ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「山下拓見」の検索結果

「山下拓見」に関連する情報 34件中 1〜10件目

「山下拓見」に関連するグルメ情報

伊勢えびの刺し身

ラッシャー板前が、大分県佐伯市からの中継。天気は雨。山下拓見が登場し自称曇り女と自己紹介。去年オープンした、かまえインターパーク前で伊勢えびを紹介した。9月から解禁となり11月末まで伊勢えび海道をしている。太平洋を面してリアス式海岸のため伊勢えびが住みやすい環境となっている。佐伯市の23店舗と、宮崎県延岡市7店舗で開催している。かまえインターパーク内には、貝や干物なども置いてあり、奥にはレストランで新鮮なメニューを楽しむことが出来る。レストランで伊勢えびを捌く様子が流れた。ラッシャー板前が試食し、弾力と甘みがあるとコメントした。漁師料理の無塩汁を紹介した。 ラッシャー板前が試食し美味しさの余り唸った。  


「山下拓見」に関連するグルメ情報

無塩汁

ラッシャー板前が、大分県佐伯市からの中継。天気は雨。山下拓見が登場し自称曇り女と自己紹介。去年オープンした、かまえインターパーク前で伊勢えびを紹介した。9月から解禁となり11月末まで伊勢えび海道をしている。太平洋を面してリアス式海岸のため伊勢えびが住みやすい環境となっている。佐伯市の23店舗と、宮崎県延岡市7店舗で開催している。かまえインターパーク内には、貝や干物なども置いてあり、奥にはレストランで新鮮なメニューを楽しむことが出来る。レストランで伊勢えびを捌く様子が流れた。ラッシャー板前が試食し、弾力と甘みがあるとコメントした。漁師料理の無塩汁を紹介した。 ラッシャー板前が試食し美味しさの余り唸った。  


「山下拓見」に関連するグルメ情報

伊勢えび

ラッシャー板前が、大分県佐伯市からの中継。天気は雨。山下拓見が登場し自称曇り女と自己紹介。去年オープンした、かまえインターパーク前で伊勢えびを紹介した。9月から解禁となり11月末まで伊勢えび海道をしている。太平洋を面してリアス式海岸のため伊勢えびが住みやすい環境となっている。佐伯市の23店舗と、宮崎県延岡市7店舗で開催している。かまえインターパーク内には、貝や干物なども置いてあり、奥にはレストランで新鮮なメニューを楽しむことが出来る。レストランで伊勢えびを捌く様子が流れた。ラッシャー板前が試食し、弾力と甘みがあるとコメントした。漁師料理の無塩汁を紹介した。 ラッシャー板前が試食し美味しさの余り唸った。  


かまえインターパーク

ラッシャー板前が、大分県佐伯市からの中継。天気は雨。山下拓見が登場し自称曇り女と自己紹介。去年オープンした、かまえインターパーク前で伊勢えびを紹介した。9月から解禁となり11月末まで伊勢えび海道をしている。太平洋を面してリアス式海岸のため伊勢えびが住みやすい環境となっている。佐伯市の23店舗と、宮崎県延岡市7店舗で開催している。かまえインターパーク内には、貝や干物なども置いてあり、奥にはレストランで新鮮なメニューを楽しむことが出来る。レストランで伊勢えびを捌く様子が流れた。ラッシャー板前が試食し、弾力と甘みがあるとコメントした。漁師料理の無塩汁を紹介した。 ラッシャー板前が試食し美味しさの余り唸った。  


紅葉

大分・九重町から中継。大分朝日放送・山下拓見と共に、日本一の「九重”夢”大吊橋」から美しい紅葉や滝を紹介した。


九重”夢”大吊橋

大分・九重町から中継。大分朝日放送・山下拓見と共に、日本一の「九重”夢”大吊橋」から美しい紅葉や滝を紹介した。


大分朝日放送

大分・九重町から中継。大分朝日放送・山下拓見と共に、日本一の「九重”夢”大吊橋」から美しい紅葉や滝を紹介した。


カスガ水産

大分県津久見市からラッシャー板前が養殖のマグロを紹介する。一緒に紹介するパートナーは大分朝日放送の山下拓見。そして仕入れから販売までしているカスガ水産の三木繁さんが登場。保戸島ではマグロの遠洋漁業で有名な土地で、マグロの歴史は長いという。4年ほどの時間をかけて育てて、漁場で選別されたマグロはすぐに内蔵を取り除き、氷水につけて出荷される。


大分朝日放送

大分県津久見市からラッシャー板前が養殖のマグロを紹介する。一緒に紹介するパートナーは大分朝日放送の山下拓見。そして仕入れから販売までしているカスガ水産の三木繁さんが登場。保戸島ではマグロの遠洋漁業で有名な土地で、マグロの歴史は長いという。4年ほどの時間をかけて育てて、漁場で選別されたマグロはすぐに内蔵を取り除き、氷水につけて出荷される。


「山下拓見」に関連するグルメ情報

マグロ

大分県津久見市からラッシャー板前が養殖のマグロを紹介する。一緒に紹介するパートナーは大分朝日放送の山下拓見。そして仕入れから販売までしているカスガ水産の三木繁さんが登場。保戸島ではマグロの遠洋漁業で有名な土地で、マグロの歴史は長いという。4年ほどの時間をかけて育てて、漁場で選別されたマグロはすぐに内蔵を取り除き、氷水につけて出荷される。

三木繁さんが本マグロの解体ショーを行った。養殖のマグロが美味しくなったのはエサもそうだが、技術が向上したからだと語った。大きな包丁ではなく、出刃包丁で50キロのマグロを解体していく。三木繁さんの父親がお刺身用にカットし、ラッシャー板前が赤身や中トロを試食した。