ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「日産」の検索結果

「日産」に関連する情報 44086件中 1〜10件目

日産自動車

日産自動車の元会長の容疑者が逃亡を支援したとされるアメリカ人の親子におよそ9300万円送金していたことが分かった。容疑者の逃亡事件を巡りアメリカの捜査当局はことし5月、日本政府からの要請に基づきアメリカ親子2人の容疑者を逃亡を助けた疑いで逮捕した。検察当局が7日に裁判所に提出した資料で元会長の口座から容疑者が役員を務める会社におよそ9300万円の送金があったことが新たに分かった。金銭のやりとりがあったと明らかにされるのは初めて。


日産自動車

日産自動車が4年ぶりに社債を発行することがわかった。数百億円規模を軸に調整していて、手元資金を拡充する。(日本経済新聞)


日本経済新聞

コロワイドは大戸屋ホールディングスの買収に乗り出す。明日にもTOBを開始。現在の19%の保有比率を5割程度にして子会社化する。子会社化によって食材や配送の共通化などをすすめ、立て直しに繋げる。大戸屋ホールディングスの昨日の終値を伝えた。1株3000円程度でTOBするとみられている。(日本経済新聞)

イオンが発表した3‐5月期は最終損益が539億円の赤字で四半期としては過去最大だった。店舗の営業自粛などで特別損失298億円を計上した。採算の良いクレジットカードの利用低迷も響いた。(日本経済新聞)

ウエルシアホールディングスの3月‐5月期は純利益が前年比28%プラスの66億円と過去最高だった。マスクや消毒液の販売が好調だった。(日本経済新聞)

日産自動車が4年ぶりに社債を発行することがわかった。数百億円規模を軸に調整していて、手元資金を拡充する。(日本経済新聞)


日産自動車

アメリカ捜査当局は今年5月、元会長の逃亡を手助けした疑いで米国人親子を逮捕した。アメリカの捜査当局が7日に裁判所に提出した資料で、去年10月に元会長から息子が役員を務める会社に約9300万円が送金されていたことが判明した。親子の身柄を日本に引き渡すかの審理が続いているが、元会長と逮捕された親子の間の金銭のやりとりが初めて明らかとなった。


草津パーキングエリア(上り)

ミルクボーイがロケのために貰った日産スカイラインは手放し運転ができる世界初の技術を搭載、駒場孝が実際に手放し運転の様子を見せてくれた。年間約270万人が集まる草津パーキングエリア(上り)でスゴい長距離を運転する人って何のためかを調査。


日産スカイライン

ミルクボーイがロケのために貰った日産スカイラインは手放し運転ができる世界初の技術を搭載、駒場孝が実際に手放し運転の様子を見せてくれた。年間約270万人が集まる草津パーキングエリア(上り)でスゴい長距離を運転する人って何のためかを調査。


名神高速道路

ミルクボーイがロケのために貰った日産スカイラインは手放し運転ができる世界初の技術を搭載、駒場孝が実際に手放し運転の様子を見せてくれた。年間約270万人が集まる草津パーキングエリア(上り)でスゴい長距離を運転する人って何のためかを調査。


日産自動車

日産自動車が金融機関から追加で約1200億円を調達したことがわかった。4月以降の融資による資金調達額は約8325億円となる。構造改革の推進などで資金流出が続く中、新型コロナの影響が長期化することも見据え、手元資金を厚くしておくねらいがあるよう。(日本経済新聞)


日本経済新聞

日産自動車が金融機関から追加で約1200億円を調達したことがわかった。4月以降の融資による資金調達額は約8325億円となる。構造改革の推進などで資金流出が続く中、新型コロナの影響が長期化することも見据え、手元資金を厚くしておくねらいがあるよう。(日本経済新聞)

高島屋の2020年3〜5月期の決算は最終損益が205億円の赤字だった。1年前は105億円の黒字だった。新型コロナウイルスの感染拡大を受けた4月からの約2ヵ月の店舗休業で売上が激減した。四半期ベースでの最終赤字は2四半期連続となる。(日本経済新聞)

イオンモールが2020年度ショッピングセンターイオンモールの新業態をベトナム・ハノイに開業する。オフィスを併設し、駐車場を地域に貸し出す。総投資額は数百億円とみられる。(日本経済新聞)。

食品スーパーを展開するベルクは2020年3月から5月期の純利益が前年比81%増の25億円になったと発表。新型コロナウイルスによる外出自粛の影響で自宅で調理する人が増えたことが貢献した。(日本経済新聞)


日産自動車

日産自動車前会長がレバノンに逃亡した事件でゴーン被告をトルコ経由でレバノンに密航させた罪でトルコで起訴された航空会社の元幹部やパイロットら7人の初公判が開かれた。検察は起訴状で航空会社の元幹部は逃亡計画を事前に知っていたうえで飛行機を手配していて、元幹部の口座に3300万円余り不審な入金があったとしている。3日の初公判では元幹部の被告が「入金は以前のフライトの謝礼」「逃亡には脅迫されたので協力」など全員が起訴内容を否定。