ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「屋久杉」の検索結果

「屋久杉」に関連する情報 291件中 21〜30件目

iPhone

ロケ2日目。縄文杉を目指し、出発。悪天候の中、大したリアクションもせずに悪道を進む二人。内村の唯一のリアクションは苦手なカエルを手にしたときだけだったが、その後も哀愁ある食事風景などを見せながら屋久杉を目指す。屋久島のウィルソン株に到着し、1枚目のカレンダープロジェクト写真を撮影。雨脚が強くなり、スタッフは断念したがっていたが、ストイックな2人は登頂を続行。途中、大王杉や夫婦杉なども見ながら、目的の樹齢7200年の縄文杉とともに、写真撮影を行った。


テーブル

文化祭で販売する製品はすべて受刑者の手作りで材料は国産を使用。それを市場の半額で購入することができる。人気のバッグは2130円。革の小銭入れは2350円。他にも屋久杉の一枚板で作られた54万円のテーブルもあった。給料は月3300円で出所後の費用に当てられる。文化祭の売上は製品を作るための原材料資金となり、一部は犯罪被害者の救済に使用されるという。


小銭いれ

文化祭で販売する製品はすべて受刑者の手作りで材料は国産を使用。それを市場の半額で購入することができる。人気のバッグは2130円。革の小銭入れは2350円。他にも屋久杉の一枚板で作られた54万円のテーブルもあった。給料は月3300円で出所後の費用に当てられる。文化祭の売上は製品を作るための原材料資金となり、一部は犯罪被害者の救済に使用されるという。


バッグ

文化祭で販売する製品はすべて受刑者の手作りで材料は国産を使用。それを市場の半額で購入することができる。人気のバッグは2130円。革の小銭入れは2350円。他にも屋久杉の一枚板で作られた54万円のテーブルもあった。給料は月3300円で出所後の費用に当てられる。文化祭の売上は製品を作るための原材料資金となり、一部は犯罪被害者の救済に使用されるという。


「屋久杉」に関連するイベント情報

府中刑務所文化祭

午前9時50分(会場10分前)。入場ゲート前には長い行列。府中刑務所は懲役10年以下の受刑者が約2000人が服役。収容規模は日本最大で、61か国の外国人受刑者もいる。府中刑務所文化祭では普段手に入れることができないグッズや食べ物が買えるということで人気となっている。開場と同時に向うという人気のエリアがパンエリア。コッペパンは2個セットで100円だ。受刑者による手作りコッペパン(1500袋限定)。文化祭名物で受刑者の食事として食べられている。

人気エリアその2は限定1200食の麦飯弁当。受刑者が選んだ人気のおかずランキング1位と2位のからあげとプルコギがセットで入った弁当だ。刑務所での食事について刑務官の高杉さんによると、出所後の社会復帰のため健康を維持することを目的とした献立で、満腹になることを目的にしていないという。食事のルールとして昼食は私語禁止だが、朝夕は会話してもよいという。

文化祭で販売する製品はすべて受刑者の手作りで材料は国産を使用。それを市場の半額で購入することができる。人気のバッグは2130円。革の小銭入れは2350円。他にも屋久杉の一枚板で作られた54万円のテーブルもあった。給料は月3300円で出所後の費用に当てられる。文化祭の売上は製品を作るための原材料資金となり、一部は犯罪被害者の救済に使用されるという。

取材した笹崎アナによると、普段、受刑者が作業をしている工場や風呂場など見学できるという。想像以上に整備されていてきれいだった。風呂場には外国人のために12カ国語でルールが書かれているという。


府中刑務所

午前9時50分(会場10分前)。入場ゲート前には長い行列。府中刑務所は懲役10年以下の受刑者が約2000人が服役。収容規模は日本最大で、61か国の外国人受刑者もいる。府中刑務所文化祭では普段手に入れることができないグッズや食べ物が買えるということで人気となっている。開場と同時に向うという人気のエリアがパンエリア。コッペパンは2個セットで100円だ。受刑者による手作りコッペパン(1500袋限定)。文化祭名物で受刑者の食事として食べられている。

人気エリアその2は限定1200食の麦飯弁当。受刑者が選んだ人気のおかずランキング1位と2位のからあげとプルコギがセットで入った弁当だ。刑務所での食事について刑務官の高杉さんによると、出所後の社会復帰のため健康を維持することを目的とした献立で、満腹になることを目的にしていないという。食事のルールとして昼食は私語禁止だが、朝夕は会話してもよいという。

文化祭で販売する製品はすべて受刑者の手作りで材料は国産を使用。それを市場の半額で購入することができる。人気のバッグは2130円。革の小銭入れは2350円。他にも屋久杉の一枚板で作られた54万円のテーブルもあった。給料は月3300円で出所後の費用に当てられる。文化祭の売上は製品を作るための原材料資金となり、一部は犯罪被害者の救済に使用されるという。

取材した笹崎アナによると、普段、受刑者が作業をしている工場や風呂場など見学できるという。想像以上に整備されていてきれいだった。風呂場には外国人のために12カ国語でルールが書かれているという。


屋久杉

川のほとりではワニの頭があった。部族たちが売るために狩りをしたと言う。銃にカメラを付け狩りの様子を撮影。高校生ハンターデルリンはエンジニアになりたいと語った。森ではサルを狩るために森に入ったが、いろんな植物にナスDは興味を示していた。 動物の声を聞いて部族達は狩りをするが、ナスDもその才能が開花。ナスDも他の動物を探していた。猟開始から6時間、まだ獲物は捕れずその後も数時間粘っていた。


屋久杉染め 中折れ帽

福岡県・秋月城址にある工芸品店「夢細工」で1日密着する。社長の小室容久さんは草木染めの職人、年商3億円だという。店を覗くと1日の来店は22人、商品を買ったのはたった6人だった。一体ナゼ、これで3億円も年商が出ているのか?


児玉家住宅

今回のテーマは「移住」。ワイン造りを夢見て、神奈川横浜市から長野県東御市に移住した児玉さん夫婦の話。雨が少なく日照時間が長い気候がブドウの栽培に適しており、今や、千曲川ワインバレーと呼ばれている。移住を決意したのには大きな理由があり、実家の古民家を守る為に移住したという。明治43年に建築された国登録有形文化財の児玉家住宅、先祖は鎌倉幕府に仕えた御家人で味噌や養蚕業で巨万の富を得た児玉彦助さんが建てたもの。当時、250人の小作人を抱える大地主だったという。中に入ってみると大きな庭があり、其処から西門が見える。屋久杉の扉の奥は代々の当主が使った寝室との事。扉には戸をたたくと板が倒れ開けられない仕組みが施されている。親の実家に住むのを躊躇っていた夫の背中を推したのは妻の恵仁さん。


「屋久杉」に関連するグルメ情報

メルロー

今回のテーマは「移住」。ワイン造りを夢見て、神奈川横浜市から長野県東御市に移住した児玉さん夫婦の話。雨が少なく日照時間が長い気候がブドウの栽培に適しており、今や、千曲川ワインバレーと呼ばれている。移住を決意したのには大きな理由があり、実家の古民家を守る為に移住したという。明治43年に建築された国登録有形文化財の児玉家住宅、先祖は鎌倉幕府に仕えた御家人で味噌や養蚕業で巨万の富を得た児玉彦助さんが建てたもの。当時、250人の小作人を抱える大地主だったという。中に入ってみると大きな庭があり、其処から西門が見える。屋久杉の扉の奥は代々の当主が使った寝室との事。扉には戸をたたくと板が倒れ開けられない仕組みが施されている。親の実家に住むのを躊躇っていた夫の背中を推したのは妻の恵仁さん。