ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「屋久杉」の検索結果

「屋久杉」に関連する情報 291件中 11〜20件目

レンタル料

今回の旅の一番の目的は屋久杉と苔の森のトレッキング。山西惇さんが伺ったのは山歩き初心者にうってつけのお店「山岳太郎ショップ」。登山グッズのレンタルができる。今回のガイド内室紀子さんにレンタルするグッズを相談した。屋久島の山歩きは麓が晴れていても雨具は必須だという。トレッキングシューズは新品よりレンタル品の方が疲れにくいという。


山岳太郎ショップ

今回の旅の一番の目的は屋久杉と苔の森のトレッキング。山西惇さんが伺ったのは山歩き初心者にうってつけのお店「山岳太郎ショップ」。登山グッズのレンタルができる。今回のガイド内室紀子さんにレンタルするグッズを相談した。屋久島の山歩きは麓が晴れていても雨具は必須だという。トレッキングシューズは新品よりレンタル品の方が疲れにくいという。


屋久杉

屋久島は日本一雨が多い島で、豊富な雨が屋久杉を育んできた。1993年、日本で初めて世界自然遺産に登録された。西部林道は島内で唯一車で通行可能な世界遺産エリア。道路脇にはたくさんのヤクザルがくつろいでいた。道を進むと子どものヤクシカに出会った。

今回の旅の一番の目的は屋久杉と苔の森のトレッキング。山西惇さんが伺ったのは山歩き初心者にうってつけのお店「山岳太郎ショップ」。登山グッズのレンタルができる。今回のガイド内室紀子さんにレンタルするグッズを相談した。屋久島の山歩きは麓が晴れていても雨具は必須だという。トレッキングシューズは新品よりレンタル品の方が疲れにくいという。

屋久島が梅雨入りした。白谷雲水峡へ到着した。迫力のある景色だ。屋久島は花崗岩からなる島。森の奥へ入っていく。江戸時代に作られた楠川歩道。屋久杉の切り株があった。生命力を感じる。雨で苔がきれいだ。650種類のコケが生息している。太鼓岩からは眺めがいい。


ヤクシカ

屋久島は日本一雨が多い島で、豊富な雨が屋久杉を育んできた。1993年、日本で初めて世界自然遺産に登録された。西部林道は島内で唯一車で通行可能な世界遺産エリア。道路脇にはたくさんのヤクザルがくつろいでいた。道を進むと子どものヤクシカに出会った。


ヤクザル

屋久島は日本一雨が多い島で、豊富な雨が屋久杉を育んできた。1993年、日本で初めて世界自然遺産に登録された。西部林道は島内で唯一車で通行可能な世界遺産エリア。道路脇にはたくさんのヤクザルがくつろいでいた。道を進むと子どものヤクシカに出会った。


西部林道

屋久島は日本一雨が多い島で、豊富な雨が屋久杉を育んできた。1993年、日本で初めて世界自然遺産に登録された。西部林道は島内で唯一車で通行可能な世界遺産エリア。道路脇にはたくさんのヤクザルがくつろいでいた。道を進むと子どものヤクシカに出会った。


縄文杉

屋久島は日本一雨が多い島で、豊富な雨が屋久杉を育んできた。1993年、日本で初めて世界自然遺産に登録された。西部林道は島内で唯一車で通行可能な世界遺産エリア。道路脇にはたくさんのヤクザルがくつろいでいた。道を進むと子どものヤクシカに出会った。


屋久杉染め 中折れ帽

福岡県・秋月城址にある工芸品店「夢細工」で1日密着する。社長の小室容久さんは草木染めの職人、年商3億円だという。店を覗くと1日の来店は22人、商品を買ったのはたった6人だった。一体ナゼ、これで3億円も年商が出ているのか?


屋久杉

木梨さんオススメ、麻布十番庵のひとくちおこわをスタジオに用意した。木梨さんは「もちろん麻布十番庵では苺大福とか和菓子も有名です。でもダブルで買っちゃいます。」などと話した。ひとくちおこわをいただいた出演者たち。設楽さんは「美味しい。なんか洒落てますね。」、リンゴさんは「大阪には無いサイズ感。」などとコメントした。更にスタジオには麻布十番庵の苺みるく大福も用意した。苺みるく大福をいただいた出演者らは「めちゃめちゃ美味い。」「苺が甘い。」などとコメントした。今日は麻布十番庵、女将の山下有香子さんにスタジオに来ていただいた。女将の山下さんは木梨さんにずっと言えなかったことがあるという。山下さんは番組で取材した際、「木梨さんが最初にいらした時に凄く嬉しくて、10年くらい前から食べてほしいと思っていました。昔テレビ番組でとんねるずさんが苺大福が好きだっていうのを聞いて、食べてほしいなって思っていたんです。それがかなって夢のようでした。」などと話していた。木梨さんは「ちょこちょこ麻布十番庵に寄らせてもらってて、お昼だとおにぎり方面、3時くらいだと甘いものと、どちらでも出来ます。」などと話した。


縄文杉

ロケ2日目。縄文杉を目指し、出発。悪天候の中、大したリアクションもせずに悪道を進む二人。内村の唯一のリアクションは苦手なカエルを手にしたときだけだったが、その後も哀愁ある食事風景などを見せながら屋久杉を目指す。屋久島のウィルソン株に到着し、1枚目のカレンダープロジェクト写真を撮影。雨脚が強くなり、スタッフは断念したがっていたが、ストイックな2人は登頂を続行。途中、大王杉や夫婦杉なども見ながら、目的の樹齢7200年の縄文杉とともに、写真撮影を行った。