に入ってきた乗用車に気づきブレーキをかけたが間に合わなかったという。


大貫駅

事故があったのは千葉・富津市。千葉方面から館山方面に走っていた列車に乗用車が衝突をした。場所は大貫駅から300mほど離れた踏切。土曜日午前7時 30分ごろ、内房線の下り普通列車と乗用車が衝突。約160m引きずられ停止。乗用車を運転していた80歳の男性が頭を強く打ち死亡。列車は脱線しておらず乗客ら70人にけがはなかった。君津駅から佐貫町駅の上下線で約5時間の運転見合わせとなり、約1900人に影響が出た。警察によると列車のドライブレコーダーには遮断機が下りた踏切に乗用車が進入する様子が映っていた。踏切の警報器や遮断機は正常に作動していた。列車の運転士によると踏切に差し掛かる直前で右手から踏切に入ってきた乗用車に気づきブレーキをかけたが間に合わなかったという。

現場から中継。事故のあった踏切は通勤の方も通るなど交通量に関してはかなり多いところ。踏切の手前には停止線がかかれてはいない。交通量は多いが信号機などはついていない。列車の運転士によると当時、遮断機は下りている状態、警報音もなっている状態の中、踏切に進入していったよう。列車と衝突し、大貫駅方面に約160mほど引きづられていったということだった。専門家によると可能性として認知機能の低下で状況判断ができなかったか、遮断機が降りてことに気づいていなかったかとしている。車の中から撮った映像、警報機は左側、警報機の手前にカーブミラーがあり、運転席から見ると警報機と重なる位置にある。建物や木が死角になっていることもわかる。

専門家は踏切手前で必ず一旦停止、窓を開けて警報機がなっていないか確認、遮断機・前方のスペース・左右の安全確認、踏切を途中で止まらず一気に渡り切るの4つのポイント。踏切には現場は3つの方向から来る。割とすぐ近くに大貫駅があるということ、大きなスーパーもあり、交通量が多い。

八代氏は「難易度が高い踏切ですね。」とコメント。志らく師匠は「事故とは別に非常に危険な場所でもありますね」とコメント。横江氏は「2つ問題がある。踏切の作り、もう1つは運転手が高齢だったこと。認知機能が低能していたのではないかとあった。この2つが問題の事故だったのではないか」とコメント。


君津駅

千葉・富津市にあるJR内房線の踏切で、乗用車と列車が衝突し、乗用車を運転していた男性が死亡したが、列車の乗客・乗員にはケガはなかった。この事故の影響で、内房線は5時間以上運転を見合わせた。


君津駅

千葉・富津市にあるJR内房線の踏切で、乗用車と列車が衝突し、乗用車を運転していた80歳の男性が亡くなった。


内房線

きょう午前7時ごろ、千葉県富津市の踏切でJR内房線の普通列車と乗用車が衝突する事故が起こった。乗用車は約200m引きずられ、80代の運転手が病院に搬送されるもその後死亡している。列車の乗客乗員約70人にけがはなかった。君津駅〜佐貫町駅の上下線では現在も運転見合わせが続いている。


内房線

きょう午前7時半ごろ、千葉県富津市の踏切で乗用車と電車が衝突する事故が起こった。車は約150m引きずられたという。車を運転していた80歳の男性は頭を強く打ち死亡、電車に乗っていた乗員乗客にけがはなかった。電車の運転士によると遮断器が降りた踏切内に男性の車が進入してきたという。この事故の影響で、君津駅〜佐貫町駅で上下線ともに運転を見合わせている。