ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「所ジョージ」の検索結果

「所ジョージ」に関連する情報 5659件中 1〜10件目

「所ジョージ」に関連するグルメ情報

こんにゃく

ぬか漬けが極端に大好きな井上咲楽が試したアボカド、ゆで卵、こんにゃくのぬか漬けを所ジョージら出演者が試食。


「所ジョージ」に関連するグルメ情報

ゆで卵

ぬか漬けが極端に大好きな井上咲楽が試したアボカド、ゆで卵、こんにゃくのぬか漬けを所ジョージら出演者が試食。


「所ジョージ」に関連するグルメ情報

ぬか漬け

ぬか漬けが極端に大好きな井上咲楽が試したアボカド、ゆで卵、こんにゃくのぬか漬けを所ジョージら出演者が試食。


「所ジョージ」に関連するグルメ情報

アボカド

ぬか漬けが極端に大好きな井上咲楽が試したアボカド、ゆで卵、こんにゃくのぬか漬けを所ジョージら出演者が試食。


「所ジョージ」に関連する音楽・CD

未来

所ジョージによる「未来」が流れた。


「所ジョージ」に関連する音楽・CD

未来

所ジョージによる「未来」が流れた。


キンチョール

過去のCM映像を振り返るコーナー、パナカラーによる「日本の色 京都」、フジカラープリントによる「お名前」、禁煙パイポによる「これで辞めました小指篇」、タンスにゴンによる「町内会篇」などが流れた。うち禁煙パイポCMについて関根は「あの頃は緩かった。あれで笑える時代だった。」などと、フジカラーCMについては「樹木希林の演技力が良い。彼女はお笑いができる。コントっぽいCMの草分け的存在。これまでは真面目なCMが多かった。」などとコメント。因みにパナカラーCMは第二回広告大賞の本賞を受賞、現在のパナソニックに相当する松下電器産業によるもの。その当時の値段は16.9万円、出演者らも驚いてみせた。またパナソニックはこれまで最高賞を歴代最多の24回受賞、その功績をたたえて「第50回記念特別賞」が与えられた。またミスタードーナツによる光KAGAMI「追い込み篇」、セフィーロ「くうねるあそぶ」、ダスキンによる「双子のおばあちゃん篇」、サカイ引越センターによる「べんきょうしまっせ!引越のサカイ篇」、水性キンチョールによる「つまらん篇」、などのCM映像が紹介された。中でもセフィーロCMについて関根は「もう少しゆっくり言うと思っていた。自分の中でイメージが誇張された。」と、生見は「一つも知らなかった。」などとコメント。また関根は所ジョージが出演しているミスタードーナツのCMについても言及、「所は当時10本いじょうやっていた。」などとコメント、実際に所は平成の30年間に於けるCM起用者数の年間1位を最多の7回獲得している。また大滝秀治が出演していたキンチョールのCM、そのものまねを関根が披露。これに関連して「CMのモノマネは昔からやっていたが、このCMを機により一層ウケるようになった。物まねの対象になる人は自分をよく知っていない。大滝に実際に会った時は『周りは似ていると言うが、僕は似ているとは思わない。』などと話していた。」などとコメント。


ニホンモニター調べ

過去のCM映像を振り返るコーナー、パナカラーによる「日本の色 京都」、フジカラープリントによる「お名前」、禁煙パイポによる「これで辞めました小指篇」、タンスにゴンによる「町内会篇」などが流れた。うち禁煙パイポCMについて関根は「あの頃は緩かった。あれで笑える時代だった。」などと、フジカラーCMについては「樹木希林の演技力が良い。彼女はお笑いができる。コントっぽいCMの草分け的存在。これまでは真面目なCMが多かった。」などとコメント。因みにパナカラーCMは第二回広告大賞の本賞を受賞、現在のパナソニックに相当する松下電器産業によるもの。その当時の値段は16.9万円、出演者らも驚いてみせた。またパナソニックはこれまで最高賞を歴代最多の24回受賞、その功績をたたえて「第50回記念特別賞」が与えられた。またミスタードーナツによる光KAGAMI「追い込み篇」、セフィーロ「くうねるあそぶ」、ダスキンによる「双子のおばあちゃん篇」、サカイ引越センターによる「べんきょうしまっせ!引越のサカイ篇」、水性キンチョールによる「つまらん篇」、などのCM映像が紹介された。中でもセフィーロCMについて関根は「もう少しゆっくり言うと思っていた。自分の中でイメージが誇張された。」と、生見は「一つも知らなかった。」などとコメント。また関根は所ジョージが出演しているミスタードーナツのCMについても言及、「所は当時10本いじょうやっていた。」などとコメント、実際に所は平成の30年間に於けるCM起用者数の年間1位を最多の7回獲得している。また大滝秀治が出演していたキンチョールのCM、そのものまねを関根が披露。これに関連して「CMのモノマネは昔からやっていたが、このCMを機により一層ウケるようになった。物まねの対象になる人は自分をよく知っていない。大滝に実際に会った時は『周りは似ていると言うが、僕は似ているとは思わない。』などと話していた。」などとコメント。


水性キンチョール「つまらん篇」

過去のCM映像を振り返るコーナー、パナカラーによる「日本の色 京都」、フジカラープリントによる「お名前」、禁煙パイポによる「これで辞めました小指篇」、タンスにゴンによる「町内会篇」などが流れた。うち禁煙パイポCMについて関根は「あの頃は緩かった。あれで笑える時代だった。」などと、フジカラーCMについては「樹木希林の演技力が良い。彼女はお笑いができる。コントっぽいCMの草分け的存在。これまでは真面目なCMが多かった。」などとコメント。因みにパナカラーCMは第二回広告大賞の本賞を受賞、現在のパナソニックに相当する松下電器産業によるもの。その当時の値段は16.9万円、出演者らも驚いてみせた。またパナソニックはこれまで最高賞を歴代最多の24回受賞、その功績をたたえて「第50回記念特別賞」が与えられた。またミスタードーナツによる光KAGAMI「追い込み篇」、セフィーロ「くうねるあそぶ」、ダスキンによる「双子のおばあちゃん篇」、サカイ引越センターによる「べんきょうしまっせ!引越のサカイ篇」、水性キンチョールによる「つまらん篇」、などのCM映像が紹介された。中でもセフィーロCMについて関根は「もう少しゆっくり言うと思っていた。自分の中でイメージが誇張された。」と、生見は「一つも知らなかった。」などとコメント。また関根は所ジョージが出演しているミスタードーナツのCMについても言及、「所は当時10本いじょうやっていた。」などとコメント、実際に所は平成の30年間に於けるCM起用者数の年間1位を最多の7回獲得している。また大滝秀治が出演していたキンチョールのCM、そのものまねを関根が披露。これに関連して「CMのモノマネは昔からやっていたが、このCMを機により一層ウケるようになった。物まねの対象になる人は自分をよく知っていない。大滝に実際に会った時は『周りは似ていると言うが、僕は似ているとは思わない。』などと話していた。」などとコメント。


サカイ引越センター

過去のCM映像を振り返るコーナー、パナカラーによる「日本の色 京都」、フジカラープリントによる「お名前」、禁煙パイポによる「これで辞めました小指篇」、タンスにゴンによる「町内会篇」などが流れた。うち禁煙パイポCMについて関根は「あの頃は緩かった。あれで笑える時代だった。」などと、フジカラーCMについては「樹木希林の演技力が良い。彼女はお笑いができる。コントっぽいCMの草分け的存在。これまでは真面目なCMが多かった。」などとコメント。因みにパナカラーCMは第二回広告大賞の本賞を受賞、現在のパナソニックに相当する松下電器産業によるもの。その当時の値段は16.9万円、出演者らも驚いてみせた。またパナソニックはこれまで最高賞を歴代最多の24回受賞、その功績をたたえて「第50回記念特別賞」が与えられた。またミスタードーナツによる光KAGAMI「追い込み篇」、セフィーロ「くうねるあそぶ」、ダスキンによる「双子のおばあちゃん篇」、サカイ引越センターによる「べんきょうしまっせ!引越のサカイ篇」、水性キンチョールによる「つまらん篇」、などのCM映像が紹介された。中でもセフィーロCMについて関根は「もう少しゆっくり言うと思っていた。自分の中でイメージが誇張された。」と、生見は「一つも知らなかった。」などとコメント。また関根は所ジョージが出演しているミスタードーナツのCMについても言及、「所は当時10本いじょうやっていた。」などとコメント、実際に所は平成の30年間に於けるCM起用者数の年間1位を最多の7回獲得している。また大滝秀治が出演していたキンチョールのCM、そのものまねを関根が披露。これに関連して「CMのモノマネは昔からやっていたが、このCMを機により一層ウケるようになった。物まねの対象になる人は自分をよく知っていない。大滝に実際に会った時は『周りは似ていると言うが、僕は似ているとは思わない。』などと話していた。」などとコメント。