ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「安藤俊介」の検索結果

「安藤俊介」に関連する情報 27件中 1〜10件目

厚生省

パワハラの分類には他にも、過大な要求・過小な要求がある。坂上忍が「期待を込めて仕事を与えたり、部下の事を考えて仕事を今は減らしておくのはどうなんだ」と言い、安藤俊介はそれについてかなりグレーな所だと言った。また安藤俊介は、今回の法案は昭和の働き方と令和の働き方の感覚が違っているところを意識しないといけないと言った。ガダルカナル・タカは、パワハラか判断する人がいないとわからないと言った。さらにもう一つのパワハラの分類は個の侵害、休日の予定を聞いてもパワハラの可能性がある。


厚生労働省

女性活躍・ハラスメント規制法はパワーハラスメントを「優越的な関係を背景とし、業務上必要かつ相当な範囲を超えた言動により労働者の就業環境を害するもの」と初めて定義した。企業側に相談体制の整備や被害者に対する不利益な取り扱いの禁止などを義務付けた。安藤俊介は、「これまでパワハラと指導の区別が付きにくくて企業の自主性に任せていたが、それではどうにもならないと今回法規制に入ったのは非常に大きな一歩」だと言った。厚生労働症はパワーハラスメントを6つの分類に分けており、身体的な攻撃・精神的な攻撃・人間関係からの切り離しなどがある。安藤俊介は精神的な攻撃は幅が広くて判別が難しいと言った。


日本アンガーマネジメント協会

日本アンガーマネジメント協会代表理事の安藤俊介さんが登場。怒る必要があるときに怒ることだという。アメリカではメジャーなことだ。2月には駅構内で62歳の男が34歳男性を刺した。10月には、マンションの12階から自転車を投げ落とし、ケガ人が出た。長与千種さんが夫婦喧嘩仲裁で、暴行被害にあった。東名高速のあおり運転には判決が出た。ロードレイジという言葉ができている。アメリカでも問題となっている。日々、怒りを日々感じている人は8割だ。おおたわさんは、怒りを我慢しているという。怒りは身近な人にほど強くなる。他人だと知らんふりすればいいとおおたわさん。

アンガーマネジメントとは、怒りの感情をコントロールする方法だ。怒りの仕分けをするということだ。大坂なおみは全米OPで優勝したときブーイングが起きたが、キレることなく、感謝の言葉を対戦相手に述べていた。ブーイングは審判へのブーイングだった。去年は松山千春さんがアンガーマネジメント大賞に選ばれたとのこと。イライラすることがあるかどうかチェックする。約8割はなんらかでイライラしている。メッセージの返信が遅いことにイライラする人もいるという。イライラを抱え込むのもよくない。年末は怒りのシチュエーションが増える。家族のアンガーマネジメントは難しいとされる。渋滞は時間が解決する。

怒りの対処法は、6秒ルールをするといい。神経物質のノルアドレナリンは、分泌が6秒でピークになる。6秒待つことでより理性的に判断できるようになる。売り言葉に買い言葉はしないのがいい。一度火がつくと過去のことまで怒る人もいる。反射をしないのが大事だ。腹式呼吸で深呼吸するのもいいという。なにも言わずにその場から離れないほうがいい。数を数えるのもいい。引き算あんどして意識をそらすのがいい。心が落ち着くフレーズを口にするのもいい。己の怒りの傾向を知るべし。数値化するのがいい。怒り手帳に書く。怒りの温度計を作っておく。何にどう怒ったのかを記録しておく。パターンが見えてくる。アンガーマネジメントは、練習だ。許せるゾーンを広げる。怒りを整理することが必要だ。4つにパターンをわけてみる。きっぱりと手放すことも重要だ。自分の不徳の致すところだということで、解決するという橋本さん。


産経新聞

交通トラブルの事例をスタジオで紹介。先月宇都宮市の県道で後ろの車にクラクションを鳴らされた車が車線をふさぐ形で停車。車から出てきて運転席側のドアを殴ってへこませた。男はきのう器物損壊容疑で逮捕された。日本アンガーマネジメント協会の安藤俊介氏は、これらのケースに代表されるように進路がさえぎられるケースは車外のトラブルに発展しやすいと述べている。このような運転者はロードレイジと呼ばれアメリカでも問題となっていた。とにかく車外に出ないことが大切だと呼びかけられている。加害者側には自分が法に触れるようなことをしているという意識がない場合も多いという。スタジオでは誰もが加害者になりうるとも話した。


日本アンガーマネジメント協会

危険運転を繰り返す人の心理を日本アンガーマネジメント協会の安藤俊介代表理事に聞いた。安藤さんは「車というのは一種の鎧。自分が外からは誰だかわからない。だからちょっと気が大きい行動をしてもバレないだろうと」と話した。今回の事故と似た危険運転の映像を入手した。今年7月に東名高速道路で撮られた映像で白い車が挑発や危険運転をしていた。進路妨害された運転手は「追い抜いていったら癇に障ったのか猛スピードで追ってきた。恐怖感しかなかった」と話した。おととい、容疑者の兄が心境を明かした。10年ほど容疑者とは疎遠だという兄は遺族に対して「本当にかわいそうなことをした。謝るだけじゃすまないと思いますけれど」と話した。容疑者は調べに対し「注意されてカチンときた」と供述している。


東名高速道路

ことし6月、神奈川・大井町の東名高速道路で夫婦2人が死亡した事故。きのう静岡市で亡くなった男性の親友を訪ねた。長女から助けを求める電話を受け、当時の状況をメモしていた。親友の男性は最初はパニックになっていたような声で、必死だったと思うと話した。

危険運転を繰り返す人の心理を日本アンガーマネジメント協会の安藤俊介代表理事に聞いた。安藤さんは「車というのは一種の鎧。自分が外からは誰だかわからない。だからちょっと気が大きい行動をしてもバレないだろうと」と話した。今回の事故と似た危険運転の映像を入手した。今年7月に東名高速道路で撮られた映像で白い車が挑発や危険運転をしていた。進路妨害された運転手は「追い抜いていったら癇に障ったのか猛スピードで追ってきた。恐怖感しかなかった」と話した。おととい、容疑者の兄が心境を明かした。10年ほど容疑者とは疎遠だという兄は遺族に対して「本当にかわいそうなことをした。謝るだけじゃすまないと思いますけれど」と話した。容疑者は調べに対し「注意されてカチンときた」と供述している。


日本アンガーマネジメント協会

本日のオハナシはカッとなった怒りを簡単にしずめる方法である怒りの6秒ルールこと「アンガーマネジメント」。日本アンガーマネジメント協会の安藤俊介代表理事がと怒りのメカニズムでは最初の6秒間が最も怒りを感じることとなっておりアンガーマネジメントを使うことで怒りをコントロール可能となるなどと紹介した。安藤さんから最も上手にアンガーマネジメント出来ていると診断された矢作は怒ればその場の全員を皆殺しにするなどと語った。また若林は春日がネタ番組でネタを忘れる事態となり春日に殺すぞと冗談めかして指摘したら周囲のメイクさんたちが一斉に楽屋を出ていってしまって気をつけなくてはと感じたなどと述べた。さらに春日は成人した素人の年下に呼び捨てされるのが許せないなどと暴露した。


日本アンガーマネジメント協会

日本アンガーマネジメント協会の安藤俊介代表理事は、今日行われたセミナーで、今の子供達がキレやすい、理由の1つはボキャブラリーが少ないことにある、極端な話、「怒る」に関して言うと、普通、ヤバイ、キレるの3語しかなかったりするなどと話した。小学生の暴力行為の発生件数は、2006年と比べ3倍近くに跳ね上がっている。


日本アンガーマネジメント協会

日本アンガーマネジメント協会の安藤俊介代表理事は、今日行われたセミナーで、今の子供達がキレやすい、理由の1つはボキャブラリーが少ないことにある、極端な話、「怒る」に関して言うと、普通、ヤバイ、キレるの3語しかなかったりするなどと話した。小学生の暴力行為の発生件数は、2006年と比べ3倍近くに跳ね上がっている。


スカイマーク

ノーベル物理学賞受賞のカリフォルニア大学の中村修二教授は、研究の原動力を「怒り」だと語った。日本アンガーマネジメント協会の安藤俊介代表理事は、上手に怒りの感情と付き合うことが”アンガーマネジメント”だと語った。一方的に怒りをぶつけても解決には結びつかず、本当に伝えたいことが伝わらないが、感情をコントロールすることで人間関係や仕事能率が向上する。羽田空港で、スカイマークの社員に対しアンガーマネジメント研修会を開いた。井上弥緑課長代理は、チームワークを上げることで顧客満足度に繋がると考え研修を実現したと語った。


検索結果の絞り込み

  • すべての情報 (27)
  • 本・コミック・雑誌 (2)
  • 音楽・CD
  • 映画・DVD
  • レストラン・飲食店
  • グルメ情報
  • 料理レシピ
  • ホテル・温泉旅館
  • 観光・地域情報
  • イベント情報
  • 雑学・豆知識
  • その他の情報 (25)