ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「小林よしのり ブログ」の検索結果

「小林よしのり ブログ」に関連するその他の情報 5件中 1〜5件目

小林よしのり ブログ

ビッグコミックに掲載された佐藤浩市さんインタビュー記事をめぐり物議を醸している。佐藤さんは映画「空母いぶき」で総理大臣役を演じることについて「抵抗があった、すぐにお腹を下すという設定にしてもらった」などとインタビューで答えていた。これに、安倍総理を「揶揄している」など賛否両論となり芸能界を巻き込む騒動となった。百田尚樹さんはツイッターで「三流役者が偉そうに」などと呟いた。一方、小林よしのりさんは「佐藤さんを三流役者とは思わない」などとコメントした。太田さんはラジオ番組で「ストレスでお腹が痛くなることをギャグで描くことができなかったら、終わりだよ世の中」などとコメントした。映画「空母いぶき」の公開イベントには佐藤さんの登板はなく、配給会社によるとスケジュールなどにより登板しないことが決まっていたとした。


週刊文春

週刊文春が山尾氏を取材し昨夜大阪で一泊して何をしていたと言う質問に「ちょっと失礼な取材だと思いますし、声も出ませんし、何か質問があれば事務所に紙でもどうぞお送り下さい以上です」と答え、その後は何を聞いても無言だった。また、スマートフォンをかざし、記者やカメラマンを次々と撮影した。小林よしのりはブログで「タイトルが山尾志桜里、一泊二日一緒に大阪出張となっているが、これは大衆に誤解を与えることを狙ったものである。2人は別々に大阪に行って別々に帰った。山尾氏は友人宅。倉持氏はわしが予約したホテルだ」と反論した。さらに「いくら山尾氏をつけ狙っても絶対に100%不倫を証明する事実は発見できない」と書いた。文春の取材に山尾氏は「倉持弁護士と一緒に宿泊したと言う事実は一切ございません」。政策顧問への報酬について「お答えは差し控えさせていただきます」と答えた。倉持氏は「12日の夜山尾議員とは一切お会いしておりません」と答えた。須田慎一郎は「小林氏の説明が事実なら山尾氏自身が文春の記者に応じればいい」と話した。金慶珠は「小林氏の対応を見ていると文春と勝負つけたいと思っているように思えない」と話した。

石塚元章は「国会で与党を攻め立てていた人が記者の質問を無視して出ていくのはありえない」と話した。須田慎一郎は「野々山氏の死力があって初めて選挙に当選することができた。その人に倉持氏政策顧問就任の話をしないのは人としてどうなのかな」と話した。


東京駅

今日発売の週刊文春が報じているのは山尾議員と倉持氏の大阪出張について。今月12日のイベントに揃って参加した2人。山尾議員は噂の相手をネタにする余裕を見せていた。大阪でのイベント終了後2人は別々に会場を後に。翌朝新大阪駅で2人を見かけた。午前7時過ぎに現れた倉持ベ弁護士。山尾議員が姿を見せたのはその1時間後。2人は別々の新幹線で帰朝。結局、記者の質問に答えなかった山尾議員。その後、事務所からは、「イベント終了後、倉持弁護士を含め、道場師範の方々とは全く別行動をとっており、倉持弁護士と一緒に宿泊したという事実は一切ございません」と回答があった。大阪出張をした日の夜、会っていなかったと主張。W不倫騒動後初めて口を開いたのが倉持弁護士の義理の母。今回の騒動については「娘のことだけが心配で不甲斐ないんですけど、自分が無力だし、非力だなということは感じております」などと語った。そんな中。ブログで反論する人物は小林よしのり氏。

山尾議員の不倫疑惑の経緯を説明。今年9月に倉持弁護士とのW不倫報道が出て双方が不倫を否定、山尾議員は民進党を離党した。先月22日の衆院選に無所属で出馬し当選。今月7日に事務所の政策顧問に倉持氏を起用したことが明らかになった。春香クリスティーンは有権者の気持ちはどうなるのかとコメント。本村健太郎はお互いにサポート出来る関係、萱野稔人は報酬の支払いをしっかり説明してほしいと話した。週刊文春によると2人は小林よしのり氏主催イベントに参加、山尾氏は質問に倉持氏と宿泊した事実はないと回答した。小林よしのり氏はブログで週刊文春を強く批判した。


週刊文春

“待機児童問題”や自民党“魔の2回生議員”を鋭く批判し注目されていた元民進党・山尾志桜里衆院議員が、今年9月に週刊文春により倉持麟太郎弁護士とのダブル不倫疑惑を報じられた。会見で不倫を否定した山尾議員はそのまま民進党を離党。その後の衆院選では無所属で出馬し僅差での当選となった。当選時の会見で公私のラインを引くと明言した山尾議員だったが倉持弁護士をふたたび政策顧問として起用し、更にきょう発売の週刊文春で2人で大阪出張に行ったと報じられ、再び疑惑がわいている。

今日発売の週刊文春が報じているのは山尾議員と倉持氏の大阪出張について。今月12日のイベントに揃って参加した2人。山尾議員は噂の相手をネタにする余裕を見せていた。大阪でのイベント終了後2人は別々に会場を後に。翌朝新大阪駅で2人を見かけた。午前7時過ぎに現れた倉持ベ弁護士。山尾議員が姿を見せたのはその1時間後。2人は別々の新幹線で帰朝。結局、記者の質問に答えなかった山尾議員。その後、事務所からは、「イベント終了後、倉持弁護士を含め、道場師範の方々とは全く別行動をとっており、倉持弁護士と一緒に宿泊したという事実は一切ございません」と回答があった。大阪出張をした日の夜、会っていなかったと主張。W不倫騒動後初めて口を開いたのが倉持弁護士の義理の母。今回の騒動については「娘のことだけが心配で不甲斐ないんですけど、自分が無力だし、非力だなということは感じております」などと語った。そんな中。ブログで反論する人物は小林よしのり氏。

山尾議員の不倫疑惑の経緯を説明。今年9月に倉持弁護士とのW不倫報道が出て双方が不倫を否定、山尾議員は民進党を離党した。先月22日の衆院選に無所属で出馬し当選。今月7日に事務所の政策顧問に倉持氏を起用したことが明らかになった。春香クリスティーンは有権者の気持ちはどうなるのかとコメント。本村健太郎はお互いにサポート出来る関係、萱野稔人は報酬の支払いをしっかり説明してほしいと話した。週刊文春によると2人は小林よしのり氏主催イベントに参加、山尾氏は質問に倉持氏と宿泊した事実はないと回答した。小林よしのり氏はブログで週刊文春を強く批判した。


週刊文春

山尾志桜里VS週刊文春、因縁のバトルが再び勃発。今日発売された週刊文春が報じた衝撃のニュース「山尾志桜里急展開、1泊2日一緒に大阪出張」。初代アニーで東大出身の元検察官、民進党のホープとして当選回数2回めで政調会長に抜擢されるなど華麗な政治家人生を送ってきた山尾議員。そんな山尾議員と文春のバトルが始まったのが今年9月、民進党の目玉人事として、幹事長に内定していた時期だったが報じられた当日、週刊文春が9歳年下のイケメン弁護士・倉持麟太郎とのW不倫疑惑を報じた。山尾議員はスキャンダルが報じられたその日に離党届を提出、その後の会見では「本件記事記載のホテルについては1人で宿泊した。倉持弁護士と男女の関係はない」と不倫疑惑を完全否定、さらに衆院選に無所属で出馬、世間の逆風に負けず300回以上の街頭演説を行った結果…見事3選を果たした。その後、立憲民主党の衆院会派に所属することが決まり一旦”みそぎ”は済んだかに思われたが、このタイミングで山尾議員は倉持弁護士を政策顧問に抜擢した。これは、週刊文春に対する宣戦布告なのか?そして今日、山尾文春バトルの新たなゴングが鳴り響く。今週日曜、漫画家の小林よしのり氏が主催するイベントに山尾議員と倉持弁護士が揃って参加しイベント終了後2人は別々に大阪の街へ行ったという。翌朝、新大阪駅で2人の姿を確認・時間差で新幹線に乗り東京へ帰ったという。2人は日帰りではなく何故、大阪へ1泊したのか。好奇心むき出しの週刊文春と敵意むき出しの山尾議員。この果てしなき戦いの行方はどこへ向かうのか。

山尾志桜里衆院議員と倉持麟太郎弁護士の大阪出張1泊2日が報じられているが、週刊文春VS山尾議員という感じになってきてると伝えた。コラムニストの深澤真紀は「お互い引くに引けなくなってきている。山尾議員が認めさえすれば週刊文春は満足すると思う。」などと分析した。ジャーナリストの須田氏によると、山尾議員が名誉毀損で文春に対し民事訴訟を起こした場合の保険に備えて、週刊文春がもっと大きなネタを持っているという。

倉持弁護士が自身のブログに、メディアなどのことを「俗物的」と表現したことについて、スタジオ内で意見が交わされた。金教授は、「倉持弁護士がそういうことを言うのは政治家じゃないからまだいい、似たような論調で”むき出しの好奇心”と山尾議員が言うのはよくない。政治というのは、そういう世間をどう説得しながら物事を実現させていくかなのに、俗物だ・低俗だ、ということで切り離してしまうと…」などと語った。

山尾志桜里衆院議員の報道に猛反発しているのは漫画家の小林よしのり氏で、小林氏は山尾志桜里衆院議員の憲法問題政策を高く評価し「山尾志桜里を総理にする会・代表」を自称している。また、ブログで新たな憲法改正案を具体的な法案として提出できるのは山尾氏しかいないし、ブレーンとなれるのは倉持氏しかいないのだと書いている。

きょう発売の週刊文春で山尾志桜里議員と倉持麟太郎弁護士が大阪で開催された漫画家・小林よしのり氏主催の言論イベント「関西ゴー宣道場」に参加後そのまま一泊したと報じた。政策顧問に倉持氏を起用すると決めた理由について小林よしのり氏は「とにかく密会するためだけに政策顧問にしようとしているとかありとあらゆるゲスの勘ぐりがものすごい沸騰しているぞとその覚悟があるなと言ったら山尾氏がやりにいくって言ったからOKを出した」と話した。金慶珠は「ゲスな話に憲法議論がごちゃまぜになるのがよくない」と話した。須田慎一郎は「年いって遊びを覚えちゃうとこういうことになる。山尾氏や倉持氏が何言ったって周囲は色眼鏡で見る」と話した。

文春が主張する疑惑の大阪出張について解説。今月12日、山尾志桜里氏と倉持麟太郎氏は「関西ゴー宣道場」に登壇するため別々に会場入り。倉持氏はトレードマークのヒゲを剃りマスク姿で会場へ。山尾氏は「午前中は地元の愛知におり、秘書と共に五平餅を食べていたら地元の人に嬉しそうに、この人があの弁護士さんだ、と言われた」と余裕を見せた。午後6時頃イベントが終了、それぞれ別々に外へ。そのまま帰京かと思いきやなぜか二人とも大阪に一泊。翌朝違う便で帰京。ただ大阪で同じ宿泊施設に泊まっていたかは不明。東京駅で文春が山尾氏を直撃するも「事務所へ紙でお送りください」などと述べた。


検索結果の絞り込み

  • すべての情報 (8)
  • 本・コミック・雑誌 (3)
  • 音楽・CD
  • 映画・DVD
  • レストラン・飲食店
  • グルメ情報
  • 料理レシピ
  • ホテル・温泉旅館
  • 観光・地域情報
  • イベント情報
  • 雑学・豆知識
  • その他の情報 (5)

  • ※「価格com テレビ紹介情報」は株式会社ワイヤーアクションが提供するTV放送ログを掲載しています。