ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「大成建設」の検索結果

「大成建設」に関連する情報 2130件中 1〜10件目

大成建設

創業は1946年。IHの将来性に早くから着目した初代社長の有賀隆雄は、自動車部品の熱処理受注に成功するが、電力不足に苦しんだ。転機は1960年代の高度成長期。東海道新幹線の工事などで強度の高い枕木を作るのにネツレンの技術が必要とされた。1985年には地震による鉄筋コンクリートビルの破壊を防ぐため、高強度補強筋を開発した。


大成建設

次の一手を打つ一方、先月末は業績の下方修正を発表し、株価は急落した。「株式市場と投資家と向き合わなければならない。今の株価をどう見るか?」と質問すると、井上社長は「もうちょっと長期的なレンジで活動や事業を見て株価を評価してほしい」と答えた。「イギリスの投資会社が清水建設をはじめ大成建設などの株式を大量保有しているが、『物言う株主』から事業戦略への提言はあるか?」との質問には、「変な要求や過度な要求を突きつけられているということはない。IRやSRをして意見を聞きながら経営にも反映し、持続的な成長や企業価値の向上に努めていきたい」と答えた。


シルチェスター

次の一手を打つ一方、先月末は業績の下方修正を発表し、株価は急落した。「株式市場と投資家と向き合わなければならない。今の株価をどう見るか?」と質問すると、井上社長は「もうちょっと長期的なレンジで活動や事業を見て株価を評価してほしい」と答えた。「イギリスの投資会社が清水建設をはじめ大成建設などの株式を大量保有しているが、『物言う株主』から事業戦略への提言はあるか?」との質問には、「変な要求や過度な要求を突きつけられているということはない。IRやSRをして意見を聞きながら経営にも反映し、持続的な成長や企業価値の向上に努めていきたい」と答えた。


大倉土木

たずねたのは大成建設。かつて大倉土木という名で早川の地下鉄工事を担当していたという。当時の工事のようすを記録した資料をみせてもらえることに!路面電車が走る線路の下に作業員の姿が。早川らが採用したのは路面覆工という工法。開削工法であけた穴の上に仮の道路をつくりフタの役目を担わせることで交通への影響を最小限にした。現在の水道工事などでも使われている工法だという。日本初の地下鉄工事とあって一難さればまた一難…。トラブルが連発した。その最大の原因は大雨。雨水を吸った土や板の重さに鉄骨が耐えられず曲がってしまったりしたという。度重なる事故に住民から苦情がきて、政府からも警告をうけた。現場監督の小田秀吉は責任を感じ辞任の意を早川に伝えたが、早川は手紙をおくって小田を鼓舞したという。その後も様々な工夫をしながら雨にも地震にも負けない安全で丈夫なトンネル建設にまい進し、2年間の工事を経てついに開業した!


大成建設

たずねたのは大成建設。かつて大倉土木という名で早川の地下鉄工事を担当していたという。当時の工事のようすを記録した資料をみせてもらえることに!路面電車が走る線路の下に作業員の姿が。早川らが採用したのは路面覆工という工法。開削工法であけた穴の上に仮の道路をつくりフタの役目を担わせることで交通への影響を最小限にした。現在の水道工事などでも使われている工法だという。日本初の地下鉄工事とあって一難さればまた一難…。トラブルが連発した。その最大の原因は大雨。雨水を吸った土や板の重さに鉄骨が耐えられず曲がってしまったりしたという。度重なる事故に住民から苦情がきて、政府からも警告をうけた。現場監督の小田秀吉は責任を感じ辞任の意を早川に伝えたが、早川は手紙をおくって小田を鼓舞したという。その後も様々な工夫をしながら雨にも地震にも負けない安全で丈夫なトンネル建設にまい進し、2年間の工事を経てついに開業した!


大江戸線

戦後恐慌に震災も発生。出資者が撤退し地下鉄事業の資金は4分の1に減少してしまった…。早川は国内外の優秀な建築技師をあつめ、資金難&震災という難局を打開する方法を話し合った。その結果、路線を短くしてイチハヤク開業することが決まった。早川の構想は浅草〜新橋間だったが、浅草〜上野までを開業させることにした。この発想は今日でも使われていて、大江戸線も4区間に分けて少しずつ開業した。1925年9月27日、地下鉄工事の起工式が行われ日本初の地下工事がはじまる。地下鉄工事には地中をモグラのように掘り進むシールド工法と、地表から穴をあけ中にトンネルをつくってうめる開削工法の2種類がある。早川たちは費用が安くなるなどの理由で開削工法をチョイス。開削工法がかかえる大きな制約を克服し、街の震災復興を邪魔しないスゴイ地下工事をした!開削工法の制約は、地表に大きな穴を開けるため道路くらいしか掘る場所がない。というモノ。そんな状況の中、早川はある工夫で地上の交通を妨げない&地下工事の礎まで築き上げたという。実際にその工事に関わった建設会社を取材した。

たずねたのは大成建設。かつて大倉土木という名で早川の地下鉄工事を担当していたという。当時の工事のようすを記録した資料をみせてもらえることに!路面電車が走る線路の下に作業員の姿が。早川らが採用したのは路面覆工という工法。開削工法であけた穴の上に仮の道路をつくりフタの役目を担わせることで交通への影響を最小限にした。現在の水道工事などでも使われている工法だという。日本初の地下鉄工事とあって一難さればまた一難…。トラブルが連発した。その最大の原因は大雨。雨水を吸った土や板の重さに鉄骨が耐えられず曲がってしまったりしたという。度重なる事故に住民から苦情がきて、政府からも警告をうけた。現場監督の小田秀吉は責任を感じ辞任の意を早川に伝えたが、早川は手紙をおくって小田を鼓舞したという。その後も様々な工夫をしながら雨にも地震にも負けない安全で丈夫なトンネル建設にまい進し、2年間の工事を経てついに開業した!


東京地下鉄道

戦後恐慌に震災も発生。出資者が撤退し地下鉄事業の資金は4分の1に減少してしまった…。早川は国内外の優秀な建築技師をあつめ、資金難&震災という難局を打開する方法を話し合った。その結果、路線を短くしてイチハヤク開業することが決まった。早川の構想は浅草〜新橋間だったが、浅草〜上野までを開業させることにした。この発想は今日でも使われていて、大江戸線も4区間に分けて少しずつ開業した。1925年9月27日、地下鉄工事の起工式が行われ日本初の地下工事がはじまる。地下鉄工事には地中をモグラのように掘り進むシールド工法と、地表から穴をあけ中にトンネルをつくってうめる開削工法の2種類がある。早川たちは費用が安くなるなどの理由で開削工法をチョイス。開削工法がかかえる大きな制約を克服し、街の震災復興を邪魔しないスゴイ地下工事をした!開削工法の制約は、地表に大きな穴を開けるため道路くらいしか掘る場所がない。というモノ。そんな状況の中、早川はある工夫で地上の交通を妨げない&地下工事の礎まで築き上げたという。実際にその工事に関わった建設会社を取材した。

たずねたのは大成建設。かつて大倉土木という名で早川の地下鉄工事を担当していたという。当時の工事のようすを記録した資料をみせてもらえることに!路面電車が走る線路の下に作業員の姿が。早川らが採用したのは路面覆工という工法。開削工法であけた穴の上に仮の道路をつくりフタの役目を担わせることで交通への影響を最小限にした。現在の水道工事などでも使われている工法だという。日本初の地下鉄工事とあって一難さればまた一難…。トラブルが連発した。その最大の原因は大雨。雨水を吸った土や板の重さに鉄骨が耐えられず曲がってしまったりしたという。度重なる事故に住民から苦情がきて、政府からも警告をうけた。現場監督の小田秀吉は責任を感じ辞任の意を早川に伝えたが、早川は手紙をおくって小田を鼓舞したという。その後も様々な工夫をしながら雨にも地震にも負けない安全で丈夫なトンネル建設にまい進し、2年間の工事を経てついに開業した!

開業当時の銀座線の車両もすごかった!暗い地下でも明るく晴れやかにしたいとカラーは黄色に。“日本で初めて”もイロイロと導入!当時の電車は木材の使用が一般的だったが、すべての車両を鋼鉄製に。日本初となる自動ブレーキシステムなども導入し、当時の日本最先端の車両となった。1927年12月30日、悲願の地下鉄が開業!早川は「俺たちの事業もようやくココまで成長したか、長い道のりだった…」と涙を流していたという。浅草から新橋までの路線開通を目指す早川はすぐに工事を再開!上野から神田へと進んでいくさなか、再び問題発生!

早川は工事を再開!上野から神田へと進んでいくさなか再び問題発生。難敵・神田川が立ちふさがった!当時は産業の足として川が使われていて、工事のためにせき止めることはできなかった。鉄樋(てつどい)をうまく使って、神田川を攻略したという。「神田川の工事に2年半かかり 資金が持たない」という新たな問題が発生した…。


大成建設

明日、多くの企業が春闘の集中回答日を迎える。今年は賃上げが注目される中、すでに異例の回答が連発している。トヨタ自動車は職種や職位ごとの賃上げと6.9ヶ月分のボーナスを満額で妥結。日産とホンダも満額回答の予定。集中回答日に回答すること事態が異例で、大手が牽引し賃上げムードを全体に波及できるかが焦点となっている。大手ゼネコン4社も3%以上の賃上げをすでに表明。少子化で人手不足が深刻化し、終身雇用の見直しで転職が活発化する中で有能な人材を確保したいと賃上げや待遇向上をアピールし採用に追い風を吹かせたい考え。しかしウクライナ侵攻によりエネルギーや穀物に影響が大きく、値上がり分を価格に転嫁できない企業は業績が悪化する恐れから賃上げをやめてしまう懸念もある。これから回答する企業は予断を許さない状況。とくにしわ寄せが予想される中小企業は賃上げをためらう動きもあるが、労働組合からは先行き不透明要素の一つであることは間違いないが、賃上げしなくていいという話にはならないと主張している。物価の上昇は相次ぐため、賃上げができないと収入が増えず物価高だけが進む可能性が出てくる。春闘は春季生活闘争の略で、1955年から始まった。かつては賃上げのためにストライキも生じた。


中部電力

テーマは「日本企業が活躍!フィリピンの鉄道&新都心」。これについて青木さんは「ドゥテルテ政権はビルド・ビルド・ビルド政策の下、インフラ開発を経済成長の主軸に置いている。政府予算だけでなく、民間の資金や治験を活用した官民連携いわゆるPPPも積極活用しているほか、ODAでは日本が大きな役割を果たしている。インフラ開発の目玉案件の1つが南北通勤鉄道。マニラ首都圏を中心に北は開発中の新都心ニュークラークシティー、南は温泉リゾートのカランバを結ぶ総延長163.6kmの鉄道で、フィリピンで初めてとなる本格的な都市近郊高速鉄道。(完成すると)現在バスで2時間かかる距離を35分で結ぶ見通し。2024年の全線開通を目指している。工事は三井住友建設、大成建設、フィリピンのDMCIが請け負い、車両納入は住友商事と総合車両製作所が受注した。さらに、建設費用をアジア開発銀行、JICAが支援し、フィリピンと日本が一体となって進めているプロジェクト」などと話した。新都心ニュークラークシティーの開発については「フィリピンは総人口でほぼ日本と同水準ながら首都の人口密度においてマニラは東京の3.5倍と人口密度の高い都市。首都機能もマニラに一極集中する一方、新規に開発できる土地には限界があり、過密する人口は年々問題になっている。マニラ首都圏の北方約100キロにあるクラーク特別経済区内で建設が進行中。私も先日行ってきたが、ポツポツと施設が建ち始めている。ここに120万人が居住可能なグリーンシティを建設し、高速通信網や次世代型送電網であるスマートグリッドで結ばれた行政・ビジネス・居住エリアが広がる予定。総額約1兆5000億円のプロジェクトで完成は2065年を予定している。2016年に第1期が着工し、道路や上下水道・情報通信などのインフラは日本工営が設計し、スマートグリッドの建設・運営はマニラ丸紅・マニラ電力会社とともに関西電力や中部電力が行う。」


関西電力

テーマは「日本企業が活躍!フィリピンの鉄道&新都心」。これについて青木さんは「ドゥテルテ政権はビルド・ビルド・ビルド政策の下、インフラ開発を経済成長の主軸に置いている。政府予算だけでなく、民間の資金や治験を活用した官民連携いわゆるPPPも積極活用しているほか、ODAでは日本が大きな役割を果たしている。インフラ開発の目玉案件の1つが南北通勤鉄道。マニラ首都圏を中心に北は開発中の新都心ニュークラークシティー、南は温泉リゾートのカランバを結ぶ総延長163.6kmの鉄道で、フィリピンで初めてとなる本格的な都市近郊高速鉄道。(完成すると)現在バスで2時間かかる距離を35分で結ぶ見通し。2024年の全線開通を目指している。工事は三井住友建設、大成建設、フィリピンのDMCIが請け負い、車両納入は住友商事と総合車両製作所が受注した。さらに、建設費用をアジア開発銀行、JICAが支援し、フィリピンと日本が一体となって進めているプロジェクト」などと話した。新都心ニュークラークシティーの開発については「フィリピンは総人口でほぼ日本と同水準ながら首都の人口密度においてマニラは東京の3.5倍と人口密度の高い都市。首都機能もマニラに一極集中する一方、新規に開発できる土地には限界があり、過密する人口は年々問題になっている。マニラ首都圏の北方約100キロにあるクラーク特別経済区内で建設が進行中。私も先日行ってきたが、ポツポツと施設が建ち始めている。ここに120万人が居住可能なグリーンシティを建設し、高速通信網や次世代型送電網であるスマートグリッドで結ばれた行政・ビジネス・居住エリアが広がる予定。総額約1兆5000億円のプロジェクトで完成は2065年を予定している。2016年に第1期が着工し、道路や上下水道・情報通信などのインフラは日本工営が設計し、スマートグリッドの建設・運営はマニラ丸紅・マニラ電力会社とともに関西電力や中部電力が行う。」



  • ※「価格com テレビ紹介情報」は株式会社ワイヤーアクションが提供するTV放送ログを掲載しています。