ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「多臓器不全」の検索結果

「多臓器不全」に関連する情報 1779件中 31〜40件目

東映

新幹線大爆破など邦画を代表する映画監督・佐藤純彌監督(86)が9日に多臓器不全で亡くなった。佐藤監督は東大を出て1956年に東映に入社。伝説的作品が高倉健さん主演で75年公開の新幹線大爆破で、当時の国鉄の許可を得ずに撮影された。完成は公開の4日前で、試写をせず封切りにしたところ、日本ではヒットしなかった。ところが輸出された海外でその面白さが認められ、キアヌ・リーブスさん主演映画「スピード」のモチーフとなった。平成の時代に作られた「男たちの大和/YAMATO」では2015年邦画興行収入で1位に。佐藤監督は当時、合理化できない手作りのメディアが映画で、この仕事を選んで良かったと語り、人生に悔いがないことを明かしていた(スポーツ報知)。


東大

新幹線大爆破など邦画を代表する映画監督・佐藤純彌監督(86)が9日に多臓器不全で亡くなった。佐藤監督は東大を出て1956年に東映に入社。伝説的作品が高倉健さん主演で75年公開の新幹線大爆破で、当時の国鉄の許可を得ずに撮影された。完成は公開の4日前で、試写をせず封切りにしたところ、日本ではヒットしなかった。ところが輸出された海外でその面白さが認められ、キアヌ・リーブスさん主演映画「スピード」のモチーフとなった。平成の時代に作られた「男たちの大和/YAMATO」では2015年邦画興行収入で1位に。佐藤監督は当時、合理化できない手作りのメディアが映画で、この仕事を選んで良かったと語り、人生に悔いがないことを明かしていた(スポーツ報知)。


「多臓器不全」に関連する映画・DVD

新幹線大爆破

新幹線大爆破など邦画を代表する映画監督・佐藤純彌監督(86)が9日に多臓器不全で亡くなった。佐藤監督は東大を出て1956年に東映に入社。伝説的作品が高倉健さん主演で75年公開の新幹線大爆破で、当時の国鉄の許可を得ずに撮影された。完成は公開の4日前で、試写をせず封切りにしたところ、日本ではヒットしなかった。ところが輸出された海外でその面白さが認められ、キアヌ・リーブスさん主演映画「スピード」のモチーフとなった。平成の時代に作られた「男たちの大和/YAMATO」では2015年邦画興行収入で1位に。佐藤監督は当時、合理化できない手作りのメディアが映画で、この仕事を選んで良かったと語り、人生に悔いがないことを明かしていた(スポーツ報知)。


スポーツ報知

新幹線大爆破など邦画を代表する映画監督・佐藤純彌監督(86)が9日に多臓器不全で亡くなった。佐藤監督は東大を出て1956年に東映に入社。伝説的作品が高倉健さん主演で75年公開の新幹線大爆破で、当時の国鉄の許可を得ずに撮影された。完成は公開の4日前で、試写をせず封切りにしたところ、日本ではヒットしなかった。ところが輸出された海外でその面白さが認められ、キアヌ・リーブスさん主演映画「スピード」のモチーフとなった。平成の時代に作られた「男たちの大和/YAMATO」では2015年邦画興行収入で1位に。佐藤監督は当時、合理化できない手作りのメディアが映画で、この仕事を選んで良かったと語り、人生に悔いがないことを明かしていた(スポーツ報知)。


多臓器不全

「男たちの大和」「人間の証明」などの映画監督・佐藤純彌さんが亡くなった。86歳だった。消化器疾患の治療をうけていたという。家族に延命治療はするなと言っていたという。(スポーツ報知)


多臓器不全

堺屋太一さんの告別式が営われ橋下徹前大阪市長が弔辞を読んだ。告別式には菅義偉官房長官、石原慎太郎元都知事なども駆けつけた。堺屋太一さんは東京大学を卒業した後通商産業省に入省し1970年の大阪万博に携わった。在職中に作家デビューし退官後閣僚や大阪市特別顧問などを歴任した。堺屋氏に背中を押されて政界の道に進んだという橋下徹前大阪市長は弔辞で涙ながらに「僕が全国から猛批判を食らうようなことをやれば批判を受けるのが政治、むちゃなことをやれば「これくらいむちゃなことをやらないと大阪は変わらない」と声をかけてくれた」などと読んだ。


「多臓器不全」に関連する映画・DVD

スポーツ報知は、「男たちの大和」など邦画を代表する映画監督佐藤純彌氏が多臓器不全により死去したことを報じた。監督は、東京大学を卒業後、東映へ入社。その後フリーに転身し、数多くの名画を製作。大沢たかおが出演した桜田門外ノ変が最後の作品となった。芸能界からは、西田敏行さんなどから死を惜しむコメントが送られた。

 (劇場公開日 2010年10月16日)
「桜田門外ノ変」

映画.com

(C)2010 『桜田門外ノ変』製作委員会


「多臓器不全」に関連する映画・DVD

敦煌

スポーツ報知は、「男たちの大和」など邦画を代表する映画監督佐藤純彌氏が多臓器不全により死去したことを報じた。監督は、東京大学を卒業後、東映へ入社。その後フリーに転身し、数多くの名画を製作。大沢たかおが出演した桜田門外ノ変が最後の作品となった。芸能界からは、西田敏行さんなどから死を惜しむコメントが送られた。


「多臓器不全」に関連する映画・DVD

人間の証明

スポーツ報知は、「男たちの大和」など邦画を代表する映画監督佐藤純彌氏が多臓器不全により死去したことを報じた。監督は、東京大学を卒業後、東映へ入社。その後フリーに転身し、数多くの名画を製作。大沢たかおが出演した桜田門外ノ変が最後の作品となった。芸能界からは、西田敏行さんなどから死を惜しむコメントが送られた。


「多臓器不全」に関連する映画・DVD

男たちの大和

スポーツ報知は、「男たちの大和」など邦画を代表する映画監督佐藤純彌氏が多臓器不全により死去したことを報じた。監督は、東京大学を卒業後、東映へ入社。その後フリーに転身し、数多くの名画を製作。大沢たかおが出演した桜田門外ノ変が最後の作品となった。芸能界からは、西田敏行さんなどから死を惜しむコメントが送られた。