ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「屋久杉」の検索結果

「屋久杉」に関連するレストラン・飲食店 8件中 1〜8件目

「屋久杉」に関連するレストラン・飲食店

ナブラ

羽田から2時間、鹿児島空港から移動し船で屋久島に向かう。世界中から観光客が集まる。船で4時間で屋久島が見えた。展望台へ行くと海と緑とモッチョム岳という滝という絶景が楽しめ降水量は日本一だという。地元の人にインタビューすると皆がポンカンをくれた。住民の家の中には屋久杉が使われた家具などが置かれていた。「平内海中温泉」は干潮時にしか入れない幻の温泉。密かに屋久島ラーメンは島民にブレーク中だという。


「屋久杉」に関連するレストラン・飲食店

離島キッチン

神楽坂の細道をお散歩。「離島キッチン」という店に立ち寄った。全国にある離島の食材を使い、地元料理のレシピを再現している。日本には約420もの離島があり、そのうちの約40島の食材を取り寄せている。レモンポークは岩城島が独自開発した豚肉で、ジューシーで脂身が甘いのが特徴。村瀬哲史は屋久島に自生する屋久杉について、屋久島の杉の木で樹齢1000年を超えるものを屋久杉と呼ぶと話した。屋久島は岩山が多く杉の木の根が伸びにくく、栄養を吸収しづらいため成長スピードが遅い。成長が遅いと年輪がつまるため、頑丈な気に育ち長生きするという。

堀口茉純は、うさぎの島として知られる大久野島について紹介。大久野島の島民は20数名だが、うさぎは約700羽いる。戦時中、緊急時の食用としてうさぎを飼い始めたところ、戦後の野放しにしたところ繁殖したという。ナイツ一行は、「隠岐島のイカの子の酢味噌和え」や「沖永良部島のパパイヤの漬け物」などを味わった。


「屋久杉」に関連するレストラン・飲食店

レストランokas

「サンカラホテル&スパ屋久島」の“サンドラヴィラ”で一泊。夜は“サンカラsana“で屋久杉のお香を嗅ぎながら、フットリフレを体験。「レストランokas」では”屋久島・シビ鮪グリル 藁の薫り“と”一湊沖・首折れサバのマリネ”と“屋久島・伊勢海老のロースト”と”鹿児島・苺のヴァンシュラン“と“安房沖・タカパ(クエ)のポワレ 古代米チップ“と“鹿児島・なかやま黒牛ロース肉”を頂いた。


「屋久杉」に関連するレストラン・飲食店

ビストロ アズール

2組が上野毛駅で合流する。先に到着したのは西田ひかるとモト冬樹。上野毛から徒歩2分のAZURでおみやげを確認することとなった。万歩計を確認してみると、2組ほど8500歩ほど歩いていた。藤田朋子と松村雄基のおみやげは等々力渓谷クッキー、柿とオリーブオイル。モト冬樹と西田ひかるのおみやげは屋久杉の箸、てまりストラップ、みかんだった。


「屋久杉」に関連するレストラン・飲食店

ニッポン空港めぐりバトル。にしおかすみこと浅田舞は鹿児島空港から屋久島空港へ到着。2人は縄文杉を見ることを断念し伊丹空港へのチケットを購入、屋久杉工芸 杉の舎本店で屋久杉の箸作り体験を行った。つづいてラ・モンステラで親子丼を味わった。

 (カフェ、ケーキ)

「屋久杉」に関連するレストラン・飲食店

神座

豪邸に住むオーナーと待ち合わせ。オーナーの布施正人さんはベンツSクラスに乗って登場。布施さんの自宅に案内してもらうと、門は1億円かけた自動式の二重門、庭は伊予の青石や五葉松が配置された豪邸。敷地面積は2000坪。

布施さん宅の玄関を入ると、絶景の中庭が一望できる。玄関の敷台は希少な赤ケヤキの一枚板を使用。玄関に飾ってある書は東大寺の長老が書いた。20畳の和室は総ヒノキで屋久杉のテーブルが配置されていた。リビングは50畳。

ほかにも布施さんの豪邸内には中庭の景色が眺められる茶室、客の待機部屋、たまに遊びに来る孫の部屋などがある。

布施さんの職場へ同行すると、関西人なら誰でも知る「神座」の看板があった。神座は関西を中心に東京にも進出し全国に27店舗展開するラーメンチェーン店。「おいしいラーメン」で年商は約50億円。神座は開店当時に行列嫌いな関西人が数時間並んだ伝説の人気店。長すぎる行列にマスコミ取材が殺到。

神座のラーメンの人気の秘密は、くせになる甘いスープ。スープの味は門外不出で社長以外は誰もレシピを知らない。スープの素が入っている容器はネジで止められていて開けられない。大手メーカーのラーメン屋がスポイトでスープを盗んでいったこともあった。スープの流出を防ぐためカップ麺も作らない。レシピは金庫に保管している。


「屋久杉」に関連するレストラン・飲食店

神座

豪邸に住むオーナーと待ち合わせ。オーナーの布施正人さんはベンツSクラスに乗って登場。布施さんの自宅に案内してもらうと、門は1億円かけた自動式の二重門、庭は伊予の青石や五葉松が配置された豪邸。敷地面積は2000坪。

布施さん宅の玄関を入ると、絶景の中庭が一望できる。玄関の敷台は希少な赤ケヤキの一枚板を使用。玄関に飾ってある書は東大寺の長老が書いた。20畳の和室は総ヒノキで屋久杉のテーブルが配置されていた。リビングは50畳。

ほかにも布施さんの豪邸内には中庭の景色が眺められる茶室、客の待機部屋、たまに遊びに来る孫の部屋などがある。

布施さんの職場へ同行すると、関西人なら誰でも知る「神座」の看板があった。神座は関西を中心に東京にも進出し全国に27店舗展開するラーメンチェーン店。「おいしいラーメン」で年商は約50億円。神座は開店当時に行列嫌いな関西人が数時間並んだ伝説の人気店。長すぎる行列にマスコミ取材が殺到。

神座のラーメンの人気の秘密は、くせになる甘いスープ。スープの味は門外不出で社長以外は誰もレシピを知らない。スープの素が入っている容器はネジで止められていて開けられない。大手メーカーのラーメン屋がスポイトでスープを盗んでいったこともあった。スープの流出を防ぐためカップ麺も作らない。レシピは金庫に保管している。


「屋久杉」に関連するレストラン・飲食店

亀戸BEST30の8位に選ばれていた亀戸神社境内にある江戸会席料理店。
建物は、昭和23年から10年かけて各地から銘木を取り寄せ完成させたとのこと。天井には今ではほとんど手に入らないという屋久杉の一枚板を11枚も使用しているという。
おすすめの梅とろろご飯は、大和芋を包丁で粗く叩いたものを使用しているため滑らかさとシャキシャキ感が楽しめるという。さらにダシを効かせたほうじ茶をかけると梅の酸味が爽やかなアクセントになっているとのこと。
<紹介されていたメニュー>
・梅とろろ茶漬け膳:2100円
・厚焼き玉子:735円
・厚焼き玉子 大(持ち帰り用):1400円
・厚焼き玉子 小(持ち帰り用):700円

 (懐石・会席料理)