ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「国土交通省」の検索結果

「国土交通省」に関連する情報 14050件中 1〜10件目

東邦航空

テレビ朝日の取材用ヘリが、エンジンに不具合があったため、神奈川・愛川町の河川敷に緊急着陸した。周辺住民や建物に被害はなく、乗っていた3人にけがはなかった。国土交通省は重大インシデントに認定し、運輸安全委員会が事故の調査を始めた。


テレビ朝日

テレビ朝日の取材用ヘリが、エンジンに不具合があったため、神奈川・愛川町の河川敷に緊急着陸した。周辺住民や建物に被害はなく、乗っていた3人にけがはなかった。国土交通省は重大インシデントに認定し、運輸安全委員会が事故の調査を始めた。


五反田出口

昨日午前10時過ぎ、首都高速中央環状線内回りでロードバイク型の自転車が走る様子が撮影された。西池袋の侵入口から入りこんでおり、その後も交通量が多い中、撮影者によると時速40キロから50キロ程度で走行を続けていたという。国土交通省によると高速道路への誤侵入は年々増加しており死亡事故も起きているという。警視庁によると乗っていたのはラトビア人の男性で、五反田出口付近で確保されたという。男性は高速道路だと思わなかったと語り、警視庁から注意され始末書を書かされたという。


中野長者橋

昨日午前10時過ぎ、首都高速中央環状線内回りでロードバイク型の自転車が走る様子が撮影された。西池袋の侵入口から入りこんでおり、その後も交通量が多い中、撮影者によると時速40キロから50キロ程度で走行を続けていたという。国土交通省によると高速道路への誤侵入は年々増加しており死亡事故も起きているという。警視庁によると乗っていたのはラトビア人の男性で、五反田出口付近で確保されたという。男性は高速道路だと思わなかったと語り、警視庁から注意され始末書を書かされたという。


首都高速中央環状線

昨日午前10時過ぎ、首都高速中央環状線内回りでロードバイク型の自転車が走る様子が撮影された。西池袋の侵入口から入りこんでおり、その後も交通量が多い中、撮影者によると時速40キロから50キロ程度で走行を続けていたという。国土交通省によると高速道路への誤侵入は年々増加しており死亡事故も起きているという。警視庁によると乗っていたのはラトビア人の男性で、五反田出口付近で確保されたという。男性は高速道路だと思わなかったと語り、警視庁から注意され始末書を書かされたという。


鶴岡駅前

東京大学の笠原名誉教授を紹介。これから解説してもらうという。新潟県村上市では雨がふっている。土砂が崩れた場所もある。土砂崩れの危険は広がっている。体育館が避難所となっている。今は全員が自宅へ戻った。家の中は散乱しているという人がいる。村上市の国道沿いでは、国土交通省の車が並び、崖からの落石を確認しているという。さらに、崩れる可能性があるという。鶴岡駅前のプレハブ倉庫は傾いている。余震が来たら危険な状態だ。タイルが剥がれている。山形県酒田市の住宅街では、ブロック塀が倒壊している。市役所によると市内には3ヶ所のブロック塀の崩落が確認されたという。


東京大学

東京大学の笠原名誉教授を紹介。これから解説してもらうという。新潟県村上市では雨がふっている。土砂が崩れた場所もある。土砂崩れの危険は広がっている。体育館が避難所となっている。今は全員が自宅へ戻った。家の中は散乱しているという人がいる。村上市の国道沿いでは、国土交通省の車が並び、崖からの落石を確認しているという。さらに、崩れる可能性があるという。鶴岡駅前のプレハブ倉庫は傾いている。余震が来たら危険な状態だ。タイルが剥がれている。山形県酒田市の住宅街では、ブロック塀が倒壊している。市役所によると市内には3ヶ所のブロック塀の崩落が確認されたという。


岡山市

岡山市内で公園の遊具700基が使用禁止になっている。全国で公園遊具による事故が相次ぐ中、国土交通省は2002年「都市公園における遊具の安全確保に関する指針」を作成した。更に2017年には都市公園法が改正され、年に1度の遊具点検が義務化された。岡山市は465箇所の公園で遊具約1800基を安全点検し、劣化が進んでいるものや潜在的な危険性のある遊具700基の使用を止めているという。来年度中には全ての改修が終わる予定。


TATERU

アパートの施工管理を手がけるTATERUが、建設資金の借り入れ希望者の預金データを改竄していた問題で、国土交通省は業務停止命令を出す方針を固めた。(日本経済新聞)


日本経済新聞

アパートの施工管理を手がけるTATERUが、建設資金の借り入れ希望者の預金データを改竄していた問題で、国土交通省は業務停止命令を出す方針を固めた。(日本経済新聞)

10月の消費税増税を前にした駆け込み需要に、まだ動きが見られていない。高額な住宅購入への動きが乏しいだけではなく、自動車などの動きも目立たない状況となっている。政府は増税後の支援を打ち出している効果はあるが、そもそも消費が弱いと疑う専門家もいる。(日本経済新聞)

日本で根付いてきた新卒一括採用が転機を迎えている。三井住友海上火災保険は保険商品の設計など専門分野を対象にスペシャリスト採用を始めた。また、富士通は中途採用向けに紹介採用という手法を取り入れた。働く人が専門性やスキルをもとに、仕事内容や勤務場所を決めるジョブ型雇用に転換する動きも広がり始めている。(日本経済新聞)