ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「塩郷の吊橋」の検索結果

「塩郷の吊橋」に関連する情報 55件中 1〜10件目

大井川鐵道

静岡県川根本町にある塩郷の吊橋(全長220m)が紹介された。この橋は生活のための橋だったが、山口百恵さんと三浦友和さんがキスシーンを演じたことから恋が叶うイメージで評判になったという。妻の妊娠を発表した斉藤さんが吊り橋を渡った。橋の下を大井川鐵道が通過した。


「塩郷の吊橋」に関連する映画・DVD

炎の舞

静岡県川根本町にある塩郷の吊橋(全長220m)が紹介された。この橋は生活のための橋だったが、山口百恵さんと三浦友和さんがキスシーンを演じたことから恋が叶うイメージで評判になったという。妻の妊娠を発表した斉藤さんが吊り橋を渡った。橋の下を大井川鐵道が通過した。


塩郷の吊橋

静岡県川根本町にある塩郷の吊橋(全長220m)が紹介された。この橋は生活のための橋だったが、山口百恵さんと三浦友和さんがキスシーンを演じたことから恋が叶うイメージで評判になったという。妻の妊娠を発表した斉藤さんが吊り橋を渡った。橋の下を大井川鐵道が通過した。


塩郷の吊橋

願いが叶う吊り橋が紹介された。静岡県川根本町の大井川にある塩郷の吊橋は全長220mだった。橋をバイクや自転車で渡っていたという。またこの橋では子どもたちも大興奮のあることが起こるという。


塩郷の吊橋

スギちゃんは大井川鐵道に乗車。列車は昭和レトロ満載、昭和初期に使用されていた客車を当時のまま運行している。窓枠の下には当時懐かしいセンヌキがついている。車内では「大井川ふるさと弁当」を堪能、地元食材を使ったおかずとイワナの甘露煮などが入っていた。食後、車窓から見えるビューポイントを放送で紹介しつつ、お客さんにキャッチコピーを披露した。更に車内でしか変えないグッズをPRした。


「塩郷の吊橋」に関連するグルメ情報

抹茶のたいやき

吊り橋が好きすぎるという大嶽雅博さん。これまでに渡った吊り橋は1198本。名刺の肩書きには「ツリバシスト」と記している。そんな大嶽さんと一緒に渡るのは静岡・安倍川にある吊り橋。1人で渡ってくださいと書かれており、風にあおられてめくれないように板が狭くされている。この吊り橋は「中平の吊橋」、全長151m。真ん中に下から橋脚と呼ばれるつっかえ棒が2つあり、珍しい形なのだそう。ツリバシストであるにもかかわらず高所恐怖症だという大嶽さん。姿勢を下げておとなしく渡ると揺れにくいと伝授した。吊り橋の下には自分の影ができるので、下に向かって手を振るともう1人の自分が手を振り返してくれるのも楽しいポイントだという。橋の途中では木の感触を楽しみながら吊り橋に座ったり、吊り橋をハンモックにして寝転がるといった楽しみ方もある。敦士も体験し、すごく気持ちよかったと話した。渡り終えた2人は橋の下へ向かい、珍しい橋脚のディテールを撮影。横にある台風柵はあやとりのような曲線美を描いていると大嶽さんは話した。続いて、大嶽さんの人生を変えた吊り橋が近くにあるとのことで2人は大井川に移動。ここにあるのは全長220mの「塩郷の吊橋」。住宅のすぐ上を通っている吊橋である。この吊り橋からの景色に感動して大嶽さんはツリバシストになったのだという。歩いている人や鉄道を見下ろしながら渡ることができ、吊り橋のすぐ下をSLも通過するので迫力ある写真を撮ることができる。吊り橋の中心でたいやきを食べるのも大嶽さんの楽しみの1つ。敦士もすごく美味しいといい、渡ってみないとこの気持ちはわからないと話した。大自然の中に自分を置いて心を癒やすとすごく気持ちがいい、いろんなものが体から消えていくような時間が過ごせると大嶽さんは語った。


たいやきや

吊り橋が好きすぎるという大嶽雅博さん。これまでに渡った吊り橋は1198本。名刺の肩書きには「ツリバシスト」と記している。そんな大嶽さんと一緒に渡るのは静岡・安倍川にある吊り橋。1人で渡ってくださいと書かれており、風にあおられてめくれないように板が狭くされている。この吊り橋は「中平の吊橋」、全長151m。真ん中に下から橋脚と呼ばれるつっかえ棒が2つあり、珍しい形なのだそう。ツリバシストであるにもかかわらず高所恐怖症だという大嶽さん。姿勢を下げておとなしく渡ると揺れにくいと伝授した。吊り橋の下には自分の影ができるので、下に向かって手を振るともう1人の自分が手を振り返してくれるのも楽しいポイントだという。橋の途中では木の感触を楽しみながら吊り橋に座ったり、吊り橋をハンモックにして寝転がるといった楽しみ方もある。敦士も体験し、すごく気持ちよかったと話した。渡り終えた2人は橋の下へ向かい、珍しい橋脚のディテールを撮影。横にある台風柵はあやとりのような曲線美を描いていると大嶽さんは話した。続いて、大嶽さんの人生を変えた吊り橋が近くにあるとのことで2人は大井川に移動。ここにあるのは全長220mの「塩郷の吊橋」。住宅のすぐ上を通っている吊橋である。この吊り橋からの景色に感動して大嶽さんはツリバシストになったのだという。歩いている人や鉄道を見下ろしながら渡ることができ、吊り橋のすぐ下をSLも通過するので迫力ある写真を撮ることができる。吊り橋の中心でたいやきを食べるのも大嶽さんの楽しみの1つ。敦士もすごく美味しいといい、渡ってみないとこの気持ちはわからないと話した。大自然の中に自分を置いて心を癒やすとすごく気持ちがいい、いろんなものが体から消えていくような時間が過ごせると大嶽さんは語った。


塩郷の吊橋

吊り橋が好きすぎるという大嶽雅博さん。これまでに渡った吊り橋は1198本。名刺の肩書きには「ツリバシスト」と記している。そんな大嶽さんと一緒に渡るのは静岡・安倍川にある吊り橋。1人で渡ってくださいと書かれており、風にあおられてめくれないように板が狭くされている。この吊り橋は「中平の吊橋」、全長151m。真ん中に下から橋脚と呼ばれるつっかえ棒が2つあり、珍しい形なのだそう。ツリバシストであるにもかかわらず高所恐怖症だという大嶽さん。姿勢を下げておとなしく渡ると揺れにくいと伝授した。吊り橋の下には自分の影ができるので、下に向かって手を振るともう1人の自分が手を振り返してくれるのも楽しいポイントだという。橋の途中では木の感触を楽しみながら吊り橋に座ったり、吊り橋をハンモックにして寝転がるといった楽しみ方もある。敦士も体験し、すごく気持ちよかったと話した。渡り終えた2人は橋の下へ向かい、珍しい橋脚のディテールを撮影。横にある台風柵はあやとりのような曲線美を描いていると大嶽さんは話した。続いて、大嶽さんの人生を変えた吊り橋が近くにあるとのことで2人は大井川に移動。ここにあるのは全長220mの「塩郷の吊橋」。住宅のすぐ上を通っている吊橋である。この吊り橋からの景色に感動して大嶽さんはツリバシストになったのだという。歩いている人や鉄道を見下ろしながら渡ることができ、吊り橋のすぐ下をSLも通過するので迫力ある写真を撮ることができる。吊り橋の中心でたいやきを食べるのも大嶽さんの楽しみの1つ。敦士もすごく美味しいといい、渡ってみないとこの気持ちはわからないと話した。大自然の中に自分を置いて心を癒やすとすごく気持ちがいい、いろんなものが体から消えていくような時間が過ごせると大嶽さんは語った。


塩郷駅

吊り橋が好きすぎるという大嶽雅博さん。これまでに渡った吊り橋は1198本。名刺の肩書きには「ツリバシスト」と記している。そんな大嶽さんと一緒に渡るのは静岡・安倍川にある吊り橋。1人で渡ってくださいと書かれており、風にあおられてめくれないように板が狭くされている。この吊り橋は「中平の吊橋」、全長151m。真ん中に下から橋脚と呼ばれるつっかえ棒が2つあり、珍しい形なのだそう。ツリバシストであるにもかかわらず高所恐怖症だという大嶽さん。姿勢を下げておとなしく渡ると揺れにくいと伝授した。吊り橋の下には自分の影ができるので、下に向かって手を振るともう1人の自分が手を振り返してくれるのも楽しいポイントだという。橋の途中では木の感触を楽しみながら吊り橋に座ったり、吊り橋をハンモックにして寝転がるといった楽しみ方もある。敦士も体験し、すごく気持ちよかったと話した。渡り終えた2人は橋の下へ向かい、珍しい橋脚のディテールを撮影。横にある台風柵はあやとりのような曲線美を描いていると大嶽さんは話した。続いて、大嶽さんの人生を変えた吊り橋が近くにあるとのことで2人は大井川に移動。ここにあるのは全長220mの「塩郷の吊橋」。住宅のすぐ上を通っている吊橋である。この吊り橋からの景色に感動して大嶽さんはツリバシストになったのだという。歩いている人や鉄道を見下ろしながら渡ることができ、吊り橋のすぐ下をSLも通過するので迫力ある写真を撮ることができる。吊り橋の中心でたいやきを食べるのも大嶽さんの楽しみの1つ。敦士もすごく美味しいといい、渡ってみないとこの気持ちはわからないと話した。大自然の中に自分を置いて心を癒やすとすごく気持ちがいい、いろんなものが体から消えていくような時間が過ごせると大嶽さんは語った。


大井川鉄道

吊り橋が好きすぎるという大嶽雅博さん。これまでに渡った吊り橋は1198本。名刺の肩書きには「ツリバシスト」と記している。そんな大嶽さんと一緒に渡るのは静岡・安倍川にある吊り橋。1人で渡ってくださいと書かれており、風にあおられてめくれないように板が狭くされている。この吊り橋は「中平の吊橋」、全長151m。真ん中に下から橋脚と呼ばれるつっかえ棒が2つあり、珍しい形なのだそう。ツリバシストであるにもかかわらず高所恐怖症だという大嶽さん。姿勢を下げておとなしく渡ると揺れにくいと伝授した。吊り橋の下には自分の影ができるので、下に向かって手を振るともう1人の自分が手を振り返してくれるのも楽しいポイントだという。橋の途中では木の感触を楽しみながら吊り橋に座ったり、吊り橋をハンモックにして寝転がるといった楽しみ方もある。敦士も体験し、すごく気持ちよかったと話した。渡り終えた2人は橋の下へ向かい、珍しい橋脚のディテールを撮影。横にある台風柵はあやとりのような曲線美を描いていると大嶽さんは話した。続いて、大嶽さんの人生を変えた吊り橋が近くにあるとのことで2人は大井川に移動。ここにあるのは全長220mの「塩郷の吊橋」。住宅のすぐ上を通っている吊橋である。この吊り橋からの景色に感動して大嶽さんはツリバシストになったのだという。歩いている人や鉄道を見下ろしながら渡ることができ、吊り橋のすぐ下をSLも通過するので迫力ある写真を撮ることができる。吊り橋の中心でたいやきを食べるのも大嶽さんの楽しみの1つ。敦士もすごく美味しいといい、渡ってみないとこの気持ちはわからないと話した。大自然の中に自分を置いて心を癒やすとすごく気持ちがいい、いろんなものが体から消えていくような時間が過ごせると大嶽さんは語った。