ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「多臓器不全」の検索結果

「多臓器不全」に関連する情報 1777件中 1〜10件目

多臓器不全

群馬・藤岡市にあるくすの木病院で今月13日から今日までに入院患者など計17人がインフルエンザに相次いで感染した。うち70代と90代の男性患者が肺炎などで亡くなった。病院は「インフルエンザの影響は否定できない」としている。病院は感染拡大防止のためインフルエンザの発症者を個室に映すなどの対策をとっており、「ご迷惑とご心配をおかけし申し訳ありません」としている。


多臓器不全

松田優作さん出演の映画「人間の証明」などを手掛けた映画監督の佐藤純彌さんが86歳で亡くなった。佐藤監督は1963年に監督デビュー、1988年公開の日中合作映画「敦煌」では日本アカデミー賞最優秀作品賞などを受賞した。約50年に渡り大作を作り続けてきた佐藤監督の活動は多岐にわたり、アニメ「魔法使いサリー」の脚本なども手掛けた。佐藤監督の通夜・告別式は既に親族のみで営まれたという。


「多臓器不全」に関連する映画・DVD

映画「人間の証明」など多くの作品でメガホンを取った佐藤純彌監督が、2月9日、多臓器不全による衰弱のため86歳で亡くなった。佐藤監督は1958年東映に入社。「陸軍残虐物語」で監督デビューすると、ブルーリボン賞新人賞を獲得した。その後「新幹線大爆破」など40本近くの作品を手がけた。「未完の対局」はモントリオール世界映画祭でグランプリを受賞。「敦煌」は日本アカデミー賞最優秀監督賞・作品賞を受賞した。2010年の「桜田門外ノ変」が遺作となった。西田敏行さんら出演者がその死を悼んだ。佐藤さんは自宅での療養を続けてきたが、9日に容体が急変したという。葬儀は親族のみで既に執り行われた。

 (劇場公開日 2010年10月16日)
「桜田門外ノ変」

映画.com

(C)2010 『桜田門外ノ変』製作委員会


「多臓器不全」に関連するイベント情報

モントリオール世界映画祭

映画「人間の証明」など多くの作品でメガホンを取った佐藤純彌監督が、2月9日、多臓器不全による衰弱のため86歳で亡くなった。佐藤監督は1958年東映に入社。「陸軍残虐物語」で監督デビューすると、ブルーリボン賞新人賞を獲得した。その後「新幹線大爆破」など40本近くの作品を手がけた。「未完の対局」はモントリオール世界映画祭でグランプリを受賞。「敦煌」は日本アカデミー賞最優秀監督賞・作品賞を受賞した。2010年の「桜田門外ノ変」が遺作となった。西田敏行さんら出演者がその死を悼んだ。佐藤さんは自宅での療養を続けてきたが、9日に容体が急変したという。葬儀は親族のみで既に執り行われた。


「多臓器不全」に関連する映画・DVD

未完の対局

映画「人間の証明」など多くの作品でメガホンを取った佐藤純彌監督が、2月9日、多臓器不全による衰弱のため86歳で亡くなった。佐藤監督は1958年東映に入社。「陸軍残虐物語」で監督デビューすると、ブルーリボン賞新人賞を獲得した。その後「新幹線大爆破」など40本近くの作品を手がけた。「未完の対局」はモントリオール世界映画祭でグランプリを受賞。「敦煌」は日本アカデミー賞最優秀監督賞・作品賞を受賞した。2010年の「桜田門外ノ変」が遺作となった。西田敏行さんら出演者がその死を悼んだ。佐藤さんは自宅での療養を続けてきたが、9日に容体が急変したという。葬儀は親族のみで既に執り行われた。


「多臓器不全」に関連する映画・DVD

映画「人間の証明」など多くの作品でメガホンを取った佐藤純彌監督が、2月9日、多臓器不全による衰弱のため86歳で亡くなった。佐藤監督は1958年東映に入社。「陸軍残虐物語」で監督デビューすると、ブルーリボン賞新人賞を獲得した。その後「新幹線大爆破」など40本近くの作品を手がけた。「未完の対局」はモントリオール世界映画祭でグランプリを受賞。「敦煌」は日本アカデミー賞最優秀監督賞・作品賞を受賞した。2010年の「桜田門外ノ変」が遺作となった。西田敏行さんら出演者がその死を悼んだ。佐藤さんは自宅での療養を続けてきたが、9日に容体が急変したという。葬儀は親族のみで既に執り行われた。

「植村直己物語[ASBY-2406][DVD]」

価格.com


「多臓器不全」に関連する映画・DVD

植村直己物語

映画「人間の証明」など多くの作品でメガホンを取った佐藤純彌監督が、2月9日、多臓器不全による衰弱のため86歳で亡くなった。佐藤監督は1958年東映に入社。「陸軍残虐物語」で監督デビューすると、ブルーリボン賞新人賞を獲得した。その後「新幹線大爆破」など40本近くの作品を手がけた。「未完の対局」はモントリオール世界映画祭でグランプリを受賞。「敦煌」は日本アカデミー賞最優秀監督賞・作品賞を受賞した。2010年の「桜田門外ノ変」が遺作となった。西田敏行さんら出演者がその死を悼んだ。佐藤さんは自宅での療養を続けてきたが、9日に容体が急変したという。葬儀は親族のみで既に執り行われた。


「多臓器不全」に関連する映画・DVD

映画「人間の証明」など多くの作品でメガホンを取った佐藤純彌監督が、2月9日、多臓器不全による衰弱のため86歳で亡くなった。佐藤監督は1958年東映に入社。「陸軍残虐物語」で監督デビューすると、ブルーリボン賞新人賞を獲得した。その後「新幹線大爆破」など40本近くの作品を手がけた。「未完の対局」はモントリオール世界映画祭でグランプリを受賞。「敦煌」は日本アカデミー賞最優秀監督賞・作品賞を受賞した。2010年の「桜田門外ノ変」が遺作となった。西田敏行さんら出演者がその死を悼んだ。佐藤さんは自宅での療養を続けてきたが、9日に容体が急変したという。葬儀は親族のみで既に執り行われた。

「新幹線大爆破[BSTD-02090][Blu-ray/ブルーレイ]」

価格.com


「多臓器不全」に関連する映画・DVD

新幹線大爆破

映画「人間の証明」など多くの作品でメガホンを取った佐藤純彌監督が、2月9日、多臓器不全による衰弱のため86歳で亡くなった。佐藤監督は1958年東映に入社。「陸軍残虐物語」で監督デビューすると、ブルーリボン賞新人賞を獲得した。その後「新幹線大爆破」など40本近くの作品を手がけた。「未完の対局」はモントリオール世界映画祭でグランプリを受賞。「敦煌」は日本アカデミー賞最優秀監督賞・作品賞を受賞した。2010年の「桜田門外ノ変」が遺作となった。西田敏行さんら出演者がその死を悼んだ。佐藤さんは自宅での療養を続けてきたが、9日に容体が急変したという。葬儀は親族のみで既に執り行われた。


スポーツニッポン

映画「人間の証明」など多くの作品でメガホンを取った佐藤純彌監督が、2月9日、多臓器不全による衰弱のため86歳で亡くなった。佐藤監督は1958年東映に入社。「陸軍残虐物語」で監督デビューすると、ブルーリボン賞新人賞を獲得した。その後「新幹線大爆破」など40本近くの作品を手がけた。「未完の対局」はモントリオール世界映画祭でグランプリを受賞。「敦煌」は日本アカデミー賞最優秀監督賞・作品賞を受賞した。2010年の「桜田門外ノ変」が遺作となった。西田敏行さんら出演者がその死を悼んだ。佐藤さんは自宅での療養を続けてきたが、9日に容体が急変したという。葬儀は親族のみで既に執り行われた。