ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「日本交通事故鑑識研究所」の検索結果

「日本交通事故鑑識研究所」に関連する情報 91件中 1〜10件目

日本交通事故鑑識研究所

続いては横断歩道での事故について。信号機のない横断歩道に歩行者がいた場合、一時停止が義務付けられている。違反すれば普通車で反則金9000円が課せられる。JAFは信号機のない横断歩道でどれほど車が一時停止しているか調査したところ、栃木県は0.9%と判明した。番組の調査では330台中306台が一時停止せずに通過した。この状況に栃木県警は「最下位になったことを重く受け止め、広報活動や取締活動の両面を強化している」とのこと。また一時停止しても歩行者が危険を感じ止まるなどすれば横断歩行者等妨害違反になるとのこと。栃木県交通安全協会は県警と協力し、ワースト1返上のためCMを作っている。一時停止しないことに専門家は「止まれという標識がなければいいと自分の安全運転に変わってしまっているケースが多分にある」と指摘する。

強引な右折をする松本走りの様な身勝手なご当地ルールは他にもある。愛知県の名古屋走りは強引に割り込む迷惑な運転の事。地元の自動車学校によると、車線が多い道路が多いため定着したという。茨城県の茨城ダッシュは信号が青になる前に停止線を超えて直進車より先に右折する。愛媛県の伊予の早曲がりは後ろの車が先に右折する運転。映像を見た専門家は、名古屋走りはウィンカーを出さず、黄色線にかかって車線変更しているため道路交通法違反になり、いきなり入るとどれかの車と事故を起こすと言い、伊予の早曲がりは前方がよく見えていない状態で右折していて事故が起きやすいと話した。岡山県の岡山ルールは車線変更のときにウィンカーを出さない。各地で見られる違反の特徴について専門家は、長年の運転で自分の安全運転になってしまっている傾向が高い、ルールを守らないといけないという部分を運転する人には認識してほしいと話した。


日本交通事故鑑識研究所

自転車がいきなり方向転換して車に接触しそうになったり、乗り方を間違えれば危険な乗り物になってしまう。国道246号ではスマホを持ちながら運転する人、信号無視をする自転車が見られ特に多かったのは無灯火運転だった。夜間の無灯火運転はれっきとした道交法違反にも関わらず30台以上の無灯火運転を確認した。熊本市では自転車に衝突され高齢者が死亡する事故が発生。自転車を運転していた男子高校生は無灯火だった。無灯火運転の危険性はドライバーや歩行者に見えにくい事だった。


日本交通事故鑑識研究所

昨夜、福岡市早良区。警察によると少なくとも車6台が絡む事故が起きた。歩道の上には破損した車、その右側にはひっくり返った白い車がある。車道にはボンネットが浮き上がった白い車もある。現場には「ものすごい音が響いた」という。事故直後に撮影された映像には騒然とする現場の様子が映っている。警察によるとこの事故で信号待ちをしていた1人を含む7人が怪我をし、80代の男性と70代の女性が死亡。警察は死亡した2人の車が逆走して事故を起こしたとみている。現場は博多駅から直線で7キロほど。飲食店が立ち並び、地下鉄の駅からわずか数百メートルほどの大きな交差点で車や人通りの多い場所。なぜ事故は起きたのか。一部始終を見ていた人は「突然エスティマがものすごい勢いで逆走してきた。最初にタクシーにぶつかって、スピードが落ちずにボンネットが開いている車にぶつかって、その後奥の横転した車にぶつかった。80キロくらいは出ていたんじゃないかな。ぶつかった車に乗っていたのは高齢の男性」とのこと。現場から離れたところに停まっていた黒いタクシーには亀裂が入っていた。このタクシーの運転手によると、「交差点での事故の前に逆走した車が接触してきた」という。事故原因について専門家に聞くと「異常な行動というのは間違いない。運転手自身がパニックだった可能性が高い。気が動転してまさに踏み間違え。ブレーキを踏んでいるはずなのに加速してしまっている。止まらない状況が続いてしまったんだと思う」と語る。警察は死亡した2人の車が信号無視をして交差点に入り、事故を起こしたとみて調べている。


日本交通事故鑑識研究所

専門家は防犯カメラの映像を見て「映っている距離を概算したところ25〜30m。交差点に100km以上で進入した可能性が高い」と指摘した。早良区の交差点で暴走したミニバンは最後に止まった交差点から700mの地点で前を走っていた軽乗用車と衝突、このあと逆走が始まったと考えられる。次に接触したのは反対車線を走る乗用車。左折してきたタクシーとも衝突し交差点に進入、衝突された車が横転、信号待ちをしていた自転車も巻き込まれた。この事故で2人が死亡し7人が病院に搬送された。けがをしたのはミニバンと衝突した車に乗っていた男女6人、交差点にいた歩行者の男性1人。ミニバンを運転していた80代の男性と同乗の70代の女性が死亡。警察は死亡した2人の身元の確認を進め事故の原因を調べている。


日本交通事故鑑識研究所

警察官がいてもおかまいなしだ。強引に右折する松本走り。地元の人も認知している。城下町なので道路が狭く、右折レーンの確保が難しいという。ご当地危険運転は全国にある。名古屋走り、伊予の早曲がり、茨城ダッシュなど、独特の名前がつけられている。水戸市の大きな交差点では、赤信号なのに右折するトラック。別の場所でも、強引に右折していく。信号無視だ。日本交通事故鑑識研究所の代表は、習慣化されるのは怖い。誤認したかたちので安全運転は非常に怖いという。


日本交通事故鑑識研究所

右直事故等についてのトーク。右折時には対向車との距離感にも注意を払わなければならない。対向車が軽自動車やバイクの場合、車体が小さく見え油断が生じる。日本交通事故鑑識研究所の代表によると、右折の際は対向車の速度も意識する必要があるという。


日本交通事故鑑識研究所

おととい滋賀県大津市の交差点で園児13人と保育士3人が信号待ちをしていたところ、直進してきた軽乗用車が右折しようとした乗用車と衝突。はずみで園児たちの列に突っ込み2歳の園児2人が亡くなった。きのう女児と男児の遺族がコメントを寄せた。右折しようとした車を運転していた52歳の女は、「前をよく見ずに右折しました」と供述しているという。警察庁によると、自動車同士事故約37万件のうち、交差点の右折時に起きた事故は約2万8千件もあるという。一方、左折時の事故は約1万3千件と半分以下。専門家によると、右折に気を取られ対向車に気づかないからだという。保育園側は安全管理を徹底しており、Google ストリートビューにも散歩中と見られる園児たちが車道と充分に距離をとった歩道の端で待機している様子が写っていた。保育園側の会見を受け、きのう「#保育士さんありがとう」というハッシュタグを付けて励ましの言葉が多くツイッターでつぶやかれた。犬山紙子さんらも保育士さんへの励ましの言葉をツイートしている。警察は容疑者の女の前方不注意が事故の原因とみて捜査している。


日本交通事故鑑識研究所

高齢者ドライバー事故が多発している。今月8日、岡山市で87歳女性が運転する車がドラッグストアに突っ込む事故があった。ドライバーは「アクセルから足が離れない」などと語った。19日には池袋で87歳男性の車が10人死傷の事故を起こした。運転手は「アクセルが戻らなくなった」などと語っていた。突然の出来事で思考停止してフリーズする傾向が高齢者に多いという。アクセルとブレーキの踏み間違えは年間6000件位上起きている。この事故は年齢が上がるほど踏み間違えも増えている。

高齢になると危険察知能力が衰える。ある実験では平均の認知・反応時間は70代以上になるとかなり衰えるという。時速60キロの車では反応が2秒遅れると、34メートルも車は進んでしまう。高齢になると視野も狭くなってきて、65歳以上になると、フロントガラスの4分の1ぐらいになるという調査結果もある。国も対策として安全運転サポートカーの普及を啓発している。国立長寿医療研究センターは高齢者が気をつけるべき運動行動チェックリストを出しており、「カーブをスムーズに曲がれないことがある」などのチェックリストがある。該当がある場合、自身の運転が加齢の影響を受け始めている可能性がある。運転に不安がある場合、運転適性相談窓口が都道府県に設置してあるので相談することができる。何故運転が必要なのか、などを家族で話し合うことも大切だという。事故のリスクを避ける意味で自主返納という選択もある。


全身打撲

先週金曜日、池袋の交差点で起きた暴走事故では8人が負傷し親子2人が死亡した。今日も実況見分が行われており、事故の詳細も分かってきたという。ドライブレコーダーの映像解析の結果、暴走した車はハンドル操作をせず、人を避けずにおよそ150メートルを一直線に走行していた。運転していたのは公益財団法人法人の元院長で、年齢は87歳だったという。事故直前車の中では「危ないよどうしたの?」「ああ、どうしたんだろう」という会話がされていたという。日本交通事故鑑識研究所代表はこの会話についてまるで他人事のように反応していて高齢者には思ったよりハンドルがきれていなかったり思ったよりきってしまう事があり、この時点で運転者は動揺してアクセルを踏み続けた可能性があるとしている。また「アクセルが戻らなくなった」と話しており、ハンドルを握って直進させるだけでいっぱいで何をやっているか分かっていない状態に陥っていた可能性があると述べられた。その後車は自転車に乗った男性や親子らをはね、親子は死亡している。警視庁は現場にブレーキ痕がなく誤ってアクセルを踏み続けたとみているという。同じマンションの住民は車庫入れを見て運転者の運転に不安を覚えていたと語っている。またおとといは北海道むかわ町のホームセンターの駐車場で82歳の男が運転する乗用車が店長と女性従業員をはねているなど高齢者による事故が増えている。男はブレーキとアクセルを踏み間違えたと話しているという。

池袋の事故についてのトーク。87歳の男が運転する車の暴走で10人が死傷したなどと説明された。車は道路の柵に一度接触してから更に加速、ハンドル操作はなかったと見られている。現場の2つの防犯カメラの映像が公開され、ノーブレーキで清掃車に激突、その後ようやく停止したと述べられた。合わせて10人が死傷した。「およそ150メートルということですけど全くハンドル操作なくスピードを保ったままというわけなんですよね?」「あの映像を見るとむしろ加速していったのではないかと言われていて、最終的にはああいった形で車両にぶつかってスピンして停まったと」などと語られ、運転手の回復を待って逮捕するかしないか捜査が続けられていると述べられた。その後運転していた男について通商産業省工業技術院の院長を務めていたなどとせつめいされた。一昨年免許証を更新しており、認知機能検査では認知機能の低下の恐れはないとされており、その後も違反などはなかったという。警察によると事故直後息子に電話をしており、「アクセルが戻らなくなり人をいっぱいひいちゃった」と話しており意識を失った状態ではないと推測されているという。おととしというのはずいぶん時間が経っており、その時はともかく今どうだと考えると厳しいという可能性は高いなどと語られた。またアクセルが戻らなくなったという発言に固執した情報が流れているが、アクセルが戻らなくなってもブレーキを踏むなどの対処があると述べられた。認知機能が低下するとアクセルが戻らなくなった事に固執してしまって他が考えられなくなることがありそれが原因となっているのかと思うと語られた。


日本交通事故鑑識研究所

先週金曜日、池袋の交差点で起きた暴走事故では8人が負傷し親子2人が死亡した。今日も実況見分が行われており、事故の詳細も分かってきたという。ドライブレコーダーの映像解析の結果、暴走した車はハンドル操作をせず、人を避けずにおよそ150メートルを一直線に走行していた。運転していたのは公益財団法人法人の元院長で、年齢は87歳だったという。事故直前車の中では「危ないよどうしたの?」「ああ、どうしたんだろう」という会話がされていたという。日本交通事故鑑識研究所代表はこの会話についてまるで他人事のように反応していて高齢者には思ったよりハンドルがきれていなかったり思ったよりきってしまう事があり、この時点で運転者は動揺してアクセルを踏み続けた可能性があるとしている。また「アクセルが戻らなくなった」と話しており、ハンドルを握って直進させるだけでいっぱいで何をやっているか分かっていない状態に陥っていた可能性があると述べられた。その後車は自転車に乗った男性や親子らをはね、親子は死亡している。警視庁は現場にブレーキ痕がなく誤ってアクセルを踏み続けたとみているという。同じマンションの住民は車庫入れを見て運転者の運転に不安を覚えていたと語っている。またおとといは北海道むかわ町のホームセンターの駐車場で82歳の男が運転する乗用車が店長と女性従業員をはねているなど高齢者による事故が増えている。男はブレーキとアクセルを踏み間違えたと話しているという。

池袋の事故についてのトーク。87歳の男が運転する車の暴走で10人が死傷したなどと説明された。車は道路の柵に一度接触してから更に加速、ハンドル操作はなかったと見られている。現場の2つの防犯カメラの映像が公開され、ノーブレーキで清掃車に激突、その後ようやく停止したと述べられた。合わせて10人が死傷した。「およそ150メートルということですけど全くハンドル操作なくスピードを保ったままというわけなんですよね?」「あの映像を見るとむしろ加速していったのではないかと言われていて、最終的にはああいった形で車両にぶつかってスピンして停まったと」などと語られ、運転手の回復を待って逮捕するかしないか捜査が続けられていると述べられた。その後運転していた男について通商産業省工業技術院の院長を務めていたなどとせつめいされた。一昨年免許証を更新しており、認知機能検査では認知機能の低下の恐れはないとされており、その後も違反などはなかったという。警察によると事故直後息子に電話をしており、「アクセルが戻らなくなり人をいっぱいひいちゃった」と話しており意識を失った状態ではないと推測されているという。おととしというのはずいぶん時間が経っており、その時はともかく今どうだと考えると厳しいという可能性は高いなどと語られた。またアクセルが戻らなくなったという発言に固執した情報が流れているが、アクセルが戻らなくなってもブレーキを踏むなどの対処があると述べられた。認知機能が低下するとアクセルが戻らなくなった事に固執してしまって他が考えられなくなることがありそれが原因となっているのかと思うと語られた。


検索結果の絞り込み

  • すべての情報 (91)
  • 本・コミック・雑誌
  • 音楽・CD
  • 映画・DVD
  • レストラン・飲食店
  • グルメ情報
  • 料理レシピ
  • ホテル・温泉旅館
  • 観光・地域情報
  • イベント情報
  • 雑学・豆知識
  • その他の情報 (91)