ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「摂食障害」の検索結果

「摂食障害」に関連する情報 549件中 1〜10件目

摂食障害

三原の半生を紹介。金八先生の撮影中にクラスメートからいじめを受けた三原はドラマのスタッフからロングスカートを借り、髪を赤く染めて登校し、学校や生徒に拒絶の意思表示をした。このときからいじめがなくなったという。その後アイドル歌手として成功したが、パニック障害と摂食障害を発症してしまう。一人で暮らせなくなってしまい、同世代のマネージャーと一緒に住み始め、初めてできた心を許せる友だちにより症状が改善した。このときのマネージャーは今も秘書として公私にわたって三原を支えている。その後、カーレーサーとしてプロデビューし、タレント活動を並行しながらレースに出場していた。しかし1990年11月にレースで大クラッシュし、妊娠していた先輩レーサーとの子供を流産してしまった。その後34歳で離婚し、レースも引退した。同じ年にタレントと再婚し、妊娠するが再び流産となってしまい、その後離婚。


パニック障害

三原の半生を紹介。金八先生の撮影中にクラスメートからいじめを受けた三原はドラマのスタッフからロングスカートを借り、髪を赤く染めて登校し、学校や生徒に拒絶の意思表示をした。このときからいじめがなくなったという。その後アイドル歌手として成功したが、パニック障害と摂食障害を発症してしまう。一人で暮らせなくなってしまい、同世代のマネージャーと一緒に住み始め、初めてできた心を許せる友だちにより症状が改善した。このときのマネージャーは今も秘書として公私にわたって三原を支えている。その後、カーレーサーとしてプロデビューし、タレント活動を並行しながらレースに出場していた。しかし1990年11月にレースで大クラッシュし、妊娠していた先輩レーサーとの子供を流産してしまった。その後34歳で離婚し、レースも引退した。同じ年にタレントと再婚し、妊娠するが再び流産となってしまい、その後離婚。


摂食障害

摂食障害に苦しみ28歳で陸上界を去った大国美喜子は、引退から25年たった今は高校陸上部の顧問をしている。自身が摂食障害のことを誰にも打ち上げられず苦しんだ経験から、選手たちが何でも打ち明けられるような指導者になりたいと考えていると話した。指導者として陸上界に戻った大国は、「陸上が好きだ」という自身の気持ちに気づいたという。


摂食障害

天才「大国美喜子」の今を大追跡。実業団に進んだ大国は大きな期待を受け2年目でキャプテンに抜擢されチームのお手本になろうとしていた。実業団に入った大国は体重管理をはじめベスト体重52kgを保つようにつとめていたが、ある日吐けば簡単に体重がおちることを知った大国は必死に抑えていた食欲を抑えきれなくなり、ストレスを暴食で解消するようになった。食べては吐くを繰り返し、体重を気にしすぎた大国は摂食障害になっていた。体重のコントロールができなくなった大国は国内大会ですら勝てないようになり、28歳で現役を引退した。


「摂食障害」に関連するイベント情報

オリンピック

五輪2大会連続メダルの有森裕子が絶対に勝てなかった天才を紹介。有森は学生時代は3000mの選手だったが、その高校時代絶対に勝てなかった天才ランナーがいたという。有森はその天才ランナーの特徴について、「手足が長い」と述べた。その天才は高校2年のときに、当時の日本高校新記録を出し大会で優勝していた。天才の名前は、「大国美喜子」だった。大国は陸上の名門中央大学に進学し、日本学生選手権3000mで3連覇を達成するなどの快挙を成し遂げた。大国は日本のエースとしてオリンピックに出場すると誰もが期待していたが26歳の頃に成績がガタ落ちし、陸上界から姿を消した。

天才「大国美喜子」の今を大追跡。実業団に進んだ大国は大きな期待を受け2年目でキャプテンに抜擢されチームのお手本になろうとしていた。実業団に入った大国は体重管理をはじめベスト体重52kgを保つようにつとめていたが、ある日吐けば簡単に体重がおちることを知った大国は必死に抑えていた食欲を抑えきれなくなり、ストレスを暴食で解消するようになった。食べては吐くを繰り返し、体重を気にしすぎた大国は摂食障害になっていた。体重のコントロールができなくなった大国は国内大会ですら勝てないようになり、28歳で現役を引退した。


実業団

五輪2大会連続メダルの有森裕子が絶対に勝てなかった天才を紹介。有森は学生時代は3000mの選手だったが、その高校時代絶対に勝てなかった天才ランナーがいたという。有森はその天才ランナーの特徴について、「手足が長い」と述べた。その天才は高校2年のときに、当時の日本高校新記録を出し大会で優勝していた。天才の名前は、「大国美喜子」だった。大国は陸上の名門中央大学に進学し、日本学生選手権3000mで3連覇を達成するなどの快挙を成し遂げた。大国は日本のエースとしてオリンピックに出場すると誰もが期待していたが26歳の頃に成績がガタ落ちし、陸上界から姿を消した。

天才「大国美喜子」の今を大追跡。実業団に進んだ大国は大きな期待を受け2年目でキャプテンに抜擢されチームのお手本になろうとしていた。実業団に入った大国は体重管理をはじめベスト体重52kgを保つようにつとめていたが、ある日吐けば簡単に体重がおちることを知った大国は必死に抑えていた食欲を抑えきれなくなり、ストレスを暴食で解消するようになった。食べては吐くを繰り返し、体重を気にしすぎた大国は摂食障害になっていた。体重のコントロールができなくなった大国は国内大会ですら勝てないようになり、28歳で現役を引退した。


下総精神医療センター

2017年7月、約2700円の商品を万引きした彼女は後日逮捕・起訴された。保釈された原さんは精神科へ通い医師から窃盗症の疑いがあると告げられた。入院し摂食障害と窃盗症の治療を始めた彼女は3か月後に退院が認められた。ある日、新聞に載った自分の記事を見てから原さんは再び食べ吐きを繰り返すようになった。2018年2月、原さんは窃盗で捕まり懲役1年・執行猶予4年が言い渡された。現在原さんは「条件反射制御法」という最新治療を受け、自助グループで生活している。


窃盗症

摂食障害に陥った原さんは中国遠征へ行くことになったが食べたい衝動で眠れなくなった。買い食い防止などの理由で財布は没収されていたため店で食べ物を買うことが出来なくなった彼女は万引きをするようになった。万引きで極度の緊張を感じていた彼女だが、やがて達成感を感じるようになった。摂食障害患者の問題行動の一つには万引きがあり、専門家は万引き経験のある摂食障害患者は少なくないと話している。長く摂食障害を患うと食べ物などが減ることに対し異常な恐怖を感じるといった心理に陥り、脳が萎縮することで認知機能が低下していく。そのため目の前の食べ物に対する制御がきかなくなると考えられている。窃盗症を発症した原さんだが、ファンに声をかけられたことで万引きの衝動はおさまった。

2017年7月、約2700円の商品を万引きした彼女は後日逮捕・起訴された。保釈された原さんは精神科へ通い医師から窃盗症の疑いがあると告げられた。入院し摂食障害と窃盗症の治療を始めた彼女は3か月後に退院が認められた。ある日、新聞に載った自分の記事を見てから原さんは再び食べ吐きを繰り返すようになった。2018年2月、原さんは窃盗で捕まり懲役1年・執行猶予4年が言い渡された。現在原さんは「条件反射制御法」という最新治療を受け、自助グループで生活している。


フェイスブック

承認欲求はすべての人にあり、日本人の承認欲求の表れ方は友達などに認められたいという気持ちが強いという。日本人はSNSを使用する際に、他人から認めてもらわなければならないと思う人が半分以上いる。また、誰から認めてもらいたいかは友達や知人が約4分の3を占めている。しかし、太田肇さんは代行を頼んでまでSNSに上げるのは行き過ぎであるとした。エスカレートすると、ダイエットのしすぎで摂食障害に陥ったり、上司に褒められたくて情報を隠蔽してしまうことなどがあるという。承認欲求は中高年や高齢者でもあり、満たされないとパワハラや”キレる老人”などに発展するとのことである。太田肇さんは多様な組織や集団に属することで、逃げ場を作ることができるとした。


窃盗症

女子マラソン元日本代表(36)が判決後、公の場で涙を流して謝罪した。女は2005年(当時23歳)、名古屋国際女子マラソンで優勝。しかしケガなどに悩まされ2013年現役引退した。去年8月、コンビニで化粧品やおにぎりなど8点総額2673円分を万引きしたとして、懲役1年執行猶予3年を言い渡された。しかしそのわずか3ヶ月後、スーパーで再び万引き。今週月曜、懲役1年保護観察付き執行猶予4年が言い渡された。女は病的窃盗、摂食障害とみられ、実業団時代の過酷な減量生活から摂食障害を患ったとされている。合宿中買い物をしているのが監督にみつかり、財布を取り上げられたことをきっかけに万引きするようになったという。引退後は元チームスタッフから約700万円を騙し取られたり、結婚式を挙げた男性に逃げられたりしたとも発言した。

マラソン元日本代表の万引き事件についてスタジオトーク。細野は「執行猶予が2回続くのは珍しい。大切な執行猶予4年を治療に充てて」などとコメントした。