ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「大森正司」の検索結果

「大森正司」に関連する情報 80件中 1〜10件目

「大森正司」に関連するグルメ情報

納豆

100歳以上が日本一多い島根県の抹茶活用術。ご飯に抹茶をふんだんにかけ、薄口醤油を少量垂らして熱湯を注ぎ、抹茶漬けにしていた。また大森正司先生によると、納豆に抹茶をかけて食べれば健康効果が期待できるという。納豆は善玉菌を増やし、抹茶はその善玉菌のエサになる。


「大森正司」に関連するグルメ情報

薄口醤油

100歳以上が日本一多い島根県の抹茶活用術。ご飯に抹茶をふんだんにかけ、薄口醤油を少量垂らして熱湯を注ぎ、抹茶漬けにしていた。また大森正司先生によると、納豆に抹茶をかけて食べれば健康効果が期待できるという。納豆は善玉菌を増やし、抹茶はその善玉菌のエサになる。


「大森正司」に関連するグルメ情報

抹茶

100歳以上が日本一多い島根県の抹茶活用術。ご飯に抹茶をふんだんにかけ、薄口醤油を少量垂らして熱湯を注ぎ、抹茶漬けにしていた。また大森正司先生によると、納豆に抹茶をかけて食べれば健康効果が期待できるという。納豆は善玉菌を増やし、抹茶はその善玉菌のエサになる。


虫歯

健康効果が見直されている抹茶。生産量も5年で1.6倍増えている。大妻女子大学の大森正司先生によると、抹茶には脂肪の吸収を抑える、コレステロールを下げる、がん・虫歯・口臭を予防するカテキンが豊富に含まれているという。


がん

健康効果が見直されている抹茶。生産量も5年で1.6倍増えている。大妻女子大学の大森正司先生によると、抹茶には脂肪の吸収を抑える、コレステロールを下げる、がん・虫歯・口臭を予防するカテキンが豊富に含まれているという。


カテキン

健康効果が見直されている抹茶。生産量も5年で1.6倍増えている。大妻女子大学の大森正司先生によると、抹茶には脂肪の吸収を抑える、コレステロールを下げる、がん・虫歯・口臭を予防するカテキンが豊富に含まれているという。

脂肪の吸収を抑えるカテキン。カテキンが脂肪分解酵素の働きを抑えるため、脂肪が分解されることなく体外に排出されるという。

一般的に飲まれている煎茶と抹茶の違いとは。煎茶と抹茶は形状は違うものの使う茶葉は同じ。煎茶は急須で注いだときに味が出るよう揉みという工程で小さな傷をつける一方、抹茶は茶葉を石臼で挽いて粉にしている。また栽培方法も異なり、抹茶の茶葉は黒いシートで太陽光を遮断して作っている。少ない光を有効利用して葉緑素が集まり、抹茶の茶葉の色は濃くなっている。抹茶は粉ごと摂取するため、カテキン量は煎茶より多い。カテキン本来の味はとても苦いが、抹茶なら美味しくカテキンの健康効果を得られる。


大妻女子大学

健康効果が見直されている抹茶。生産量も5年で1.6倍増えている。大妻女子大学の大森正司先生によると、抹茶には脂肪の吸収を抑える、コレステロールを下げる、がん・虫歯・口臭を予防するカテキンが豊富に含まれているという。


「大森正司」に関連するグルメ情報

抹茶

健康効果が見直されている抹茶。生産量も5年で1.6倍増えている。大妻女子大学の大森正司先生によると、抹茶には脂肪の吸収を抑える、コレステロールを下げる、がん・虫歯・口臭を予防するカテキンが豊富に含まれているという。

抹茶をよく飲む島根県は、100歳以上のお年寄りが日本一多い。ニッチェの2人が調査に向かった。お茶の文化が島根県に広まったのは、松江藩7代目藩主の松平治郷が茶道に精通していたため。島根・松江市に住む原さん宅では、食後に抹茶を点てて飲んでいた。松江市では日常だという。

一般的に飲まれている煎茶と抹茶の違いとは。煎茶と抹茶は形状は違うものの使う茶葉は同じ。煎茶は急須で注いだときに味が出るよう揉みという工程で小さな傷をつける一方、抹茶は茶葉を石臼で挽いて粉にしている。また栽培方法も異なり、抹茶の茶葉は黒いシートで太陽光を遮断して作っている。少ない光を有効利用して葉緑素が集まり、抹茶の茶葉の色は濃くなっている。抹茶は粉ごと摂取するため、カテキン量は煎茶より多い。カテキン本来の味はとても苦いが、抹茶なら美味しくカテキンの健康効果を得られる。

6月は新茶のシーズン。お茶農家はこれからの季節、冷えた水に抹茶を入れて水分補給に飲んでいる。2〜3時間おきに少しずつ飲んでいた。血液中のカテキン濃度は2〜3時間でなくなるため、1度に大量に飲むより少量を何回も摂取した方が良いという。1回に飲む量はコップ半分、1日10回までが目安。さらに島根県では日常だという抹茶の使い方を紹介した。


「大森正司」に関連するグルメ情報

お茶がらの和え物

第4問。緑茶のエピガロカテキンガレートを最大限にとる究極の方法は?という問題が出題。大森正司先生が正解を教える。正解はお茶がらを食べる。大森先生はお茶がらチャーハンなどにして食べた。茶がらには約60%のカテキンが残っている。出演者お茶がらチャーハンなどを試食した。


「大森正司」に関連するグルメ情報

お茶がらスムージー

第4問。緑茶のエピガロカテキンガレートを最大限にとる究極の方法は?という問題が出題。大森正司先生が正解を教える。正解はお茶がらを食べる。大森先生はお茶がらチャーハンなどにして食べた。茶がらには約60%のカテキンが残っている。出演者お茶がらチャーハンなどを試食した。