ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「大妻女子大学」の検索結果

「大妻女子大学」に関連する情報 304件中 1〜10件目

大妻女子大学

卵の代わりにマヨネーズを使えば天ぷらがサクサクになるという視聴者からの投稿。出演者が普通の天ぷらと衣にマヨネーズを使った天ぷらを食べ比べた。カンニング竹山は、「マヨネーズの味もしないし、こっちの方がサクサクする」などと話した。大妻女子大学の伊藤江里子さんによると、マヨネーズで衣の温度が上昇して水分が蒸発するためだという。出演者全員が手挙手し、ハナタカに認定。


「大妻女子大学」に関連するグルメ情報

マヨネーズ

卵の代わりにマヨネーズを使えば天ぷらがサクサクになるという視聴者からの投稿。出演者が普通の天ぷらと衣にマヨネーズを使った天ぷらを食べ比べた。カンニング竹山は、「マヨネーズの味もしないし、こっちの方がサクサクする」などと話した。大妻女子大学の伊藤江里子さんによると、マヨネーズで衣の温度が上昇して水分が蒸発するためだという。出演者全員が手挙手し、ハナタカに認定。


「大妻女子大学」に関連するグルメ情報

天ぷら

卵の代わりにマヨネーズを使えば天ぷらがサクサクになるという視聴者からの投稿。出演者が普通の天ぷらと衣にマヨネーズを使った天ぷらを食べ比べた。カンニング竹山は、「マヨネーズの味もしないし、こっちの方がサクサクする」などと話した。大妻女子大学の伊藤江里子さんによると、マヨネーズで衣の温度が上昇して水分が蒸発するためだという。出演者全員が手挙手し、ハナタカに認定。


虫歯

健康効果が見直されている抹茶。生産量も5年で1.6倍増えている。大妻女子大学の大森正司先生によると、抹茶には脂肪の吸収を抑える、コレステロールを下げる、がん・虫歯・口臭を予防するカテキンが豊富に含まれているという。


がん

健康効果が見直されている抹茶。生産量も5年で1.6倍増えている。大妻女子大学の大森正司先生によると、抹茶には脂肪の吸収を抑える、コレステロールを下げる、がん・虫歯・口臭を予防するカテキンが豊富に含まれているという。


カテキン

健康効果が見直されている抹茶。生産量も5年で1.6倍増えている。大妻女子大学の大森正司先生によると、抹茶には脂肪の吸収を抑える、コレステロールを下げる、がん・虫歯・口臭を予防するカテキンが豊富に含まれているという。

脂肪の吸収を抑えるカテキン。カテキンが脂肪分解酵素の働きを抑えるため、脂肪が分解されることなく体外に排出されるという。

一般的に飲まれている煎茶と抹茶の違いとは。煎茶と抹茶は形状は違うものの使う茶葉は同じ。煎茶は急須で注いだときに味が出るよう揉みという工程で小さな傷をつける一方、抹茶は茶葉を石臼で挽いて粉にしている。また栽培方法も異なり、抹茶の茶葉は黒いシートで太陽光を遮断して作っている。少ない光を有効利用して葉緑素が集まり、抹茶の茶葉の色は濃くなっている。抹茶は粉ごと摂取するため、カテキン量は煎茶より多い。カテキン本来の味はとても苦いが、抹茶なら美味しくカテキンの健康効果を得られる。


大妻女子大学

健康効果が見直されている抹茶。生産量も5年で1.6倍増えている。大妻女子大学の大森正司先生によると、抹茶には脂肪の吸収を抑える、コレステロールを下げる、がん・虫歯・口臭を予防するカテキンが豊富に含まれているという。


「大妻女子大学」に関連するグルメ情報

抹茶

健康効果が見直されている抹茶。生産量も5年で1.6倍増えている。大妻女子大学の大森正司先生によると、抹茶には脂肪の吸収を抑える、コレステロールを下げる、がん・虫歯・口臭を予防するカテキンが豊富に含まれているという。

抹茶をよく飲む島根県は、100歳以上のお年寄りが日本一多い。ニッチェの2人が調査に向かった。お茶の文化が島根県に広まったのは、松江藩7代目藩主の松平治郷が茶道に精通していたため。島根・松江市に住む原さん宅では、食後に抹茶を点てて飲んでいた。松江市では日常だという。

一般的に飲まれている煎茶と抹茶の違いとは。煎茶と抹茶は形状は違うものの使う茶葉は同じ。煎茶は急須で注いだときに味が出るよう揉みという工程で小さな傷をつける一方、抹茶は茶葉を石臼で挽いて粉にしている。また栽培方法も異なり、抹茶の茶葉は黒いシートで太陽光を遮断して作っている。少ない光を有効利用して葉緑素が集まり、抹茶の茶葉の色は濃くなっている。抹茶は粉ごと摂取するため、カテキン量は煎茶より多い。カテキン本来の味はとても苦いが、抹茶なら美味しくカテキンの健康効果を得られる。

6月は新茶のシーズン。お茶農家はこれからの季節、冷えた水に抹茶を入れて水分補給に飲んでいる。2〜3時間おきに少しずつ飲んでいた。血液中のカテキン濃度は2〜3時間でなくなるため、1度に大量に飲むより少量を何回も摂取した方が良いという。1回に飲む量はコップ半分、1日10回までが目安。さらに島根県では日常だという抹茶の使い方を紹介した。


大妻女子大学

医師の佐藤雄一は不妊治療の健康ケアに取り組んでいる。老化の原因となる糖化率など体組成を調べて生活習慣を指導している。中でも痩せ傾向の高い女性へバランスのとれた食事法を指導。また、佐藤医師は大学でも公演を行い、若い内からの体作りの大切さを伝えている。2030年に向けて佐藤医師は正しい情報を知って健康につなげ、ヘルスリテラシーを上げていくことが大切と語った。


キャスタバ

福本園の加藤さんは、タピオカドリンク用の業務用のほうじ茶が売れているという。昨年からは5-6倍伸びているという。国内での茶葉の消費量は伸び悩んでいる。国内のお茶屋さんは減っていると大妻女子大学の大森さんがいう。新しい飲み方をすることがお茶を救うという。ほうじ茶の良さを知ってほしいと福本園の方はいう。最近、タピオカ用の太いストローをみかけるようになった。