ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「大阪城」の検索結果

「大阪城」に関連する情報 8410件中 1〜10件目

「大阪城」に関連する映画・DVD

SPEED 結成25周年。「Body&Soul」やミリオンヒット「White Love」などが蘇る。THE 夜もヒッパレで誕生したグループだ。デビュー当時の平均年齢は13歳。沖縄アクターズスクール出身だ。全87曲を収録したDVDが発売された。

「〜GLOWING SUNFLOWER〜 SPEED LIVE 2010@大阪城ホール[AVBD-16219/20][DVD]」

価格.com


「大阪城」に関連する映画・DVD

SPEED 結成25周年。「Body&Soul」やミリオンヒット「White Love」などが蘇る。THE 夜もヒッパレで誕生したグループだ。デビュー当時の平均年齢は13歳。沖縄アクターズスクール出身だ。全87曲を収録したDVDが発売された。

「GLOWING SUNFLOWER SPEED LIVE 2010@大阪城ホール[AVXD-16317][Blu-ray/ブルーレイ]」

価格.com


「大阪城」に関連する映画・DVD

エンタメニュースランキング3位。25周年を迎えたSPEEDの未発表のライブ映像が解禁となった。公開されたのはデビュー3年目のライブ映像とのこと。さらに発売中止となったアルバムの収録予定曲も解禁とのこと。

「GLOWING SUNFLOWER SPEED LIVE 2010@大阪城ホール[AVXD-16317][Blu-ray/ブルーレイ]」

価格.com


「大阪城」に関連する映画・DVD

エンタメニュースランキング3位。25周年を迎えたSPEEDの未発表のライブ映像が解禁となった。公開されたのはデビュー3年目のライブ映像とのこと。さらに発売中止となったアルバムの収録予定曲も解禁とのこと。

「〜GLOWING SUNFLOWER〜 SPEED LIVE 2010@大阪城ホール[AVBD-16219/20][DVD]」

価格.com


「大阪城」に関連する映画・DVD

1月13日にSPEEDの25周年を記念してミュージックボックスが発売された。そして今回はライブイベントの秘蔵映像が公開された。さらに幻の未発表曲も解禁された。

「GLOWING SUNFLOWER SPEED LIVE 2010@大阪城ホール[AVXD-16317][Blu-ray/ブルーレイ]」

価格.com


「大阪城」に関連する映画・DVD

1月13日にSPEEDの25周年を記念してミュージックボックスが発売された。そして今回はライブイベントの秘蔵映像が公開された。さらに幻の未発表曲も解禁された。

「〜GLOWING SUNFLOWER〜 SPEED LIVE 2010@大阪城ホール[AVBD-16219/20][DVD]」

価格.com


大阪城ホール

全国高等学校サッカー選手権の応援ソングを手掛けた4人組バンドsumikaをまとめる。音楽フェスでは7万人以上が熱狂。ここ3年で15曲がドラマ主題歌、アニメ主題歌、CMソングに起用され、注目度は急上昇。魅力は聴くと元気になれる楽曲だという。2018年には初の日本武道館で3DAYSワンマンを大成功させた。コロナ禍で基金を設立し、YouTubeに新曲と未発表ライブ映像を公開。視聴者から寄付金を集め、医療従事者やエンタメ業界の支援に充てるなど世の中を応援する活動にも力を入れた。このあと最新曲を生歌披露する。


圓徳院

豊臣秀吉が戦に臨む際に常にそばに置き心の拠り所にしていたものがあるという。それが「三面大黒天」だった。秀吉は死を前に「露のようにこの世に生まれ、露のように消えていく私。大阪城のでの栄華もまるで夢の中の夢のようなもの」と唄を読んだ。


勝龍寺城

秀吉は、光秀を逃すため勝龍寺城の包囲を一箇所だけ解除していたという。光秀は天皇から支配を認められている。そのため勝龍寺城に入っていき自分の手で光秀の首を取ると反逆者になってしまう。戦国時代は勝者側の命令に従って、村々は落ち武者狩りをしないといけないルールがあった。秀吉は自分が直接手をくださないようにしたと言われている。こうして秀吉が天下人とのぼりつめることになった。

豊臣秀吉が戦に臨む際に常にそばに置き心の拠り所にしていたものがあるという。それが「三面大黒天」だった。秀吉は死を前に「露のようにこの世に生まれ、露のように消えていく私。大阪城のでの栄華もまるで夢の中の夢のようなもの」と唄を読んだ。


本能寺

秀吉は、光秀を逃すため勝龍寺城の包囲を一箇所だけ解除していたという。光秀は天皇から支配を認められている。そのため勝龍寺城に入っていき自分の手で光秀の首を取ると反逆者になってしまう。戦国時代は勝者側の命令に従って、村々は落ち武者狩りをしないといけないルールがあった。秀吉は自分が直接手をくださないようにしたと言われている。こうして秀吉が天下人とのぼりつめることになった。

豊臣秀吉が戦に臨む際に常にそばに置き心の拠り所にしていたものがあるという。それが「三面大黒天」だった。秀吉は死を前に「露のようにこの世に生まれ、露のように消えていく私。大阪城のでの栄華もまるで夢の中の夢のようなもの」と唄を読んだ。