ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「多臓器不全」の検索結果

「多臓器不全」に関連するイベント情報 197件中 1〜10件目

「多臓器不全」に関連するイベント情報

モントリオール世界映画祭

映画「人間の証明」など多くの作品でメガホンを取った佐藤純彌監督が、2月9日、多臓器不全による衰弱のため86歳で亡くなった。佐藤監督は1958年東映に入社。「陸軍残虐物語」で監督デビューすると、ブルーリボン賞新人賞を獲得した。その後「新幹線大爆破」など40本近くの作品を手がけた。「未完の対局」はモントリオール世界映画祭でグランプリを受賞。「敦煌」は日本アカデミー賞最優秀監督賞・作品賞を受賞した。2010年の「桜田門外ノ変」が遺作となった。西田敏行さんら出演者がその死を悼んだ。佐藤さんは自宅での療養を続けてきたが、9日に容体が急変したという。葬儀は親族のみで既に執り行われた。


「多臓器不全」に関連するイベント情報

ブルーリボン賞授賞式

映画「人間の証明」など多くの作品でメガホンを取った佐藤純彌監督が、2月9日、多臓器不全による衰弱のため86歳で亡くなった。佐藤監督は1958年東映に入社。「陸軍残虐物語」で監督デビューすると、ブルーリボン賞新人賞を獲得した。その後「新幹線大爆破」など40本近くの作品を手がけた。「未完の対局」はモントリオール世界映画祭でグランプリを受賞。「敦煌」は日本アカデミー賞最優秀監督賞・作品賞を受賞した。2010年の「桜田門外ノ変」が遺作となった。西田敏行さんら出演者がその死を悼んだ。佐藤さんは自宅での療養を続けてきたが、9日に容体が急変したという。葬儀は親族のみで既に執り行われた。


「多臓器不全」に関連するイベント情報

日本アカデミー賞

映画「人間の証明」や「野生の証明」などで知られる佐藤純彌監督が多臓器不全の為亡くなった事がわかった。86歳だった。1988年公開の映画「敦煌」で日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞。当時監督は「制作費も大変かかったが、同じ仲間の人達が選んでこのような賞をくださる。本当に心から喜んでおります」などと話していた。突然の訃報に「敦煌」の出演者達がコメント。西田敏行は「人望があり、学者肌の映画監督でした。ご冥福を祈ります」とコメント、三田佳子は「一つの時代が終わったような何とも言えない寂しさを感じます」とコメントを出した。


「多臓器不全」に関連するイベント情報

大阪万博

「団塊の世代」という言葉をつくった堺屋太一さんが死去。多臓器不全のために亡くなった。1960念に通産省に入省。大阪万博を手がけた。経済企画庁長官や、内閣官房参与をつとめ、政策ブレーンとしても活躍した。


「多臓器不全」に関連するイベント情報

大阪万博

14位は堺屋太一さん、未来を見据えた作家死去。大阪万博の仕掛け人や田中角栄元首相のブレーンを務めてきた堺屋太一さんが多臓器不全のため亡くなった。堺屋さんが22年前に連載を開始した本が日本の未来を予言していると注目され話題になった。


「多臓器不全」に関連するイベント情報

大阪万博

今回は今月8日、多臓器不全のため亡くなった堺屋太一さんについて。晩年もこの国の行く末を案じていたという堺屋さんの功績を全力リサーチした。

流行当時、巨人、大鵬は常勝。卵焼きは養鶏場がたくさんできて物価が卵だけは値上がりせず、子供達が好きで更に高度経済成長の好調さを表す言葉として3つの標語は役人たちがよく話をしていたのだという。また堺屋さんはミスター万博とも呼ばれ、多くの万博に携わった。

70年の大阪万博では招致、企画、開催に携わり6400万人が訪れた。当時を振り返り堺屋さんは「万博を日本で開こうと言いだして1人で企画し成功したのが誇りだ」と語っていたという。大阪万博では岡本太郎さんなど多くの若きクリエイターを発掘、コンパニオンの制服は斬新なデザインが物議を醸したが堺屋さんが周囲との調整を行ったという。当時堺屋さんは通産省の若手官僚だったが、デザイナーのコシノジュンコさんは「私の良き理解社として振る舞ってくださった」と振り返っているという。堺屋さんは通産省の幹部のハイヤーの運転手に企画書を渡し、大阪万博って知ってますかと話をして招致につなげたという。また田中角栄氏の「日本列島改造論」のゴーストライターの1人だったともみられているという。1997年には「平成三十年」を連載、当時から見た平成30年を書く予測小説だったという。

「平成三十年」で堺屋さんは生涯未婚率が女性は20%超、男性は23.3%になるだろうと予測。2015年の国勢調査では女性14.1%男性23.4%となっていたという。また2016年の出生数は100万人を割ると言っており、的中したという。また田原総一朗氏は「知価革命」という著書で80年代には既にものを作るのではなくコンピューターコミュニケーションを重要な産業としていたがアメリカに先を行かれ悔しい思いをしていたのではと語っている。


「多臓器不全」に関連するイベント情報

大阪万博

作家の堺屋太一さんが83歳で死去。大阪出身の堺屋さんは東京大学経済学部を卒業後、通産省に入賞。1970年の大阪万博に携わり、成功に導いたことで知られている。通産省在職中に石油危機を描いた小説「油断!」で作家デビュー。翌年、戦後の第一次ベビーブーム世代を「団塊の世代」と名付けた本はベストセラーとなった。退官後は経済評論家として活動。小渕内閣では民間人閣僚として経済企画庁長官に抜擢された。昭和の時代、子どもに人気のあったものを表現した、巨人、大鵬、卵焼きなど絶妙な言葉で時代を捉える感覚は高く評価されていた。堺屋さんは先月から体調を崩して入院していたが、8日、多臓器不全で亡くなった。通夜は16日、葬儀・告別式は17日に営まれる。


「多臓器不全」に関連するイベント情報

大阪万博誘

堺屋太一さんが8日午後8時19分、多臓器不全のため都内の病院で亡くなった。鋭い視点で時代を捉え、1960年台には高度成長期の日本の雰囲気を代表するフレーズ「巨人・大鵬・卵焼き」の起源となる言葉を会見で述べ流行語となった。第一次ベビーブームの世代を「団塊の世代」と名付け、同名の小説などを執筆。通商産業省官僚時代には大阪万博の企画を担当。当時無名の岡本太郎を展示プロデューサーに抜擢、猛反対の中太陽の塔建設を許可。25年大阪万博誘致でもアドバイスを送った。(日刊スポーツ)


「多臓器不全」に関連するイベント情報

大阪万博

堺屋太一さんが8日午後8時19分、多臓器不全のため都内の病院で亡くなった。鋭い視点で時代を捉え、1960年台には高度成長期の日本の雰囲気を代表するフレーズ「巨人・大鵬・卵焼き」の起源となる言葉を会見で述べ流行語となった。第一次ベビーブームの世代を「団塊の世代」と名付け、同名の小説などを執筆。通商産業省官僚時代には大阪万博の企画を担当。当時無名の岡本太郎を展示プロデューサーに抜擢、猛反対の中太陽の塔建設を許可。25年大阪万博誘致でもアドバイスを送った。(日刊スポーツ)


「多臓器不全」に関連するイベント情報

オリンピック

先週金曜日、作家の堺屋太一さん(83)が多臓器不全のため死去。堺屋さんは1960年に通産省に入省。1970年に大阪万博の開催・企画に携わっており、2025年開催の大阪・関西万博の誘致にも協力していた。小説「団塊の世代」はベストセラーとなり、第一次ベビーブーム世代をさす言葉として定着した。1998年には民間人閣僚として小渕内閣に入閣し、経済企画庁長官を務めた。堺屋さんは先月、都内の病院に入院し、治療を受けていた。橋本さんは「五輪・万博の前に亡くなったのは残念」などと述べていた。