ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「寒暖差疲労」の検索結果

「寒暖差疲労」に関連する情報 376件中 1〜10件目

「寒暖差疲労」に関連する料理レシピ

甘酒ショコラテ

家事ガイドの毎田さんに寒暖差疲労対策の裏ワザを教わる。甘酒にココアパウダーと一味唐辛子を混ぜた甘酒ショコラテの作り方を紹介した。続いて塩で首を保温する方法を紹介した。お風呂に塩を入れると発汗作用で体があたたまる。


花粉症

春に気をつける3Kについて、寒暖差、乾燥、花粉の3つだとしている。四季別の出火状況では冬よりも春の出火が多いのだという。今週の土日以降暖かくなり、花粉が多くなるとのこと。花粉は家に入る前に払うだけで花粉量が3分の1になるという。また、マスク・メガネなどの着用で流入量を減らすことができ、布団を入れる前に払う、寒気のさいにレースのカーテンをかけるなどで花粉量を減らすことができるとのこと。オミクロン株と花粉症の見分け方について、めのかゆみ、のどのかゆみが花粉症。発熱、喉の痛みなどがオミクロン株の症状であるとしているが、専門家でも症状だけで区別するのは特徴的な症状がない限り不可能だとしている。また、くしゃみは咳の10倍飛沫が拡散するため、専門家は事前に花粉症の治療や準備を進めておけば症状がでたときにオミクロン株を疑うことができるとしている。さらに激しい寒暖差によって自律神経が乱れ、寒暖差疲労が起きやすくなるという。対策として、目元を温める、お湯に浸かる、温かい服を着るなど、体を温めることが大切なのだという。


わしお耳鼻咽喉科

春に気をつける3Kについて、寒暖差、乾燥、花粉の3つだとしている。四季別の出火状況では冬よりも春の出火が多いのだという。今週の土日以降暖かくなり、花粉が多くなるとのこと。花粉は家に入る前に払うだけで花粉量が3分の1になるという。また、マスク・メガネなどの着用で流入量を減らすことができ、布団を入れる前に払う、寒気のさいにレースのカーテンをかけるなどで花粉量を減らすことができるとのこと。オミクロン株と花粉症の見分け方について、めのかゆみ、のどのかゆみが花粉症。発熱、喉の痛みなどがオミクロン株の症状であるとしているが、専門家でも症状だけで区別するのは特徴的な症状がない限り不可能だとしている。また、くしゃみは咳の10倍飛沫が拡散するため、専門家は事前に花粉症の治療や準備を進めておけば症状がでたときにオミクロン株を疑うことができるとしている。さらに激しい寒暖差によって自律神経が乱れ、寒暖差疲労が起きやすくなるという。対策として、目元を温める、お湯に浸かる、温かい服を着るなど、体を温めることが大切なのだという。


スポーツニッポン

春に気をつける3Kについて、寒暖差、乾燥、花粉の3つだとしている。四季別の出火状況では冬よりも春の出火が多いのだという。今週の土日以降暖かくなり、花粉が多くなるとのこと。花粉は家に入る前に払うだけで花粉量が3分の1になるという。また、マスク・メガネなどの着用で流入量を減らすことができ、布団を入れる前に払う、寒気のさいにレースのカーテンをかけるなどで花粉量を減らすことができるとのこと。オミクロン株と花粉症の見分け方について、めのかゆみ、のどのかゆみが花粉症。発熱、喉の痛みなどがオミクロン株の症状であるとしているが、専門家でも症状だけで区別するのは特徴的な症状がない限り不可能だとしている。また、くしゃみは咳の10倍飛沫が拡散するため、専門家は事前に花粉症の治療や準備を進めておけば症状がでたときにオミクロン株を疑うことができるとしている。さらに激しい寒暖差によって自律神経が乱れ、寒暖差疲労が起きやすくなるという。対策として、目元を温める、お湯に浸かる、温かい服を着るなど、体を温めることが大切なのだという。


環境省HP

春に気をつける3Kについて、寒暖差、乾燥、花粉の3つだとしている。四季別の出火状況では冬よりも春の出火が多いのだという。今週の土日以降暖かくなり、花粉が多くなるとのこと。花粉は家に入る前に払うだけで花粉量が3分の1になるという。また、マスク・メガネなどの着用で流入量を減らすことができ、布団を入れる前に払う、寒気のさいにレースのカーテンをかけるなどで花粉量を減らすことができるとのこと。オミクロン株と花粉症の見分け方について、めのかゆみ、のどのかゆみが花粉症。発熱、喉の痛みなどがオミクロン株の症状であるとしているが、専門家でも症状だけで区別するのは特徴的な症状がない限り不可能だとしている。また、くしゃみは咳の10倍飛沫が拡散するため、専門家は事前に花粉症の治療や準備を進めておけば症状がでたときにオミクロン株を疑うことができるとしている。さらに激しい寒暖差によって自律神経が乱れ、寒暖差疲労が起きやすくなるという。対策として、目元を温める、お湯に浸かる、温かい服を着るなど、体を温めることが大切なのだという。


くらしの研究

春に気をつける3Kについて、寒暖差、乾燥、花粉の3つだとしている。四季別の出火状況では冬よりも春の出火が多いのだという。今週の土日以降暖かくなり、花粉が多くなるとのこと。花粉は家に入る前に払うだけで花粉量が3分の1になるという。また、マスク・メガネなどの着用で流入量を減らすことができ、布団を入れる前に払う、寒気のさいにレースのカーテンをかけるなどで花粉量を減らすことができるとのこと。オミクロン株と花粉症の見分け方について、めのかゆみ、のどのかゆみが花粉症。発熱、喉の痛みなどがオミクロン株の症状であるとしているが、専門家でも症状だけで区別するのは特徴的な症状がない限り不可能だとしている。また、くしゃみは咳の10倍飛沫が拡散するため、専門家は事前に花粉症の治療や準備を進めておけば症状がでたときにオミクロン株を疑うことができるとしている。さらに激しい寒暖差によって自律神経が乱れ、寒暖差疲労が起きやすくなるという。対策として、目元を温める、お湯に浸かる、温かい服を着るなど、体を温めることが大切なのだという。


「寒暖差疲労」に関連する本・コミック・雑誌

春に気をつける3Kについて、寒暖差、乾燥、花粉の3つだとしている。四季別の出火状況では冬よりも春の出火が多いのだという。今週の土日以降暖かくなり、花粉が多くなるとのこと。花粉は家に入る前に払うだけで花粉量が3分の1になるという。また、マスク・メガネなどの着用で流入量を減らすことができ、布団を入れる前に払う、寒気のさいにレースのカーテンをかけるなどで花粉量を減らすことができるとのこと。オミクロン株と花粉症の見分け方について、めのかゆみ、のどのかゆみが花粉症。発熱、喉の痛みなどがオミクロン株の症状であるとしているが、専門家でも症状だけで区別するのは特徴的な症状がない限り不可能だとしている。また、くしゃみは咳の10倍飛沫が拡散するため、専門家は事前に花粉症の治療や準備を進めておけば症状がでたときにオミクロン株を疑うことができるとしている。さらに激しい寒暖差によって自律神経が乱れ、寒暖差疲労が起きやすくなるという。対策として、目元を温める、お湯に浸かる、温かい服を着るなど、体を温めることが大切なのだという。

「消防白書 (令和3年版)」

Amazon.co.jp


Yahoo!ニュース

小林弘幸医師は1960年埼玉県生まれ、順天堂大学医学部教授、日本スポーツ協会公認スポーツドクターをつとめている。自律神経研究の第一人者、プロスポーツ選手、アーティスト、文化人へのコンディショニング、パフォーマンス向上指導に関わっている。そして腸のスペシャリストでもある。順天堂大学に日本発の便秘外来を開設、腸内環境を整える食材の紹介、自律神経と腸を整えるストレッチの考案をしている(便秘歴40年の松本明子さんを快便に導いた)。そもそも自律神経とは体を自動でちょうどいい感じにしてくれる機能。自律神経は2種類、交感神経(アクセル)と副交感神経(ブレーキ)安全に運転するには2つとも高いレベルをキープすることが重要。つまり自律神経で自動運転している。自律神経が乱れると、精神的不調「不安」「不眠」「情緒不安定」「集中力の低下」などが起きたり、身体的不調「倦怠感」「めまい」「頭痛・肩こり」「便秘・肌荒れ」などが起きるという。自律神経が乱れるきっかけは寒暖差疲労(寒暖差7℃以上あると自律神経が過剰に働き疲労につながる)、リモートワーク(1人で仕事をする孤独感、家族を気遣いながらの仕事はストレスを生みやすい)、昇進(責任やストレスが増える、仕事と家庭の両方が難しくなる、大きな環境の変化)、SNS依存症(他人に引け目を感じたり、コンプレックスを抱きやすいなどストレスの原因になりやすい)などがある。


楽天ブックス

名医が生解説自律神経が一番喜ぶ生活習慣。順天堂大学医学部教授の小林弘幸医師が出演。小林医師は「結局、自律神経がすべて解決してくれる」の著者。この本は発売から3か月で7万部のベストセラーで、「不眠・慢性疲労・天気痛・多汗症・メタボ・肌荒れの不調の原因は自律神経だった」など書かれてある。今回番組では小林医師が自律神経研究の第一人者である著者が約20年に渡り研究し、たどりついた自律神経の整え方について生解説する。

小林弘幸医師は1960年埼玉県生まれ、順天堂大学医学部教授、日本スポーツ協会公認スポーツドクターをつとめている。自律神経研究の第一人者、プロスポーツ選手、アーティスト、文化人へのコンディショニング、パフォーマンス向上指導に関わっている。そして腸のスペシャリストでもある。順天堂大学に日本発の便秘外来を開設、腸内環境を整える食材の紹介、自律神経と腸を整えるストレッチの考案をしている(便秘歴40年の松本明子さんを快便に導いた)。そもそも自律神経とは体を自動でちょうどいい感じにしてくれる機能。自律神経は2種類、交感神経(アクセル)と副交感神経(ブレーキ)安全に運転するには2つとも高いレベルをキープすることが重要。つまり自律神経で自動運転している。自律神経が乱れると、精神的不調「不安」「不眠」「情緒不安定」「集中力の低下」などが起きたり、身体的不調「倦怠感」「めまい」「頭痛・肩こり」「便秘・肌荒れ」などが起きるという。自律神経が乱れるきっかけは寒暖差疲労(寒暖差7℃以上あると自律神経が過剰に働き疲労につながる)、リモートワーク(1人で仕事をする孤独感、家族を気遣いながらの仕事はストレスを生みやすい)、昇進(責任やストレスが増える、仕事と家庭の両方が難しくなる、大きな環境の変化)、SNS依存症(他人に引け目を感じたり、コンプレックスを抱きやすいなどストレスの原因になりやすい)などがある。

1週間で最も自律神経が乱れやすいのは実験データによると水曜日、木曜日、金曜日に自律神経のトータルパワーが下降、土曜日になると上昇。小林医師は1週間のうちで最も自律神経が乱れるのは木曜日だと話す。自律神経にも地域差があるというが研究結果によると最もトータルパワーが高いのは四国(一概には言えないが温暖な気候で降水量が少なく、自律神経が乱れにくいのではと見られている)で最も低いのは関東(プレッシャーの多い日常にさらされ自律神経が乱れる傾向、疲労気味の人が多い)だという。番組ではセルフチェックを紹介。小林医師は「セルフチェックのこれらの症状は自律神経が乱れているから整えてという体からのサイン。当てはまる項目が3つ以上あるとかなり自律神経が乱れている。症状が2週間続くようだったら病院へ行ったほうが良い」とコメント。


「寒暖差疲労」に関連する本・コミック・雑誌

名医が生解説自律神経が一番喜ぶ生活習慣。順天堂大学医学部教授の小林弘幸医師が出演。小林医師は「結局、自律神経がすべて解決してくれる」の著者。この本は発売から3か月で7万部のベストセラーで、「不眠・慢性疲労・天気痛・多汗症・メタボ・肌荒れの不調の原因は自律神経だった」など書かれてある。今回番組では小林医師が自律神経研究の第一人者である著者が約20年に渡り研究し、たどりついた自律神経の整え方について生解説する。

小林弘幸医師は1960年埼玉県生まれ、順天堂大学医学部教授、日本スポーツ協会公認スポーツドクターをつとめている。自律神経研究の第一人者、プロスポーツ選手、アーティスト、文化人へのコンディショニング、パフォーマンス向上指導に関わっている。そして腸のスペシャリストでもある。順天堂大学に日本発の便秘外来を開設、腸内環境を整える食材の紹介、自律神経と腸を整えるストレッチの考案をしている(便秘歴40年の松本明子さんを快便に導いた)。そもそも自律神経とは体を自動でちょうどいい感じにしてくれる機能。自律神経は2種類、交感神経(アクセル)と副交感神経(ブレーキ)安全に運転するには2つとも高いレベルをキープすることが重要。つまり自律神経で自動運転している。自律神経が乱れると、精神的不調「不安」「不眠」「情緒不安定」「集中力の低下」などが起きたり、身体的不調「倦怠感」「めまい」「頭痛・肩こり」「便秘・肌荒れ」などが起きるという。自律神経が乱れるきっかけは寒暖差疲労(寒暖差7℃以上あると自律神経が過剰に働き疲労につながる)、リモートワーク(1人で仕事をする孤独感、家族を気遣いながらの仕事はストレスを生みやすい)、昇進(責任やストレスが増える、仕事と家庭の両方が難しくなる、大きな環境の変化)、SNS依存症(他人に引け目を感じたり、コンプレックスを抱きやすいなどストレスの原因になりやすい)などがある。

1週間で最も自律神経が乱れやすいのは実験データによると水曜日、木曜日、金曜日に自律神経のトータルパワーが下降、土曜日になると上昇。小林医師は1週間のうちで最も自律神経が乱れるのは木曜日だと話す。自律神経にも地域差があるというが研究結果によると最もトータルパワーが高いのは四国(一概には言えないが温暖な気候で降水量が少なく、自律神経が乱れにくいのではと見られている)で最も低いのは関東(プレッシャーの多い日常にさらされ自律神経が乱れる傾向、疲労気味の人が多い)だという。番組ではセルフチェックを紹介。小林医師は「セルフチェックのこれらの症状は自律神経が乱れているから整えてという体からのサイン。当てはまる項目が3つ以上あるとかなり自律神経が乱れている。症状が2週間続くようだったら病院へ行ったほうが良い」とコメント。

自律神経を整える6つの生活習慣を紹介した。1つ目は朝日を浴びて自然に目覚める。自律神経は朝日を浴びた瞬間から活性化し、体内時計がリセットされて眠りの質も良くなる。寝る直前、照明を消した後にカーテンを開けておくか、レースのカーテンだけにしておくことが最も簡単だという。目に太陽の光を入れることが大切だと専門家は話す。2つ目は心奪われた瞬間は副交感神経が高まるため、感動をいつでも見返せるように心奪われた瞬間を写真に撮っておく。撮影時だけでなく、ストレス過多の時に見返すと意識を変えるきっかけになり、自律神経が整う。専門家はSNSに投稿するのも良いが「いいね」やコメントは絶対に気にしないようと注意している。コロナ禍のストレスから目をそらして自然の物に目を向けると自律神経が整い出すという。3つ目は音楽には自律神経を整える効果があるため、一定のリズムで音域が狭い音楽を聞くこと。専門家はハードロックは規則的でより自律神経を整えるとレッド・ツェッペリンをおすすめしている。好みの音楽を聞くことで副交感神経を上げる方法もあるが、昼間安定させる時、スポーツの試合の際などにロックのビートを使うのも効果的だと専門家は話す。

自律神経を整える6つの生活習慣4つ目は1日15分の散歩で自律神経を整える。血の巡りは自律神経を整えるキーポイント。足は第二の心臓と呼ばれる血流のカギ。血流が良くなると交感神経と副交感神経両方が上がる。スクワットやストレッチでも良く、運動できない場合は塗り絵で15分集中することもオススメ。集中すると心を無にして切り替えができる。通勤でエスカレーターではなく階段を使うことも効果的だという。5つ目は3行日記でネガティブな気持ちを切り替える。3行日記には1行目に今日失敗したこと、2行目に今日一番感動したこと、3行目は明日の目標を書く。1日を振り返り検証することで気持ちを切り替えることができる。3行目日記は人に見られることを想定して書くと意味がないとも専門家は話した。6つ目は呼吸法で整える。

「結局、自律神経がすべて解決してくれる」

Amazon.co.jp



  • ※「価格com テレビ紹介情報」は株式会社ワイヤーアクションが提供するTV放送ログを掲載しています。