ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「小倉智昭」の検索結果

「小倉智昭」に関連する情報 5417件中 1〜10件目

膀胱がん

13日放送の「情報プレゼンター とくダネ!」では、22年続いたとくダネ!が3月いっぱいで終了することが発表された。膀胱がんを患い番組を休養していたこともあった小倉智昭さんはネットの書き込みが一因であることを明かした。2016年7月には同一司会者による全国ネットのニュース情報番組での放送回数最多記録を現在も更新中だった。その日の放送で小倉さんは番組終了までの全力投球を宣誓。


フジテレビ

13日放送の「情報プレゼンター とくダネ!」では、22年続いたとくダネ!が3月いっぱいで終了することが発表された。膀胱がんを患い番組を休養していたこともあった小倉智昭さんはネットの書き込みが一因であることを明かした。2016年7月には同一司会者による全国ネットのニュース情報番組での放送回数最多記録を現在も更新中だった。その日の放送で小倉さんは番組終了までの全力投球を宣誓。

佐々木恭子さんは入社26歳の時から36歳までとくダネ!に出演していた。以前ワイドナショーでも発言していたが、佐々木さんは前日飲みすぎで生放送中嘔吐しながら収録に参加。週刊誌のネタになり、小倉さんのいじめによる心労が原因と報じられていたという。これに対して佐々木さんは「わたしとしてはそっちが通用するといいなあ」などと述べていた。長寿番組が続々終了する報道もあり、テレビ各局が若い層を意識した番組制作の流れになっているとのこと。辞め時について元サッカー選手の内田さんは「何もチームのためにならないと思った。歳を取ると年下の選手から文句を言われない」などと述べた。松本さんもネットニュース等で「歳を取った」などと言われたが、松本さんは「お笑いはだめになったくらいが面白かったりする。非常に難しい仕事。さすがに65で辞めようとなんとなく思う」などと述べた。女性アナウンサーも30で定年説があったが、佐々木さんは「当時は考えていたが、社会的風潮によって変わってきている。コロナで色々な番組を見ていると、制作費が減ったとなるとVの受け振りだけするようだったらスタジオに置いてもらえないんだろうなと危機感を持つようになった」などと述べた。


フジテレビ

7日から放送のドラマ「知ってるワイフ」はタイムスリップし妻と入れ替わる夫と夫婦の苦悩や愛をリアルに描くドラマ。韓国でヒットした同名作品の日本版。視聴者からは「結婚というものを深く考えさせられた(10代女性)」などの意見が届いた。

9日スタートの新ドラマ「その女、ジルバ」は年配ホステスばかり集まるバーで働い始めた女性が先輩熟女たちから生き方を学ぶヒューマンドラマ。視聴者からは「芯から温まる温泉に浸かったようで癒やされた(40代女性)」などの意見が届いた。

10日のボクらの時代ではトヨタ自動車の豊田章男社長とレーシングドライバーの脇阪寿一さん、マツコ・デラックスさんがそれぞれ自動車愛などトーク。視聴者からは「豊田社長は明るい未来に向かって進むんだというメッセージをいつも出し、日本を元気にするぞという気持ちが伝わる。2020年は辛かったが乗り越える励ましを3人にもらった(40代男性)」などの意見が届いた。

10日放送の春の高校バレーでは東京体育館で無観客開催となった今大会男子決勝の東福岡と駿台学園を放送。東福岡が3-1で勝利。視聴者からは「試合はいい内容と思ったがスキップしたのはなぜ。予めダイジェストである旨を前面に出して(50代男性)」などの意見が届いた。

10日放送のMr.サンデーでは二度目の緊急事態宣言発令に「いつまで妥当?」など3つの疑問を提示して議論した。視聴者からは「コロナ関連の報道が政府批判ばかり。批判の前に人との接触を少なくするよう視聴者に訴えてはどうか。テレビ出演者が声を揃えて訴えれば効果がある(50代男性)」などの意見が届いた。

13日放送の「とくダネ!」は22年放送してきた当番組が3月で終了することを小倉智昭さんが発表。視聴者からは「3月が来なければいいのに」「ズバッと斬る意見が大好きで小倉さんがいない朝はさみしい(40代女性)」などの意見が届いた。

先月12日にはフジテレビで社外モニター会議が行われた。議題は先月4日放送のものまね王座決定戦で、11人の社外モニターと番組スタッフがリモートで意見交換した結果、「カラオケでみんなで行きたいなと思えるいい番組」などの意見があった一方で「5歳の息子があいみょんさんが好きだが、あいみょんさんの似顔絵が怖いみたいで」などの意見も。過去のものまねの名場面については「世代的に知らない曲がでてきた」「懐かしいだけにもう少しじっくり見たい」などの意見が届いた。チーフプロデューサーは「フジの中で長続きしているコンテンツでその歴史を振り返りながらものまねの文化を伝えていった方がいいのではないかな」「若い方には中々刺さらない人もいるかもしれないですけど昔のはこんなんだったんだなという参考になれば」などと述べた。生島さんはチーフプロデューサーの発言に驚いた、箱根駅伝中継にヒントが出ていたかなどと述べた。


「小倉智昭」に関連するイベント情報

オリンピック

休業要請について政府分科会会長は「緊急事態宣言の効果があったのか、頻繁に評価して最悪のことも想定しないといけない。時短より休業要請というのも選択肢としてはあり得る。」と言及した。緊急事態宣言の期間や制限は変えるべきか?街の人にアンケートをおこなった結果、制限を厳しく、期間を長くすべきだと答えた人が63%、制限は厳しく、期間は短くすべきと答えた人が17%で、「制限を厳しくすべき」と考えている人は8割だった。緊急事態宣言解除の基準について西村大臣は「1日当たり500人を目安に。」と言及していた。京都大学の教授が出した東京都感染者数シミュレーションを見ると、500人未満となるのは2月24日となる見込み。しかしこの時点で宣言を解除すると、4月14日には再び1000人を超えるとのこと。一方かなり強い対策を取った場合は2月25日に100人未満にまで下がるという。この時点で宣言を解除すると感染者が増える速度はゆるまり、7月中旬に1000人を超えるとのこと。小倉智昭さんは「あとはワクチンとの関係とかも出てきますから、緊急事態宣言を強める方が良いのか、政府も頭痛くなりますよね。」などと話した。スタジオの政治評論家は「感染者がどういった風に増えていくのか、あるいはなぜ減ったのかというのは本当のところはわからないんですよね。それを相手にしないといけないという苦しさで、政府の方もワクチンに期待してしまうんですね。去年の4月から6月に緊急事態宣言を出したときに、4−6のGDPは年率換算で28%落ち込んだんですよね。あれを2度としてはいけないと思っているんですね。」などと話した。スタジオの政治評論家が解説する次なる一手。緊急事態宣言は全国に拡大するのかどうか?政治評論家は「今のところその可能性は低いと思います。今すぐやらざるを得ないところは昨日入れたので、全国拡大はしたくない。実際に鳥取と島根、あるいは東北などの感染者は少ないんですよ。去年のように全国を対象にする必要があるのかどうかという声の方が強いです。」などと話した。現在の緊急事態宣言は期間を延長する可能性はあるのか?また休業要請などについて制限は強化されるのか?これについて政治評論家は「延長する可能性はあると思いますが、今延長を口にしたら何だということになるので、そこは抑えながら今頑張ろうという風にしています。休業要請については、ここは感染症の専門家の立場と、政府の立場とで違うところだと思います。」などと話した。


京都大学

休業要請について政府分科会会長は「緊急事態宣言の効果があったのか、頻繁に評価して最悪のことも想定しないといけない。時短より休業要請というのも選択肢としてはあり得る。」と言及した。緊急事態宣言の期間や制限は変えるべきか?街の人にアンケートをおこなった結果、制限を厳しく、期間を長くすべきだと答えた人が63%、制限は厳しく、期間は短くすべきと答えた人が17%で、「制限を厳しくすべき」と考えている人は8割だった。緊急事態宣言解除の基準について西村大臣は「1日当たり500人を目安に。」と言及していた。京都大学の教授が出した東京都感染者数シミュレーションを見ると、500人未満となるのは2月24日となる見込み。しかしこの時点で宣言を解除すると、4月14日には再び1000人を超えるとのこと。一方かなり強い対策を取った場合は2月25日に100人未満にまで下がるという。この時点で宣言を解除すると感染者が増える速度はゆるまり、7月中旬に1000人を超えるとのこと。小倉智昭さんは「あとはワクチンとの関係とかも出てきますから、緊急事態宣言を強める方が良いのか、政府も頭痛くなりますよね。」などと話した。スタジオの政治評論家は「感染者がどういった風に増えていくのか、あるいはなぜ減ったのかというのは本当のところはわからないんですよね。それを相手にしないといけないという苦しさで、政府の方もワクチンに期待してしまうんですね。去年の4月から6月に緊急事態宣言を出したときに、4−6のGDPは年率換算で28%落ち込んだんですよね。あれを2度としてはいけないと思っているんですね。」などと話した。スタジオの政治評論家が解説する次なる一手。緊急事態宣言は全国に拡大するのかどうか?政治評論家は「今のところその可能性は低いと思います。今すぐやらざるを得ないところは昨日入れたので、全国拡大はしたくない。実際に鳥取と島根、あるいは東北などの感染者は少ないんですよ。去年のように全国を対象にする必要があるのかどうかという声の方が強いです。」などと話した。現在の緊急事態宣言は期間を延長する可能性はあるのか?また休業要請などについて制限は強化されるのか?これについて政治評論家は「延長する可能性はあると思いますが、今延長を口にしたら何だということになるので、そこは抑えながら今頑張ろうという風にしています。休業要請については、ここは感染症の専門家の立場と、政府の立場とで違うところだと思います。」などと話した。


Gunosyリサーチ

休業要請について政府分科会会長は「緊急事態宣言の効果があったのか、頻繁に評価して最悪のことも想定しないといけない。時短より休業要請というのも選択肢としてはあり得る。」と言及した。緊急事態宣言の期間や制限は変えるべきか?街の人にアンケートをおこなった結果、制限を厳しく、期間を長くすべきだと答えた人が63%、制限は厳しく、期間は短くすべきと答えた人が17%で、「制限を厳しくすべき」と考えている人は8割だった。緊急事態宣言解除の基準について西村大臣は「1日当たり500人を目安に。」と言及していた。京都大学の教授が出した東京都感染者数シミュレーションを見ると、500人未満となるのは2月24日となる見込み。しかしこの時点で宣言を解除すると、4月14日には再び1000人を超えるとのこと。一方かなり強い対策を取った場合は2月25日に100人未満にまで下がるという。この時点で宣言を解除すると感染者が増える速度はゆるまり、7月中旬に1000人を超えるとのこと。小倉智昭さんは「あとはワクチンとの関係とかも出てきますから、緊急事態宣言を強める方が良いのか、政府も頭痛くなりますよね。」などと話した。スタジオの政治評論家は「感染者がどういった風に増えていくのか、あるいはなぜ減ったのかというのは本当のところはわからないんですよね。それを相手にしないといけないという苦しさで、政府の方もワクチンに期待してしまうんですね。去年の4月から6月に緊急事態宣言を出したときに、4−6のGDPは年率換算で28%落ち込んだんですよね。あれを2度としてはいけないと思っているんですね。」などと話した。スタジオの政治評論家が解説する次なる一手。緊急事態宣言は全国に拡大するのかどうか?政治評論家は「今のところその可能性は低いと思います。今すぐやらざるを得ないところは昨日入れたので、全国拡大はしたくない。実際に鳥取と島根、あるいは東北などの感染者は少ないんですよ。去年のように全国を対象にする必要があるのかどうかという声の方が強いです。」などと話した。現在の緊急事態宣言は期間を延長する可能性はあるのか?また休業要請などについて制限は強化されるのか?これについて政治評論家は「延長する可能性はあると思いますが、今延長を口にしたら何だということになるので、そこは抑えながら今頑張ろうという風にしています。休業要請については、ここは感染症の専門家の立場と、政府の立場とで違うところだと思います。」などと話した。


フジテレビ

1999年の放送開始以来フジテレビの朝を彩ってきた「情報プレゼンター とくダネ!」が、3月26日に最終回を迎えることとなった。22年にわたり司会を務める小倉智昭キャスターは長く続けられたことに驚いている、みなさんが支えてくれたとコメント、このあとのとくダネで語る。三宅さんはコロナ収まったらお疲れ様会を小倉さんの焼肉屋でやろうと話した。


東京ドーム

全国のお祭りとご当地グルメを紹介するふるさと祭り東京がきのう開幕。ことしは新型コロナウイル スの影響で初のオンライン開催となった。無観客で東京ドームを貸し切る形となったイベントではスペシャルプロデューサーとして小倉智昭さんが登場。東京ドーム貸し切りという貴重な体験に驚いていた。イベントは11日まで開催。日替わりゲストが登場しご当地の魅力を紹介。ご当地グルメは特設サイトで購入可能。


「小倉智昭」に関連するイベント情報

ふるさと祭り東京2021オンライン-日本のまつり・故郷の味

全国のお祭りとご当地グルメを紹介するふるさと祭り東京がきのう開幕。ことしは新型コロナウイル スの影響で初のオンライン開催となった。無観客で東京ドームを貸し切る形となったイベントではスペシャルプロデューサーとして小倉智昭さんが登場。東京ドーム貸し切りという貴重な体験に驚いていた。イベントは11日まで開催。日替わりゲストが登場しご当地の魅力を紹介。ご当地グルメは特設サイトで購入可能。


「小倉智昭」に関連するグルメ情報

ニンジン

浜辺美波は映画「約束のネバーランド」に出演している。浜辺美波は食べ物をカロリーと呼んでいるという。料理を頑張っているが指の怪我が多いという。特技はお手玉。対談を終えた小倉智昭は「将来が楽しみ」などとコメントした。明日は浜辺美波がとくダネにやってくるという。