ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「岸本哲也」の検索結果

「岸本哲也」に関連する情報 119件中 1〜10件目

海上自衛隊

佐賀・大町町からの中継。浸水した順天堂病院に近づける距離で、現在海上自衛隊のゴムボートで人や物資の輸送をしていると伝えた。順天堂病院には、2、3階の病室は移動はなく、1階の外来用のフロアはまだ水が油と混ざっているため滑りやすい。隣の2階建て老人保健施設では、1階と2階に入所者がいて、1階の入所者を2階に避難させている。要介護3から5の方だったため、避難も困難だった。患者や老人は施設にとどまって治療するが、電気ガス水道は今は大丈夫だが飲み水と薬が足りなくなってきたので、今後補給が必要。鉄工所から流出された周辺の油は、今も確認できる。今夜から再び大雨予報があるため、厳重な警戒が必要だと伝えた。水に浸った家屋の処理が大変だが、更に重油がかかっているため、使えない恐れがある。岸本哲也は復旧に時間がかかるとコメントした。


順天堂病院

昨日、浸水被害が出た佐賀・大町町で撮影された黒い液体は、鉄工所から流出した最大10万リットルの油。流出した油は近くの順天堂病院へ迫り、入院患者は上に避難して孤立状態になった。自衛隊はオイルフェンスやマットなどを使い被害拡大の防止にあたった。九州北部を襲った記録的大雨は、甚大な被害が各地に広がり佐賀・武雄市では県道が冠水、取り残された家族が海上保安庁のヘリで救出、水没した2階建てアパートの2階部分からボートでの救出などが行われた。武雄市では水に流された車から50台の男性が発見・死亡が確認された。佐賀市では観測史上最も多い一時間110ミリの雨を観測。福岡・八女市では84歳の男性が車ごと水路に流され死亡。3県の大雨特別警報は昨日午後3時前に解除されたが今後の警戒が必要とのこと。

佐賀・大町町からの中継。浸水した順天堂病院に近づける距離で、現在海上自衛隊のゴムボートで人や物資の輸送をしていると伝えた。順天堂病院には、2、3階の病室は移動はなく、1階の外来用のフロアはまだ水が油と混ざっているため滑りやすい。隣の2階建て老人保健施設では、1階と2階に入所者がいて、1階の入所者を2階に避難させている。要介護3から5の方だったため、避難も困難だった。患者や老人は施設にとどまって治療するが、電気ガス水道は今は大丈夫だが飲み水と薬が足りなくなってきたので、今後補給が必要。鉄工所から流出された周辺の油は、今も確認できる。今夜から再び大雨予報があるため、厳重な警戒が必要だと伝えた。水に浸った家屋の処理が大変だが、更に重油がかかっているため、使えない恐れがある。岸本哲也は復旧に時間がかかるとコメントした。


リトルジェムス

北九州市内の認可外保育施設『リトルジェムス』から岸本哲也による中継。こちらでは、ランチタイム等全ての場面での会話が英語で行われている。ここで、カナダ人講師による暴行が行われていた。また、この講師は園児を箱の中に入れたりもしていた。周りの講師達は静止しなかった。男性講師は乱暴な振る舞いを園児らに対して行っていた。この動画には多くの乱暴な振る舞いが記録されていた。この動画を撮影していたのは、最近までこの施設で働いていた元講師のアメリカ人だ。映像の一部をSNSに投稿したことで暴行の事実が明らかになった。映像を見た市民から通報を受け、先月市は保育施設に立ち入り調査を行った。リトルジェムスの担当者は当初、暴行の事実を否定していた。しかし今週月曜日、再び市民から市に通報があると、施設側は事実を認めカナダ人講師を出勤停止とした。一昨日行われた保護者説明会で、施設側は「カナダ人講師は教育熱心過ぎて手が出た。」等と説明した。一方、保護者からは「暴行は日常的に行われていたのか?」等という質問が出た。とくダネ!は告発者のアメリカ人の元講師に先程、話を聞けた。元講師は「暴行が行われた事実を親達に知らせたいと思った。」等とコメントした。


岸本哲也がマザー牧場で令和の巨大羊文字に挑戦した。マザー牧場ではおよそ150頭の羊が岸本に近づいてきた。羊は令和と書かれた餌の上で餌を食べ、令和の文字となった。マザー牧場では、今月いっぱい毎日12時半から礼和の羊文字を作るという。


マザー牧場

岸本哲也がマザー牧場で令和の巨大羊文字に挑戦した。マザー牧場ではおよそ150頭の羊が岸本に近づいてきた。羊は令和と書かれた餌の上で餌を食べ、令和の文字となった。マザー牧場では、今月いっぱい毎日12時半から礼和の羊文字を作るという。


アブ

医師の谷口が解説。谷口は、「水分なしに68時間は過ごせない。男児は中等度の脱水症状。」とコメント。中等度の脱水症状は、体重が3〜9%減り、呼吸数が少し速くなり、意識がもうろう状態になる。尾畠春夫は、「発見時、男児は小さな声だった。抱きかかえた時、グッタリはしてなかった。男児に飴玉を差し出すとガリガリガリガリと食べた。」とコメント。岸本哲也は、「現地を歩いたらアブが多かった。」とコメント。尾畠春夫は、「ボランティアの装備は、救急セットが基本。今回は使わなかった。」とコメント。


「岸本哲也」に関連するイベント情報

大阪天神祭

大阪天神祭から岸本哲也の中継「32度を超えてきている」と伝えた。天神祭の最終日で、熱中症対策として牛の体を濡れたタオルで拭いたり扇風機を回したりしている。木川英は熱中症対策で「必要でなければ外に出ない」とコメントした。


熱中症

室内の部活でも熱中症が出ているという。一昨日坂出市の香川県立坂出高等学校では吹奏楽部の練習中に女子部員3人が救急搬送され1人が手のしびれなどを訴えた。吹奏楽部は90人以上居て搬送された女子部員たちはクラリネットパートとして冷房もない階段で約一時間練習して熱中症になったという。練習専用の教室も不足し、進学校のため普通教室を使うと勉強に支障が出るという恐れもあり階段で練習していたが教師たちも階段練習の存在を知らなかったという。明日からの高校総体、三重県では開催される14競技27会場すべてに暑さ指数の測定器やミストシャワーなどを設置するという。また愛知県の少年野球大会は名古屋市大会を中止にしたという。愛知県大会に出場する名古屋市代表は抽選で決定することになったとのこと。筑波大学でグラウンドを調査したら午後5時時点で気温が33℃、グラウンドの表面温度は41℃であったり体育館は蒸し風呂状態であるなど危険な点が多々あり、夏にこういった行事が集中する件について上が決断しなければならない時期に来ているのではなどと語られた。

熱中症に関しては教師も苦悩しているという。関東の公立中学校野球部の副顧問はSNSに「35℃超えて部活していたら地域の人はクレームを入れてください。我々副顧問ではどうにもなりません」と投稿したという。暑さ指数で運動禁止の温度になっても通常通り部活動が行われ、校長は他の学校もやっている10分置きに水分とってと言うだけだという。夏休み中も部活は続き、自分の判断で練習を休みにも出来ないという。生徒や保護者からの声、同じ地区での熱中症事例でも変わらず、夏を超えないと強く慣れないという風潮が学校内にあるのだという。また部活を減らすと保護者からクレームが来るというパターンもあるという。出演者からは原則ではなく暑さ指数危険は屋外禁止と決めないとならないなどと語られた。また背景には今の子は弱いという幻想があると語られた。

大阪天神祭から岸本哲也の中継「32度を超えてきている」と伝えた。天神祭の最終日で、熱中症対策として牛の体を濡れたタオルで拭いたり扇風機を回したりしている。木川英は熱中症対策で「必要でなければ外に出ない」とコメントした。


「岸本哲也」に関連するグルメ情報

ラベンダーアイス

岸本哲也による中継。道路上に雪が積もってきており、今後雪が降り続く模様。地元で売っているラベンダーアイスを試食。岸本哲也は「おいしい」とコメントし、注意をして遊びに来るよう伝えた。


ラベンダー

岸本哲也による中継。道路上に雪が積もってきており、今後雪が降り続く模様。地元で売っているラベンダーアイスを試食。岸本哲也は「おいしい」とコメントし、注意をして遊びに来るよう伝えた。