ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「坂本小百合」の検索結果

「坂本小百合」に関連する情報 46件中 1〜10件目

市原ぞうの国

先週、東京・足立区の河川敷で捕獲された迷いシカ。その後、引取先が見つからず殺処分を心配する声もあがっていたが、今週千葉・市原市の市原ぞうの国に引き取られることになった。坂本小百合園長に話を聞くと、「私がケープと名付けました」と話していた。


JUNON

転職ランキング3位はカリスマモデルから転職した坂本小百合。ハーフモデルの先駆けとしてJUNONの創刊から専属モデルを務めていた坂本は2度目の結婚で動物プロダクションの男性と家庭を持ち、「オレたちひょうきん族」では牛の吉田くんをキャスティングするなどしていたという。


市原ぞうの国

虻川美穂子が「市原ぞうの国」を見学。今年1月15日産まれたゾウの赤ちゃんを見学、日本の冬は乾燥するため飼育員が肌ケアをしている。坂本小百合さんの今後の目標は人と動物をもっと繋げること、アニマルセラピーなどを行いたいという。

動物についてトーク。ゲストの佐藤藍子は「自分が誰でもないというか、人間社会にいると立場が位置付けられてしまう。動物たちはそんなことなく、開放感が良い」と話し、虻川は「動物を飼ったことがなくて触れ合うのが怖かった。ただ、触れ合うことで可愛くて大好きになった」と話した。


「坂本小百合」に関連するイベント情報

ぞうさんライド

今回は虻川美穂子が動物が好きすぎる坂本小百合さんを取材。動物愛がこうじて今は「市原ぞうの国」の園長になっている。いまは「ぞうさんショー」が行われており、13頭中8頭がパフォーマンスを披露する。更にゾウの背中に乗れる「ぞうさんライド」も体験できる。


「坂本小百合」に関連するイベント情報

ぞうさんショー

今回は虻川美穂子が動物が好きすぎる坂本小百合さんを取材。動物愛がこうじて今は「市原ぞうの国」の園長になっている。いまは「ぞうさんショー」が行われており、13頭中8頭がパフォーマンスを披露する。更にゾウの背中に乗れる「ぞうさんライド」も体験できる。


入園料

今回は虻川美穂子が動物が好きすぎる坂本小百合さんを取材。動物愛がこうじて今は「市原ぞうの国」の園長になっている。いまは「ぞうさんショー」が行われており、13頭中8頭がパフォーマンスを披露する。更にゾウの背中に乗れる「ぞうさんライド」も体験できる。


市原ぞうの国

今回は虻川美穂子が動物が好きすぎる坂本小百合さんを取材。動物愛がこうじて今は「市原ぞうの国」の園長になっている。いまは「ぞうさんショー」が行われており、13頭中8頭がパフォーマンスを披露する。更にゾウの背中に乗れる「ぞうさんライド」も体験できる。

続いて向かったのは坂本さんが趣味で作ったという「サユリワールド」。動物たちが放し飼いにされている。

上地雄輔と竹崎由佳が挨拶し、ゲストの虻川美穂子と佐藤藍子を紹介。今回は虻川美穂子が「市原ぞうの国」を取材すると改めて伝えた。番組HPでは「あなたがハマっている好きすぎること」についてのメッセージを募集している。

虻川美穂子が「市原ぞうの国」を見学。去年7月に生まれたゾウの赤ちゃんがおり、産まれた時の体重は実に100kg以上。虻川はホースから水を出して水浴びをさせてあげた。


勝浦ぞうの楽園

坂上どうぶつ王国の土地探しを本格的に開始した坂上忍は人間と動物の共生を個人で実現させた大先輩に会いに千葉県市原市山小川にあるサユリワールドを訪れた。園長の坂本小百合さんは「星になった少年」の原作本「ちび象ランディと星になった少年」の著者。ファッションモデルとして活動していた小百合さんは動物プロダクション経営者と結婚しモデルから動物園の経営者に転身。1989年、山小川ファーム動物クラブを開園し現在は「市原ぞうの国」「勝浦ぞうの楽園」「サユリワールド」の3つの動物園の園長を務めている。


市原ぞうの国

坂上どうぶつ王国の土地探しを本格的に開始した坂上忍は人間と動物の共生を個人で実現させた大先輩に会いに千葉県市原市山小川にあるサユリワールドを訪れた。園長の坂本小百合さんは「星になった少年」の原作本「ちび象ランディと星になった少年」の著者。ファッションモデルとして活動していた小百合さんは動物プロダクション経営者と結婚しモデルから動物園の経営者に転身。1989年、山小川ファーム動物クラブを開園し現在は「市原ぞうの国」「勝浦ぞうの楽園」「サユリワールド」の3つの動物園の園長を務めている。


サユリワールド

坂上どうぶつ王国の土地探しを本格的に開始した坂上忍は人間と動物の共生を個人で実現させた大先輩に会いに千葉県市原市山小川にあるサユリワールドを訪れた。園長の坂本小百合さんは「星になった少年」の原作本「ちび象ランディと星になった少年」の著者。ファッションモデルとして活動していた小百合さんは動物プロダクション経営者と結婚しモデルから動物園の経営者に転身。1989年、山小川ファーム動物クラブを開園し現在は「市原ぞうの国」「勝浦ぞうの楽園」「サユリワールド」の3つの動物園の園長を務めている。

長年の共生の成果、取り合う事なくご飯タイムを行える。坂上忍らは集まってきた動物にエサやりを行った。動物同士の共生で最も問題になるのが食性の問題。放し飼いでエサを与えると消化できないエサを食べて体調を崩したり体の大きな動物がエサを独り占めする事もある。それを解決するため鳥類のエサは他動物に食べられやすいため隔離した。

サユリワールドは元々竹林だった。竹は広く根を張るため整地は時間と費用がかかる。2007年に土地を買い準備期間2〜4年、費用は2億〜3億円かかったという。動物には井戸水を汲み上げて使用している。サユリワールドでは人が使用する生活用水だけでなく動物に使用する井戸水を使うので工事費に700万円以上かかる。それでも水道代は年間約15万円に節約できる。1か月の運営費用は計260万円ほどかかる。

坂上忍が土地選びのコツを聞かれた坂本小百合さんは自分自身の目的が一番重要だとアドバイスされた。


検索結果の絞り込み


  • ※「価格com テレビ紹介情報」は株式会社ワイヤーアクションが提供するTV放送ログを掲載しています。