ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「寒暖差疲労」の検索結果

「寒暖差疲労」に関連するグルメ情報 16件中 1〜10件目

「寒暖差疲労」に関連するグルメ情報

フォー

関口さんから問題。映画「HIGH&LOW」シリーズに出演しているが、HIROさんからある課題を出されて戸惑ったとのこと。それはなにか。ヒントは責任重大だとのこと。答えは、自分で役名を考えること。ベトナム麺のフォーから考えたとのこと。


「寒暖差疲労」に関連するグルメ情報

カツサンド

1月、埼玉県の併願校は合格。お祝いのプレゼントが洋服。本命校受験へラストスパート。「自分のやりたいことを真剣に決めて頑張っていきたい」と話す。夢は化粧品開発の研究員。将来を見据え、大学進学へのサポートが厚い私立の一貫校に挑む。本番2週間前、計算問題でつまずき、今までできていたことができずにストレスとプレッシャーを感じていた。「自分はできる」とプレッシャーに立ち向かった。最後のオンライン授業ではスランプになった計算問題も難なくクリアできた。家庭教師ともお別れした。不安なときに勇気づけた言葉がジャガー横田さんの息子・大維志さんの「俺はいけると口に出す」や、宝田さんの「この先になるものを想像しながら入試を楽しむ」という言葉や家族の存在。本命校を受験、力を出し切れたという。当日、合否の発表。結果は合格だった。合格記念にダルマに目が入った。宝田さんからは「中学受験における理想の家族」とメッセージ。合格祝いにはスマートフォンをもらった。「家族の支えが大きかった」と話す。叶望さんは家族に感謝の手紙を読んだ。


「寒暖差疲労」に関連するグルメ情報

野菜と鶏肉のトマトシチュー

暑い街として知られる埼玉県熊谷市の市民からは暑いという声が多かった。今日の最高気温は18.1度と4月上旬並だった。東京都心では16.2度となった。ジグザグ天気が続く都心ではこの先も寒暖差が激しい日が続くとのこと。そんななか寒暖差の影響で体の不調を訴える人が増えているという。ある女性が激しい目眩と頭痛で都内の病院を受診したところ寒暖差疲労と診断された。寒暖差疲労とは気温差が大きいと自律神経が過剰に働き体が疲れてしまうことだという。症状は冷えや倦怠感が多く頭痛や肩こりがあらわれるという。2年前に寒暖差疲労外来が新設されたクリニックでは患者数が例年の1.5倍増えているとのこと。コロナによる運動不足で自律神経が正常に働きづらい状態になり寒暖差疲労が増えているという。重要なのは体を温めることとのことで首や肩を温めるアイテムが人気となっている。またローラーなどで顔の頬骨などをほぐすと血流がよくなるとのこと。また内側から体を温めることも重要とのことで都内のスープ専門店ではシチューが売れていた。


「寒暖差疲労」に関連するグルメ情報

おでん

厳しい”寒暖差”に体調を崩す人が増えている。最低気温16℃と昨日よりも冷え込んだ東京都心。寒暖差が大きくなる季節となった。午前6時半の新橋駅前は冬の装い。「冷え込む朝はお蕎麦」ということで立ち食い蕎麦屋も賑わっていた。冬の風物詩「おでん」。創業93年の都内のおでん屋は昼時から賑わった。日中は気温が26.7℃まで上昇し、寒暖差の影響で彼岸花が見頃を迎えている。府中市郷土の森博物館では、白と赤の彼岸花が咲きそろっている。今週末までは綺麗とのこと。医師によると、寒暖差の影響で起こりやすい体調不良は寒暖差疲労と呼ばれ、だるさなどの症状が起きる。対策としては冷えに注意し、長袖を羽織るなどが効果的。また、生活習慣の乱れなどによっても起きやすい。


「寒暖差疲労」に関連するグルメ情報

ショウガ

寒暖差疲労度のチェック。「季節の変わり目に体調を崩しやすい」「体の一部を冷たく感じる」「体が冷えて眠れない」「シャワーで済ませてお風呂に入らない」「筋肉量が少ない」「せっかち、早口、早食い」などの項目があり、出演者らは3-5つ当てはまったとのこと。結果は3つ以上のチェックがある人が寒暖差疲労予備軍だという。予防と対策の紹介。「目元を温める」、温かいタオルなどで目元を温めると、交感神経を鎮めて体をリラックスさせてくれるという。「NEATの習慣をつける」、NEATはエレベーターを使わずに階段を使うなど、日常の生活活動内でのエネルギーの消費のこと。「食事は冷たいものを避け、常温以上のものをとる」、オススメは生姜ココアとのこと。さらに、音読もオススメとのことで、音読すると交感神経の高ぶりを抑えて気持ちを落ち着かせ、ストレスが和らぐのだという。また、前頭葉が活発に動くため、やる気がでてくるのだという。また、声を出すとストレス解消になり、内臓も温まるとのこと。


「寒暖差疲労」に関連するグルメ情報

生姜ココア

寒暖差疲労の対策について。1つ目は目元を暖めて体をリラックスモードにする。2つ目はニートの習慣をつけ、日常の生活活動でエネルギーを消費するようにする。3つ目は食事を工夫し、冷たい飲み物を避けて常温以上のものをとる、オススメが生姜ココア。


「寒暖差疲労」に関連するグルメ情報

ゴボウ

「長生きみそ汁の新作みそ汁」(キムチにも快眠成分が入っている)を紹介したが、このみそ汁は便秘解消の効果が期待できるという。真夏は便秘に気を付けたい季節だと専門家は話す。真夏は屋外と屋内での寒暖差疲労(腸が影響を受けやすく、便秘になる人も多い)になる。そこで専門家は便秘解消に効果が期待できるという冷製ポタージュ風の長生きみそ汁を紹介。絹ごし豆腐、調整豆乳、ゴボウ(食物繊維の含有量が野菜トップクラス)が材料。作り方じゃゴボウを電子レンジで加熱しみじん切りにする。そのゴボウと絹ごし豆腐を密閉容器に入れてよく振る、細かくなったら通常の長生き味噌玉を入れてさらに豆乳を加えてかき混ぜていく。これは凍った味噌玉を使うので自然と冷たくなるのだそう。そして、それを器に盛り付け、お好みでオリーブオイル、コショウ、仕上げに醤油をかければ「ゴボウの冷製ポタージュ風みそ汁」の完成。


「寒暖差疲労」に関連するグルメ情報

ナスとキムチのピリ辛みそ汁

Q快眠効果が最も期待できるみそ汁の具は?Aもやし、Bナス、Cニラの3つから選択。村上チームはAを選び、遠藤チームはナスを選んだが、正解はBのナスだった。ナスには多くGABA(快眠効果有り)がはいっているためだという。快眠効果を高めた「長生きみそ汁の新作みそ汁」(キムチにも快眠成分が入っている)を紹介した。

「長生きみそ汁の新作みそ汁」(キムチにも快眠成分が入っている)を紹介したが、このみそ汁は便秘解消の効果が期待できるという。真夏は便秘に気を付けたい季節だと専門家は話す。真夏は屋外と屋内での寒暖差疲労(腸が影響を受けやすく、便秘になる人も多い)になる。そこで専門家は便秘解消に効果が期待できるという冷製ポタージュ風の長生きみそ汁を紹介。絹ごし豆腐、調整豆乳、ゴボウ(食物繊維の含有量が野菜トップクラス)が材料。作り方じゃゴボウを電子レンジで加熱しみじん切りにする。そのゴボウと絹ごし豆腐を密閉容器に入れてよく振る、細かくなったら通常の長生き味噌玉を入れてさらに豆乳を加えてかき混ぜていく。これは凍った味噌玉を使うので自然と冷たくなるのだそう。そして、それを器に盛り付け、お好みでオリーブオイル、コショウ、仕上げに醤油をかければ「ゴボウの冷製ポタージュ風みそ汁」の完成。


「寒暖差疲労」に関連するグルメ情報

生姜ココア

寒暖差疲労になりやすい人が紹介され「体の一部が冷たく感じることが多い」「体が冷えて眠れない」「シャワーで済ませ風呂に入らない」「筋肉量が少ない」のうち3つ当てはまる人は寒暖差疲労が始まってる可能性があるという。対策としては体を温める事が大事だといい、目元を温めると交感神経の働きを鎮めてくれる。日常の生活でエネルギーを消費することを心がけることも良いといい、食事は冷たいものを避けて常温のものをとるとよいのだといい「生姜ココア」はおすすめだという。


「寒暖差疲労」に関連するグルメ情報

生姜ココア

1日の寒暖差が8度以上になると寒暖差疲労が起こりうる。対策としては目元を温め交感神経を鎮める、洗濯など日常の生活活動でエネルギーを消費するようにすること、常温以下の飲み物を避けるなどが挙げられる。



  • ※「価格com テレビ紹介情報」は株式会社ワイヤーアクションが提供するTV放送ログを掲載しています。