ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「多臓器不全」の検索結果

「多臓器不全」に関連する音楽・CD 46件中 1〜10件目

「多臓器不全」に関連する音楽・CD

霧の摩周湖

銀幕の大スターたちも。大ヒット映画「セーラー服と機関銃」主演の薬師丸ひろ子さんを支えるヤクザ役を演じた渡瀬恒彦さん。2013年には、渡瀬さんの代表作「十津川警部シリーズ」で兄の渡哲也さんが出演。兄弟での共演が話題に。多臓器不全のため亡くなった渡瀬恒彦さん。享年72歳。大ヒットドラマ「キイハンター」で女スパイ役を演じた女優野際陽子さん。90年代には母親や姑役で活躍。中でもドラマ「ずっとあなたが好きだった」では冬彦さんを支える母親役で話題に。冬彦さんは92年の流行語にも選ばれた。6月肺腺がんで亡くなった野際陽子さん。享年81歳。


「多臓器不全」に関連する音楽・CD

裸の王様。

今週火曜日、多臓器不全のため亡くなった俳優の渡瀬恒彦さんについて、兄の渡哲也さんが直筆でコメントを発表、渡瀬さんが余命1年と宣告されていたことを明かした。渡瀬さんは大手広告代理店に就職し、サラリーマンとして働いていたが19659年、東映にスカウトされ芸能界入り。翌年には映画「殺し屋人別帳」で主役として俳優デビューした。その後、映画「仁義なき戦い」シリーズなど多くの映画やドラマに出演。渋みのある演技で人気を博した。一方で、歌手としての顔も見せ、自身が出演した入浴剤のCMソング「裸の王様。」を歌うなどマルチな才能を発揮していた。(映像:1999年放送「おしゃれカンケイ」、2006年放送「時代屋の女房」[原作・原案:松村友視 脚本:寺田敏雄]出演時の渡瀬恒彦さん)


「多臓器不全」に関連する音楽・CD

裸の王様

渡瀬恒彦さんが多臓器不全でおととい亡くなっていることが明らかになった。数々の名作に出演した。実兄の渡哲也さんが直筆でコメントを出した。余命1年という告知は出ていたものの喪失感は言葉にできないと話した。今月から撮影に挑む矢先のことだった。渡瀬さんは兄について根っこが違う人と語っていた。


「多臓器不全」に関連する音楽・CD

裸の王様

俳優の渡瀬恒彦さんがおととい多臓器不全で死去した。72歳だった。春からスタートするドラマの撮影に意欲を見せていた。25歳を過ぎて俳優デビュー。数々の人気作に出演していた。おととし胆のうがんが見つかり入退院を繰り返していた。葬儀は親族のみで行う予定。


「多臓器不全」に関連する音楽・CD

2016年に旅立った著名人を功績と共に振り返る。テレビ界の巨匠。大橋巨泉、昭和を代表する名司会者、ことし7月急性呼吸不全により82歳で亡くなった。その軽妙なトークで「クイズダービー」など数々の人気番組で司会を務め、お茶の間を楽しませてきた。大橋巨泉を呼び捨てにし、家族ぐるみの付き合いのあった永六輔もまた、七夕の夜、83歳で旅立った。永六輔は、「上を向いて歩こう」をはじめ多くの名曲の作詞を手がけた。46年間続けたラジオ番組でファンから寄せられるお便りを大切にしており、お別れの会では記帳の代わりに「お便りコーナー」を設け、天国の永六輔にメッセージが受け付けられた。11月にはフリーアナウンサーの小川宏が多臓器不全で、1月にはジャーナリストの竹田圭吾がすい臓がんで、今月5日にはリポーターの武藤まき子が虚血性心不全で旅立った。そして、数々の名優たちを世に送り出した“世界のニナガワ”こと、舞台演出家の蜷川幸雄も。一切の妥協を許さない、厳しくも愛のある稽古で多くの役者を育てた。中でも新人だった頃 主役に抜擢され人気俳優へと駆け上がった藤原竜也は、告別式で「あの人がいなければ僕という俳優は存在していないので 僕のすべての人でした 僕を生み落としてくれた ただただ感謝しかないです」と別れを惜しんだ。

国民的アニメ「ドラえもん」で1979年から26年もの間スネ夫を演じた肝付兼太さん、他にも「キテレツ大百科」の勉三さんや、「怪物くん」のドラキュラなど名キャラクターを演じ、藤子不二雄作品には欠かせない存在だった。去年、ジャイアンの声を務めた名優・たてかべ和也さんの通夜では、「ジャイアンのくせになぜ先にいっちゃうんだよ」などと、肝付さんのアドリブから生まれたというスネ夫の名台詞で別れを告げた。アニメ「ちびまる子ちゃん」の放送開始から26年間、お姉ちゃん役で知られる水谷優子さんは、ことし5月乳がんのため51歳の若さでこの世を去った。独特の低音ボイスでアニメや映画の吹き替えなど、声優界の草分け的存在と呼ばれた大平透さんも、肺炎で旅立った。代表作は「笑ゥせぇるすまん」の喪黒福造役で、印象的な笑い声がブームとなった。遺影は、喪黒福造が「ドーン」という決め台詞と共に指を突き出すあの仕草だった。

「上を向いて歩こう」

Amazon.co.jp


「多臓器不全」に関連する音楽・CD

「ゲゲゲの鬼太郎」などを世に送りだした漫画家の水木しげるさんが多臓器不全のため93歳で亡くなった。水木さんは自身の日常を描いた「わたしの日々」(小学館)を連載するなど、90歳を超えても意欲的に活動していた。また水木さん食欲旺盛。太平洋戦争の際にはムシなども食べたと明かしていたが、水木さんにとって食べるとは生きること。水木さんの代名詞である妖怪も生きることに繋がっていた。

「ゲゲゲの鬼太郎 音楽編(2)」

Amazon.co.jp


「多臓器不全」に関連する音楽・CD

ゲゲゲの鬼太郎

「ゲゲゲの鬼太郎」などで知られる漫画家・水木しげるさん(93)が多臓器不全のため亡くなった。自宅で転倒したのがきっかけだったという。水木さんは1922年に鳥取・境港市に生まれ、漫画家を目指すも召集されラバウルに出征し左腕を失った。その後1958年に漫画家デビューし、今年5月まで漫画雑誌に連載を持っていた。水木さんの代表作を紹介。ゲゲゲの鬼太郎の主題歌は自ら作詞を担当し、歌っていた熊倉一雄さんが死去した際には「長い間鬼太郎の歌をありがとう」とコメントしていた。出演者らが作品などを振り返り、さみしいですねなどとトーク。


「多臓器不全」に関連する音楽・CD

「戦場のメリークリスマス」などで知られる映画監督の脚本家・演出家・監督は1月15日に肺炎のため亡くなった。

「テネシー・ワルツ」などで知られるアメリカの歌手歌手は1月1日に85歳で亡くなった。

昭和の名横綱・その他(スポーツ関係者)こと納谷幸喜さんは1月19日に心室頻拍で亡くなった。ライバルのその他(スポーツ関係者)とともに白鳳時代を作り上げ史上最多32回の幕内優勝を記録した。

歌舞伎俳優の俳優は2月3日に肺炎のため亡くなった。

リクルートの創始者 その他一般人は2月8日に肺炎のため亡くなった。1988年に発覚したリクルート事件では贈賄罪に問われ有罪が確定した。

政治家の母、その他一般人は2月11日に多臓器不全のため亡くなった。

映画「男はつらいよ」(松竹)の初代マドンナ役を務めた女優の光本幸子は2月22日に食道がんのため亡くなった。

反米左派として知られたベネズエラ前大統領の政治家は3月5日に亡くなった。

「池中玄太80キロ」など数々のドラマに出演した女優・俳優は3月27日に横行結腸がん及び肺炎のため亡くなった。去年9月に放送された「渡る世間は鬼ばかり」が最後のドラマ出演となった。

鉄の女と呼ばれたイギリス元首相の政治家は4月8日に脳卒中のため亡くなった。大胆な規制緩和などを行い経済の低迷を克服、フォークランド紛争では直ちに軍を派遣するなど強い指導力国内外に印象づけた。

映画「飢餓海峡」(東映)や「釣りバカ日誌」シリーズなど数多くの映画に出演した俳優・俳優は4月14日に急性呼吸不全のため亡くなった。

「大利根月夜」などで知られる歌手・歌手は4月25日に肺炎のため亡くなった。

明るく社会を風刺したウクレレ漫談家のタレントは4月29日に亡くなった。

元日弁連会長のその他一般人は5月3日に心不全のため亡くなった。森永ヒ素ミルク中毒事件の被害者弁護団長を努めるなど庶民の声を代弁する弁護士として活動し、平成の鬼平の異名をとった。

時代劇「三匹の侍」(松竹)など多くのドラマや映画で活躍した俳優は6月4日老衰のため亡くなった。

福島第一原発事故収束の陣頭指揮をとった元所長その他一般人は7月9日に食道がんのため亡くなった。

およそ半世紀に渡りアメリカの歴代大統領を取材した名物記者の評論家・コメンテイター・ジャーナリストは7月20日に亡くなった。

「島育ち/大利根月夜」

Amazon.co.jp


「多臓器不全」に関連する音楽・CD

テネシー・ワルツ

「戦場のメリークリスマス」などで知られる映画監督の脚本家・演出家・監督は1月15日に肺炎のため亡くなった。

「テネシー・ワルツ」などで知られるアメリカの歌手歌手は1月1日に85歳で亡くなった。

昭和の名横綱・その他(スポーツ関係者)こと納谷幸喜さんは1月19日に心室頻拍で亡くなった。ライバルのその他(スポーツ関係者)とともに白鳳時代を作り上げ史上最多32回の幕内優勝を記録した。

歌舞伎俳優の俳優は2月3日に肺炎のため亡くなった。

リクルートの創始者 その他一般人は2月8日に肺炎のため亡くなった。1988年に発覚したリクルート事件では贈賄罪に問われ有罪が確定した。

政治家の母、その他一般人は2月11日に多臓器不全のため亡くなった。

映画「男はつらいよ」(松竹)の初代マドンナ役を務めた女優の光本幸子は2月22日に食道がんのため亡くなった。

反米左派として知られたベネズエラ前大統領の政治家は3月5日に亡くなった。

「池中玄太80キロ」など数々のドラマに出演した女優・俳優は3月27日に横行結腸がん及び肺炎のため亡くなった。去年9月に放送された「渡る世間は鬼ばかり」が最後のドラマ出演となった。

鉄の女と呼ばれたイギリス元首相の政治家は4月8日に脳卒中のため亡くなった。大胆な規制緩和などを行い経済の低迷を克服、フォークランド紛争では直ちに軍を派遣するなど強い指導力国内外に印象づけた。

映画「飢餓海峡」(東映)や「釣りバカ日誌」シリーズなど数多くの映画に出演した俳優・俳優は4月14日に急性呼吸不全のため亡くなった。

「大利根月夜」などで知られる歌手・歌手は4月25日に肺炎のため亡くなった。

明るく社会を風刺したウクレレ漫談家のタレントは4月29日に亡くなった。

元日弁連会長のその他一般人は5月3日に心不全のため亡くなった。森永ヒ素ミルク中毒事件の被害者弁護団長を努めるなど庶民の声を代弁する弁護士として活動し、平成の鬼平の異名をとった。

時代劇「三匹の侍」(松竹)など多くのドラマや映画で活躍した俳優は6月4日老衰のため亡くなった。

福島第一原発事故収束の陣頭指揮をとった元所長その他一般人は7月9日に食道がんのため亡くなった。

およそ半世紀に渡りアメリカの歴代大統領を取材した名物記者の評論家・コメンテイター・ジャーナリストは7月20日に亡くなった。


「多臓器不全」に関連する音楽・CD

ホタテのロックンロール

2012年に亡くなった著名人特集。ドラマ「輝け隣太郎」などに出演した俳優は6月29日に心不全で亡くなった。地井さんの人柄は世代を超えて多くの人に愛されていた。8月のお別れの会では「北の国から」で共演した俳優が弔辞を読んだ。地井は芝居で妻の余命宣告を告白するシーンを撮った時、妻・その他一般人を亡くしたばかりだった。

脚本家・演出家・監督脚本の「うちのホンカン」シリーズなどに出演した俳優は10月2日に肺扁平上皮がんで亡くなった。大滝さんは去年、文化功労者にも選ばれた。そして、「Oh!マイブラザー誰の心に届く・・・」などに出演した俳優は4月8日に心不全で亡くなった。バラエティ番組で生まれたキャラクターにちなんで「ホタテのロックンロール」という歌も出している。  

作家は10月30日に肺炎で亡くなった。タレントは6月28日にがんで亡くなった。評論家・コメンテイター・ジャーナリストは10月2日に肺カルチノイドで亡くなった。タレントは8月5日に急性心不全で亡くなった。俳優は1月7日、評論家・コメンテイター・ジャーナリストは11月15日に亡くなった。俳優は7月9日に多臓器不全で亡くなった。脚本家・演出家・監督は5月29日に老衰で亡くなった。ラジオ「小沢昭一の小沢昭一的こころ」などで活躍した俳優は12月10日に前立腺がんで亡くなった。