ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「大浜平太郎」の検索結果

「大浜平太郎」に関連する情報 455件中 1〜10件目

「大浜平太郎」に関連するレストラン・飲食店

アニメイトカフェ 池袋3号店

ゲストである声優の天崎滉平について、宮田プロデューサーは「ヒプノシスマイクでイケブクロディヴィジョンなんですよ」などと説明するも、大浜平太郎アナは理解が追いつかず、田村は「オタク女子の悪い所でてました」と指摘。今回のリモートトークには齋藤アシスタントプロデューサーも参加し、抽選予約が必要なアニメイトカフェについて語った。宮田プロデューサーも会話に参加し、抽選でハズレ続きと明かした。

今回のトークテーマは「池袋をオタク女子が楽しめる街にしたい」。田村は天崎滉平に意見を尋ねていた時に美声すぎることを指摘し、宮田プロデューサーは天崎が演じる山田三郎のキャラボイスを熱望した。願いを叶えて貰った宮田プロデューサーをはじめ、コスプレイヤーのKURO氏らもキュンキュンさせた。本題に戻り、宮田プロデューサーは池袋を盛り上げる策の1つとして、地元カフェとアニメ作品のコラボを提案。さらに田村はアニメイトカフェの抽選予約で落選しても受け皿となりうるカフェを発案した。ドワンゴの澤幡氏は池袋ハロウィンコスプレフェスの開催前、期間限定のコラボイベントというアイデアを出した。


「大浜平太郎」に関連するレストラン・飲食店

アニメイトカフェ

ゲストである声優の天崎滉平について、宮田プロデューサーは「ヒプノシスマイクでイケブクロディヴィジョンなんですよ」などと説明するも、大浜平太郎アナは理解が追いつかず、田村は「オタク女子の悪い所でてました」と指摘。今回のリモートトークには齋藤アシスタントプロデューサーも参加し、抽選予約が必要なアニメイトカフェについて語った。宮田プロデューサーも会話に参加し、抽選でハズレ続きと明かした。

今回のトークテーマは「池袋をオタク女子が楽しめる街にしたい」。田村は天崎滉平に意見を尋ねていた時に美声すぎることを指摘し、宮田プロデューサーは天崎が演じる山田三郎のキャラボイスを熱望した。願いを叶えて貰った宮田プロデューサーをはじめ、コスプレイヤーのKURO氏らもキュンキュンさせた。本題に戻り、宮田プロデューサーは池袋を盛り上げる策の1つとして、地元カフェとアニメ作品のコラボを提案。さらに田村はアニメイトカフェの抽選予約で落選しても受け皿となりうるカフェを発案した。ドワンゴの澤幡氏は池袋ハロウィンコスプレフェスの開催前、期間限定のコラボイベントというアイデアを出した。


ヒプノシスマイク

ゲストである声優の天崎滉平について、宮田プロデューサーは「ヒプノシスマイクでイケブクロディヴィジョンなんですよ」などと説明するも、大浜平太郎アナは理解が追いつかず、田村は「オタク女子の悪い所でてました」と指摘。今回のリモートトークには齋藤アシスタントプロデューサーも参加し、抽選予約が必要なアニメイトカフェについて語った。宮田プロデューサーも会話に参加し、抽選でハズレ続きと明かした。


食べチョク

前回の収録から約3週間、池袋プロジェクトの進捗報告を行う。参加者は、田村淳、相内優香、大浜平太郎、ビビッドガーデンの秋元里奈。ビビッドガーデンは、「食べチョク」を運営している。「食べチョク」は、農家や漁師などの生産者が、個人や飲食店に直接商品を販売できるオンラインの直売所。今まで「食べチョク」では、新型コロナウイルスの影響により、販路が無くなって困っている生産者とシェフでコラボをして、シェフのレシピ付き商品を出していた。今までは、1つの食材(レシピ)を1人のシェフが担当していたが、今後は地域ごとに複数のシェフ・バーテンダーが担当するようになるという。また、コース料理のように、複数の料理・飲み物のレシピを提案するようになるという。そして、商品代金の何パーセントかをシェフに還元すると紹介された。


ビビッドガーデン

前回の収録から約3週間、池袋プロジェクトの進捗報告を行う。参加者は、田村淳、相内優香、大浜平太郎、ビビッドガーデンの秋元里奈。ビビッドガーデンは、「食べチョク」を運営している。「食べチョク」は、農家や漁師などの生産者が、個人や飲食店に直接商品を販売できるオンラインの直売所。今まで「食べチョク」では、新型コロナウイルスの影響により、販路が無くなって困っている生産者とシェフでコラボをして、シェフのレシピ付き商品を出していた。今までは、1つの食材(レシピ)を1人のシェフが担当していたが、今後は地域ごとに複数のシェフ・バーテンダーが担当するようになるという。また、コース料理のように、複数の料理・飲み物のレシピを提案するようになるという。そして、商品代金の何パーセントかをシェフに還元すると紹介された。


サンシャインシティ

先週から引き続き、バーチャル池袋計画について話し合う。今週のテーマは、「#10 バーチャル池袋計画〜池袋の企業と考える〜」。参加者は、番組レギュラーの田村淳、相内優香の他に、テレビ東京の大浜平太郎、テレビ東京の香月翔、西武ホールディングスの田中健司、マクアケの中山亮太郎、クラスターの加藤直人、豊島区長の高野之夫、サンシャインシティの棚山裕司、ススキノのバーテンダーの大内和彦など。一同はそれぞれ別室に居り、ZOOMで会話をしている。収録日は、5月14日。一同が、バーチャル空間に池袋の町を作る計画について話し合った。そして、まずバーチャル空間を体験してみることになり、バーチャル空間に作られたバーが紹介された。そこには、ブイチューバーの奏音きらり、バーチャルアナウンサーの相内ユウカなどが居り、一同がそれらのキャラクターを操作した。このバーを運営しているのが、ススキノの大内さんなど。大内さんなどが、このバーの運営について説明した。

続いて、田中はバーチャル空間だからこそ普段では見られないような視点から野球を見ることなどリアルでは体験できない面白さがあり、それをまたリアルにつなげることができると話した。中山は池袋には世界的にもコンテンツが多くあると語り、そういった魅力などをバーチャルでも集めることができると話した。田村はいろいろな役者やアーティストがバーチャル空間での自己表現をしたいと考えるのではないかと話した。アイデアソンの開催にあたっては、視聴者からもアイデアを募集するということだった。応募はTwitterで「#田村淳が豊島区池袋」をつけてツイートするか、メールで送る。


マクアケ

先週から引き続き、バーチャル池袋計画について話し合う。今週のテーマは、「#10 バーチャル池袋計画〜池袋の企業と考える〜」。参加者は、番組レギュラーの田村淳、相内優香の他に、テレビ東京の大浜平太郎、テレビ東京の香月翔、西武ホールディングスの田中健司、マクアケの中山亮太郎、クラスターの加藤直人、豊島区長の高野之夫、サンシャインシティの棚山裕司、ススキノのバーテンダーの大内和彦など。一同はそれぞれ別室に居り、ZOOMで会話をしている。収録日は、5月14日。一同が、バーチャル空間に池袋の町を作る計画について話し合った。そして、まずバーチャル空間を体験してみることになり、バーチャル空間に作られたバーが紹介された。そこには、ブイチューバーの奏音きらり、バーチャルアナウンサーの相内ユウカなどが居り、一同がそれらのキャラクターを操作した。このバーを運営しているのが、ススキノの大内さんなど。大内さんなどが、このバーの運営について説明した。


Zoom

先週から引き続き、バーチャル池袋計画について話し合う。今週のテーマは、「#10 バーチャル池袋計画〜池袋の企業と考える〜」。参加者は、番組レギュラーの田村淳、相内優香の他に、テレビ東京の大浜平太郎、テレビ東京の香月翔、西武ホールディングスの田中健司、マクアケの中山亮太郎、クラスターの加藤直人、豊島区長の高野之夫、サンシャインシティの棚山裕司、ススキノのバーテンダーの大内和彦など。一同はそれぞれ別室に居り、ZOOMで会話をしている。収録日は、5月14日。一同が、バーチャル空間に池袋の町を作る計画について話し合った。そして、まずバーチャル空間を体験してみることになり、バーチャル空間に作られたバーが紹介された。そこには、ブイチューバーの奏音きらり、バーチャルアナウンサーの相内ユウカなどが居り、一同がそれらのキャラクターを操作した。このバーを運営しているのが、ススキノの大内さんなど。大内さんなどが、このバーの運営について説明した。


クラスター

先週から引き続き、バーチャル池袋計画について話し合う。今週のテーマは、「#10 バーチャル池袋計画〜池袋の企業と考える〜」。参加者は、番組レギュラーの田村淳、相内優香の他に、テレビ東京の大浜平太郎、テレビ東京の香月翔、西武ホールディングスの田中健司、マクアケの中山亮太郎、クラスターの加藤直人、豊島区長の高野之夫、サンシャインシティの棚山裕司、ススキノのバーテンダーの大内和彦など。一同はそれぞれ別室に居り、ZOOMで会話をしている。収録日は、5月14日。一同が、バーチャル空間に池袋の町を作る計画について話し合った。そして、まずバーチャル空間を体験してみることになり、バーチャル空間に作られたバーが紹介された。そこには、ブイチューバーの奏音きらり、バーチャルアナウンサーの相内ユウカなどが居り、一同がそれらのキャラクターを操作した。このバーを運営しているのが、ススキノの大内さんなど。大内さんなどが、このバーの運営について説明した。


西武ホールディングス

先週から引き続き、バーチャル池袋計画について話し合う。今週のテーマは、「#10 バーチャル池袋計画〜池袋の企業と考える〜」。参加者は、番組レギュラーの田村淳、相内優香の他に、テレビ東京の大浜平太郎、テレビ東京の香月翔、西武ホールディングスの田中健司、マクアケの中山亮太郎、クラスターの加藤直人、豊島区長の高野之夫、サンシャインシティの棚山裕司、ススキノのバーテンダーの大内和彦など。一同はそれぞれ別室に居り、ZOOMで会話をしている。収録日は、5月14日。一同が、バーチャル空間に池袋の町を作る計画について話し合った。そして、まずバーチャル空間を体験してみることになり、バーチャル空間に作られたバーが紹介された。そこには、ブイチューバーの奏音きらり、バーチャルアナウンサーの相内ユウカなどが居り、一同がそれらのキャラクターを操作した。このバーを運営しているのが、ススキノの大内さんなど。大内さんなどが、このバーの運営について説明した。