ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「多臓器不全」の検索結果

「多臓器不全」に関連する情報 1779件中 51〜60件目

「多臓器不全」に関連する本・コミック・雑誌

14位は堺屋太一さん、未来を見据えた作家死去。大阪万博の仕掛け人や田中角栄元首相のブレーンを務めてきた堺屋太一さんが多臓器不全のため亡くなった。堺屋さんが22年前に連載を開始した本が日本の未来を予言していると注目され話題になった。

「平成三十年 (下) (朝日文庫)」

Amazon.co.jp


「多臓器不全」に関連する本・コミック・雑誌

14位は堺屋太一さん、未来を見据えた作家死去。大阪万博の仕掛け人や田中角栄元首相のブレーンを務めてきた堺屋太一さんが多臓器不全のため亡くなった。堺屋さんが22年前に連載を開始した本が日本の未来を予言していると注目され話題になった。

「平成三十年 (上) (朝日文庫)」

Amazon.co.jp


「多臓器不全」に関連するイベント情報

大阪万博

14位は堺屋太一さん、未来を見据えた作家死去。大阪万博の仕掛け人や田中角栄元首相のブレーンを務めてきた堺屋太一さんが多臓器不全のため亡くなった。堺屋さんが22年前に連載を開始した本が日本の未来を予言していると注目され話題になった。


多臓器不全

14位は堺屋太一さん、未来を見据えた作家死去。大阪万博の仕掛け人や田中角栄元首相のブレーンを務めてきた堺屋太一さんが多臓器不全のため亡くなった。堺屋さんが22年前に連載を開始した本が日本の未来を予言していると注目され話題になった。


日刊スポーツ

今回は今月8日、多臓器不全のため亡くなった堺屋太一さんについて。晩年もこの国の行く末を案じていたという堺屋さんの功績を全力リサーチした。


「多臓器不全」に関連するイベント情報

大阪万博

今回は今月8日、多臓器不全のため亡くなった堺屋太一さんについて。晩年もこの国の行く末を案じていたという堺屋さんの功績を全力リサーチした。

流行当時、巨人、大鵬は常勝。卵焼きは養鶏場がたくさんできて物価が卵だけは値上がりせず、子供達が好きで更に高度経済成長の好調さを表す言葉として3つの標語は役人たちがよく話をしていたのだという。また堺屋さんはミスター万博とも呼ばれ、多くの万博に携わった。

70年の大阪万博では招致、企画、開催に携わり6400万人が訪れた。当時を振り返り堺屋さんは「万博を日本で開こうと言いだして1人で企画し成功したのが誇りだ」と語っていたという。大阪万博では岡本太郎さんなど多くの若きクリエイターを発掘、コンパニオンの制服は斬新なデザインが物議を醸したが堺屋さんが周囲との調整を行ったという。当時堺屋さんは通産省の若手官僚だったが、デザイナーのコシノジュンコさんは「私の良き理解社として振る舞ってくださった」と振り返っているという。堺屋さんは通産省の幹部のハイヤーの運転手に企画書を渡し、大阪万博って知ってますかと話をして招致につなげたという。また田中角栄氏の「日本列島改造論」のゴーストライターの1人だったともみられているという。1997年には「平成三十年」を連載、当時から見た平成30年を書く予測小説だったという。

「平成三十年」で堺屋さんは生涯未婚率が女性は20%超、男性は23.3%になるだろうと予測。2015年の国勢調査では女性14.1%男性23.4%となっていたという。また2016年の出生数は100万人を割ると言っており、的中したという。また田原総一朗氏は「知価革命」という著書で80年代には既にものを作るのではなくコンピューターコミュニケーションを重要な産業としていたがアメリカに先を行かれ悔しい思いをしていたのではと語っている。


多臓器不全

先週金曜日に堺屋太一さんが多臓器不全で亡くなった。石原慎太郎元都知事とは戦前戦後を生きてきた間柄だった。「日本の将来についての予見性を非常に正確に持っていた」などと話した。通夜は16日、告別式は17日に執り行われる。


多臓器不全

石原元都知事が先週金曜日に亡くなった堺屋さんについて「貴重な人を失ったと思う。官僚としても作家としても優秀だった。」等とコメントし、その死を惜しんだ。堺屋さんの通夜は16日に行われ、告別式は17日に行われる。


多臓器不全

作家の堺屋太一さんが83歳で死去。大阪出身の堺屋さんは東京大学経済学部を卒業後、通産省に入賞。1970年の大阪万博に携わり、成功に導いたことで知られている。通産省在職中に石油危機を描いた小説「油断!」で作家デビュー。翌年、戦後の第一次ベビーブーム世代を「団塊の世代」と名付けた本はベストセラーとなった。退官後は経済評論家として活動。小渕内閣では民間人閣僚として経済企画庁長官に抜擢された。昭和の時代、子どもに人気のあったものを表現した、巨人、大鵬、卵焼きなど絶妙な言葉で時代を捉える感覚は高く評価されていた。堺屋さんは先月から体調を崩して入院していたが、8日、多臓器不全で亡くなった。通夜は16日、葬儀・告別式は17日に営まれる。


「多臓器不全」に関連する本・コミック・雑誌

作家の堺屋太一さんが83歳で死去。大阪出身の堺屋さんは東京大学経済学部を卒業後、通産省に入賞。1970年の大阪万博に携わり、成功に導いたことで知られている。通産省在職中に石油危機を描いた小説「油断!」で作家デビュー。翌年、戦後の第一次ベビーブーム世代を「団塊の世代」と名付けた本はベストセラーとなった。退官後は経済評論家として活動。小渕内閣では民間人閣僚として経済企画庁長官に抜擢された。昭和の時代、子どもに人気のあったものを表現した、巨人、大鵬、卵焼きなど絶妙な言葉で時代を捉える感覚は高く評価されていた。堺屋さんは先月から体調を崩して入院していたが、8日、多臓器不全で亡くなった。通夜は16日、葬儀・告別式は17日に営まれる。

「団塊の世代」

Amazon.co.jp