ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「多臓器不全」の検索結果

「多臓器不全」に関連するその他の情報 1255件中 1〜10件目

深爪

キケンな習慣から感染する人体を溶かす死の?。鈴木聡さんは足が腫れ上がり病院で検査を行った。そして劇症型溶血性レンサ球菌が検出された。菊池先生によると数十時間で亡くなることもあるという。溶血性レンサ球菌が突然変異を起こし劇症型溶血性レンサ球菌になり猛スピードで人間の細胞を溶かす。埼玉西武ライオンズの森慎二コーチも感染し亡くなった。感染者数は年々増加している。鈴木さんは多臓器不全で亡くなった。感染の原因で考えられるのは深爪など。


多臓器不全

キケンな習慣から感染する人体を溶かす死の?。鈴木聡さんは足が腫れ上がり病院で検査を行った。そして劇症型溶血性レンサ球菌が検出された。菊池先生によると数十時間で亡くなることもあるという。溶血性レンサ球菌が突然変異を起こし劇症型溶血性レンサ球菌になり猛スピードで人間の細胞を溶かす。埼玉西武ライオンズの森慎二コーチも感染し亡くなった。感染者数は年々増加している。鈴木さんは多臓器不全で亡くなった。感染の原因で考えられるのは深爪など。


多臓器不全

群馬・藤岡市にあるくすの木病院で今月13日から今日までに入院患者など計17人がインフルエンザに相次いで感染した。うち70代と90代の男性患者が肺炎などで亡くなった。病院は「インフルエンザの影響は否定できない」としている。病院は感染拡大防止のためインフルエンザの発症者を個室に映すなどの対策をとっており、「ご迷惑とご心配をおかけし申し訳ありません」としている。


多臓器不全

松田優作さん出演の映画「人間の証明」などを手掛けた映画監督の佐藤純彌さんが86歳で亡くなった。佐藤監督は1963年に監督デビュー、1988年公開の日中合作映画「敦煌」では日本アカデミー賞最優秀作品賞などを受賞した。約50年に渡り大作を作り続けてきた佐藤監督の活動は多岐にわたり、アニメ「魔法使いサリー」の脚本なども手掛けた。佐藤監督の通夜・告別式は既に親族のみで営まれたという。


スポーツニッポン

映画「人間の証明」など多くの作品でメガホンを取った佐藤純彌監督が、2月9日、多臓器不全による衰弱のため86歳で亡くなった。佐藤監督は1958年東映に入社。「陸軍残虐物語」で監督デビューすると、ブルーリボン賞新人賞を獲得した。その後「新幹線大爆破」など40本近くの作品を手がけた。「未完の対局」はモントリオール世界映画祭でグランプリを受賞。「敦煌」は日本アカデミー賞最優秀監督賞・作品賞を受賞した。2010年の「桜田門外ノ変」が遺作となった。西田敏行さんら出演者がその死を悼んだ。佐藤さんは自宅での療養を続けてきたが、9日に容体が急変したという。葬儀は親族のみで既に執り行われた。


東映

映画「人間の証明」など多くの作品でメガホンを取った佐藤純彌監督が、2月9日、多臓器不全による衰弱のため86歳で亡くなった。佐藤監督は1958年東映に入社。「陸軍残虐物語」で監督デビューすると、ブルーリボン賞新人賞を獲得した。その後「新幹線大爆破」など40本近くの作品を手がけた。「未完の対局」はモントリオール世界映画祭でグランプリを受賞。「敦煌」は日本アカデミー賞最優秀監督賞・作品賞を受賞した。2010年の「桜田門外ノ変」が遺作となった。西田敏行さんら出演者がその死を悼んだ。佐藤さんは自宅での療養を続けてきたが、9日に容体が急変したという。葬儀は親族のみで既に執り行われた。


多臓器不全

映画「人間の証明」などで知られる佐藤純彌監督が多臓器不全のため亡くなったことがわかった。86歳だった。西田敏行さん主演の映画「敦煌」で日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞。突然の訃報に佐藤浩市さんらは「当時の中国での半年間に及ぶ苦しい撮影の中、いろいろ教えていただきました。」などとコメントしている。


多臓器不全

映画「人間の証明」や「野生の証明」などで知られる佐藤純彌監督が多臓器不全の為亡くなった事がわかった。86歳だった。1988年公開の映画「敦煌」で日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞。当時監督は「制作費も大変かかったが、同じ仲間の人達が選んでこのような賞をくださる。本当に心から喜んでおります」などと話していた。突然の訃報に「敦煌」の出演者達がコメント。西田敏行は「人望があり、学者肌の映画監督でした。ご冥福を祈ります」とコメント、三田佳子は「一つの時代が終わったような何とも言えない寂しさを感じます」とコメントを出した。


多臓器不全

新幹線大爆破など邦画を代表する映画監督・佐藤純彌監督(86)が9日に多臓器不全で亡くなった。佐藤監督は東大を出て1956年に東映に入社。伝説的作品が高倉健さん主演で75年公開の新幹線大爆破で、当時の国鉄の許可を得ずに撮影された。完成は公開の4日前で、試写をせず封切りにしたところ、日本ではヒットしなかった。ところが輸出された海外でその面白さが認められ、キアヌ・リーブスさん主演映画「スピード」のモチーフとなった。平成の時代に作られた「男たちの大和/YAMATO」では2015年邦画興行収入で1位に。佐藤監督は当時、合理化できない手作りのメディアが映画で、この仕事を選んで良かったと語り、人生に悔いがないことを明かしていた(スポーツ報知)。


東映

新幹線大爆破など邦画を代表する映画監督・佐藤純彌監督(86)が9日に多臓器不全で亡くなった。佐藤監督は東大を出て1956年に東映に入社。伝説的作品が高倉健さん主演で75年公開の新幹線大爆破で、当時の国鉄の許可を得ずに撮影された。完成は公開の4日前で、試写をせず封切りにしたところ、日本ではヒットしなかった。ところが輸出された海外でその面白さが認められ、キアヌ・リーブスさん主演映画「スピード」のモチーフとなった。平成の時代に作られた「男たちの大和/YAMATO」では2015年邦画興行収入で1位に。佐藤監督は当時、合理化できない手作りのメディアが映画で、この仕事を選んで良かったと語り、人生に悔いがないことを明かしていた(スポーツ報知)。