ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「日本体育大学 HP」の検索結果

「日本体育大学 HP」に関連する情報 56件中 1〜10件目

「日本体育大学  HP」に関連するイベント情報

世界体操2017

先週末行われた全日本体操団体選手権で、村上茉愛率いる日本体育大学が女子日本一に輝いた。村上選手は今月行われた世界体操の個人総合で日本女子初の銀メダルを獲得。4年生の村上選手にとって、この大会は大学生最後の試合となる。入学当初は好き嫌いが激しく、得意の「ゆか」は積極的に取り組む一方、苦手な「平均台」は手を抜いていたという。そんな村上選手を変えたのが、日体大の瀬尾京子監督だったという。以後は平均台の猛練習を行い、去年の世界体操では予選を1位で通過、ところが平均台で落下してしまい、結果は4位に終わった。それでも、瀬尾監督は村上選手をハグで迎えた。2日後には種目別ゆかで日本女子63年ぶりの金メダルを獲得。


「日本体育大学  HP」に関連するイベント情報

世界大会

田中さんは去年の世界大会で落下している平均台がカギだったと語る。日本体育大学の体操部からのエール動画を紹介。今日からは種目別、白井健三などが登場する。


#フジ批評

山本博氏は現役を続けながら日本体育大学の教授など様々な立場で忙しい身だが、10月の全日本選手権や来月のナショナルチーム入れ替え戦に出場できるよう現在調整しているという。そして今回のテーマは「不祥事が相次ぐスポーツ界、2020に向けて必要なこと」だ。まずは相次いでいるスポーツ界の不祥事について話を伺っていく。


#フジ批評

渡辺アナらが挨拶。本日のゲストはライターで編集者である速水健朗さん。今回は「The 批評対談」で日本体育大学スポーツマネジメント学部の山本博教授を招いて「不祥事が相次ぐスポーツ界、2020に向け」というてーまで対談をする。速水さんはスポーツ界の不祥事が社会が抱える問題なのか、アマチュアスポーツならではの問題なのかを知りたいと話す。


日体大HP

陸上部駅伝チームの選手に対する暴言・暴力行為を受け、日本体育大学は一昨日付けで渡辺正昭監督を解任している。独自取材でパワハラを受けた元部員が証言した。元部員は渡辺監督による暴言・暴力を訴えた選手と仲が良いという。自身も日体大駅伝チームの現役時代に監督からの暴言を体験したとのこと。練習についていけなくなった選手に対し、伴走車を運転しながら「ひき殺すぞ」と罵倒したという。車で1人分の距離まで接近し追い詰めていたとのこと。過度な練習内容と試合の頻度が多いため故障も多くなっていたとのこと。故障した生徒には「チームのがん細胞」などと暴言を浴びせていたという。愛知県豊川工業高校の陸上部監督時代に、密着取材では「よかれと思って」などと指導を正当化するような発言をしていた。豊川工業高校から日体大に進学した選手もいたが、監督のことを慕っていたようには見えなかったという。こうした指導の結果、志半ばで箱根駅伝の夢を諦めた選手もいたとのこと。生徒に対し「高校生の方が必死だから好き」などと話していたこともあったという。


日体大HP

箱根駅伝に70年連続で出場する名門・日本体育大学陸上部・駅伝ブロックを率いた渡辺正昭監督が、選手らに暴言や暴力を繰り返していたことが発覚。日体大は、監督の問題行為を確認し、きのう付で解任したことを発表。FRIDAYの記事によれば、監督は”選手への暴言と暴力を繰り返し、男子部員2人を退部へ追い込んだ”ということだった。渡辺監督が就任したのは2015年。低迷したチームを立て直し、去年の箱根駅伝4位と大躍進を遂げた。しかし、箱根駅伝出場経験がある学生選手が、監督のパワハラを告発。それにより、箱根への道を絶たれた選手もいたとのこと。また、FRIDAYには駅伝選手の”命”である脚を蹴る体罰を受けた選手の写真も掲載されていた。日体大は、暴力行為や人格を否定する言動を確認しており、解任に至った。渡辺監督は暴力行為等を認めたものの、「パワハラにあたる認識はなかった」としていた。さらに、監督による問題行動は、今回が初めてではなかった。


日本体育大学HP

きのう、箱根駅伝70年連続出場の日本体育大学はホームページで陸上競技部駅伝ブロック監督の渡部正昭氏によるパワハラ行為が確認されたとして解任を発表した。大学側が行った関係者への調査によると渡部監督は選手に対し、足を蹴る・胸ぐらをつかむなどの暴力や、「お前はチームのがん細胞だ」などと人格を否定するような言動があったという。パワハラを告発した選手の中には箱根駅伝を諦め退部した選手もいた。


日体大駅伝部HP

日本体育大学はきのう、陸上部駅伝ブロックの渡辺正昭監督について部員に対する暴力やパワハラ行為を認定し、解任したと発表した。今年7月末に駅伝部員から陸上部部長に相談があり、大学側が渡辺監督を聴取したところ、部員の脚を蹴ったり人格を否定する言動をおおむね認めた。しかし渡辺監督にはこれらの言動が暴力やパワハラに該当するとの認識はなかったということだ渡辺監督は2013年、当時監督を務めていた高校の陸上部でも体罰が問題となり、懲戒処分となり辞職していた。当時、高校に誓約書を提出していたが、その半年後に別の部員をデッキブラシでたたきけがをさせていたという。渡辺監督はおととい付けで日体大に辞任を申し入れたが、大学側は学生指導の適任に欠けるとして解任を決定した。


日本体育大学HP

箱根駅伝に70年連続出場中の名門・日本体育大学は、暴力行為があったとして駅伝ブロック渡邉正昭監督を11日付で解任した。パワハラ及び暴力行為が報じられたことを受け大学側が部員ら関係者から聞き取り調査を行った結果、脚を蹴るなどの暴力や人格否定のような言動が複数確認された。監督は行為を認め、辞任願を提出。大学側は解任処分を決定した。日体大はHPに「日体大が目指すべき『体育・身体活動・スポーツを通じた健康で豊かな社会・人づくりの実現』に向け、教育、研究、社会貢献、競技力向上の取り組みについて、さらに推進していくことをお約束致します。」等と謝罪のコメントを掲載した。


日刊スポーツ

箱根駅伝に70年連続出場中の名門・日本体育大学は、暴力行為があったとして駅伝ブロック渡邉正昭監督を11日付で解任した。パワハラ及び暴力行為が報じられたことを受け大学側が部員ら関係者から聞き取り調査を行った結果、脚を蹴るなどの暴力や人格否定のような言動が複数確認された。監督は行為を認め、辞任願を提出。大学側は解任処分を決定した。日体大はHPに「日体大が目指すべき『体育・身体活動・スポーツを通じた健康で豊かな社会・人づくりの実現』に向け、教育、研究、社会貢献、競技力向上の取り組みについて、さらに推進していくことをお約束致します。」等と謝罪のコメントを掲載した。


検索結果の絞り込み

  • すべての情報 (56)
  • 本・コミック・雑誌
  • 音楽・CD
  • 映画・DVD
  • レストラン・飲食店
  • グルメ情報
  • 料理レシピ
  • ホテル・温泉旅館
  • 観光・地域情報
  • イベント情報 (14)
  • 雑学・豆知識
  • その他の情報 (42)