ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「山手トンネル」の検索結果

「山手トンネル」に関連する情報 1085件中 1〜10件目

山手トンネル

第4位は、「火災事故に巻き込まれたドライバーたち」。今週火曜日、首都高速湾岸線・川崎航路トンネル内でトラックが炎上。計14台が絡む死亡事故になった。炎が上がると、トンネル内に煙が充満し、次々追突事故が起きた。交通事故鑑定人は、トンネル内で火災事故に遭遇した場合の対処方法について挙げたのは「まず非常口から脱出すること」。トンネル内は24時間首都高速道路が監視しており、発生に伴い情報を告知できる。ラジオをつけていれば、火災情報が受け取れる仕組みになっている。この時必要なのは、車を停車させること(可能なら路肩に停車)。カギを車内に残したまま、ドアをロックせずに車外に出たら、非常口を探す。首都高のトンネルには、400m間隔に非常口が設置されている。非常口からは階段で地上まで上がれる。最近では、すべり台型の非常口が設置されているトンネルもある。避難の際は、落ち着いて速やかな避難を心がけること。


山手トンネル

非常口への避難方法を解説。川崎航路トンネル(全長1954m)の非常口は上下線合わせて62か所あり、非常口から出て避難通路を通って地上出口に向かう。地上出口は2か所。避難経路の映像を公開。非常口の扉は耐火のものを使用し、厚みがあり扉に熱の影響が出ない。避難通路は車道と別の換気をしていて、気圧を高く保っている。気圧が高い避難通路には煙が流れてくることはないという。東京湾アクアラインや山手トンネルでは、滑り台のような形で下にある避難経路に降りる構造になっている。


東京湾アクアライン

非常口への避難方法を解説。川崎航路トンネル(全長1954m)の非常口は上下線合わせて62か所あり、非常口から出て避難通路を通って地上出口に向かう。地上出口は2か所。避難経路の映像を公開。非常口の扉は耐火のものを使用し、厚みがあり扉に熱の影響が出ない。避難通路は車道と別の換気をしていて、気圧を高く保っている。気圧が高い避難通路には煙が流れてくることはないという。東京湾アクアラインや山手トンネルでは、滑り台のような形で下にある避難経路に降りる構造になっている。


川崎航路トンネル

本日のQuestionは、「突然の【トンネル火災】に遭遇したら命をどう守るのか?」。今回は東扇島出口と川崎浮島JCTの間にある川崎航路トンネルで事故が起きた。

トンネルの外で気をつける点は、「信号」「警報板」。トンネル前の信号が赤になっている時は、トンネルで火災事故が起きた場合。警報板は、事故や火災があった場合に「ここで止まれ」などのメッセージが出る。信号と警報板に気がついたら、道路の左側に車を寄せ、トンネルの中に入らなず車で待機する。今回、首都高速道路の異常を察知したのは17日午後11時6分で、赤信号の点灯と警報表示が1分以内に出たと言われる。トンネルの中に入ってしまったら、車を路肩に停める。非常口の前には停めないことに注意。車を停めたら、非常口に向かって車の外に避難する。この時、エンジンを停止し、キーは車内に残す。ハンカチなどで口を押さえて低い姿勢で逃げるのが良い。

非常口への避難方法を解説。川崎航路トンネル(全長1954m)の非常口は上下線合わせて62か所あり、非常口から出て避難通路を通って地上出口に向かう。地上出口は2か所。避難経路の映像を公開。非常口の扉は耐火のものを使用し、厚みがあり扉に熱の影響が出ない。避難通路は車道と別の換気をしていて、気圧を高く保っている。気圧が高い避難通路には煙が流れてくることはないという。東京湾アクアラインや山手トンネルでは、滑り台のような形で下にある避難経路に降りる構造になっている。


環八

直上階段型の中央環状線山手トンネルは250mおきに非常口があり地上に避難が可能。床版下避難通路経由型は緑のボタンを押すと扉が開き滑り台を降りると避難できる。清水和夫はトンネルは渋滞するものと思っておいたほうがいいなどとコメントした。車はキーを残したままで避難する、非常口の前に車を停めないなどが必要。


中央環状線山手トンネル

直上階段型の中央環状線山手トンネルは250mおきに非常口があり地上に避難が可能。床版下避難通路経由型は緑のボタンを押すと扉が開き滑り台を降りると避難できる。清水和夫はトンネルは渋滞するものと思っておいたほうがいいなどとコメントした。車はキーを残したままで避難する、非常口の前に車を停めないなどが必要。


首都高速

直上階段型の中央環状線山手トンネルは250mおきに非常口があり地上に避難が可能。床版下避難通路経由型は緑のボタンを押すと扉が開き滑り台を降りると避難できる。清水和夫はトンネルは渋滞するものと思っておいたほうがいいなどとコメントした。車はキーを残したままで避難する、非常口の前に車を停めないなどが必要。


山手トンネル

8日午前、首都高・中央環状線山手トンネル内の換気をする施設で黒煙が上がった。地下にあるトンネル内の空気を浄化する「脱硝機」という設備から煙が出たという。


首都高・中央環状線

8日午前、首都高・中央環状線山手トンネル内の換気をする施設で黒煙が上がった。地下にあるトンネル内の空気を浄化する「脱硝機」という設備から煙が出たという。


気象庁HP

兵庫県豊岡市で37.9℃を記録。今年の猛暑は「じめじめ猛暑」と言われる。温湿度計を手にいろんなところを総力取材。天達武史気象予報士は今年の夏はとにかく湿度が高いと語る。去年の平均最小湿度で48%。しかし今年は3日間で58.3%。(気象庁HPより算出)日中に気温が上がっても温度は下がり切らず。天達武史気象予報士は熱中症の危険が高いと解説。173人が熱中症の疑いで搬送。午後2時頃に測定を番組が行った。逗子海水浴場ではテント内の湿度を測らせてもらうと64%の湿度を記録。海に入って涼もうと思ったが生ぬるいと語る。波打ち際の湿度は77%。温度は33.4℃だった。都内の街中を取材。新宿区新宿アルタ前では温度計は36℃。湿度は50%。ビルの谷間でもガード下でも温度が35℃以上で、湿度は50%以上。しかし快適スポットとして、人通りが少ない細い路地では湿度が下がった。ビルからの放熱や換気、冷たい空気など複雑に入り乱れていると饒村曜氏が解説。その後地下鉄の通気口を測定すると湿度は40%に。サーモカメラでも30℃を下回った。高速道路の地下道から首都高山手トンネルを実際に走って測定。手間では気温41.1℃、湿度45%。しかしトンネルの中では温度計は38℃を超え、湿度は62%。サーモカメラではほぼ40℃を示す。温度を下げるためにミストが出ているが湿度は60%になっていた。また住宅地ではエアコンを付けても危険な場所を取材。台所では気温が28.5℃で湿度が60%。さらに2階へ取材。天井からの熱も加わるので、温かい空気が溜まりやすい。気温は37.4℃で湿度は62%。これは今回の取材で行った地下トンネル内とほぼ同じだった。日本列島は太平洋高気圧の上に、チベット高気圧のダブル高気圧に。じめじめ猛暑に続く一つは台風。もし日本列島が直撃するようなコースを通るとガラッと変わる可能性があると天達武史が語る。