ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「富田潤」の検索結果

「富田潤」に関連する情報 10件中 1〜10件目

「富田潤」に関連するグルメ情報

真鱈

6時半になるとちょうど網をあげる時間である。佐々木夫一は富田潤に指導しながら、網で真鱈をあげた。


「富田潤」に関連するグルメ情報

タラ

3時になると、宮城 気仙沼市から職人が9トンの船に乗り込んだ。この船は、流し網漁でタラをとる。佐々木夫一は震災後、漁師が減ったがボランティアで来ていた富田潤が弟子になったと話した。


「富田潤」に関連するグルメ情報

真鱈

3時になると、宮城 気仙沼市から職人が9トンの船に乗り込んだ。この船は、流し網漁でタラをとる。佐々木夫一は震災後、漁師が減ったがボランティアで来ていた富田潤が弟子になったと話した。

6時半になるとちょうど網をあげる時間である。佐々木夫一は富田潤に指導しながら、網で真鱈をあげた。


「富田潤」に関連するグルメ情報

タラ

3時になると、宮城 気仙沼市から職人が9トンの船に乗り込んだ。この船は、流し網漁でタラをとる。佐々木夫一は震災後、漁師が減ったがボランティアで来ていた富田潤が弟子になったと話した。

6時半になるとちょうど網をあげる時間である。佐々木夫一は富田潤に指導しながら、網で真鱈をあげた。


小鯖漁港

舞の海が震災で被害を受けた宮城・唐桑町を取材。唐桑御殿の中には修復を終えて「唐桑御殿つなかん」として食事処の営業を始めたところもあり、舞の海は地元のお母さんたちの手作りによる料理を味わった。

唐桑御殿つなかんでは震災5ヶ月後に学生ボランティアに無料開放した。

震災をきっかけに唐桑町に移り住んだ富田潤さんはボランティアがきっかけでこの町に移住、小鯖漁港で見習い漁師として働いている。

富田潤さんの一日に密着。午前3時に小鯖漁港を出港し、刺し網漁で魚を捕獲。富田潤さんも四苦八苦しながら、師匠の漁についていった。

漁から戻ると獲れたての魚で朝食を味わった。師匠の佐々木さん夫婦は、富田さんを本当の息子のように思っていると気持ちを語った。


小鯖漁港

舞の海が震災で被害を受けた宮城・唐桑町を取材。唐桑御殿の中には修復を終えて「唐桑御殿つなかん」として食事処の営業を始めたところもあり、舞の海は地元のお母さんたちの手作りによる料理を味わった。

唐桑御殿つなかんでは震災5ヶ月後に学生ボランティアに無料開放した。

震災をきっかけに唐桑町に移り住んだ富田潤さんはボランティアがきっかけでこの町に移住、小鯖漁港で見習い漁師として働いている。

富田潤さんの一日に密着。午前3時に小鯖漁港を出港し、刺し網漁で魚を捕獲。富田潤さんも四苦八苦しながら、師匠の漁についていった。

漁から戻ると獲れたての魚で朝食を味わった。師匠の佐々木さん夫婦は、富田さんを本当の息子のように思っていると気持ちを語った。


小鯖漁港

舞の海が震災で被害を受けた宮城・唐桑町を取材。唐桑御殿の中には修復を終えて「唐桑御殿つなかん」として食事処の営業を始めたところもあり、舞の海は地元のお母さんたちの手作りによる料理を味わった。

唐桑御殿つなかんでは震災5ヶ月後に学生ボランティアに無料開放した。

震災をきっかけに唐桑町に移り住んだ富田潤さんはボランティアがきっかけでこの町に移住、小鯖漁港で見習い漁師として働いている。

富田潤さんの一日に密着。午前3時に小鯖漁港を出港し、刺し網漁で魚を捕獲。富田潤さんも四苦八苦しながら、師匠の漁についていった。

漁から戻ると獲れたての魚で朝食を味わった。師匠の佐々木さん夫婦は、富田さんを本当の息子のように思っていると気持ちを語った。


「富田潤」に関連するホテル・温泉旅館「富田潤」に関連する観光・地域情報

唐桑御殿 つなかん

舞の海が震災で被害を受けた宮城・唐桑町を取材。唐桑御殿の中には修復を終えて「唐桑御殿つなかん」として食事処の営業を始めたところもあり、舞の海は地元のお母さんたちの手作りによる料理を味わった。

唐桑御殿つなかんでは震災5ヶ月後に学生ボランティアに無料開放した。

震災をきっかけに唐桑町に移り住んだ富田潤さんはボランティアがきっかけでこの町に移住、小鯖漁港で見習い漁師として働いている。

富田潤さんの一日に密着。午前3時に小鯖漁港を出港し、刺し網漁で魚を捕獲。富田潤さんも四苦八苦しながら、師匠の漁についていった。

漁から戻ると獲れたての魚で朝食を味わった。師匠の佐々木さん夫婦は、富田さんを本当の息子のように思っていると気持ちを語った。


「富田潤」に関連するホテル・温泉旅館「富田潤」に関連する観光・地域情報

唐桑御殿 つなかん

舞の海が震災で被害を受けた宮城・唐桑町を取材。唐桑御殿の中には修復を終えて「唐桑御殿つなかん」として食事処の営業を始めたところもあり、舞の海は地元のお母さんたちの手作りによる料理を味わった。

唐桑御殿つなかんでは震災5ヶ月後に学生ボランティアに無料開放した。

震災をきっかけに唐桑町に移り住んだ富田潤さんはボランティアがきっかけでこの町に移住、小鯖漁港で見習い漁師として働いている。

富田潤さんの一日に密着。午前3時に小鯖漁港を出港し、刺し網漁で魚を捕獲。富田潤さんも四苦八苦しながら、師匠の漁についていった。

漁から戻ると獲れたての魚で朝食を味わった。師匠の佐々木さん夫婦は、富田さんを本当の息子のように思っていると気持ちを語った。


ほっとするふくしま

江口洋介がほっとするふくしまを訪れた。館長の富田潤也は、震災後しばらくは客が少なく商品も10日くらいは全く入ってこない状況だったがその後「応援買い」で客が殺到。通常の7、8倍の売り上げを得た。