ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「平凡社」の検索結果

「平凡社」に関連する情報 175件中 1〜10件目

平凡社

NY公共図書館に永久所蔵、世界で作品が評価される?夫婦。何者さんの作品は港区の愛宕神社や豊川稲荷東京別院など全国26ヶ所の神社仏閣に作品を奉納している。仕事を始めたきっかけは雑誌のイラストレーターをしていた時、漫画で昔の文化に触れたことがきっかけだった。現在は作品を子どもに教えており、子供たちは「昔っぽい」などとヒントを伝えた。


平凡社

処刑の様子から生まれた日本語は?ヒントは盛り土の場所のこと。正解は土壇場。処刑所の盛り土を土壇場と呼んだことから差し迫った状況を指すようになった。


平凡社

西部邁さんが自殺する10日前に収録されたTV番組で、ゲストで呼ばれたのは自殺ほう助の疑いで逮捕された会社員の男。西部さんは男との関係について「西部塾という塾で塾頭という世話役をやってくれていた」などと述べた。共犯のTOKYOMX社員は番組プロデューサーだった。最後の著書には自殺の意志を伺わせる言葉を残していた。逮捕された会社員の男は動機について「20年以上お世話になった先生のためにやらなければいけないと思った。」などと述べ、TOKYOMX社員の男は「先生の死生観を尊重して力になりたいと思った。」などと述べた。警視庁は詳しい経緯を調べている。


平凡社

今回は、「今テレビジャーナリズムについて思うこと」というテーマ。ゲストはジャーナリストの大谷昭宏。大谷氏は1968年読売新聞大阪本社に入社、1987年からフリージャーナリストとして活動を開始し、テレビ番組に出演するようになった。「事件記者という生き方」など著書も多数出版し、コミックの原作も手がけている。


「平凡社」に関連する本・コミック・雑誌

フォトジャーナリスト 長倉洋海を紹介した。長倉は世界の紛争地や辺境に生きる人々を長いスパンで撮影し続けている写真家で、代表作に「地を駆ける」(平凡社)などがある。長倉は様々な地域で見た「祈り」、「祈る姿」の写真を公開し、人はなぜ祈るのかを語る。

「地を駆ける」

Amazon.co.jp


「平凡社」に関連する本・コミック・雑誌

各社のこだわり、リトルモア「荒汐部屋のモルとムギ」のポイントは本格的なドキュメンタリー写真集になっている。リブレ「相撲部屋の幸せな猫たち」のポイントは女性に萌えてもらうよう、体の大きな力士と猫の触れ合いにフォーカス。平凡社「荒汐部屋のすもうねこ」のこだわりは、荒汐部屋の歴史が見えてくるように制作、おかみさんのインタビューなどストーリーを多く盛り込んだ。河出書房新社「モルとムギ 相撲部屋の猫親方」のこだわりは写真だけではなく、ちゃんこ鍋のレシピなどの情報も充実。

「モルとムギ 相撲部屋の猫親方」

Amazon.co.jp


河出書房新社

荒汐部屋の猫写真集どんかぶり事件を徹底検証。2015年10月、モルとムギが一部で話題になる。同年12月にリトルモアがおかみさんに企画書を渡す。思い出に残るからと許諾。2016年4月にリブレが企画書を渡す、おかみさんはすでにリトルモアが動き出していることを伝えつつ許諾。リブレでは一緒に盛り上げていこうと企画実行を決定した。同年7月にリブレがもう一社の存在を知る。平凡社の存在に驚いたリブレ鍋島さんは、すぐにリトルモア加藤さんに連絡。平凡社も写真集を作っていることを報告。そしてここで4社目の河出書房新社の存在も明らかになる。4社と個別にやりとりをするうちに、面倒な場面も増え、4社が集まって話し合うことをおかみさんから提案。リトルモアは他3社に企画撤退の選択肢を提案したが、全社企画続行を表明。結局各社自由に制作することになり、その旨をおかみさんに報告。10月11月で4社で出版された。

各社のこだわり、リトルモア「荒汐部屋のモルとムギ」のポイントは本格的なドキュメンタリー写真集になっている。リブレ「相撲部屋の幸せな猫たち」のポイントは女性に萌えてもらうよう、体の大きな力士と猫の触れ合いにフォーカス。平凡社「荒汐部屋のすもうねこ」のこだわりは、荒汐部屋の歴史が見えてくるように制作、おかみさんのインタビューなどストーリーを多く盛り込んだ。河出書房新社「モルとムギ 相撲部屋の猫親方」のこだわりは写真だけではなく、ちゃんこ鍋のレシピなどの情報も充実。


ilove.cat

荒汐部屋の猫写真集どんかぶり事件を徹底検証。2015年10月、モルとムギが一部で話題になる。同年12月にリトルモアがおかみさんに企画書を渡す。思い出に残るからと許諾。2016年4月にリブレが企画書を渡す、おかみさんはすでにリトルモアが動き出していることを伝えつつ許諾。リブレでは一緒に盛り上げていこうと企画実行を決定した。同年7月にリブレがもう一社の存在を知る。平凡社の存在に驚いたリブレ鍋島さんは、すぐにリトルモア加藤さんに連絡。平凡社も写真集を作っていることを報告。そしてここで4社目の河出書房新社の存在も明らかになる。4社と個別にやりとりをするうちに、面倒な場面も増え、4社が集まって話し合うことをおかみさんから提案。リトルモアは他3社に企画撤退の選択肢を提案したが、全社企画続行を表明。結局各社自由に制作することになり、その旨をおかみさんに報告。10月11月で4社で出版された。


リブレ

荒汐部屋に暮らすモルとムギという2匹の猫をテーマにした写真集が業界のタブーをやぶり、3社からほぼ同時に発売されてしまったという大事件に。なぜこんな事態に陥ってしまったのか、渦中の編集者を集めて前代未聞の事件を検証。この珍事を見届けるのはスー女として名高い山根千佳と浦風親方。

荒汐部屋の猫写真集どんかぶり事件を徹底検証。2015年10月、モルとムギが一部で話題になる。同年12月にリトルモアがおかみさんに企画書を渡す。思い出に残るからと許諾。2016年4月にリブレが企画書を渡す、おかみさんはすでにリトルモアが動き出していることを伝えつつ許諾。リブレでは一緒に盛り上げていこうと企画実行を決定した。同年7月にリブレがもう一社の存在を知る。平凡社の存在に驚いたリブレ鍋島さんは、すぐにリトルモア加藤さんに連絡。平凡社も写真集を作っていることを報告。そしてここで4社目の河出書房新社の存在も明らかになる。4社と個別にやりとりをするうちに、面倒な場面も増え、4社が集まって話し合うことをおかみさんから提案。リトルモアは他3社に企画撤退の選択肢を提案したが、全社企画続行を表明。結局各社自由に制作することになり、その旨をおかみさんに報告。10月11月で4社で出版された。

各社のこだわり、リトルモア「荒汐部屋のモルとムギ」のポイントは本格的なドキュメンタリー写真集になっている。リブレ「相撲部屋の幸せな猫たち」のポイントは女性に萌えてもらうよう、体の大きな力士と猫の触れ合いにフォーカス。平凡社「荒汐部屋のすもうねこ」のこだわりは、荒汐部屋の歴史が見えてくるように制作、おかみさんのインタビューなどストーリーを多く盛り込んだ。河出書房新社「モルとムギ 相撲部屋の猫親方」のこだわりは写真だけではなく、ちゃんこ鍋のレシピなどの情報も充実。


リトルモア

荒汐部屋に暮らすモルとムギという2匹の猫をテーマにした写真集が業界のタブーをやぶり、3社からほぼ同時に発売されてしまったという大事件に。なぜこんな事態に陥ってしまったのか、渦中の編集者を集めて前代未聞の事件を検証。この珍事を見届けるのはスー女として名高い山根千佳と浦風親方。

荒汐部屋の猫写真集どんかぶり事件を徹底検証。2015年10月、モルとムギが一部で話題になる。同年12月にリトルモアがおかみさんに企画書を渡す。思い出に残るからと許諾。2016年4月にリブレが企画書を渡す、おかみさんはすでにリトルモアが動き出していることを伝えつつ許諾。リブレでは一緒に盛り上げていこうと企画実行を決定した。同年7月にリブレがもう一社の存在を知る。平凡社の存在に驚いたリブレ鍋島さんは、すぐにリトルモア加藤さんに連絡。平凡社も写真集を作っていることを報告。そしてここで4社目の河出書房新社の存在も明らかになる。4社と個別にやりとりをするうちに、面倒な場面も増え、4社が集まって話し合うことをおかみさんから提案。リトルモアは他3社に企画撤退の選択肢を提案したが、全社企画続行を表明。結局各社自由に制作することになり、その旨をおかみさんに報告。10月11月で4社で出版された。

各社のこだわり、リトルモア「荒汐部屋のモルとムギ」のポイントは本格的なドキュメンタリー写真集になっている。リブレ「相撲部屋の幸せな猫たち」のポイントは女性に萌えてもらうよう、体の大きな力士と猫の触れ合いにフォーカス。平凡社「荒汐部屋のすもうねこ」のこだわりは、荒汐部屋の歴史が見えてくるように制作、おかみさんのインタビューなどストーリーを多く盛り込んだ。河出書房新社「モルとムギ 相撲部屋の猫親方」のこだわりは写真だけではなく、ちゃんこ鍋のレシピなどの情報も充実。