ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「小樽運河」の検索結果

「小樽運河」に関連する情報 260件中 1〜10件目

小樽運河

NTTグループの研究所が、AI(人工知能)などの新技術を報道向けに公開した。今回注目なのは”対話ロボット”。従来可能だった会話から更に、どこで・いつ・誰と・何をしたの情報をロボットが蓄積しながら話を進めるので会話の軸がブレず自然な会話が続く。従来よりもより「聞いてあげている感」があるので雑談の目的でも使えると考えているという。


小樽運河

自然な会話を長く続けられる対話ロボットが披露された。従来の対話ロボットは直前に聞いた単語に返事するだけだが、どこで・いつ・誰と・何をしたの情報をロボットが蓄積しながら話を続けることができる。


「小樽運河」に関連するイベント情報

小樽雪あかりの路

北海道小樽運河の雪景色を紹介した。小樽運河では「小樽雪あかりの路」というイベントが今月17日まで行われる。


小樽運河クルーズ

取材班が遭遇したのは、降り積もった雪に乗り上げた車。北海道に訪れた韓国人観光客。新千歳空港からレンタカーで小樽の水族館に向かう途中だったという。異変に気づいた地元の人達が助けに駆けつけてくれたが、その間にも雪は降り続く。警察・通りがかりの人たちまで加勢し、乗り上げてから40分後にようやく抜け出すことができた。列島を覆う今季一番の寒気。今日も北日本は冬の嵐に見舞われた。昨日から強風が吹き荒れる、海沿いの観光地・小樽。その勢いは日付が変わっても収まらない。市民の生活にも異変が起きていた。小樽の市場ではきょうはほとんど水揚げがない。通常1時間はかかるというセリもわずか5分ほどで終わってしまった。今朝はほとんどの船が強風のために漁に出られず、水揚げ量が激減した。小樽では寒気の影響で、積雪が60センチに迫り、最低気温もマイナス10度を下回った。そんな中やってきた観光客は「北海道らしくていい」「逆に楽しい」などと感想を言った。風速が一時16メートルを超えた小樽では、観光客に人気のククルーズ船が運休していた。東北・北陸でもまとまった雪になるなど、広い範囲に影響を及ぼしている今季一番の寒気。強風や大雪のピークは過ぎつつあるものの、土日も日本海側を中心に天気が崩れそう。


小樽運河

留萌市では−12.9℃に。北竜町でトラックが横転。吹雪による視界不良で道路との境が分からなかったという。怪我人なし。またスリップしたタンクローリーで6台がからむ多重事故。男性2人がけが。小樽市でも道路の車線が見えない状況に。小樽できのう、最低気温−13℃を記録。青森市では最大瞬間風速20.6メートルを記録。北日本ではきょう日中にかけても大雪や吹雪に注意が必要。


沖見保育園

強烈な寒気が上空に流れ込んだ北海道。留萌市では最低気温-12.9℃を観測。市内の保育園を訪れると、園児たちは室内で遊んでいた。外では最大瞬間風速27.8メートルの暴風が吹く中、雪かきをする人たちの姿が。あたりを車で走ると視界がかなり悪くなっていた。北竜町でトラックが路肩に転落する事故が起きた。またスリップしたタンクローリーに後続の車が追突し、6台がからむ多重事故となり男性2人が怪我をした。小樽市では最低気温-13℃と今冬一番の寒さを記録。最大瞬間風速16.5メートルの強風が吹く中、小樽運河クルーズも終日運休となった。大荒れの天気は東北でも。青森市では最大瞬間風速20.6メートルを観測。強烈な寒気は明日には抜ける見込みだが、北日本の日本海が側では明日日中にかけても大雪や吹雪に注意が必要。


小樽運河クルーズ

強烈な寒気が上空に流れ込んだ北海道。留萌市では最低気温-12.9℃を観測。市内の保育園を訪れると、園児たちは室内で遊んでいた。外では最大瞬間風速27.8メートルの暴風が吹く中、雪かきをする人たちの姿が。あたりを車で走ると視界がかなり悪くなっていた。北竜町でトラックが路肩に転落する事故が起きた。またスリップしたタンクローリーに後続の車が追突し、6台がからむ多重事故となり男性2人が怪我をした。小樽市では最低気温-13℃と今冬一番の寒さを記録。最大瞬間風速16.5メートルの強風が吹く中、小樽運河クルーズも終日運休となった。大荒れの天気は東北でも。青森市では最大瞬間風速20.6メートルを観測。強烈な寒気は明日には抜ける見込みだが、北日本の日本海が側では明日日中にかけても大雪や吹雪に注意が必要。


小樽運河クルーズ

小樽市では最低気温-13℃と今冬一番の寒さを記録。最大瞬間風速16.5メートルの強風が吹く中、小樽運河クルーズも終日運休となった。大荒れの天気は東北でも青森市では最大瞬間風速20.6メートルを観測。強烈な寒気は明日には抜ける見込みだが、北日本の日本海が側では明日日中にかけても大雪や吹雪に注意が必要。


小樽運河

弘中綾香アナが小樽市で歌うまを探す。声をかけてくれたのは祖父の影響で演歌が大好きになったという澤口優聖さん。披露するのは細川たかしの「浪花節だよ人生は」で点数は100点を記録した。


小樽運河

全国縦断100点探しの旅の北海道編を紹介。−5℃の中、歌うまさんを探していると小樽都通り商店街でツイッターの告知を見てくれた社員旅行で来ている家族連れを発見。