ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「岡井千聖」の検索結果

「岡井千聖」に関連する情報 823件中 1〜10件目

プロペ商店街

入山法子の出身地・浦和区はエリートシティーだと話題になり浦和駅の様子を取り上げた。すると岡井千聖は所沢市が現在工事ばかりで何もないと話しプロペ商店街の写真を紹介した。入山はGLAYのファンで福岡まで駆けつけたという。2001年のライブDVDで観戦している16歳当時の入山が確認できる。埼玉の人間はテレビに映りたがる傾向にあり、若槻は夏休みを笑っていいとも!オープニングの映り込みに賭けたが「森田一義アワー」の文字で顔が隠されてしまったという。タレントになって笑っていいとも!に出演した時にタモリと当時に映像を見た。


浦和駅

入山法子の出身地・浦和区はエリートシティーだと話題になり浦和駅の様子を取り上げた。すると岡井千聖は所沢市が現在工事ばかりで何もないと話しプロペ商店街の写真を紹介した。入山はGLAYのファンで福岡まで駆けつけたという。2001年のライブDVDで観戦している16歳当時の入山が確認できる。埼玉の人間はテレビに映りたがる傾向にあり、若槻は夏休みを笑っていいとも!オープニングの映り込みに賭けたが「森田一義アワー」の文字で顔が隠されてしまったという。タレントになって笑っていいとも!に出演した時にタモリと当時に映像を見た。


PIKO

鶴ヶ島市出身で川越市の学校に通っていた櫻井淳子は中学生時代、眉毛が太かったためケンシロウと呼ばれていた。夏菜はPIKOの服を着ていて藤田ニコルがこれからまたPIKOのブームがくると話した。ニックネームについて聞かれると夏菜はそのまま、岡井千聖はボノボと答えた。高校1年の写真でロングスカートだった櫻井淳子はヤンチャじゃなくてもロングスカートが当たり前だったと話した。池袋から来た同級生が短いスカート履き出したのを見てから櫻井も短いスカートを履き出した。


「岡井千聖」に関連するレストラン・飲食店

小江戸 川越屋

鶴ヶ島市出身で川越市の学校に通っていた櫻井淳子は中学生時代、眉毛が太かったためケンシロウと呼ばれていた。夏菜はPIKOの服を着ていて藤田ニコルがこれからまたPIKOのブームがくると話した。ニックネームについて聞かれると夏菜はそのまま、岡井千聖はボノボと答えた。高校1年の写真でロングスカートだった櫻井淳子はヤンチャじゃなくてもロングスカートが当たり前だったと話した。池袋から来た同級生が短いスカート履き出したのを見てから櫻井も短いスカートを履き出した。


川越水上公園

川越水上公園について岡井千聖は「めっちゃ深いプールがある」と話した。


「岡井千聖」に関連する本・コミック・雑誌

翔んで埼玉

1982年に連載され埼玉をディスリまくった漫画「翔んで埼玉」が2015年に復刊されると再び注目を受け累計発行部数は70万部。続々と埼玉関連本が登場し埼玉大ブームが到来した。「ださいたま」を世に広めたのは1982年当時毒舌で人気だったタモリ。若者に流行の竹の子族に埼玉出身者が多かった事と垢抜けないもんぺ風の衣装を合わせて「ださいたま」と名付け全国放送で連発すると流行語となり全国に定着。そのコンプレックスが生んだ成り上がり志向といじられキャラから各ジャンルで埼玉レジェンドが大活躍した。AKB48も埼玉出身者が多く朝日奈央などバラエティエンヌも埼玉出身。

2000年代、TOKYOギャルはでっかいサングラス、短いホットパンツ、厚底ブーツを付けてギャル達は歩いていた。若槻千夏は厚底履く時は東京、埼玉ではジャージを着ると話した。うどん屋でアルバイトしていた若槻千夏は670円、藤田ニコルも700円いかなかったが東京の時給が1000円以上だった事にやらしい妄想をしていた。若槻は「白鳥麗子でございます!」に影響を受け高校にタクシーで行くためバイトしていた。戸田を都会だと主張し続ける藤田ニコルに岡井千聖は「戸田終電何時?」と突っ込んだ。戸田市の終電11時後半に対して、所沢市の終電は12時15分だという。


吉見百穴

今回のゲストのヒントを紹介。埼玉なのにベストジーニストを受賞し最高視聴率32.5%の人気ドラマ「ごくせん」に出演、出身は埼玉の駅がないのどかな町。お父様は京王電鉄の元運転士でゲストが門限を破ると激怒した。17畳のリビングダイニングでピアノのレッスンをしていたという。 お母様は杉並区から埼玉に移ってきた。ゲストは両親に高級外車、高級時計、グアム旅行をプレゼントした。実家近くに沼があり観光名所・吉見百穴で遊んでいた。実家では娘の作品を保管している。ゲストはデザイナーとしても成功している。

若槻千夏、入山法子、岡井千聖、櫻井淳子、藤田ニコル、夏菜、伊藤愛真がスタジオに登場。埼玉県出身のスペシャルゲストの正解は若槻千夏だった。戸田出身の藤田ニコルは5分で東京に行けるので勝ち組だと主張、一方、若槻千夏は東京まで2時間半かかると話した。


東京観光専門学校

ホテル学科ではバーカウンター実習室があり、常時100種類ほどのお酒が置いてある。実習ではプロのテクニックやお客様との会話スキルの練習を行っている。学生が岡井千聖をイメージしたカクテルを作り試飲して「ご飯後に出されたらいい感じ」と話した。


東京駅

岡井千聖のバスツアーに初潜入。1泊2日のファンツアーで金額は1人66000円。AM10時、東京駅バスターミナルからスタート。総勢192人が参加し2歳から60代まで幅広い世代が参加。岡井はバスに乗らず先に会場となるホテルに到着していた。1日目はグリーティング、2S撮影会・グッズ販売、蜂蜜工房見学、夕食、お楽しみ企画が準備された。解散からファン交流がなかったため2ショット撮影でお客さんは爪痕を残そうとし、グッズ販売は他では手に入らない商品が並んだ。蜂蜜工房見学では岡井が食リポを行い夕食は岡井が参加者全員と水で乾杯。お酒・ジュースなどのドリンクは別料金。


「岡井千聖」に関連するイベント情報

北京五輪

スタジオでは岡田結実が「学校の授業で卓球とサッカーが同じくらいの人気だったので卓球=マイナーなイメージがなかった」などとトーク。岡井千聖は地味ーズと呼ばれる男の子たちが卓球をしていたとコメントした。また、沢松奈生子はマルチナ・ナブラチロワの登場でテニス界が変わったと思ったと話した。平野早矢香は松岡修造が北京五輪にも応援に来ていたというエピソードを披露。