ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「大分刑務所」の検索結果

「大分刑務所」に関連する情報 40件中 1〜10件目

大分刑務所

大分刑務所では犯罪傾向の進んでいない刑期10年以上の初犯男性受刑者約900人中無期刑は120人余。刑務所内の生活を紹介。受刑者1人辺りの経費は 1ヶ月40万円ほどが税金でまかなわれる。特別改善指導の被害者の支店を取り入れた教育を取材。執行刑期10年以上の受刑者は全施設でこの教育を受ける。男性高校生が交際トラブルで高校生男女を死傷させた事件を題材に意見交換した。受刑者2人に話を聞く。当時は自分の感情に逆らえなかったなどの話し、被害者や周りの方のための償いを行いたいと語る。


大分刑務所

21年前に東住吉区で起こった女児死亡火災で放火殺人の罪でその母親と同居男性に無期懲役が確定していた事件での再審・やり直し裁判が行われ無罪判決が出た。大阪高裁は去年10月に自然発火の可能性を否定出来ないとし、再審を決定。大阪地裁は再審判決で女児の母親に対し「自然発火の可能性が十分にあった。警察官は当初から犯人扱いし過度の精神的圧迫を咥える取り調べで虚偽の自白をせざるを得ない状況に陥った」とし、無罪判決を言い渡した。今日午後には同居男性にも再審判決があり、無罪となる見通し。


和歌山刑務所

大阪・東住吉区の火災で当時小学6年生だった娘を死なせたとして逮捕・服役していた女性が、裁判のやり直しを認められ和歌山刑務所から釈放された。同居の男性とともに無期懲役の判決を受けたが、大阪高裁が今年の再審請求で、自白による方法での殺人は困難と結論づけた。共犯とされた男性は大分刑務所から釈放された。大阪高検は特別抗告を断念し、再審の実施が決定している。


大分刑務所

奈良県内できのう釈放された母親が息子とともに亡くなった長女の墓参りに訪れた。母親は20年間墓参りに来たい思いがあったと語る。同じくきのう釈放された内縁の夫。2人は当時小学6年生だった長女を殺害したとして2006年に無期懲役となった。2人は無罪を主張し続け、大阪高裁は裁判のやり直しと刑の執行停止を認めた。釈放された2人は家族との再会を待ち望んでいた。検察側は特別抗告しない方針であることがわかった。


大分刑務所

奈良県内できのう釈放された母親が息子とともに亡くなった長女の墓参りに訪れた。母親は20年間墓参りに来たい思いがあったと語る。同じくきのう釈放された内縁の夫。2人は当時小学6年生だった長女を殺害したとして2006年に無期懲役となった。2人は無罪を主張し続け、大阪高裁は裁判のやり直しと刑の執行停止を認めた。釈放された2人は家族との再会を待ち望んでいた。


大分刑務所

1995年の大阪小6女児死亡火災の件で再審が決まり、放火殺人の被告として服役していた母親ら2人がきのう20年ぶりに釈放された。木谷明弁護士は今回の結果について、この結果しかありえないだろうと思うなどと述べた。釈放された2人は会見で、1日も早く汚名を晴らしたい、夢のようで景色が輝いて見えますなどと語っている。


大分刑務所

スタジオでは「20年というのは長すぎる。8歳だったお子さんが29歳になっていて、胸がグッとなる。無罪であったならば、本当にあってはならないこと」や、「特別抗告はするべきではない。一旦釈放をした人をもう一度戻すというのは善悪を乗り越えて人権の問題がある。取り調べの可視化はいつになったら行われるんだ」、「裁判の間違いは裁判所であっていいのか、第三者機関のようなものが必要では」などと述べた。


大分刑務所

1995年に大阪市で小学生の娘を保険金目的で放火し殺害したとして服役していた母親ら2人の再審が認められ、2人は昨日20年ぶりに釈放された。男性は「まるで遠い外国の地に立っているようで現実感がない」などと述べた。釈放後2人は記者会見に臨み、母親は娘が死亡した現場に立ち寄ってきたなどと話した。会見後、母親は当時8歳だった息子と、男性は母と姉に再会。


大分刑務所

阪神・淡路大震災や地下鉄サリン事件が発生した1995年、大阪市東住吉区の自宅を放火し小学6年生の娘を死亡させた疑いで、母親と内縁の夫が逮捕された。当時2人には借金があり、娘には約1500万円の生命保険が掛けられていた。男性は「保険金目的で殺害しガソリンをまいて火を付けた」と供述するも、裁判では嘘の自白をさせられたと供述を一転させた。2006年に無期懲役の判決が下されたが再審が決定。20年ぶりに和歌山刑務所から釈放された母親は息子との再会を果たし、娘殺しの汚名を晴らしたいと語った。大分刑務所から釈放された男性も肉親と再会し、嘘の自白をしたことは人生最大の後悔だと語った。


和歌山刑務所

阪神・淡路大震災や地下鉄サリン事件が発生した1995年、大阪市東住吉区の自宅を放火し小学6年生の娘を死亡させた疑いで、母親と内縁の夫が逮捕された。当時2人には借金があり、娘には約1500万円の生命保険が掛けられていた。男性は「保険金目的で殺害しガソリンをまいて火を付けた」と供述するも、裁判では嘘の自白をさせられたと供述を一転させた。2006年に無期懲役の判決が下されたが再審が決定。20年ぶりに和歌山刑務所から釈放された母親は息子との再会を果たし、娘殺しの汚名を晴らしたいと語った。大分刑務所から釈放された男性も肉親と再会し、嘘の自白をしたことは人生最大の後悔だと語った。


検索結果の絞り込み

  • すべての情報 (40)
  • 本・コミック・雑誌
  • 音楽・CD
  • 映画・DVD
  • レストラン・飲食店
  • グルメ情報
  • 料理レシピ
  • ホテル・温泉旅館
  • 観光・地域情報
  • イベント情報
  • 雑学・豆知識
  • その他の情報 (40)