ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「川島令三」の検索結果

「川島令三」に関連する情報 345件中 1〜10件目

台湾鉄道

おととい夕方宜蘭県で脱線事故が起きた。猛スピードでカーブに差し掛かり、大きく左に傾き脱線し横に倒れたまま突っ込んでいった。これまでに18人が死亡し190人が重軽傷を負っている。脱線したのはプユマ号で愛知県にある日本車輌製造が製造した車両である。事故原因はカーブでの速度超過とみられていて、当時列車のスピードは規定の2倍近い140kmだったという。

事故30分前に運転士が本部に「ブレーキがかかってしまう」「ATPをオフにしたい」とシステムの以上を訴えていていた。事故当時ATPはオフ状態で運転士がオフにしたのではと見られている。ATPをオフにするのは日本では懲戒免職ものだという。鉄道アナリストの川島令三氏は「そもそも異常があれば運行を停止するべき。運転士は遅れを取り戻すためATPをオフにしたのでは」と話している。古市憲寿は「日本製とのことなので日本で使っているものも大丈夫なのかもっと捜査して安心して乗りたい」と話した。


日本車輌製造

昨日、台湾・宜蘭県で起きた特急列車の脱線する映像が公開された。事故は台湾北東部にある新馬駅付近の緩やかにカーブしている地点で起き、18人が死亡し187人が負傷した。脱線したのは8両編成の特急列車「プユマ号」で愛知「日本車輌製造」が造り2012〜2015年感に納入されたものだ。日本車輌製造のHPによると運転最高速度は時速140kmで高性能な傾斜装置を備えていることからカーブでも速度を落とさず安全走行ができるとあった。

台湾鉄道は事故30分前に運転しから「動力が足りない」など以上を伝える連絡があったとしている。また現地メディアは乗客の証言で「事故直前に数回急ブレーキがかかった」と報じた。今回の事故原因について鉄道アナリストの川島令三は「福知山の事故とよく似ている」と語った。JR福知山選の脱線事故では死者107人、怪我は562人を出したこの事故はブレーキ使用が遅れた速度超過が原因とされている。 川島令三は「福知山の事故もW状に車両が重なっていた典型的な転覆脱線で速度超過が完全な原因」と解説した。また「日本の車両は不具合があれば止まるようできている、急ブレーキは機会側が止めるため、それを回復するために運転士がスピードを出した」と見解を示した。日本車輌製造は、事故車両は去年、鉄道事業者による点検が行われており、その際にはトラブルなどの報告はないと話し、現在は情報収取に努めていて申し上げることはないと答えている。


台湾鉄道

昨日、台湾・宜蘭県で起きた特急列車の脱線する映像が公開された。事故は台湾北東部にある新馬駅付近の緩やかにカーブしている地点で起き、18人が死亡し187人が負傷した。脱線したのは8両編成の特急列車「プユマ号」で愛知「日本車輌製造」が造り2012〜2015年感に納入されたものだ。日本車輌製造のHPによると運転最高速度は時速140kmで高性能な傾斜装置を備えていることからカーブでも速度を落とさず安全走行ができるとあった。

台湾鉄道は事故30分前に運転しから「動力が足りない」など以上を伝える連絡があったとしている。また現地メディアは乗客の証言で「事故直前に数回急ブレーキがかかった」と報じた。今回の事故原因について鉄道アナリストの川島令三は「福知山の事故とよく似ている」と語った。JR福知山選の脱線事故では死者107人、怪我は562人を出したこの事故はブレーキ使用が遅れた速度超過が原因とされている。 川島令三は「福知山の事故もW状に車両が重なっていた典型的な転覆脱線で速度超過が完全な原因」と解説した。また「日本の車両は不具合があれば止まるようできている、急ブレーキは機会側が止めるため、それを回復するために運転士がスピードを出した」と見解を示した。日本車輌製造は、事故車両は去年、鉄道事業者による点検が行われており、その際にはトラブルなどの報告はないと話し、現在は情報収取に努めていて申し上げることはないと答えている。

台湾・宜蘭県からの事故現場では車両の一部が雑木林に突っ込むなどバラバラになっており、先程先頭車両がクレーンで運ばれ、当局者が内部を調査しているという。事故原因では運転士がシステム以上を訴え、ブレーキがかかってしまうと報告している。また台湾鉄道当局は列車の速度が上がりすぎた際に機能するATPシステムを切りたいと運転士から連絡があったと明らかにしている。


旧国鉄

今、野良化するSLが全国で急増している。さいたま市中央区役所敷地内にあったSLは2016年に解体された。その理由は費用にあり、車体や線路枕木の腐食で地震で倒壊する恐れがあるため修繕した場合、およそ5000万円かかるのに対し解体した場合はおよそ1300万円。鉄道アナリストの川島令三氏は旧国鉄の営業線上から蒸気機関車が消えた1970年代に全国の自治体などに無償貸与された。愛着のある世代が「整備」「清掃」をボランティアで行ってきたが高齢化でままならなくっていると話す。


さいたま市中央区役所

今、野良化するSLが全国で急増している。さいたま市中央区役所敷地内にあったSLは2016年に解体された。その理由は費用にあり、車体や線路枕木の腐食で地震で倒壊する恐れがあるため修繕した場合、およそ5000万円かかるのに対し解体した場合はおよそ1300万円。鉄道アナリストの川島令三氏は旧国鉄の営業線上から蒸気機関車が消えた1970年代に全国の自治体などに無償貸与された。愛着のある世代が「整備」「清掃」をボランティアで行ってきたが高齢化でままならなくっていると話す。


JR

ゲストの鉄道アナリスト川島令三さんを紹介した。笠井アナが「真夜中暴風が吹いたので多くの方が実際に体験していない。朝天気で気軽な気持ちで会社に行ったので余計に被害者意識が高まった部分があると思う」と話した。新宿駅の午前6時頃はさほど混雑はなかったが8時半頃には混雑した。原因は四ツ谷駅の構内に木が倒れ込んで運行ができなくなり大規模な混乱をしてしまった。運休は最大2時間の遅れで1万人に影響を与えた。京浜東北線の西川口駅では駅に入れない人の列が何百メートルまで続いた。小倉さんが「台風の被害は実際に目で見ないと想像できない?」と質問、川島さんは「目視で明るくならないとわからないところはある」と答えた。都心では木が倒れると思ってなかったとのこと。また「私鉄は高架線が多いところがあって倒木が少ないがJRは古い線路を使っている」などと話した。


JR秋葉原駅

ゲストの鉄道アナリスト川島令三さんを紹介した。笠井アナが「真夜中暴風が吹いたので多くの方が実際に体験していない。朝天気で気軽な気持ちで会社に行ったので余計に被害者意識が高まった部分があると思う」と話した。新宿駅の午前6時頃はさほど混雑はなかったが8時半頃には混雑した。原因は四ツ谷駅の構内に木が倒れ込んで運行ができなくなり大規模な混乱をしてしまった。運休は最大2時間の遅れで1万人に影響を与えた。京浜東北線の西川口駅では駅に入れない人の列が何百メートルまで続いた。小倉さんが「台風の被害は実際に目で見ないと想像できない?」と質問、川島さんは「目視で明るくならないとわからないところはある」と答えた。都心では木が倒れると思ってなかったとのこと。また「私鉄は高架線が多いところがあって倒木が少ないがJRは古い線路を使っている」などと話した。

小倉さんが「電車は停電になると止まる可能性が高いが、復旧したら公共のものに優先的電気を回すとかシステムに?」と質問、川島さんは「一応別系統で、JR自身発電所をもっている。復旧してもすぐに動けない」などと答えた。停電の影響で横須賀線が運転を見合わせた。茅ヶ崎駅で混乱があり、江ノ電で藤沢駅まで向かう人で両駅が混乱した。今回の停電は今年最大の停電だと伝えた。


西川口駅

ゲストの鉄道アナリスト川島令三さんを紹介した。笠井アナが「真夜中暴風が吹いたので多くの方が実際に体験していない。朝天気で気軽な気持ちで会社に行ったので余計に被害者意識が高まった部分があると思う」と話した。新宿駅の午前6時頃はさほど混雑はなかったが8時半頃には混雑した。原因は四ツ谷駅の構内に木が倒れ込んで運行ができなくなり大規模な混乱をしてしまった。運休は最大2時間の遅れで1万人に影響を与えた。京浜東北線の西川口駅では駅に入れない人の列が何百メートルまで続いた。小倉さんが「台風の被害は実際に目で見ないと想像できない?」と質問、川島さんは「目視で明るくならないとわからないところはある」と答えた。都心では木が倒れると思ってなかったとのこと。また「私鉄は高架線が多いところがあって倒木が少ないがJRは古い線路を使っている」などと話した。


京浜東北線

ゲストの鉄道アナリスト川島令三さんを紹介した。笠井アナが「真夜中暴風が吹いたので多くの方が実際に体験していない。朝天気で気軽な気持ちで会社に行ったので余計に被害者意識が高まった部分があると思う」と話した。新宿駅の午前6時頃はさほど混雑はなかったが8時半頃には混雑した。原因は四ツ谷駅の構内に木が倒れ込んで運行ができなくなり大規模な混乱をしてしまった。運休は最大2時間の遅れで1万人に影響を与えた。京浜東北線の西川口駅では駅に入れない人の列が何百メートルまで続いた。小倉さんが「台風の被害は実際に目で見ないと想像できない?」と質問、川島さんは「目視で明るくならないとわからないところはある」と答えた。都心では木が倒れると思ってなかったとのこと。また「私鉄は高架線が多いところがあって倒木が少ないがJRは古い線路を使っている」などと話した。

笠井アナが「朝からは通常運転の見込みという情報が流れていて、それが混乱に拍車をかけていると思う」と話した。動画を撮影した小山に住む専門学生は両国まで1時間50分かけて通学しているがきのうは4時間かかったそう。上野まで来て地下鉄で日比谷線にまわり秋葉原へ行くが総武線が乗れず歩いて両国まで行ったという。


四ツ谷駅

ゲストの鉄道アナリスト川島令三さんを紹介した。笠井アナが「真夜中暴風が吹いたので多くの方が実際に体験していない。朝天気で気軽な気持ちで会社に行ったので余計に被害者意識が高まった部分があると思う」と話した。新宿駅の午前6時頃はさほど混雑はなかったが8時半頃には混雑した。原因は四ツ谷駅の構内に木が倒れ込んで運行ができなくなり大規模な混乱をしてしまった。運休は最大2時間の遅れで1万人に影響を与えた。京浜東北線の西川口駅では駅に入れない人の列が何百メートルまで続いた。小倉さんが「台風の被害は実際に目で見ないと想像できない?」と質問、川島さんは「目視で明るくならないとわからないところはある」と答えた。都心では木が倒れると思ってなかったとのこと。また「私鉄は高架線が多いところがあって倒木が少ないがJRは古い線路を使っている」などと話した。