ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「大島康徳」の検索結果

「大島康徳」に関連する情報 66件中 1〜10件目

公式ブログ

6月30日、中日、日本ハムで活躍した大島康徳さんが大腸がんで逝去した。中津工業高校から中日に入団。ホームラン王にもなった。88年に日本ハムに移籍。90年に2000本安打。39歳10か月で当時最年長だった。2000年には日本ハム監督になった。21分の猛抗議をして退場処分になったこともある。試合後、救急搬送されたが、翌日には病院から直行して采配をおこなった。WBCでは打撃コーチをつとめた。16年にがんが発覚、余命1年の宣告を受けながらも今年6月まで解説者として活動していた。ブログには「幸せ」「俺の寿命を生ききった」と綴っている。


日本ハム

6月30日、中日、日本ハムで活躍した大島康徳さんが大腸がんで逝去した。中津工業高校から中日に入団。ホームラン王にもなった。88年に日本ハムに移籍。90年に2000本安打。39歳10か月で当時最年長だった。2000年には日本ハム監督になった。21分の猛抗議をして退場処分になったこともある。試合後、救急搬送されたが、翌日には病院から直行して采配をおこなった。WBCでは打撃コーチをつとめた。16年にがんが発覚、余命1年の宣告を受けながらも今年6月まで解説者として活動していた。ブログには「幸せ」「俺の寿命を生ききった」と綴っている。


中津工業高校

6月30日、中日、日本ハムで活躍した大島康徳さんが大腸がんで逝去した。中津工業高校から中日に入団。ホームラン王にもなった。88年に日本ハムに移籍。90年に2000本安打。39歳10か月で当時最年長だった。2000年には日本ハム監督になった。21分の猛抗議をして退場処分になったこともある。試合後、救急搬送されたが、翌日には病院から直行して采配をおこなった。WBCでは打撃コーチをつとめた。16年にがんが発覚、余命1年の宣告を受けながらも今年6月まで解説者として活動していた。ブログには「幸せ」「俺の寿命を生ききった」と綴っている。


大腸がん

6月30日、中日、日本ハムで活躍した大島康徳さんが大腸がんで逝去した。中津工業高校から中日に入団。ホームラン王にもなった。88年に日本ハムに移籍。90年に2000本安打。39歳10か月で当時最年長だった。2000年には日本ハム監督になった。21分の猛抗議をして退場処分になったこともある。試合後、救急搬送されたが、翌日には病院から直行して采配をおこなった。WBCでは打撃コーチをつとめた。16年にがんが発覚、余命1年の宣告を受けながらも今年6月まで解説者として活動していた。ブログには「幸せ」「俺の寿命を生ききった」と綴っている。


中日

今週木曜、西武が松坂大輔の今季限りでの引退を発表した。松坂は98年の夏の甲子園にてPL学園と対戦、その延長17回を1人で投げ抜いてみせたほか、2日後の決勝戦でもノーヒットノーランで春夏連覇を達成、99年のプロデビューに於いても初登板から155kmをマーク、イチローとの初対決に於いては3打席連続奪三振を奪っては「今日で自信から確信に変わった。」などと名言を残していた。07年からはメジャーに移籍、初登板にて初勝利、1年目から15勝を上げてワールドシリーズ制覇に貢献した。日本代表でもエースを務めておりWBCでは2大会連続でMVP、15年には日本復帰、18年には中日にて6勝、去年には14年ぶりに西武復帰、7月には頚椎手術のために復活は叶わず、日米通算23年で引退を決めた。川上はこの決断に「高校時代の彼が印象的、続くプロ野球1年目から活躍、これに時代の変化を感じた、その最先端に松坂は居た。アメリカでも初年度から活躍、その途中で怪我を感じるも工夫して戦い抜いてきた、日本復帰後の1勝目でも相手方が緊張していた、それが印象的。」などとコメント、張本は「一流ピッチャー、弾も早くてバネがあった、ただ記録を見ると金メダルは一度も取っていない、これは打線の影響に寄るもの。いずれにせよ強い弾を投げる選手、踏ん切りがついてよかった。」などとコメント。松坂は40歳、今季中にはチャンスが残る。

6月30日、中日、日本ハムで活躍した大島康徳さんが大腸がんで逝去した。中津工業高校から中日に入団。ホームラン王にもなった。88年に日本ハムに移籍。90年に2000本安打。39歳10か月で当時最年長だった。2000年には日本ハム監督になった。21分の猛抗議をして退場処分になったこともある。試合後、救急搬送されたが、翌日には病院から直行して采配をおこなった。WBCでは打撃コーチをつとめた。16年にがんが発覚、余命1年の宣告を受けながらも今年6月まで解説者として活動していた。ブログには「幸せ」「俺の寿命を生ききった」と綴っている。


「大島康徳」に関連するイベント情報

WBC

今週木曜、西武が松坂大輔の今季限りでの引退を発表した。松坂は98年の夏の甲子園にてPL学園と対戦、その延長17回を1人で投げ抜いてみせたほか、2日後の決勝戦でもノーヒットノーランで春夏連覇を達成、99年のプロデビューに於いても初登板から155kmをマーク、イチローとの初対決に於いては3打席連続奪三振を奪っては「今日で自信から確信に変わった。」などと名言を残していた。07年からはメジャーに移籍、初登板にて初勝利、1年目から15勝を上げてワールドシリーズ制覇に貢献した。日本代表でもエースを務めておりWBCでは2大会連続でMVP、15年には日本復帰、18年には中日にて6勝、去年には14年ぶりに西武復帰、7月には頚椎手術のために復活は叶わず、日米通算23年で引退を決めた。川上はこの決断に「高校時代の彼が印象的、続くプロ野球1年目から活躍、これに時代の変化を感じた、その最先端に松坂は居た。アメリカでも初年度から活躍、その途中で怪我を感じるも工夫して戦い抜いてきた、日本復帰後の1勝目でも相手方が緊張していた、それが印象的。」などとコメント、張本は「一流ピッチャー、弾も早くてバネがあった、ただ記録を見ると金メダルは一度も取っていない、これは打線の影響に寄るもの。いずれにせよ強い弾を投げる選手、踏ん切りがついてよかった。」などとコメント。松坂は40歳、今季中にはチャンスが残る。

6月30日、中日、日本ハムで活躍した大島康徳さんが大腸がんで逝去した。中津工業高校から中日に入団。ホームラン王にもなった。88年に日本ハムに移籍。90年に2000本安打。39歳10か月で当時最年長だった。2000年には日本ハム監督になった。21分の猛抗議をして退場処分になったこともある。試合後、救急搬送されたが、翌日には病院から直行して采配をおこなった。WBCでは打撃コーチをつとめた。16年にがんが発覚、余命1年の宣告を受けながらも今年6月まで解説者として活動していた。ブログには「幸せ」「俺の寿命を生ききった」と綴っている。


スポーツニッポン

元プロ野球監督の大島康徳さんが亡くなっていたことが分かった。70歳だった。大島康徳さんは1969年に中日ドラゴンズに入団、1976年にシーズン代打ホームラン7本の日本記録を樹立、日本ハムに移籍後には2000本安打を達成した。大島康徳さんは大腸がんを患い闘病していたが、先月30日に都内の病院で亡くなった。大島康徳さんはブログに「幸せな人生だった。命には必ず終りがある。病気に負けたんじゃない」などとコメントしていた。出演者らは「どう生きるのか、いいアドバイスを頂いた」などと話した。


自らのブログ

元プロ野球監督の大島康徳さんが亡くなっていたことが分かった。70歳だった。大島康徳さんは1969年に中日ドラゴンズに入団、1976年にシーズン代打ホームラン7本の日本記録を樹立、日本ハムに移籍後には2000本安打を達成した。大島康徳さんは大腸がんを患い闘病していたが、先月30日に都内の病院で亡くなった。大島康徳さんはブログに「幸せな人生だった。命には必ず終りがある。病気に負けたんじゃない」などとコメントしていた。出演者らは「どう生きるのか、いいアドバイスを頂いた」などと話した。


中日ドラゴンズ

元プロ野球監督の大島康徳さんが亡くなっていたことが分かった。70歳だった。大島康徳さんは1969年に中日ドラゴンズに入団、1976年にシーズン代打ホームラン7本の日本記録を樹立、日本ハムに移籍後には2000本安打を達成した。大島康徳さんは大腸がんを患い闘病していたが、先月30日に都内の病院で亡くなった。大島康徳さんはブログに「幸せな人生だった。命には必ず終りがある。病気に負けたんじゃない」などとコメントしていた。出演者らは「どう生きるのか、いいアドバイスを頂いた」などと話した。


日本ハム

元プロ野球監督の大島康徳さんが亡くなっていたことが分かった。70歳だった。大島康徳さんは1969年に中日ドラゴンズに入団、1976年にシーズン代打ホームラン7本の日本記録を樹立、日本ハムに移籍後には2000本安打を達成した。大島康徳さんは大腸がんを患い闘病していたが、先月30日に都内の病院で亡くなった。大島康徳さんはブログに「幸せな人生だった。命には必ず終りがある。病気に負けたんじゃない」などとコメントしていた。出演者らは「どう生きるのか、いいアドバイスを頂いた」などと話した。


検索結果の絞り込み

  • すべての情報 (66)
  • 本・コミック・雑誌
  • 音楽・CD (1)
  • 映画・DVD
  • レストラン・飲食店
  • グルメ情報
  • 料理レシピ
  • ホテル・温泉旅館
  • 観光・地域情報
  • イベント情報 (7)
  • 雑学・豆知識
  • その他の情報 (58)

  • ※「価格com テレビ紹介情報」は株式会社ワイヤーアクションが提供するTV放送ログを掲載しています。