ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「多臓器不全」の検索結果

「多臓器不全」に関連する本・コミック・雑誌 94件中 1〜10件目

「多臓器不全」に関連する本・コミック・雑誌

14位は堺屋太一さん、未来を見据えた作家死去。大阪万博の仕掛け人や田中角栄元首相のブレーンを務めてきた堺屋太一さんが多臓器不全のため亡くなった。堺屋さんが22年前に連載を開始した本が日本の未来を予言していると注目され話題になった。

「平成三十年 (下) (朝日文庫)」

Amazon.co.jp


「多臓器不全」に関連する本・コミック・雑誌

14位は堺屋太一さん、未来を見据えた作家死去。大阪万博の仕掛け人や田中角栄元首相のブレーンを務めてきた堺屋太一さんが多臓器不全のため亡くなった。堺屋さんが22年前に連載を開始した本が日本の未来を予言していると注目され話題になった。

「平成三十年 (上) (朝日文庫)」

Amazon.co.jp


「多臓器不全」に関連する本・コミック・雑誌

作家の堺屋太一さんが83歳で死去。大阪出身の堺屋さんは東京大学経済学部を卒業後、通産省に入賞。1970年の大阪万博に携わり、成功に導いたことで知られている。通産省在職中に石油危機を描いた小説「油断!」で作家デビュー。翌年、戦後の第一次ベビーブーム世代を「団塊の世代」と名付けた本はベストセラーとなった。退官後は経済評論家として活動。小渕内閣では民間人閣僚として経済企画庁長官に抜擢された。昭和の時代、子どもに人気のあったものを表現した、巨人、大鵬、卵焼きなど絶妙な言葉で時代を捉える感覚は高く評価されていた。堺屋さんは先月から体調を崩して入院していたが、8日、多臓器不全で亡くなった。通夜は16日、葬儀・告別式は17日に営まれる。

「団塊の世代」

Amazon.co.jp


「多臓器不全」に関連する本・コミック・雑誌

作家の堺屋太一さんが83歳で死去。大阪出身の堺屋さんは東京大学経済学部を卒業後、通産省に入賞。1970年の大阪万博に携わり、成功に導いたことで知られている。通産省在職中に石油危機を描いた小説「油断!」で作家デビュー。翌年、戦後の第一次ベビーブーム世代を「団塊の世代」と名付けた本はベストセラーとなった。退官後は経済評論家として活動。小渕内閣では民間人閣僚として経済企画庁長官に抜擢された。昭和の時代、子どもに人気のあったものを表現した、巨人、大鵬、卵焼きなど絶妙な言葉で時代を捉える感覚は高く評価されていた。堺屋さんは先月から体調を崩して入院していたが、8日、多臓器不全で亡くなった。通夜は16日、葬儀・告別式は17日に営まれる。

「油断! (日経ビジネス人文庫)」

Amazon.co.jp


「多臓器不全」に関連する本・コミック・雑誌

団塊の世代の名付け親で作家の堺屋太一さんが多臓器不全で亡くなった。二十年も前に日本の平成三十年の姿を予測した経済小説を執筆した。テレビ東京の報道番組では当時の小泉総理大臣に鋭く切り込み、日本の経済に警鐘を鳴らしていた。ミライを予測する経済小説を多く発表した。「平成三十年」ではネット通販の発展を予測し、経済的危機に陥る日本を描いた。1998年経済企画庁長官に就任、総理官邸にタクシーで登場した。景気情勢をタクシー運転手などに聞く、「景気ウォッチャー調査」を導入した。次の時代への期待として、「もう一度欲望に満ちた社会を目指さないといけない」などと語っていた。出演者らは「経歴も実績もあってそれでいて頭の柔らかいやさしい方でした」等とコメントした。

「平成三十年 (下) (朝日文庫)」

Amazon.co.jp


「多臓器不全」に関連する本・コミック・雑誌

団塊の世代の名付け親で作家の堺屋太一さんが多臓器不全で亡くなった。二十年も前に日本の平成三十年の姿を予測した経済小説を執筆した。テレビ東京の報道番組では当時の小泉総理大臣に鋭く切り込み、日本の経済に警鐘を鳴らしていた。ミライを予測する経済小説を多く発表した。「平成三十年」ではネット通販の発展を予測し、経済的危機に陥る日本を描いた。1998年経済企画庁長官に就任、総理官邸にタクシーで登場した。景気情勢をタクシー運転手などに聞く、「景気ウォッチャー調査」を導入した。次の時代への期待として、「もう一度欲望に満ちた社会を目指さないといけない」などと語っていた。出演者らは「経歴も実績もあってそれでいて頭の柔らかいやさしい方でした」等とコメントした。

「平成三十年 (上) (朝日文庫)」

Amazon.co.jp


「多臓器不全」に関連する本・コミック・雑誌

堺屋太一さんが8日午後8時19分、多臓器不全のため都内の病院で亡くなった。鋭い視点で時代を捉え、1960年台には高度成長期の日本の雰囲気を代表するフレーズ「巨人・大鵬・卵焼き」の起源となる言葉を会見で述べ流行語となった。第一次ベビーブームの世代を「団塊の世代」と名付け、同名の小説などを執筆。通商産業省官僚時代には大阪万博の企画を担当。当時無名の岡本太郎を展示プロデューサーに抜擢、猛反対の中太陽の塔建設を許可。25年大阪万博誘致でもアドバイスを送った。(日刊スポーツ)

「油断! (日経ビジネス人文庫)」

Amazon.co.jp


「多臓器不全」に関連する本・コミック・雑誌

秀吉

堺屋太一さんが8日午後8時19分、多臓器不全のため都内の病院で亡くなった。鋭い視点で時代を捉え、1960年台には高度成長期の日本の雰囲気を代表するフレーズ「巨人・大鵬・卵焼き」の起源となる言葉を会見で述べ流行語となった。第一次ベビーブームの世代を「団塊の世代」と名付け、同名の小説などを執筆。通商産業省官僚時代には大阪万博の企画を担当。当時無名の岡本太郎を展示プロデューサーに抜擢、猛反対の中太陽の塔建設を許可。25年大阪万博誘致でもアドバイスを送った。(日刊スポーツ)


「多臓器不全」に関連する本・コミック・雑誌

堺屋太一さんが8日午後8時19分、多臓器不全のため都内の病院で亡くなった。鋭い視点で時代を捉え、1960年台には高度成長期の日本の雰囲気を代表するフレーズ「巨人・大鵬・卵焼き」の起源となる言葉を会見で述べ流行語となった。第一次ベビーブームの世代を「団塊の世代」と名付け、同名の小説などを執筆。通商産業省官僚時代には大阪万博の企画を担当。当時無名の岡本太郎を展示プロデューサーに抜擢、猛反対の中太陽の塔建設を許可。25年大阪万博誘致でもアドバイスを送った。(日刊スポーツ)

「団塊の世代」

Amazon.co.jp


「多臓器不全」に関連する本・コミック・雑誌

先週金曜日、作家の堺屋太一さん(83)が多臓器不全のため死去。堺屋さんは1960年に通産省に入省。1970年に大阪万博の開催・企画に携わっており、2025年開催の大阪・関西万博の誘致にも協力していた。小説「団塊の世代」はベストセラーとなり、第一次ベビーブーム世代をさす言葉として定着した。1998年には民間人閣僚として小渕内閣に入閣し、経済企画庁長官を務めた。堺屋さんは先月、都内の病院に入院し、治療を受けていた。橋本さんは「五輪・万博の前に亡くなったのは残念」などと述べていた。

「団塊の世代」

Amazon.co.jp