ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「新橋日比谷通りクリニック」の検索結果

「新橋日比谷通りクリニック」に関連する情報 33件中 1〜10件目

新橋日比谷通りクリニック

風邪&インフルエンザ予防法 〜うがい手洗い編。ガラガラうがいの前には〇〇をするというが、何をすればいいのか!?というクイズ問題。正解はうがい前にクチュクチュうがいをするだそう。理由としては口の中で雑菌が繁殖しやすいため、先にそれを洗い流す方がより効果的。続いて、手を拭く時には〇〇を使う。〇〇の中を答えるというクイズ。正解はペーパータオル。


新橋日比谷通りクリニック

専門家たちはインフルエンザになったことがないという。医療関係者でインフルエンザになったという話は聞かないそう。医師の経験者でインフルエンザになった人は実際に少なかった。お医者さんがしている風邪&インフルエンザの予防法は?誰でもカンタンにできる方法だった。3つのハナカタ、その1・マスクを外す時、その2・いつも?を飲むようにする、その3・外出時にもカンタン予防、晴れた日は?をしない。

まずは5割が知っているマスクを外す時。良純さんは「あまり触らないようにする」と説明。専門家はマスクを外す時はヒモしか持たない。使用後のマスクにはウイルスが付着している可能性がある。フィルター触ってしまうとマスクで防いでいたのに触ってしまい、結果インフルエンザなってしまうおそれがあるという。捨て方にもプロの予防法がある。マスクは密閉できる容器に捨てたほうがいいという。家庭では袋に包んで捨てたほうがいい。

3割しかしらないお医者さんが風邪やインフルエンザ予防のためいつも飲むようにしている飲み物は緑茶。風邪予防にはお茶の中では緑茶がベスト。10分〜15分の感覚でこまめにちょっとずつ飲むのがいい、1時間に1回でも飲めば効果がある。緑茶に含まれるカテキンやテアニンがインフルエンザ予防に効果的。

1割も知らない風邪予防のために晴れた日にする対策。SHELLYさんは「晴れた日は防寒をしない」と説明、超ハナタカさん。風邪やインフルエンザ予防のためには晴れた日には手袋をしないほうがいい。人は日光に当たるとビタミンDを生成され、免疫力を高めるから。素肌に当てないと生成されにくいため、肌を露出することが少ない冬は手だけでも出した方がいい。時間的には15分〜20分程度で充分。ちょっとした外出時に出した方がいいという。顔に浴びるだけでも生成されるが女性は化粧をしているため手をきちんと出すことが有効。お医者さんたちは普段手袋をしておらず、上半身はコートの下は薄着、下半身は温めるようにしているという。

お医者さんがやっている予防法、うがい手洗い編。5割が知っている手や腕以外に?も洗う、3割しか知らないうがいをする前に?する、1割も知らない手をふく時は?を使う。まずは5割が知っていること。伊集院さんんは「顔にもついているから顔面も洗う」とした。専門家によると手や腕以外にもしっかり顔を洗うというのがいいという。手についたバイキンやウイルスが顔を触った時に感染する。手を洗ったときに一緒に顔を洗えば菌も流れるため感染しにくいと説明。大谷院長は顔だけではなく、頭も洗う、髪がないからカンタンだと説明した。


週刊文春

週刊文春によって報じられた小室哲哉さん(59)と30代の看護師による不倫報道で、出会いのきっかけとなったという「にんにく注射」について、新橋日比谷通りクリニック 吉原秀樹院長に話を聞いた。にんにく注射とは にんにくエキスそのものを注射するのではなく、基本的にはビタミンB1であり、鼻の粘膜でにんにくの匂いを感じる事による呼称であるという。体のエネルギーを作るのにビタミンB1は重要な酵素で、ビタミンによって疲労物質を分解する働きなどがある。上路リポーターが実際に注射を行うと20秒足らずでにんにくの匂いを感じ、眠気が覚めてくるような、視界がスッキリする感覚すると感想を述べた。注射の所要時間は約2分だったが、小室哲哉さんは週刊文春で看護師の女性と多いときだと7時間2人きりでいたなどと話している。また吉原院長は「いまは訪問看護士という職もあり、必ずしも医者同席という事ではない」と話した。また「通常に訪問するのは医療機関内、または患者さまの自宅であり、それ以外の職場はあまりないと思う」、「体への負担を少なくするため“7時間”かけて点滴を行うことも可能性としてある」などとも話している。

小室哲哉さんの妻・KEIKOさんは2011年くも膜下出血を発症し、記憶障害などの後遺症もあるため現在も闘病中で、そのようすは小室哲哉さんのインスタグラムなどでも伝えられている。去年には中川俊直元衆院議員の重婚報道や弁護士・倉持麟太郎氏と山尾志桜里衆院議員の不倫疑惑など、妻が闘病中の不倫について相次いで報道された。こうした不倫報道について、「夫婦でいる意味がない」など厳しい街の声が飛び交う一方で、療養期間が長かった事から介護経験者を中心に同情する意見もあった。小室さんの所属事務所は不倫報道について、「プライベートは本人に任せている、本人が否定している事を信用して対応する」などと述べている。小室さんはきょう記者会見を行う予定である。


新橋日比谷通りクリニック

週刊文春によって報じられた小室哲哉さん(59)と30代の看護師による不倫報道で、出会いのきっかけとなったという「にんにく注射」について、新橋日比谷通りクリニック 吉原秀樹院長に話を聞いた。にんにく注射とは にんにくエキスそのものを注射するのではなく、基本的にはビタミンB1であり、鼻の粘膜でにんにくの匂いを感じる事による呼称であるという。体のエネルギーを作るのにビタミンB1は重要な酵素で、ビタミンによって疲労物質を分解する働きなどがある。上路リポーターが実際に注射を行うと20秒足らずでにんにくの匂いを感じ、眠気が覚めてくるような、視界がスッキリする感覚すると感想を述べた。注射の所要時間は約2分だったが、小室哲哉さんは週刊文春で看護師の女性と多いときだと7時間2人きりでいたなどと話している。また吉原院長は「いまは訪問看護士という職もあり、必ずしも医者同席という事ではない」と話した。また「通常に訪問するのは医療機関内、または患者さまの自宅であり、それ以外の職場はあまりないと思う」、「体への負担を少なくするため“7時間”かけて点滴を行うことも可能性としてある」などとも話している。


ビタミンB1

週刊文春によって報じられた小室哲哉さん(59)と30代の看護師による不倫報道で、出会いのきっかけとなったという「にんにく注射」について、新橋日比谷通りクリニック 吉原秀樹院長に話を聞いた。にんにく注射とは にんにくエキスそのものを注射するのではなく、基本的にはビタミンB1であり、鼻の粘膜でにんにくの匂いを感じる事による呼称であるという。体のエネルギーを作るのにビタミンB1は重要な酵素で、ビタミンによって疲労物質を分解する働きなどがある。上路リポーターが実際に注射を行うと20秒足らずでにんにくの匂いを感じ、眠気が覚めてくるような、視界がスッキリする感覚すると感想を述べた。注射の所要時間は約2分だったが、小室哲哉さんは週刊文春で看護師の女性と多いときだと7時間2人きりでいたなどと話している。また吉原院長は「いまは訪問看護士という職もあり、必ずしも医者同席という事ではない」と話した。また「通常に訪問するのは医療機関内、または患者さまの自宅であり、それ以外の職場はあまりないと思う」、「体への負担を少なくするため“7時間”かけて点滴を行うことも可能性としてある」などとも話している。


新橋日比谷通りクリニック

親方は温浴施設で浴槽を出る際に倒れ、その後別室でしばらく休み温浴施設を出て部屋に戻る時に転倒し通行人に発見され病院に搬送された。親方に起きた異変について専門家はヒートショックを起こして脳卒中の引き金になった可能性があると指摘した。このヒートショックは脈拍や血圧が上昇し脳卒中や心筋梗塞を引き起こすもので、これを防ぐには体を冷やさないことが大事で冷えを予防するようなコートを羽織るなどの対策が必要である。親方は一時意識不明の重体となったが命に別状無く、現在はICUで治療中。 


新橋日比谷通りクリニック

横浜市の大口病院での患者連続中毒死事件について、昨日新たに病院4階のゴミ箱から消毒液「ヂアミトール」の空ボトル3本と使用済みの注射器数本が押収されたことが明らかになった。ヂアミトールとは皮膚や医療器具の消毒に使われる液体で、被害者の体内から検出された「界面活性剤」を含んでいる。新橋日比谷通りクリニック院長は、ヂアミトールはそんなに強い消毒液ではないので普段は使い勝手のいい場所に置かれている、もっと強い液体を点滴に混ぜるとあっという間に死亡してしまうため、犯人が原因を特定しにくくするためにヂアミトールを選択した可能性があるなどと語った。実際、18日に最初の被害者が死亡した段階では点滴袋の異常に気づかれず病死と判断されていた。


ヂアミトール

横浜市の大口病院での患者連続中毒死事件について、昨日新たに病院4階のゴミ箱から消毒液「ヂアミトール」の空ボトル3本と使用済みの注射器数本が押収されたことが明らかになった。ヂアミトールとは皮膚や医療器具の消毒に使われる液体で、被害者の体内から検出された「界面活性剤」を含んでいる。新橋日比谷通りクリニック院長は、ヂアミトールはそんなに強い消毒液ではないので普段は使い勝手のいい場所に置かれている、もっと強い液体を点滴に混ぜるとあっという間に死亡してしまうため、犯人が原因を特定しにくくするためにヂアミトールを選択した可能性があるなどと語った。実際、18日に最初の被害者が死亡した段階では点滴袋の異常に気づかれず病死と判断されていた。

警察は医療に詳しい人物がヂアミトールを点滴袋に混入したと見て捜査している。被害男性の遺族は「病院の話を聞きましたが現段階では謝罪を受け入れることはできない。私たちも何があったか分かっておらず、誰に責任があるのかもわかりませんから受け入れようがありません。病院にも警察の捜査へ協力していただき一刻も早く事実が解明されることを望みます。」とのコメントを発表した。


大口病院

横浜市の大口病院での患者連続中毒死事件について、昨日新たに病院4階のゴミ箱から消毒液「ヂアミトール」の空ボトル3本と使用済みの注射器数本が押収されたことが明らかになった。ヂアミトールとは皮膚や医療器具の消毒に使われる液体で、被害者の体内から検出された「界面活性剤」を含んでいる。新橋日比谷通りクリニック院長は、ヂアミトールはそんなに強い消毒液ではないので普段は使い勝手のいい場所に置かれている、もっと強い液体を点滴に混ぜるとあっという間に死亡してしまうため、犯人が原因を特定しにくくするためにヂアミトールを選択した可能性があるなどと語った。実際、18日に最初の被害者が死亡した段階では点滴袋の異常に気づかれず病死と判断されていた。

警察は医療に詳しい人物がヂアミトールを点滴袋に混入したと見て捜査している。被害男性の遺族は「病院の話を聞きましたが現段階では謝罪を受け入れることはできない。私たちも何があったか分かっておらず、誰に責任があるのかもわかりませんから受け入れようがありません。病院にも警察の捜査へ協力していただき一刻も早く事実が解明されることを望みます。」とのコメントを発表した。


新橋日比谷通りクリニック

横浜市の2人死亡した病院の4階ごみ箱から、犯行に使われたとみられる消毒液の空のボトル3本が押収されていたことがわかり、使用済みの注射器も数本押収されたという。犯人は医療に詳しい人物なのではないかと言われている。2人の体内からは界面活性剤の成分が検出されていて、ヂアミトールということがわかった。ヂアミトールは医療器具や手・腕などの消毒に使用するもので、家庭で使われるものではなく、2人とも点滴をしてから数時間で亡くなっている。警察は犯行は17日午前〜18日午前の約24時間のうちに行われたとみている。平日の日勤の看護師は5人以上だが、18日は3人だった。病院では7月から48人死亡していて、入院患者に血液検査を行うとしている。犯人像は限られているが、医療関係者や患者さんたちに事情聴取をするのは悪影響や病院の評価を不当に下げてしまうこともありえるので警察も慎重になっているのでは、と専門家は話した。


検索結果の絞り込み

  • すべての情報 (33)
  • 本・コミック・雑誌
  • 音楽・CD
  • 映画・DVD
  • レストラン・飲食店
  • グルメ情報 (6)
  • 料理レシピ
  • ホテル・温泉旅館
  • 観光・地域情報
  • イベント情報
  • 雑学・豆知識
  • その他の情報 (27)