ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「平和寮」の検索結果

「平和寮」に関連する情報 6件中 1〜6件目

やけど

大阪市阿倍野区の障害者支援施設・平和寮で先月、利用者が50度の湯に入浴してやけどを負っていたことがわかった。職員は湯の温度を41度に設定したつもりだったが、業者が確認したところ、実際には50度の湯が出ていた。去年5月に系列施設で女性が入浴中にやけどを負って死亡する事故が起きており、警察が業務上過失致死の疑いで捜査している。


平和寮

大阪市阿倍野区の障害者支援施設・平和寮で先月、利用者が50度の湯に入浴してやけどを負っていたことがわかった。職員は湯の温度を41度に設定したつもりだったが、業者が確認したところ、実際には50度の湯が出ていた。去年5月に系列施設で女性が入浴中にやけどを負って死亡する事故が起きており、警察が業務上過失致死の疑いで捜査している。


平和寮

風呂の湯の適温は38度から40度とされる。去年12月、大阪市阿倍野区にある社会福祉法人、日本ヘレンケラー財団が運営する障害者支援施設「平和寮」で利用者の10代の少女が入浴し、右足をやけどした。職員は「41度に設定した」と言うが実際には50度の湯だった。去年5月には財団が運営する別の施設で女性が入浴の際に熱湯を浴び死亡。この時は職員がお湯の温度確認を怠り事故当時の温度は80度前後あったと見られる。当時「マニュアル順守の徹底など再発帽子に努める」とした。警察は「業務上過失致傷」の疑いで捜査。


日本ヘレンケラー財団

風呂の湯の適温は38度から40度とされる。去年12月、大阪市阿倍野区にある社会福祉法人、日本ヘレンケラー財団が運営する障害者支援施設「平和寮」で利用者の10代の少女が入浴し、右足をやけどした。職員は「41度に設定した」と言うが実際には50度の湯だった。去年5月には財団が運営する別の施設で女性が入浴の際に熱湯を浴び死亡。この時は職員がお湯の温度確認を怠り事故当時の温度は80度前後あったと見られる。当時「マニュアル順守の徹底など再発帽子に努める」とした。警察は「業務上過失致傷」の疑いで捜査。


平和寮

大阪市阿倍野区の障害者支援施設「平和寮」で先月利用者の少女が入浴中にやけどを負った。職員は湯の温度を41度に設定したつもりが実際には50度の湯が出ていたという。この施設を運営する財団をめぐっては、去年5月に別の施設でも女性が入浴中にやけどを負い死亡する事故が発生しており、警察が業務上過失致死容疑で捜査している。


平和寮

大阪・阿倍野区の日本ヘレンケラー財団が運営する障害者支援施設で去年12月、10代の少女が入浴の際にやけど負った。職員はお湯の設定温度を50℃にしており、警察は業務上過失致死傷の疑いで捜査。同じ法人が運営する別の施設では去年5月、女性が入浴の際に熱湯を浴び死亡していた。


検索結果の絞り込み

  • すべての情報 (6)
  • 本・コミック・雑誌
  • 音楽・CD
  • 映画・DVD
  • レストラン・飲食店
  • グルメ情報
  • 料理レシピ
  • ホテル・温泉旅館
  • 観光・地域情報
  • イベント情報
  • 雑学・豆知識
  • その他の情報 (6)