ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「多臓器不全」の検索結果

「多臓器不全」に関連する情報 1779件中 21〜30件目

「多臓器不全」に関連する映画・DVD

人間の証明

映画「人間の証明」などで知られる佐藤純彌監督が多臓器不全のため亡くなったことがわかった。86歳だった。西田敏行さん主演の映画「敦煌」で日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞。突然の訃報に佐藤浩市さんらは「当時の中国での半年間に及ぶ苦しい撮影の中、いろいろ教えていただきました。」などとコメントしている。


「多臓器不全」に関連する映画・DVD

敦煌

映画「人間の証明」などで知られる佐藤純彌監督が多臓器不全のため亡くなったことがわかった。86歳だった。西田敏行さん主演の映画「敦煌」で日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞。突然の訃報に佐藤浩市さんらは「当時の中国での半年間に及ぶ苦しい撮影の中、いろいろ教えていただきました。」などとコメントしている。


「多臓器不全」に関連する映画・DVD

敦煌

映画「人間の証明」や「野生の証明」などで知られる佐藤純彌監督が多臓器不全の為亡くなった事がわかった。86歳だった。1988年公開の映画「敦煌」で日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞。当時監督は「制作費も大変かかったが、同じ仲間の人達が選んでこのような賞をくださる。本当に心から喜んでおります」などと話していた。突然の訃報に「敦煌」の出演者達がコメント。西田敏行は「人望があり、学者肌の映画監督でした。ご冥福を祈ります」とコメント、三田佳子は「一つの時代が終わったような何とも言えない寂しさを感じます」とコメントを出した。


「多臓器不全」に関連するイベント情報

日本アカデミー賞

映画「人間の証明」や「野生の証明」などで知られる佐藤純彌監督が多臓器不全の為亡くなった事がわかった。86歳だった。1988年公開の映画「敦煌」で日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞。当時監督は「制作費も大変かかったが、同じ仲間の人達が選んでこのような賞をくださる。本当に心から喜んでおります」などと話していた。突然の訃報に「敦煌」の出演者達がコメント。西田敏行は「人望があり、学者肌の映画監督でした。ご冥福を祈ります」とコメント、三田佳子は「一つの時代が終わったような何とも言えない寂しさを感じます」とコメントを出した。


多臓器不全

映画「人間の証明」や「野生の証明」などで知られる佐藤純彌監督が多臓器不全の為亡くなった事がわかった。86歳だった。1988年公開の映画「敦煌」で日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞。当時監督は「制作費も大変かかったが、同じ仲間の人達が選んでこのような賞をくださる。本当に心から喜んでおります」などと話していた。突然の訃報に「敦煌」の出演者達がコメント。西田敏行は「人望があり、学者肌の映画監督でした。ご冥福を祈ります」とコメント、三田佳子は「一つの時代が終わったような何とも言えない寂しさを感じます」とコメントを出した。


「多臓器不全」に関連する映画・DVD

野生の証明

映画「人間の証明」や「野生の証明」などで知られる佐藤純彌監督が多臓器不全の為亡くなった事がわかった。86歳だった。1988年公開の映画「敦煌」で日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞。当時監督は「制作費も大変かかったが、同じ仲間の人達が選んでこのような賞をくださる。本当に心から喜んでおります」などと話していた。突然の訃報に「敦煌」の出演者達がコメント。西田敏行は「人望があり、学者肌の映画監督でした。ご冥福を祈ります」とコメント、三田佳子は「一つの時代が終わったような何とも言えない寂しさを感じます」とコメントを出した。


「多臓器不全」に関連する映画・DVD

人間の証明

映画「人間の証明」や「野生の証明」などで知られる佐藤純彌監督が多臓器不全の為亡くなった事がわかった。86歳だった。1988年公開の映画「敦煌」で日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞。当時監督は「制作費も大変かかったが、同じ仲間の人達が選んでこのような賞をくださる。本当に心から喜んでおります」などと話していた。突然の訃報に「敦煌」の出演者達がコメント。西田敏行は「人望があり、学者肌の映画監督でした。ご冥福を祈ります」とコメント、三田佳子は「一つの時代が終わったような何とも言えない寂しさを感じます」とコメントを出した。


多臓器不全

新幹線大爆破など邦画を代表する映画監督・佐藤純彌監督(86)が9日に多臓器不全で亡くなった。佐藤監督は東大を出て1956年に東映に入社。伝説的作品が高倉健さん主演で75年公開の新幹線大爆破で、当時の国鉄の許可を得ずに撮影された。完成は公開の4日前で、試写をせず封切りにしたところ、日本ではヒットしなかった。ところが輸出された海外でその面白さが認められ、キアヌ・リーブスさん主演映画「スピード」のモチーフとなった。平成の時代に作られた「男たちの大和/YAMATO」では2015年邦画興行収入で1位に。佐藤監督は当時、合理化できない手作りのメディアが映画で、この仕事を選んで良かったと語り、人生に悔いがないことを明かしていた(スポーツ報知)。


「多臓器不全」に関連する映画・DVD

男たちの大和/YAMATO

新幹線大爆破など邦画を代表する映画監督・佐藤純彌監督(86)が9日に多臓器不全で亡くなった。佐藤監督は東大を出て1956年に東映に入社。伝説的作品が高倉健さん主演で75年公開の新幹線大爆破で、当時の国鉄の許可を得ずに撮影された。完成は公開の4日前で、試写をせず封切りにしたところ、日本ではヒットしなかった。ところが輸出された海外でその面白さが認められ、キアヌ・リーブスさん主演映画「スピード」のモチーフとなった。平成の時代に作られた「男たちの大和/YAMATO」では2015年邦画興行収入で1位に。佐藤監督は当時、合理化できない手作りのメディアが映画で、この仕事を選んで良かったと語り、人生に悔いがないことを明かしていた(スポーツ報知)。


「多臓器不全」に関連する映画・DVD

スピード

新幹線大爆破など邦画を代表する映画監督・佐藤純彌監督(86)が9日に多臓器不全で亡くなった。佐藤監督は東大を出て1956年に東映に入社。伝説的作品が高倉健さん主演で75年公開の新幹線大爆破で、当時の国鉄の許可を得ずに撮影された。完成は公開の4日前で、試写をせず封切りにしたところ、日本ではヒットしなかった。ところが輸出された海外でその面白さが認められ、キアヌ・リーブスさん主演映画「スピード」のモチーフとなった。平成の時代に作られた「男たちの大和/YAMATO」では2015年邦画興行収入で1位に。佐藤監督は当時、合理化できない手作りのメディアが映画で、この仕事を選んで良かったと語り、人生に悔いがないことを明かしていた(スポーツ報知)。