ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「市川宏雄」の検索結果

「市川宏雄」に関連する情報 121件中 1〜10件目

JR西川口駅

JR東日本は昨夜8時以降、首都圏全ての在来線の運転を取りやめる計画運休を初めて実施した。JR東日本東京支社広報は「暴風が長時間に及ぶ予報もあったので計画運休とした。早く周知したので大きな混乱はなかったとは思っている」と話している。JR東日本けさは始発から平常通り運行する見通し」と説明していたが線路や設備の安全確認を行うため始発から首都圏のすべての在来線運転を見合わせた事からダイヤの乱れが続いた。市川宏雄教授は首都圏の計画運休について「防災面からいえば実は当たり前。三振してもいいからバットを振るんだという意識がないとそういう意味では今回は比較的適切に行ったと」と話した。


渋谷駅

JR東日本は昨夜8時以降、首都圏全ての在来線の運転を取りやめる計画運休を初めて実施した。JR東日本東京支社広報は「暴風が長時間に及ぶ予報もあったので計画運休とした。早く周知したので大きな混乱はなかったとは思っている」と話している。JR東日本けさは始発から平常通り運行する見通し」と説明していたが線路や設備の安全確認を行うため始発から首都圏のすべての在来線運転を見合わせた事からダイヤの乱れが続いた。市川宏雄教授は首都圏の計画運休について「防災面からいえば実は当たり前。三振してもいいからバットを振るんだという意識がないとそういう意味では今回は比較的適切に行ったと」と話した。


新宿駅

JR東日本は昨夜8時以降、首都圏全ての在来線の運転を取りやめる計画運休を初めて実施した。JR東日本東京支社広報は「暴風が長時間に及ぶ予報もあったので計画運休とした。早く周知したので大きな混乱はなかったとは思っている」と話している。JR東日本けさは始発から平常通り運行する見通し」と説明していたが線路や設備の安全確認を行うため始発から首都圏のすべての在来線運転を見合わせた事からダイヤの乱れが続いた。市川宏雄教授は首都圏の計画運休について「防災面からいえば実は当たり前。三振してもいいからバットを振るんだという意識がないとそういう意味では今回は比較的適切に行ったと」と話した。


JR東日本

JR東日本は昨夜8時以降、首都圏全ての在来線の運転を取りやめる計画運休を初めて実施した。JR東日本東京支社広報は「暴風が長時間に及ぶ予報もあったので計画運休とした。早く周知したので大きな混乱はなかったとは思っている」と話している。JR東日本けさは始発から平常通り運行する見通し」と説明していたが線路や設備の安全確認を行うため始発から首都圏のすべての在来線運転を見合わせた事からダイヤの乱れが続いた。市川宏雄教授は首都圏の計画運休について「防災面からいえば実は当たり前。三振してもいいからバットを振るんだという意識がないとそういう意味では今回は比較的適切に行ったと」と話した。


博多駅

今週火曜に福岡の地下鉄工事現場で大規模な陥没事故が起こった。東京の地下にはより深刻な危険が迫っていると言う。市川宏雄は東京の地下で一番古い構築物は下水管であると話し、突然道路の陥没が起こるかもしれないと指摘する。下水管が老朽化により破損すると水が地中に溢れ出し、それが繰り返されると大きな空洞となり道路の陥没につながる。下水道管、の老朽化を原因とする道路の陥没件数は年間約3300箇所。下水管の老朽化問題はどうなるのか。

東京の地下鉄路線図の模型を見て国分太一は、こんなに入り組んでいるのは不安ですよねとする一方で模型はアートみたいで綺麗ですなどとコメントした。東京には計13路線が走っており、最も深い駅は都営大江戸線六本木駅で約40m。明治大学危機管理研究センター所長に東京の地面が陥没する可能性について伺ったところ、地下鉄の新設時が危険で、陥没事故が起こった場合は博多駅前以上の惨事となるという。2020年の東京五輪に向け、品川駅と都心を結ぶ地下鉄2路線を新設するとの発表がある。


オリンピックアクアティクスセンター

加藤浩次は東京五輪の施設見直しを今は色々意見が別れているところとし、これについて武井壮は「ぶっちゃけ何が良いのか解らなくなってきていて、でも東京五輪が始まればアスリートの頑張りでどうあっても良いものになるという気もある」と話した。

東京五輪施設の都の削減案について阿部さんが解説。まず海の森水上競技場は2013年の当初69億円だったのが519億円まで膨らみ削減したら319億円になった。削減項目は桟橋の建設中止・予備費の見直しなど。予備費については、予定外の支出などに対応するための費用で、地下構造用の除去費用などで使用することになってくるという。有明アリーナは当初176億円が404億円に膨らみ削減して374〜389億円になった。オリンピックアクアティクスセンターは当初321億円が683億円に膨らみ、削減して579億円となった。これらも予備費の見直しや内装の見直しなどを検討して出された金額だという。

加藤浩次が「2013年当初の予算案は建物のみのお金ですよね?」と阿部さんに確認すると、セキュリティー費やデザイン費などは入っていないとし、増えるのは当たり前だという。加藤浩次はポイントとして全部仮設にして安くするのか・遺産として残す為ちゃんとお金をかけたほうが良いのか・半々でやった方が良いのか皆さんの意見を聞きたいと話した。犬山さんは半々だとして、「五輪後の競技がどう盛り上がっていくのかを考えると仮設だと盛り上がりにくいのかなと思う。多目にお金をかけているところは省いて欲しい」とした。武井壮は「良い施設を作って遺産は残して欲しい」としたうえで「費用の細かい部分がが全く見えてこないので透明化して頂きたい」と話した。本上まなみは「コンパクト五輪と銘打っていたのにこんなにお金がかかるものなのかとビックリしているのが正直な所で、仮設でもいいから余ったお金はその後の育成や人件費に当ててもらえば良いのかな」と話した。春菜は「グレードを下げると盛り上がりに欠けてしまうんじゃないかと思う。せっかくなんで凄いカッコイイものにして欲しい」と話した。加藤が「もう全部安くあげちゃえば良いと思う。安くあげるのが良いんだったらレガシィとか要らないものにしちゃえばいいんじゃない?」と話すと武井壮は「我々アスリートの立場からすると、東京オリンピックが行われた国立競技場で伝統を感じて競技ができたので、お金をかけたものももしかしたら我々の力で取り戻せるんじゃないかというのもある」と話した。

有明アリーナ、オリンピックアクアティクスセンターの基本設計を審査した一級建築士の市川宏雄さんは、「費用を下げるのは簡単。しかし、レガシーとして遺す建物の機能やデザインのグレードを下げて良いのか?」とコメントしている。


有明アリーナ

加藤浩次は東京五輪の施設見直しを今は色々意見が別れているところとし、これについて武井壮は「ぶっちゃけ何が良いのか解らなくなってきていて、でも東京五輪が始まればアスリートの頑張りでどうあっても良いものになるという気もある」と話した。

東京五輪施設の都の削減案について阿部さんが解説。まず海の森水上競技場は2013年の当初69億円だったのが519億円まで膨らみ削減したら319億円になった。削減項目は桟橋の建設中止・予備費の見直しなど。予備費については、予定外の支出などに対応するための費用で、地下構造用の除去費用などで使用することになってくるという。有明アリーナは当初176億円が404億円に膨らみ削減して374〜389億円になった。オリンピックアクアティクスセンターは当初321億円が683億円に膨らみ、削減して579億円となった。これらも予備費の見直しや内装の見直しなどを検討して出された金額だという。

加藤浩次が「2013年当初の予算案は建物のみのお金ですよね?」と阿部さんに確認すると、セキュリティー費やデザイン費などは入っていないとし、増えるのは当たり前だという。加藤浩次はポイントとして全部仮設にして安くするのか・遺産として残す為ちゃんとお金をかけたほうが良いのか・半々でやった方が良いのか皆さんの意見を聞きたいと話した。犬山さんは半々だとして、「五輪後の競技がどう盛り上がっていくのかを考えると仮設だと盛り上がりにくいのかなと思う。多目にお金をかけているところは省いて欲しい」とした。武井壮は「良い施設を作って遺産は残して欲しい」としたうえで「費用の細かい部分がが全く見えてこないので透明化して頂きたい」と話した。本上まなみは「コンパクト五輪と銘打っていたのにこんなにお金がかかるものなのかとビックリしているのが正直な所で、仮設でもいいから余ったお金はその後の育成や人件費に当ててもらえば良いのかな」と話した。春菜は「グレードを下げると盛り上がりに欠けてしまうんじゃないかと思う。せっかくなんで凄いカッコイイものにして欲しい」と話した。加藤が「もう全部安くあげちゃえば良いと思う。安くあげるのが良いんだったらレガシィとか要らないものにしちゃえばいいんじゃない?」と話すと武井壮は「我々アスリートの立場からすると、東京オリンピックが行われた国立競技場で伝統を感じて競技ができたので、お金をかけたものももしかしたら我々の力で取り戻せるんじゃないかというのもある」と話した。

有明アリーナ、オリンピックアクアティクスセンターの基本設計を審査した一級建築士の市川宏雄さんは、「費用を下げるのは簡単。しかし、レガシーとして遺す建物の機能やデザインのグレードを下げて良いのか?」とコメントしている。


「市川宏雄」に関連するイベント情報

東京オリンピック

加藤浩次は東京五輪の施設見直しを今は色々意見が別れているところとし、これについて武井壮は「ぶっちゃけ何が良いのか解らなくなってきていて、でも東京五輪が始まればアスリートの頑張りでどうあっても良いものになるという気もある」と話した。

加藤浩次が「2013年当初の予算案は建物のみのお金ですよね?」と阿部さんに確認すると、セキュリティー費やデザイン費などは入っていないとし、増えるのは当たり前だという。加藤浩次はポイントとして全部仮設にして安くするのか・遺産として残す為ちゃんとお金をかけたほうが良いのか・半々でやった方が良いのか皆さんの意見を聞きたいと話した。犬山さんは半々だとして、「五輪後の競技がどう盛り上がっていくのかを考えると仮設だと盛り上がりにくいのかなと思う。多目にお金をかけているところは省いて欲しい」とした。武井壮は「良い施設を作って遺産は残して欲しい」としたうえで「費用の細かい部分がが全く見えてこないので透明化して頂きたい」と話した。本上まなみは「コンパクト五輪と銘打っていたのにこんなにお金がかかるものなのかとビックリしているのが正直な所で、仮設でもいいから余ったお金はその後の育成や人件費に当ててもらえば良いのかな」と話した。春菜は「グレードを下げると盛り上がりに欠けてしまうんじゃないかと思う。せっかくなんで凄いカッコイイものにして欲しい」と話した。加藤が「もう全部安くあげちゃえば良いと思う。安くあげるのが良いんだったらレガシィとか要らないものにしちゃえばいいんじゃない?」と話すと武井壮は「我々アスリートの立場からすると、東京オリンピックが行われた国立競技場で伝統を感じて競技ができたので、お金をかけたものももしかしたら我々の力で取り戻せるんじゃないかというのもある」と話した。

有明アリーナ、オリンピックアクアティクスセンターの基本設計を審査した一級建築士の市川宏雄さんは、「費用を下げるのは簡単。しかし、レガシーとして遺す建物の機能やデザインのグレードを下げて良いのか?」とコメントしている。


明治大学

羽田空港の国際化に関する特集。国際線の直行便が就航する都市数について、東京はロンドンの3分の1以下。国土交通省は羽田空港第2ターミナルビルを国際線と教養で運用開始の方針。明治大学市川宏雄専任教授は「長所を維持して短所を改善していく。これが東京の力の向上に役立つ」と話した。


ANA

羽田空港の国際化に関する特集。国際線の直行便が就航する都市数について、東京はロンドンの3分の1以下。国土交通省は羽田空港第2ターミナルビルを国際線と教養で運用開始の方針。明治大学市川宏雄専任教授は「長所を維持して短所を改善していく。これが東京の力の向上に役立つ」と話した。