ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「大野将平」の検索結果

「大野将平」に関連するレストラン・飲食店 16件中 1〜10件目

「大野将平」に関連するレストラン・飲食店

かっぱ

大野将平は、中学から厳しい寮生活をしていて、人生をやめたいと思ったこともある。大野将平が中学時代に、ファミリーマートでファミチキが出て大騒ぎになったと話した。


「大野将平」に関連するレストラン・飲食店

続いてのおすすめは京都の天ぷら松。メニューはおすすめのみで行くたびに違うメニューが楽しめるそう。その中でも近江牛を使った特製牛丼は必ず締めで食べるとのこと。大野選手は店主に対し柔道家と同じ空気感をまとっていて完成が通づるものがあるなどと話した。

 (天ぷら、割烹・小料理、懐石・会席料理)

「大野将平」に関連するレストラン・飲食店

続いてのおすすめは奈良にあるヘレ肉専門店きみやのシャトーブリアン。月に2回程度通うという大の選手は自身の筋肉はきみやの肉でできているなどと話した。きみやの店主はオリンピックが終わってから金メダルを持って訪れたという大野選手に対し自分の子どものようなものなどと話した。


「大野将平」に関連するレストラン・飲食店

かっぱ

大野選手最初のおすすめは駒沢にあるかっぱという店の煮込み。日本一厳しい寮生活で中1にして人生をやめたいと考えていたなどと話す大野選手が先輩からのお使いでタッパーを持って買いに行き食べていたかっぱの煮込みがいい思い出で唯一の娯楽などと話した。


「大野将平」に関連するレストラン・飲食店

海女小屋 はちまんかまど

今回は自治体を決めるサイコロを投げ三重県に決まった。三重県は伊勢海老などが有名で今回はアワビが決まった。食材を提供した女性は海女だという。海女は最長50秒潜ることが出来るという。全国への配送も行っているという。アワビはきのこ類と合わせるといいという。他のサイコロではマッシュルームとタマネギを引いたという。


「大野将平」に関連するレストラン・飲食店

今回は鴨と醸し 鼓道の極・特上親子丼セット 4食分の値段を当てる。店内での値段は1408円。井戸田さんが9連敗している理由としては極端な予想をしすぎているためだと分析された。予想金額の80%ほどを狙うと最終予想に近づくのではないかとアドバイスがされた。視聴者に最も値段が近いのではないかと予想されたのは井戸田さんだった。正解は5380円で大久保さんが一番近かった。「上品な出汁、お肉歯ごたえがあって卵トロトロでおいしい」とコメントされた。鴨と醸し鼓道の公式通販サイトから注文が可能。

 (そば、鳥料理、親子丼)

「大野将平」に関連するレストラン・飲食店

今回値段を当てるのは「鴨と醸し鼓道」の親子丼。鴨と醸し鼓道は昼はそば店・夜は鴨料理店と2つの顔を持つ。人気メニューは「鼓道ナックル」や「鼓道八珍」など。「特上親子丼」のお取り寄せが人気急上昇中。その理由は、こだわりブレンドだし・肉の4重奏&濃厚卵など。4種類の肉と、濃厚な黄身が特徴の「赤がんこ」を使用している。

 (そば、鳥料理、親子丼)

「大野将平」に関連するレストラン・飲食店

東京オリンピックで日本は連日メダルラッシュが続いており、その中でも柔道の勢いが止まらない。阿部兄妹は史上初となる兄妹での同日金メダルを獲得した。大野将平選手は月に1〜2回、シャトーブリアンを食べに練習場所近くのヒレ肉専門店に顔を出している。7日連続の金メダル獲得で、その数は9個と最多を更新した。今夜、最後の種目である混合団体に挑む。


「大野将平」に関連するレストラン・飲食店

昨日は大野将平が金メダルを獲得した。大野選手はこの景色を目に焼き付けようと天井を見た、リオ五輪を終えて苦しくてつらい日々を凝縮したような一日、リオのときは若さと勢いで勝てたが今回は実力で取り歴史を作ったと言えるなどと話している。拠点としている奈良県のきみやの焼肉が好物で、さんぴん茶を好んで飲むのだという。こだわりのサウナ屋も作りたいと公言するほどで、静岡市のサウナしきじまで何度も足を運んでいるという。金子さんは日本勢の活躍のおかげで国が明るくなり、子どもにも夢を与えるものなのだと思えたと振り返った。大野選手については賛否両論はあっても心が動く瞬間があれば光栄という言う言葉を取り上げて、酷な状況で開催されたからこそ結果を出すという意志が感じられたと振り返った。溝口さんは柔道男子が3連続で金メダルを取るのはミュンヘンオリンピック以来であり、開催してくれた恩返しにもなっているのではないかと話していた。また、永瀬貴規はドミニク・レッセルに小外掛で勝利しているが、田代未来は敗れる形となった。


「大野将平」に関連するレストラン・飲食店

きみや

リオ五輪金メダリストである柔道の大野将平が五輪への思いを語った。大野は「厳しい状況を一瞬でも忘れられるようなパフォーマンスを見ていただけたら」「対外国人、対ライバルと考えなくなった。心折れそうになる時ばかりだが、いろんな理由を思い出してこらえている」と話した。力の源は「きみやという焼き肉屋」と話した。減量前や試合後にきみやを訪れるのが大野のルーティンだという。大野は「日本武道館で柔道を体現できるのは誇り。日本柔道に貢献できるよう頑張りたい」と話した。スタジオでは「柔道家という言葉がぴったり」「ひっぱっていく覚悟がみえた」と話した。73キロ級は26日。


検索結果の絞り込み


  • ※「価格com テレビ紹介情報」は株式会社ワイヤーアクションが提供するTV放送ログを掲載しています。