ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「山中章子」の検索結果

情報提供元の新型コロナウイルス感染防止対応により番組情報の一部が表示されない場合があります

「山中章子」に関連する情報 387件中 1〜10件目

「山中章子」に関連するイベント情報

みんなの防災+ソナエ

ガチャピンとムックは防災啓発イベントのみんなの防災+ソナエに参加した。このイベントは内閣府も後援して毎年数カ所のイオンモールで体験を通じた防災意識の向上を目的に開催されている。ガチャピン・ムックは立ち上げ当時から防災ナビゲーターとして活躍。イベントでは局を代表してアナウンサーやキャラクターがナビゲーターとしてステージイベントを行っている。フジテレビではガチャピン・ムックが防災に関するクイズを出題し、その進行が山中章子アナウンサー。山中アナは今年の1月に防災士の資格を取得している。会場の様々なブースにガチャピンとムックがいる。


イオンモール幕張新都心

ガチャピンとムックは防災啓発イベントのみんなの防災+ソナエに参加した。このイベントは内閣府も後援して毎年数カ所のイオンモールで体験を通じた防災意識の向上を目的に開催されている。ガチャピン・ムックは立ち上げ当時から防災ナビゲーターとして活躍。イベントでは局を代表してアナウンサーやキャラクターがナビゲーターとしてステージイベントを行っている。フジテレビではガチャピン・ムックが防災に関するクイズを出題し、その進行が山中章子アナウンサー。山中アナは今年の1月に防災士の資格を取得している。会場の様々なブースにガチャピンとムックがいる。


「山中章子」に関連するイベント情報

みんなの防災+ソナエ

きょう千葉市で防災イベント「みんなの防災+ソナエ」が行われ、ガチャピンやムック、防災士の資格を持つフジテレビの山中章子アナウンサーが参加した。


HARUMI FLAG PAVILION

東京オリンピックの関連施設を取材。選手村は大会が終わるとマンションとして売り出される。今回はモデルルームに取材に行く。HARUMI FLAG PAVILIONを訪れ部屋を取材。街並みを紹介し、タワーマンション1棟と商業施設を加えた1万2000人が暮らす都市開発プロジェクトの全容が紹介されるスペースへ移動。そしてモデルルームを取材。」95平米の2LDK10階の部屋を取材。バスルーム、リビングを訪れる。バルコニーも広めに作っていると解説。ここでは取材後に値段を予想することに。正解は8590万円。予想をした渡辺和洋、山中章子は不正解。選手村に対するプランを紹介。


「山中章子」に関連するイベント情報

東京パラリンピック

次の訪れる場所は東京2020に関連する場所と語る。まず新国立競技場の様子を見ると9割ほど工事が完了。鉄骨と木が使われていると解説。一般の人が中に入ることができる日は最短でも今年の12月21日という。

東京オリンピックの関連施設を取材。選手村は大会が終わるとマンションとして売り出される。今回はモデルルームに取材に行く。HARUMI FLAG PAVILIONを訪れ部屋を取材。街並みを紹介し、タワーマンション1棟と商業施設を加えた1万2000人が暮らす都市開発プロジェクトの全容が紹介されるスペースへ移動。そしてモデルルームを取材。」95平米の2LDK10階の部屋を取材。バスルーム、リビングを訪れる。バルコニーも広めに作っていると解説。ここでは取材後に値段を予想することに。正解は8590万円。予想をした渡辺和洋、山中章子は不正解。選手村に対するプランを紹介。


「山中章子」に関連するイベント情報

東京オリンピック

次の訪れる場所は東京2020に関連する場所と語る。まず新国立競技場の様子を見ると9割ほど工事が完了。鉄骨と木が使われていると解説。一般の人が中に入ることができる日は最短でも今年の12月21日という。

東京オリンピックの関連施設を取材。選手村は大会が終わるとマンションとして売り出される。今回はモデルルームに取材に行く。HARUMI FLAG PAVILIONを訪れ部屋を取材。街並みを紹介し、タワーマンション1棟と商業施設を加えた1万2000人が暮らす都市開発プロジェクトの全容が紹介されるスペースへ移動。そしてモデルルームを取材。」95平米の2LDK10階の部屋を取材。バスルーム、リビングを訪れる。バルコニーも広めに作っていると解説。ここでは取材後に値段を予想することに。正解は8590万円。予想をした渡辺和洋、山中章子は不正解。選手村に対するプランを紹介。


法政大

渡辺和洋と山中章子が、若者研究所の懇親会が行われている会場を訪ね、テレビ視聴についてインタビューをする。今流行っているものを聞くと、青山学院女子短大2年は、時bンも体験できてなおかつインスタ映えの写真が取れるアート型の博覧会が凄く流行っていると話した。流行にはSNS映えが不可欠な様子。SNS映えのためのスマホアプリがあるそうで「moru」や「B612」で撮影した写真が放送された。慶応大2年は「昼に上げてもみんな昼は写真映えのために活動していていないから」などと投稿する時間を考えたりしていると明かした。radiko.jpはインストールしている人が多いといい、他のアプリを使いながら同時にラジオ番組を聞く人も多いという。

みなさんによく見るというドラマを挙げてもらった。男性陣は見ていない、ほぼ見ていない人が多め。「多分5,6年見ていない。ドラマの話を周りでしなくなったので見る必要なくなったのかな」など述べていた。女性陣は比較的見ている人が多め。「グッド・ドクター」は「心温まる面が強調されしみる感じ」など、「高嶺の花」をチョイスした人は「石原さとみさんのドラマは内容だけでなく服装も可愛らしい。雑誌感覚でドラマが見られる」など、「ヒモメン」を選んだ人は「私が養ってあげたいみたいな子も結構いるんですよ」など述べていた。中には「TVer」がドラマを知るきっかけとなったという人も。

若者のみなさんに「テレビに願うこと」を聞いた。「スマホとかに通知が入ればまだ見るかな、リアルタイムでも」「副音声で出演者の裏話を」「インスタグラム・YouTubeでの有名人に注目しているのでもっと素人が出れば見るんじゃないか」「ドラマの全話分のダイジェストを」「出演者の出演時間をHPなどで教えてほしい」「出演者を多様化してほしい」「若者が興味ない国会とかそういうニュースだけは見ないので、そういうのを若者向けにわかりやすくテレビで」「明るいニュースを届けてほしい」「番組内容をSNSで分かるようにしてほしい」などの意見が出た。


慶応大

渡辺和洋と山中章子が、若者研究所の懇親会が行われている会場を訪ね、テレビ視聴についてインタビューをする。今流行っているものを聞くと、青山学院女子短大2年は、時bンも体験できてなおかつインスタ映えの写真が取れるアート型の博覧会が凄く流行っていると話した。流行にはSNS映えが不可欠な様子。SNS映えのためのスマホアプリがあるそうで「moru」や「B612」で撮影した写真が放送された。慶応大2年は「昼に上げてもみんな昼は写真映えのために活動していていないから」などと投稿する時間を考えたりしていると明かした。radiko.jpはインストールしている人が多いといい、他のアプリを使いながら同時にラジオ番組を聞く人も多いという。

若者はテレビをどう見ているのか、話を聞いていく。一番見ているテレビ番号を書いてもらうと、最も多いのが「月曜から夜ふかし」で5人、他にもバラエティが多く上がる中、見ていないという人も2人いた。テラスハウスを見ているという上智大2年は、フジテレビで見ているんじゃなくてネットフリックスで見ているという。その他にも、セブンルールなどを見ている人がその理由を語った。ほぼ見ないという男性は、おばあちゃんがつけているのはNHKなのでほぼ見ていないという。ニュースはLINEニュースでYahooを使っていないという人が多かった。では日本テレビとフジテレビの違いをどの様に感じているのか。法政大2年は、日テレのほうがより「世界の果てまでイッテQ!」とか家族向けの番組が多いのかな、と印象を語った。

みなさんによく見るというドラマを挙げてもらった。男性陣は見ていない、ほぼ見ていない人が多め。「多分5,6年見ていない。ドラマの話を周りでしなくなったので見る必要なくなったのかな」など述べていた。女性陣は比較的見ている人が多め。「グッド・ドクター」は「心温まる面が強調されしみる感じ」など、「高嶺の花」をチョイスした人は「石原さとみさんのドラマは内容だけでなく服装も可愛らしい。雑誌感覚でドラマが見られる」など、「ヒモメン」を選んだ人は「私が養ってあげたいみたいな子も結構いるんですよ」など述べていた。中には「TVer」がドラマを知るきっかけとなったという人も。

若者のみなさんに「テレビに願うこと」を聞いた。「スマホとかに通知が入ればまだ見るかな、リアルタイムでも」「副音声で出演者の裏話を」「インスタグラム・YouTubeでの有名人に注目しているのでもっと素人が出れば見るんじゃないか」「ドラマの全話分のダイジェストを」「出演者の出演時間をHPなどで教えてほしい」「出演者を多様化してほしい」「若者が興味ない国会とかそういうニュースだけは見ないので、そういうのを若者向けにわかりやすくテレビで」「明るいニュースを届けてほしい」「番組内容をSNSで分かるようにしてほしい」などの意見が出た。


青山学院女子短大

渡辺和洋と山中章子が、若者研究所の懇親会が行われている会場を訪ね、テレビ視聴についてインタビューをする。今流行っているものを聞くと、青山学院女子短大2年は、時bンも体験できてなおかつインスタ映えの写真が取れるアート型の博覧会が凄く流行っていると話した。流行にはSNS映えが不可欠な様子。SNS映えのためのスマホアプリがあるそうで「moru」や「B612」で撮影した写真が放送された。慶応大2年は「昼に上げてもみんな昼は写真映えのために活動していていないから」などと投稿する時間を考えたりしていると明かした。radiko.jpはインストールしている人が多いといい、他のアプリを使いながら同時にラジオ番組を聞く人も多いという。

若者はテレビをどう見ているのか、話を聞いていく。一番見ているテレビ番号を書いてもらうと、最も多いのが「月曜から夜ふかし」で5人、他にもバラエティが多く上がる中、見ていないという人も2人いた。テラスハウスを見ているという上智大2年は、フジテレビで見ているんじゃなくてネットフリックスで見ているという。その他にも、セブンルールなどを見ている人がその理由を語った。ほぼ見ないという男性は、おばあちゃんがつけているのはNHKなのでほぼ見ていないという。ニュースはLINEニュースでYahooを使っていないという人が多かった。では日本テレビとフジテレビの違いをどの様に感じているのか。法政大2年は、日テレのほうがより「世界の果てまでイッテQ!」とか家族向けの番組が多いのかな、と印象を語った。

若者のみなさんに「テレビに願うこと」を聞いた。「スマホとかに通知が入ればまだ見るかな、リアルタイムでも」「副音声で出演者の裏話を」「インスタグラム・YouTubeでの有名人に注目しているのでもっと素人が出れば見るんじゃないか」「ドラマの全話分のダイジェストを」「出演者の出演時間をHPなどで教えてほしい」「出演者を多様化してほしい」「若者が興味ない国会とかそういうニュースだけは見ないので、そういうのを若者向けにわかりやすくテレビで」「明るいニュースを届けてほしい」「番組内容をSNSで分かるようにしてほしい」などの意見が出た。


日本女子大

渡辺和洋と山中章子が、若者研究所の懇親会が行われている会場を訪ね、テレビ視聴についてインタビューをする。今流行っているものを聞くと、青山学院女子短大2年は、時bンも体験できてなおかつインスタ映えの写真が取れるアート型の博覧会が凄く流行っていると話した。流行にはSNS映えが不可欠な様子。SNS映えのためのスマホアプリがあるそうで「moru」や「B612」で撮影した写真が放送された。慶応大2年は「昼に上げてもみんな昼は写真映えのために活動していていないから」などと投稿する時間を考えたりしていると明かした。radiko.jpはインストールしている人が多いといい、他のアプリを使いながら同時にラジオ番組を聞く人も多いという。

若者はテレビをどう見ているのか、話を聞いていく。一番見ているテレビ番号を書いてもらうと、最も多いのが「月曜から夜ふかし」で5人、他にもバラエティが多く上がる中、見ていないという人も2人いた。テラスハウスを見ているという上智大2年は、フジテレビで見ているんじゃなくてネットフリックスで見ているという。その他にも、セブンルールなどを見ている人がその理由を語った。ほぼ見ないという男性は、おばあちゃんがつけているのはNHKなのでほぼ見ていないという。ニュースはLINEニュースでYahooを使っていないという人が多かった。では日本テレビとフジテレビの違いをどの様に感じているのか。法政大2年は、日テレのほうがより「世界の果てまでイッテQ!」とか家族向けの番組が多いのかな、と印象を語った。

みなさんによく見るというドラマを挙げてもらった。男性陣は見ていない、ほぼ見ていない人が多め。「多分5,6年見ていない。ドラマの話を周りでしなくなったので見る必要なくなったのかな」など述べていた。女性陣は比較的見ている人が多め。「グッド・ドクター」は「心温まる面が強調されしみる感じ」など、「高嶺の花」をチョイスした人は「石原さとみさんのドラマは内容だけでなく服装も可愛らしい。雑誌感覚でドラマが見られる」など、「ヒモメン」を選んだ人は「私が養ってあげたいみたいな子も結構いるんですよ」など述べていた。中には「TVer」がドラマを知るきっかけとなったという人も。