ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「国道118号」の検索結果

「国道118号」に関連する情報 9件中 1〜9件目

国道118号

昨夜、福島県会津若松市の国道118号で、50代男性の運転する乗用車が道路に面する民家に突っ込んだ。この事故で家で寝ていた男性が右足骨折などの大怪我を負った。事故当時路面は一時シャーベット状態だったと見られる。


鶴ヶ城

出川哲朗たちは国道118号を利用して、福島・会津若松市を訪れた。道中、磐梯山などが見えた。また、鶴ヶ城は会津若松市のシンボルで、日本で唯一の赤瓦の天守閣。


国道118号

出川哲朗たちは国道118号を利用して、福島・会津若松市を訪れた。道中、磐梯山などが見えた。また、鶴ヶ城は会津若松市のシンボルで、日本で唯一の赤瓦の天守閣。


「国道118号」に関連するグルメ情報

揚げてトルコ

常磐自動車道那珂ICを降りて国道118号線を走ると6月13日にリニューアルした「道の駅 常陸大宮〜かわプラザ〜」常陸大宮の2大地元食材グルメ1つは「えごま」。道の駅では絞ったえごま油を施設内の店に提供している。えごま油は様々なところで使われており、えごまを練り込んだ麺などを使ったえごまラーメンやえごまジェラートが人気。2つ目は「瑞穂牛」。瑞穂牛は口どけがよく、さっぱりした脂身が特徴。おすすめは瑞穂牛メンチカツ。ここは地元食材だけでなく、もう1つ特徴、農園で栽培している野菜の収穫体験ができる。またその場で試食してもOK。こちらで収穫できるナスは4種類あるのだが、品種名がおすすめの調理法になっている。1つは白色が特徴的な揚げてトルコ。熱を通すとねっとりした食感が味わえる。次は細長い炒めて台湾。油との愛称が抜群なので麻婆ナスがおすすめ。 3つ目はカレーなインド。香辛料との相性がいいのでカレーがオススメ。4つ目はグリルでイタリア。大きく輪切りにしてニンニクと一緒にソテーがあう。ここでスタジオに揚げてトルコと炒めて台湾が来て、滝藤と仲が試食。甘い、しっかりおかずと感想を述べた。


「国道118号」に関連するグルメ情報

炒めて台湾

常磐自動車道那珂ICを降りて国道118号線を走ると6月13日にリニューアルした「道の駅 常陸大宮〜かわプラザ〜」常陸大宮の2大地元食材グルメ1つは「えごま」。道の駅では絞ったえごま油を施設内の店に提供している。えごま油は様々なところで使われており、えごまを練り込んだ麺などを使ったえごまラーメンやえごまジェラートが人気。2つ目は「瑞穂牛」。瑞穂牛は口どけがよく、さっぱりした脂身が特徴。おすすめは瑞穂牛メンチカツ。ここは地元食材だけでなく、もう1つ特徴、農園で栽培している野菜の収穫体験ができる。またその場で試食してもOK。こちらで収穫できるナスは4種類あるのだが、品種名がおすすめの調理法になっている。1つは白色が特徴的な揚げてトルコ。熱を通すとねっとりした食感が味わえる。次は細長い炒めて台湾。油との愛称が抜群なので麻婆ナスがおすすめ。 3つ目はカレーなインド。香辛料との相性がいいのでカレーがオススメ。4つ目はグリルでイタリア。大きく輪切りにしてニンニクと一緒にソテーがあう。ここでスタジオに揚げてトルコと炒めて台湾が来て、滝藤と仲が試食。甘い、しっかりおかずと感想を述べた。


道の駅 常陸大宮〜かわプラザ〜

常磐自動車道那珂ICを降りて国道118号線を走ると6月13日にリニューアルした「道の駅 常陸大宮〜かわプラザ〜」常陸大宮の2大地元食材グルメ1つは「えごま」。道の駅では絞ったえごま油を施設内の店に提供している。えごま油は様々なところで使われており、えごまを練り込んだ麺などを使ったえごまラーメンやえごまジェラートが人気。2つ目は「瑞穂牛」。瑞穂牛は口どけがよく、さっぱりした脂身が特徴。おすすめは瑞穂牛メンチカツ。ここは地元食材だけでなく、もう1つ特徴、農園で栽培している野菜の収穫体験ができる。またその場で試食してもOK。こちらで収穫できるナスは4種類あるのだが、品種名がおすすめの調理法になっている。1つは白色が特徴的な揚げてトルコ。熱を通すとねっとりした食感が味わえる。次は細長い炒めて台湾。油との愛称が抜群なので麻婆ナスがおすすめ。 3つ目はカレーなインド。香辛料との相性がいいのでカレーがオススメ。4つ目はグリルでイタリア。大きく輪切りにしてニンニクと一緒にソテーがあう。ここでスタジオに揚げてトルコと炒めて台湾が来て、滝藤と仲が試食。甘い、しっかりおかずと感想を述べた。


那珂IC

常磐自動車道那珂ICを降りて国道118号線を走ると6月13日にリニューアルした「道の駅 常陸大宮〜かわプラザ〜」常陸大宮の2大地元食材グルメ1つは「えごま」。道の駅では絞ったえごま油を施設内の店に提供している。えごま油は様々なところで使われており、えごまを練り込んだ麺などを使ったえごまラーメンやえごまジェラートが人気。2つ目は「瑞穂牛」。瑞穂牛は口どけがよく、さっぱりした脂身が特徴。おすすめは瑞穂牛メンチカツ。ここは地元食材だけでなく、もう1つ特徴、農園で栽培している野菜の収穫体験ができる。またその場で試食してもOK。こちらで収穫できるナスは4種類あるのだが、品種名がおすすめの調理法になっている。1つは白色が特徴的な揚げてトルコ。熱を通すとねっとりした食感が味わえる。次は細長い炒めて台湾。油との愛称が抜群なので麻婆ナスがおすすめ。 3つ目はカレーなインド。香辛料との相性がいいのでカレーがオススメ。4つ目はグリルでイタリア。大きく輪切りにしてニンニクと一緒にソテーがあう。ここでスタジオに揚げてトルコと炒めて台湾が来て、滝藤と仲が試食。甘い、しっかりおかずと感想を述べた。


常磐自動車道

常磐自動車道那珂ICを降りて国道118号線を走ると6月13日にリニューアルした「道の駅 常陸大宮〜かわプラザ〜」常陸大宮の2大地元食材グルメ1つは「えごま」。道の駅では絞ったえごま油を施設内の店に提供している。えごま油は様々なところで使われており、えごまを練り込んだ麺などを使ったえごまラーメンやえごまジェラートが人気。2つ目は「瑞穂牛」。瑞穂牛は口どけがよく、さっぱりした脂身が特徴。おすすめは瑞穂牛メンチカツ。ここは地元食材だけでなく、もう1つ特徴、農園で栽培している野菜の収穫体験ができる。またその場で試食してもOK。こちらで収穫できるナスは4種類あるのだが、品種名がおすすめの調理法になっている。1つは白色が特徴的な揚げてトルコ。熱を通すとねっとりした食感が味わえる。次は細長い炒めて台湾。油との愛称が抜群なので麻婆ナスがおすすめ。 3つ目はカレーなインド。香辛料との相性がいいのでカレーがオススメ。4つ目はグリルでイタリア。大きく輪切りにしてニンニクと一緒にソテーがあう。ここでスタジオに揚げてトルコと炒めて台湾が来て、滝藤と仲が試食。甘い、しっかりおかずと感想を述べた。


大子地蔵尊

国道118号沿いを歩いていると巨大な人影を発見。近づいてみるとお地蔵様のようだが、かなり大きく、石像ではなくコンクリート製で口や目はペンキで塗られていた。高さ9.65mと日本一大きな地蔵で、昭和39年に町の名物にしようと建立された。だが半世紀以上が経過し、この大子地蔵尊のペンキは剥がれ落ちてしまっていた。すると吉田さかえさんら地元婦人会の方々は新たな前掛けを作ろうと始動し、取り付けの際には役所が調達したクレーン車が出動。無事に取り付けを終え、美しいお地蔵様の姿となった。婦人会の方々はいつか笠を作りたいという。スタジオで、デーブ大久保は白石の衣装がこの前掛けと同じ色だったことに思わず笑みを浮かべた。


検索結果の絞り込み

  • すべての情報 (9)
  • 本・コミック・雑誌
  • 音楽・CD
  • 映画・DVD
  • レストラン・飲食店
  • グルメ情報 (2)
  • 料理レシピ
  • ホテル・温泉旅館
  • 観光・地域情報
  • イベント情報
  • 雑学・豆知識
  • その他の情報 (7)