ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「市川海老蔵オフィシャルブログ「ABKAI」」の検索結果

「市川海老蔵オフィシャルブログ「ABKAI」」に関連するその他の情報 120件中 31〜40件目

市川海老蔵オフィシャルブログ「ABKAI」

市川海老蔵さんが、乳がんで亡くなった妻の小林麻央さんのブログを英語に翻訳すると発表。日本だけでなく海外の方も関心を持っていただいていると聞いたという。「世界中の私達と同じように乳がんで苦しんでいらっしゃる方やそのご家族の力に少しでもなれたらいい。病でありながら世界中の方の心を動かす、本当に偉大な妻です」と自身のブログに綴った。


市川海老蔵オフィシャルブログ「ABKAI」

麻央さんが亡くなって2日後、海老蔵さんのブログには稽古に励む勸玄くんの姿が。ところがその2日後、勸玄くんの様子に変化が。「舞台に出ない」と言い出した息子の姿に父・海老蔵さんは厳しくしてしまったと深く反省していた。父親と役者の間で葛藤する海老蔵さん。麻央さんのためにも勸玄くんとともに舞台を成功させることを決意したのだ。そして勸玄くんは麻央さんを思い毎日花を飾っているという。そして母を思いながら稽古に励む姿に海老蔵さんは今日の稽古はとても頑張ってましたと褒めた。


市川海老蔵オフィシャルブログ「ABKAI」

来月3日から始まる「七月大歌舞伎」。市川海老蔵と勧玄くんが安全祈願に臨んだ。小林麻央さんは闘病の支えにするほど心待ちにしていた舞台だったが、その思いは叶わなかった。海老蔵さんと勧玄くんが親子で行う「宙乗り」。4歳での宙乗りは歌舞伎史上初で舞台稽古は麻央さんが亡くなった2日後から再開された。


市川海老蔵オフィシャルブログ「ABKAI」

小林麻央さんを亡くした市川海老蔵さんのブログでは、悲しみの一方で、息子の晴れ舞台を楽しみにしていた麻央さんのため新たな決意が綴られていた。海老蔵さんは1日に15回以上ブログを更新しており、その理由について「居ても立っても居られない時、ブログが1つの支えになっている」と綴っている。勸玄くんは麻央さんに毎日花を生けているという。きょうのブログでは幼稚園に行く娘・麗禾ちゃんを心配する思いを綴っていた。


市川海老蔵オフィシャルブログ「ABKAI」

先週木曜日に亡くなった小林麻央さん。昨日、夫の市川海老蔵さんが自身のブログで麻央さんと最後のお別れをしたことを告白した。白い花を持つ息子・勸玄くんの社長とともに幼い二人の子どもに愛情を注ぎ続けることの決意を記した。そして海老蔵さんと勸玄くんは麻央さんの旅立ちに特別なものをプレゼントしたという。勸玄くんの人生初の隈取。そして海老蔵さんのメッセージを書き込んだ隈取。旅立つ麻央さんへ思いを込めた。来月3日から行われる七月大歌舞伎の夜の部に出演する勸玄くん。これまで稽古に励んでいたというが昨日は「舞台でないと言い出し、まいってる上に更に参る」とブログに綴った海老蔵さん。そして海老蔵さんも大きな喪失感を綴った。それでも今日から始まる七月大歌舞伎の稽古は待ってはくれない。そして麻央さんの姉・小林麻耶さんも妹を失ってから初めてブログを更新。「最愛の妹が旅立ちました。私の絶対的な味方で、一番の理解者。そんな存在がこの世からいなくなってしまった寂しさ、悲しさは計り知れません。正直、この現実を私は受け止めることができずにいます。もっと一緒にいたかった。もっと一緒に話したかった。もっと一緒に笑い会いたかった。一緒に、生きていきたかった」と綴った。一様に悲しみに暮れる家族。しかし麻央さんは生前、イギリスのBBCに寄せたコメントの中で「例えば、私が今死んだら、人はどう思うでしょうか。まだ34歳の若さで、可哀想に。小さい子供を残して、可哀想に、でしょうか??私は、そんなふうには思われたくありません。なぜなら、病気になったことが私の人生を代表する出来事ではないからです。私の人生は、夢を叶え、時に苦しみもがき、愛する人に出会い、二人の宝物を授かり、家族に愛され、愛した、彩り豊かな人生だからです」と綴っていた。


市川海老蔵オフィシャルブログ「ABKAI」

先週、乳がんの為に亡くなった小林麻央さんのブログから元気をもらっていた乳がんと闘う女性・瀬戸川加代を取材。麻央さんとの共通点は乳がんを患いステージ4であること、2人の子供の母親であること。2013年に瀬戸川さんは左胸に乳がんが見つかり、当時小学3年生だった長男からの手紙を紹介した。左胸を全摘しその後抗がん剤治療を行っていたが去年ガンが再発しホルモン療法を中心とした治療を受けている。行政書士の瀬戸川さんは治療などのために仕事の代行を依頼しており、経費を差し引くと赤字になることをあると話す。国民年金の加入者は3級の場合、障害年金を受けられない。瀬戸川さんは「いま一緒にいる時間を目一杯楽しく過ごしていきたいというのが願い」と話した。


市川海老蔵オフィシャルブログ「ABKAI」

歌舞伎俳優の市川海老蔵さんは、きのう自身のブログにて、22日に乳がんのため亡くなった妻・小林麻央さんのみたまうつしの儀が主演舞台の千秋楽後に執り行われたことを明かした。みたまうつしの儀は亡くなった方の魂を身体から移す神道葬儀の儀礼で、子どもたちとともに参列したという。

元アナウンサーの小林麻央さんが今月22日、乳がんのためなくなった。34歳だった。歌舞伎俳優で、2年8ヶ月にわたり麻央さんを支え続けた夫の海老蔵さんは、先週金曜日に会見をひらき、「不思議なんですけど『愛している』と一言いって、そのまま旅立ちました」と看取ったときの出来事を涙ながらに明かした。最愛の人を亡くした悲しみの中、気丈に舞台に立つ一方で、ブログでその悲哀を切々と綴り、迎えた千秋楽の日は幼い子どもたちの後ろ姿をブログに掲載した。娘がサプライズ出演する一幕もあり、終演後は鳴り止まない拍手を受けてカーテンコールは通常より多い6回に上った。観劇したファンたちは、そのときの海老蔵さんたちの様子について「最後まで気丈に振る舞われていて感動した」「悲しみの中でも、舞台を楽しく盛り上げようとされていた海老蔵さんの姿印象的だった」と語っていた。

市川海老蔵さんは現在、麻央さんが心待ちにした七月大歌舞伎「駄右衛門花御所異聞」(来月3日から27日)に向け、4歳の息子と稽古に臨んでいる。おととい更新したブログには「ママが観に来るからね。一生懸命にやろうね。がんばれ」と息子への暖かなメッセージとともに、「人生は長さも大切ですが、中身も大切だとまおと倅に教わっています。もちろん娘も」と自身の思いを綴っていた。

市川海老蔵さんがきょう午前6時10分に更新したブログの内容をスタジオで読み上げた。「涙」と題し、幼いなりに母を失った寂しさを健気に堪えていた息子への思いと、それを抱きしめることしか出来ない自分の無力さ、今後数十年”母の愛”を注いであげられないことへの不安を綴った内容で、最後は「朝から申し訳ございません。ごめんなさい、ごめんなさい。朝から笑。今日も素敵な1日をお過ごしくださいませ」と締めくくっている。三宅正治は「海老蔵さんは父であると同時に歌舞伎の師でもある。ときには厳しい指導をしなければいけない。それを優しく包んでくれるのが麻央さんだったのだとおもう。本当に悲しくて胸が詰まる思いです」と話した。麻央さんが書き遺したブログにはいまも5万件ちかい哀悼のコメントが寄せられている。また、番組では7時29分ごろより「、お天気キャスターとして活躍した麻央さんの伝えたかったことを特集する。


市川海老蔵オフィシャルブログ「ABKAI」

市川海老蔵の妻・小林麻央さんが亡くなって一夜明けた土曜日午前5時58分、海老蔵さんはブログで悲しさを綴った。その2時間後には、おにぎりを手にした娘と2ショット写真で意気込みを綴りしたほか、午後7時半ごろには来月3日から行われる勸玄くんの稽古姿など掲載していたなど内容を紹介。きょうの朝39回目の投稿は、「昨夜カンカンが私と寝たいと一緒に寝た」ことを投稿しているという。


市川海老蔵オフィシャルブログ「ABKAI」

亡くなった小林麻央さん。その夫・市川海老蔵さんが自主公演の千秋楽をおえた。舞台には子供2人も出演した。舞台公演中に亡くなったこともあり注目度が高まり千秋楽では立ち見もでた。一連の心中を、市川海老蔵さんはブログで明かしていた。また、ブログのなかで、観客への感謝のことばと、子供たちへの感謝のことばを、それぞれ述べた。


市川海老蔵オフィシャルブログ「ABKAI」

市川海老蔵は会見で麻央さんについて「僕を変えた奥さん」と涙ながらに語った。「世界で最も影響力のある女性100人」に選ばれた麻央さんのブログを紹介した。辻仁成は「すごすぎてここまでやらなきゃいけないのかなって思うくらい胸が締め付けられる」とコメント。木村太郎は「僕はこの人より人生を倍以上生きているが、この人ほど人生をちゃんと見ていたかな、考えていたかなと感じる。簡単にコメントが出来ない」と話した。


検索結果の絞り込み

  • すべての情報 (129)
  • 本・コミック・雑誌
  • 音楽・CD
  • 映画・DVD
  • レストラン・飲食店
  • グルメ情報
  • 料理レシピ
  • ホテル・温泉旅館
  • 観光・地域情報
  • イベント情報 (9)
  • 雑学・豆知識
  • その他の情報 (120)