ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「庄司智春」の検索結果

「庄司智春」に関連する本・コミック・雑誌 44件中 1〜10件目

「庄司智春」に関連する本・コミック・雑誌

昨日受賞者が決定した芥川賞と直木賞。コメントでは早速買いに行こうなどと受賞作品への期待度が高まっている。第160回芥川賞に選ばれたのはネット上で庄司智春に似ていると言われた町屋良平さんの作品「1R1分34秒」とネット上でレイザーラモンRGさんにそっくりという上田岳弘さんの作品「ニムロッド」と2作品が受賞した。直木賞の受賞作品が発表されたのは芥川賞の選考理由の会見のさなかで、審査員は「いい作品」と絶賛。真藤順丈さんの作品「宝島」が直木賞に選ばれた。選考委員は「圧倒的な点をとって文句なしの受賞」と絶賛、内容は戦後アメリカ占領下の沖縄を舞台に米軍から物資を強奪して暮らしていた戦果アギヤーと呼ばれる少年少女の青春群像物語。文章には日本人にヤマトンチュなどと沖縄の方言をルビに振っていて当時の沖縄を描き出していて、選考委員は「辛い歴史が描かれているが単に重く書くのではなく突き抜けた明るさで書くのはものすごい才能」と話した。

芥川賞、直木賞受賞を受けて都内の書店では慌てて作業を行う店員の姿があり、立ち止まって手に取る人も居た。ネット上には直木賞の宝島を読んだ人のコメントが「景色や人の描写が素晴らしい」「スイスイ読めるが読後は胸に詰まる」などとあった。沖縄を舞台にした作品を書いた真藤さんは東京生まれ東京育ちのため、構想から完成までの7年間には「沖縄の人間ではない自分が書くのは葛藤があり、書けなくなった時期は自問自答にぶつかっていた。当時の沖縄の物語を書くことで現代の話に照射できるのでは」等と話した。受賞者への贈呈式は来月下旬に行われる。

「宝島」

Amazon.co.jp


「庄司智春」に関連する本・コミック・雑誌

昨日受賞者が決定した芥川賞と直木賞。コメントでは早速買いに行こうなどと受賞作品への期待度が高まっている。第160回芥川賞に選ばれたのはネット上で庄司智春に似ていると言われた町屋良平さんの作品「1R1分34秒」とネット上でレイザーラモンRGさんにそっくりという上田岳弘さんの作品「ニムロッド」と2作品が受賞した。直木賞の受賞作品が発表されたのは芥川賞の選考理由の会見のさなかで、審査員は「いい作品」と絶賛。真藤順丈さんの作品「宝島」が直木賞に選ばれた。選考委員は「圧倒的な点をとって文句なしの受賞」と絶賛、内容は戦後アメリカ占領下の沖縄を舞台に米軍から物資を強奪して暮らしていた戦果アギヤーと呼ばれる少年少女の青春群像物語。文章には日本人にヤマトンチュなどと沖縄の方言をルビに振っていて当時の沖縄を描き出していて、選考委員は「辛い歴史が描かれているが単に重く書くのではなく突き抜けた明るさで書くのはものすごい才能」と話した。

芥川賞、直木賞受賞を受けて都内の書店では慌てて作業を行う店員の姿があり、立ち止まって手に取る人も居た。ネット上には直木賞の宝島を読んだ人のコメントが「景色や人の描写が素晴らしい」「スイスイ読めるが読後は胸に詰まる」などとあった。沖縄を舞台にした作品を書いた真藤さんは東京生まれ東京育ちのため、構想から完成までの7年間には「沖縄の人間ではない自分が書くのは葛藤があり、書けなくなった時期は自問自答にぶつかっていた。当時の沖縄の物語を書くことで現代の話に照射できるのでは」等と話した。受賞者への贈呈式は来月下旬に行われる。

「第160回芥川賞受賞 ニムロッド」

Amazon.co.jp


「庄司智春」に関連する本・コミック・雑誌

昨日受賞者が決定した芥川賞と直木賞。コメントでは早速買いに行こうなどと受賞作品への期待度が高まっている。第160回芥川賞に選ばれたのはネット上で庄司智春に似ていると言われた町屋良平さんの作品「1R1分34秒」とネット上でレイザーラモンRGさんにそっくりという上田岳弘さんの作品「ニムロッド」と2作品が受賞した。直木賞の受賞作品が発表されたのは芥川賞の選考理由の会見のさなかで、審査員は「いい作品」と絶賛。真藤順丈さんの作品「宝島」が直木賞に選ばれた。選考委員は「圧倒的な点をとって文句なしの受賞」と絶賛、内容は戦後アメリカ占領下の沖縄を舞台に米軍から物資を強奪して暮らしていた戦果アギヤーと呼ばれる少年少女の青春群像物語。文章には日本人にヤマトンチュなどと沖縄の方言をルビに振っていて当時の沖縄を描き出していて、選考委員は「辛い歴史が描かれているが単に重く書くのではなく突き抜けた明るさで書くのはものすごい才能」と話した。

芥川賞、直木賞受賞を受けて都内の書店では慌てて作業を行う店員の姿があり、立ち止まって手に取る人も居た。ネット上には直木賞の宝島を読んだ人のコメントが「景色や人の描写が素晴らしい」「スイスイ読めるが読後は胸に詰まる」などとあった。沖縄を舞台にした作品を書いた真藤さんは東京生まれ東京育ちのため、構想から完成までの7年間には「沖縄の人間ではない自分が書くのは葛藤があり、書けなくなった時期は自問自答にぶつかっていた。当時の沖縄の物語を書くことで現代の話に照射できるのでは」等と話した。受賞者への贈呈式は来月下旬に行われる。

「1R1分34秒」

Amazon.co.jp


「庄司智春」に関連する本・コミック・雑誌

スタジオにてハイヒール・リンゴ、千秋、カンニング竹山、庄司智春、横澤夏子、が紹介された。また、ラインナップはなぜ妻が不機嫌なのか分からない夫、女の老いどう向き合う?、他人から感じる視線ストレス、との事。さらに設楽、竹山らは「妻のトリセツ」が出版された事についてコメントした。せきららボイスのテーマは「夫が私の気持ちを察しません」、フジテレビ〜番組ホームページ〜FAX03-5500-8822、との事。

脳科学者が「妻のトリセツ」を出版した、妻の不機嫌な理由が分からない夫についてコメントした、今日のノンストップサミットは「なぜ妻が不機嫌が分からない夫」について議論するとの事。

庄司さんは、ミキティに良かれと思ったことが不機嫌になることがあるなどとトーク。

40代夫の投稿を紹介。妻が風邪をひいたが軽症だっため特に心配せず過ごしていたら10年前の陣痛のときも優しくしてくれなかったと昔の話を蒸し返してきた、優しくしてほしいなら素直にいえば…という内容のもの。竹山さんらは「酒を飲むといっつも蒸し返してくる」「痛いと聞こえたら“来い”と言われた」などとトークした。横澤さんらは「絶対言っちゃう」などといい、リンゴさんは「そのことは許しているが忘れない」などと話した。女性はなぜ昔の話を蒸し返してしまうのか?脳科学に詳しい黒川さんは、女性脳の特徴だとし女性は過去に起きた体験とその時の感情をセットにして記憶しているため、怒りの引き出しを開けるとそれに関連した体験が出てきてしまうという。夫の対策としては、妻の機嫌がいいときに「君の陣痛も大変だったね」などとねぎらい記憶を上書きするのがいいという。竹山さんはこの方法に納得いかないらしく、理論で押し切るなどと話した。

「『ヒール靴で転びそうになった』という妻に、『スニーカーを履けば?』とアドバイスをしたら、『はぁ・・・』とため息をつき明らかに不機嫌になった。正論を言っただけなのに」という投稿について。男性の出演者は、「はぁ?返しですよね。心配で言っているだけだから」「平たい靴を履けばいいだけで、ダラダラ話す必要ない」と話し、女性の出演者は「そこで会話が終わっちゃうじゃないですか」「大丈夫?って心配したり、頑張ってヒール履いたんだねとか褒めてほしい」と話した。そして結論としては、「妻の友達になりきり、共感大会に参加すべし!」となった。このケースなら、「大変だったね」「靴も脱げたりするよね」といったフレーズがふさわしい。

「もともと近所のイタリアンで外食予定だったところをサプライズでホテルディナーに予約変更したら、『やめてよ!いきなり言われても困る!』と激怒。まだ家を出るまで2時間もあるのに」について。男性出演者は、「夫は優しさだから悪くない」「2時間もあればいいじゃん」と話し、女性出演者は「着ていく服がホテルなら違うから大変」「2時間しかない」と話した。視聴者の結果は、迷惑と答えた人が57%。そして結論は、「サプライズはNG!1ヶ月前に予告するのがベスト!」となった。その理由は、女性はプロセスも大事にするため。

「妻のトリセツ (講談社+α新書)」

Amazon.co.jp


「庄司智春」に関連する本・コミック・雑誌

金田一少年の事件簿

庄司智春が「金田一のトリック アクロバティックすぎてほぼSASUKE説」を紹介し、ミスターSASUKE・山田勝己が検証。トリックは4枚のドアを利用し地面に足をつかずに移動する1stステージ「金田一少年の殺人」を検証したところ軽々クリアした。続いてどんでん返しの扉で人が入ってくるのと同時に犯人が外に出てバレずに脱出する2ndステージ「飛?からくり屋敷殺人事件」を検証する。


「庄司智春」に関連する本・コミック・雑誌

美容院での対応で視聴者からの投稿から判定。「美容院で用意された本がファッション誌ではなく生活誌だった」に男性陣はイラッとするだったが庄司智春はターザン、三木哲男は婦人公論が用意されたことから人を見て選ぶなと批判していた。そして視聴者は62%がしないとしていて、同じくしないとしていたリンゴは自分がどんな姿で美容院に行ったのかを指摘していた。確かにおしゃれをしているなら店側もファッション誌を用意するかもしれないがそうでなければ見た目で用意されるのもしかたないとしている。

「ターザン (創元SF文庫)」

Amazon.co.jp


「庄司智春」に関連する本・コミック・雑誌

プロが教えるプロの店 お寿司編。庄司智春が築地の築地 すし好 築地四丁目店を訪れ、店長の鵜沢さんのおすすめの店を聞いた。鵜沢さんは「おけいすし」の炙りの大トロをおすすめ。明治神宮外苑にある「おけいすし」へ移動。おけいすしは高沢圭一が自分のために作ったお店で腕を見込まれた鈴木正志さんが親方を任された。鈴木さんは半生を描いた本も出版している。

「おけいすし 江戸前にこだわる「寿司屋ばなし」」

Amazon.co.jp


「庄司智春」に関連する本・コミック・雑誌

金田一少年の事件簿

庄司智春が「金田一のトリック アクロバティックすぎてほぼSASUKE説」を紹介し、ミスターSASUKE・山田勝己が検証。トリックは4枚のドアを利用し地面に足をつかずに移動する1stステージ「金田一少年の殺人」を検証したところ軽々クリアした。続いてどんでん返しの扉で人が入ってくるのと同時に犯人が外に出てバレずに脱出する2ndステージ「飛?からくり屋敷殺人事件」を検証する。


「庄司智春」に関連する本・コミック・雑誌

奥様タレントのリアルな家庭の実態に迫る。1人目はヨガインストラクターとしての顔も持ち、庄司智春を夫に持つ藤本美貴。2人目は桝谷周一郎を夫に持つ虻川美穂子。この2人の内どちらが本当に良い妻なのか、CHIEがスピリチュアルで見通す。

「1日10分!ゆるめて、ラクして、キレイにやせる!ミキティのやせヨガ! (小学館実用シリーズ LADY BIRD)」

Amazon.co.jp


「庄司智春」に関連する本・コミック・雑誌

奥様タレントのリアルな家庭の実態に迫る。1人目はヨガインストラクターとしての顔も持ち、庄司智春を夫に持つ藤本美貴。2人目は桝谷周一郎を夫に持つ虻川美穂子。この2人の内どちらが本当に良い妻なのか、CHIEがスピリチュアルで見通す。

「1日10分!ゆるめて、ラクして、キレイにやせる!ミキティのやせヨガ! (小学館実用シリーズ LADY BIRD)」

Amazon.co.jp