ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「岩尾望」の検索結果

「岩尾望」に関連する情報 836件中 1〜10件目

ルミネtheよしもと

岩尾望コントライブ2019秋のテロップ。


「岩尾望」に関連するイベント情報

岩尾望コントライブ2019秋


週刊新潮

吉本興業闇営業から発展したお家騒動問題で、公正取引委員会が吉本興業の契約書なしを問題視したことについて元衆院議員の男性は「公正取引委員会の発言は重く、ウワサでは聞いていた契約書なしは本当になかったので驚いている」と話した。弁護士は「テレビに出るようになったら契約書を交わすなどの基準を設けたほうがいい」と話した。契約書問題について以前元吉本芸人の男性が芸人プロ試験を提案していたことについて後藤輝基は「芸人が聞いて俺らはまだ素人だから頑張らないといけないという意味もある」と話した。岩尾望は「芸人は補償がないのは分かって飛び込んできているので全部を変えようということにはならない」と話した。


吉本興業ホールディングス

吉本興業闇営業から発展したお家騒動問題で、公正取引委員会が吉本興業の契約書なしを問題視したことについて元衆院議員の男性は「公正取引委員会の発言は重く、ウワサでは聞いていた契約書なしは本当になかったので驚いている」と話した。弁護士は「テレビに出るようになったら契約書を交わすなどの基準を設けたほうがいい」と話した。契約書問題について以前元吉本芸人の男性が芸人プロ試験を提案していたことについて後藤輝基は「芸人が聞いて俺らはまだ素人だから頑張らないといけないという意味もある」と話した。岩尾望は「芸人は補償がないのは分かって飛び込んできているので全部を変えようということにはならない」と話した。


吉本興業

吉本興業闇営業から発展したお家騒動問題で、公正取引委員会が吉本興業の契約書なしを問題視したことについて元衆院議員の男性は「公正取引委員会の発言は重く、ウワサでは聞いていた契約書なしは本当になかったので驚いている」と話した。弁護士は「テレビに出るようになったら契約書を交わすなどの基準を設けたほうがいい」と話した。契約書問題について以前元吉本芸人の男性が芸人プロ試験を提案していたことについて後藤輝基は「芸人が聞いて俺らはまだ素人だから頑張らないといけないという意味もある」と話した。岩尾望は「芸人は補償がないのは分かって飛び込んできているので全部を変えようということにはならない」と話した。


吉本興業

スタジオでは吉本興業の問題について解説があった。「行った先に事件に関わった人物がいたということだけでアイツらが犯罪に手を染めたわけやない、どうして会社を悪く言って自ら退路を断つようなことをしてしまったのかな」などと元お笑いタレントは話しているという。

スタジオでは吉本興業の問題について解説があった。忘れてはいけないのはもともとは彼らがお金はもらっていませんよと嘘をついたことなどを我々は忘れてはいけないなどと元議員は話した。「吉本の会長が辞めたら吉本も潰れるから辞めんでもなくなるで」まどと元お笑いタレントは話しているという。

スタジオでは吉本興業の問題について解説があった。岩尾望は「僕たちもわからないぐらいの会長らを怖がっているという空気を肌で感じてきたという距離にいたのだから、芸人同士でで話をするのが一番わかりあえる」などと話した。


吉本興業ホールディングス

吉本興業闇営業から発展したお家騒動問題で、加藤浩次は「今の社長そして会長の体制が続くのなら会社を辞める」と自身が司会の情報番組で話し経営陣の刷新を求めた。おととい吉本興業会長と緊急会談を行い、話し合いは平行線に終わり退社は一旦保留となった。この問題について陣内智則は「加藤浩次などが組んで吉本を変えて楽しくやりたい」と話した。ケンドーコバヤシは「加藤浩次には辞めずに闘ってほしい」と話した。また、週刊新潮に引退した元吉本芸人のインタビュー記事が掲載され「喧嘩しても絶対に仲直りできるはずや」と話した。、

吉本興業闇営業から発展したお家騒動問題で、加藤浩次の辞める発言についてあべかすみは「加藤浩次と吉本興業会長との会談は和やかで双方とも吉本を良くしようというところで一致しているが、平行線なので今後どうなるか注目されるが、経営陣の改革次第では加藤浩次は辞めないかも知れない」と話した。この問題について徳光和夫は「事の発端は在阪在京5社が株主になっているという発言がきっかけになっている」と話した。薬丸裕英は「闇営業問題から吉本興業内部の問題になり他所様が語れない」と話した。後藤輝基は「加藤浩次にはこのまま居続けてほしい」と話した。岩尾望は「反社と決別するだけなのにヤクザ映画の相関図のようにされている」と話した。横澤夏子は「お客さんはどういう気持でネタを見ればいいかとなると早く収拾してほしい」と話した。


吉本興業

吉本興業闇営業から発展したお家騒動問題で、加藤浩次は「今の社長そして会長の体制が続くのなら会社を辞める」と自身が司会の情報番組で話し経営陣の刷新を求めた。おととい吉本興業会長と緊急会談を行い、話し合いは平行線に終わり退社は一旦保留となった。この問題について陣内智則は「加藤浩次などが組んで吉本を変えて楽しくやりたい」と話した。ケンドーコバヤシは「加藤浩次には辞めずに闘ってほしい」と話した。また、週刊新潮に引退した元吉本芸人のインタビュー記事が掲載され「喧嘩しても絶対に仲直りできるはずや」と話した。、

吉本興業闇営業から発展したお家騒動問題で、加藤浩次の辞める発言についてあべかすみは「加藤浩次と吉本興業会長との会談は和やかで双方とも吉本を良くしようというところで一致しているが、平行線なので今後どうなるか注目されるが、経営陣の改革次第では加藤浩次は辞めないかも知れない」と話した。この問題について徳光和夫は「事の発端は在阪在京5社が株主になっているという発言がきっかけになっている」と話した。薬丸裕英は「闇営業問題から吉本興業内部の問題になり他所様が語れない」と話した。後藤輝基は「加藤浩次にはこのまま居続けてほしい」と話した。岩尾望は「反社と決別するだけなのにヤクザ映画の相関図のようにされている」と話した。横澤夏子は「お客さんはどういう気持でネタを見ればいいかとなると早く収拾してほしい」と話した。


ワニブックス

ゲストの矢口真里が解散の危機があった当時についてトーク。「ふるさと」を発表した時、マネージャーから「次の曲が売れなかったらヤバイ」と言われた。このヤバイは解散のことで、次に出したのが「LOVEマシーン」だった。デビュー当時からのファンが岩尾望によると、モー娘。主演の映画「ピンチランナー」があり駅伝がテーマだった。メンバーは実際のマラソン大会に参加、その様子をそのまま撮影した。グループ内で格差もあり、保田圭はPVで1ショットが殆どなかった。写真集でも矢口や飯田は海外撮影をしたが、保田は麻布十番だった。


「岩尾望」に関連する本・コミック・雑誌

kei

ゲストの矢口真里が解散の危機があった当時についてトーク。「ふるさと」を発表した時、マネージャーから「次の曲が売れなかったらヤバイ」と言われた。このヤバイは解散のことで、次に出したのが「LOVEマシーン」だった。デビュー当時からのファンが岩尾望によると、モー娘。主演の映画「ピンチランナー」があり駅伝がテーマだった。メンバーは実際のマラソン大会に参加、その様子をそのまま撮影した。グループ内で格差もあり、保田圭はPVで1ショットが殆どなかった。写真集でも矢口や飯田は海外撮影をしたが、保田は麻布十番だった。